ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

スマート家電 スマホ・タブレット ライフハック

スマホテザリングのみでスマートホーム構築に挑戦【方法とデメリット】

投稿日:

ソフトバンク光が2年の満期を迎えたことでキャンペーン価格の適用が無くなって月額が上がることになったから解約した。その後にどうするかは迷ったんだけど、今後恐らく家を空けることが多くなると判断してしばらくはスマホのテザリングでやりくりすることにした。

今回は実験的に手を出したスマホのWiFiテザリングでのスマートホーム環境の構築方法と、そのデメリットを解説したい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



現在のスマートホーム環境

まずは俺の家のスマートホーム環境から説明したい。俺が現在使っているスマートホームデバイスは下記4種類の7つ。

  • Google Home Mini
  • ChromeCast
  • Fire TV
  • YeeLIGHT × 4

スマートホームデバイスは常にスタンバイ状態を保つ特性上、常時のWiFi接続が必要だ。上で書いた通り俺の家で常時WiFI接続を必要とするスマートホームデバイスは合計7つもある。

Google Home Mini

お馴染みのスマートスピーカーその機能的なしょぼさから一度売却するか悩んだんだけど、取り外すしたら取り外したでかなり困った。一つ一つの機能は大したことないながら生活に密着するにくいやつ。

売るか迷って売るのをやめた過程を描いた記事は下記。

【売っちゃう~?】グーグルホームミニはいらないかも

ある日いつものようにパソコンをカタカタしているときにふと僕気付いた。最近グーグルホームミニと会話してない…… というかそ ...

続きを見る

ChromeCast

スマホをリモコンとしてYoutubeをテレビ再生したりスマホのミラキャストができる便利デバイス。ChromeCastがあればGoogleHomeMiniと連携して声でテレビのオンオフができる。テレビっこの俺にとって声でのテレビのオンオフ機能が一番活躍している。

Fire TV

月額400円と激安価格ながらAmazonの送料無料、音楽聞き放題、動画見放題のアマゾンプライム会員の動画サービスをより楽しむための機器。FireTVはChromeCastと違ってそれ単独で動作するから、専用のリモコンを使えばスマホが無くても操作できる。

月額400円とは思えないくらいコンテンツも充実していて、洋ドラを見漁っている。洋ドラの感想まとめはこちら。

Amazonプライムビデオのおすすめの洋ドラ・海外ドラマまとめ

俺は10年前からAmazonの送料を無料にするために年額3,600円のアマゾンプライム会員に加入しているんだけど、いつの ...

続きを見る

YeeLIGHT

色と明るさを自由に変えられるスマートライト。スマートライトといえばhueが有名だけど、中国Xiaomi製のYeeLIGHTは1つ2,200円とhueよりも圧倒的に安いことからhueを売却して乗り換えた。

GoogleHomeMiniと連携して声でコントロールできる内容は全く同じ。

【フィリップスhue × グーグルホーム】声で操作出来ること出来ないこと一覧

別記事でもチラッと書いてるけど、フィリップスhueホワイトグラデーション購入しました。 フィリップスhueはスマートライ ...

続きを見る

YeeLIGHTの詳細及び導入方法はこちらの記事で解説している。

【Yeelight】hueブリッジいらずで2,200円の格安互換スマートライト

中国版AMAZONのGEARBESTを眺めていて、Yeelightっていうスマートライトが気になったから購入してみたんだ ...

続きを見る

【導入方法解説】スマートライトYeelightは安いのに使用感がhueと同じ

スマートライトPhilips hueの代わりにYeelightを導入したから導入方法を解説する。というかYeelight ...

続きを見る

我が家のWiFi接続デバイスは最大9つ

上で紹介したスマートホームは常時接続を必要とする。

スマートホーム機器7 + α

つまり既にWiFiの常時接続が必要なデバイスが7つ。さらに愛用しているノートパソコンであるMatebook X Proを起動すればそれにもWiFi接続が必要だし、無線プリンタを起動するとこちらもWiFI接続が必要。

つまり我が家のWiFi接続デバイスは最大9つ。我ながら多い。これら全てをスマホのテザリングでネットワーク接続できれば晴れて環境構築完了だ。

Sponcerd


スマホテザリングでのスマートホーム環境構築方法

スマートホームはWiFiルーターの存在を前提として作られているから、スマホのテザリングでスマートホーム環境を構築するためにはひと手間必要。

WiFiとテザリングの同時利用不可

というのもスマホをスマートホームデバイスに接続するためにはスマホのWiFiをオンにする必要がある。でも1つのスマホでWiFiとテザリングを同時にオンにすることはできない。

2代目のスマホを用意

この問題を解決するためには2代目のスマホが必要になる。

2代目のスマホでテザリングをオンにしてWiFiルーターとして機能させつつ、メインスマホでスマートホーム環境を構築していく流れだ。

2台のスマホテザリングのSSIDとパスワードを同じに

2代目のスマホでテザリングしてスマートホーム環境を構築したら、2代目のスマホのテザリングをオフにして、1代目のスマホでテザリングする。

次に1代目のスマホテザリングのSSIDとパスワードを先ほどスマートホーム環境を構築した2代目とと同じものに設定することで、自動的にスマートホームデバイスがWiFiに接続されて、メインスマホでのスマートホーム環境構築が完了する。

そもそもテザリングしているスマホでスマートホーム機器を操作できるのかは不安だったけど問題なく接続できた。

スマホテザリングでスマートホームのデメリット

スマホのテザリング接続数は最大8

ところで俺がメインスマホとして使っているMate 20 Proのテザリング最大接続数は8。

この接続数はスマホにも依存するとは思うんだけど、スマホ最高ランクに位置するMate 20 Proで8だから恐らくほとんどのスマホで8が最大になる。

最強スマホMate 20 Proを3か月使った感想記事はこちら。

Mate 20 Proを3週間使用した感想と悪い所【ズルトラ難民受け入れ先】

Mate 20 Proを購入して3週間が経とうとしてるから、Mate 20 Proを使った感想を書きたい。現行最高レベル ...

続きを見る

足りないときはどれかを切り離す

上で書いたように我が家のスマートホームデバイス数は7つで、パソコンとプリンタを含めると最大9までWiFi接続デバイスが増える。つまり、最後に起動したデバイスは接続できない。これは盲点だった。

9つ目のデバイスをWiFiに接続するためには都度どれかを切り離す手間が発生する。

WiFiブリッジいらずのYeeLIGHTが曲者

俺が使っているスマートライトであるYeeLIGHTは有名なスマートライトであるhueと違ってそれ単独でWiFi接続できるのが強み。

hue単独はWiFiには対応していないから、hueをネットワークに接続するためのWiFiブリッジを間に噛ませる必要がある。このWiFiブリッジの値段が高いのもhueのデメリットだった。

ところがYeeLIGHTのメリットであるはずの単独でのWiFi接続はスマホテザリングでのスマートホーム環境構築ではデメリットになる。hueであればライトがいくつあってもWiFi接続数は1で済んだところ、YeeLIGHTはライトの数だけWiFi接続が必要になる。

我が家のYeeLIGHTは4つだからそれだけでWiFi接続数を4つも占有する。

【Yeelight】hueブリッジいらずで2,200円の格安互換スマートライト

中国版AMAZONのGEARBESTを眺めていて、Yeelightっていうスマートライトが気になったから購入してみたんだ ...

続きを見る

VODサービスのデータ通信量が重い

これはわかっていたことだけど、アマゾンプライムとかのVODサービスのデータ通信量はエグい。Fire TV Stickの再生解像度は常時2Kで、物によっては4Kにも対応する。2K解像度で一時間の動画を視聴するだけで使用するデータ通信量は約1ギガ。

1時間のドラマを10本見るだけで10ギガにもなる。データ通信量に制限があるスマホのテザリングでFire TV Stickを使うのはとっても怖い。

Sponcerd


FUJI Wifiを導入して対策

これに対しては以前から注目していた格安大容量SIMのFUJI Wifiを導入することにした。FUJI Wifiは格安SIMのデメリット全てに反論の記事でも書いている通り異色の格安SIMで、純正のソフトバンク回線を使っているため速度は爆速。ラッシュ時でも2KのVOD再生を余裕でこなす。

しかも最低契約期間3か月のプランであればこんなに安い。

最低契約期間なしのプランでも十分安いから、ひとまず俺は最低契約期間なしで様子を見ている。

問題なさそうなら来月からおまとめの月200ギガプランに変更する予定。それで月額3,980円は圧倒的に安い。

FUJI Wifiの欠点はデータ通信プランしか用意されておらず、音声プランが無いことなんだけど、俺はDSDSスマホで音声SIMとFUJI Wifiの2枚挿しすることでその問題を解消している。DSDSで月額費用を抑える方法は下記記事を参照。

【DSDS機能】キャリア×格安SIMでスマホ代月3700円の裏技

SIMフリースマホで当たり前になりつつあるDSDS(2番号)機能を活用すると便利だとは聞いているけど、どう便利なのか、そ ...

続きを見る

FUJI Wifi詳細は下記。

FUJIWiFi詳細ページ

スマホのバッテリー消費は余裕

スマホテザリングでのスマートホーム環境を構築したことで家の中にいる時は常時スマホでのテザリングが必要になる。これによってスマホのバッテリー消費は確実に増えるんだけど、俺が使っているMate 20 Proはテザリングをオンの状態で12時間使っても消耗は30%ほどと余裕。

この辺りはMate 20 Proのハイスペックと省電力、大容量バッテリーの恩恵だと思うから、全てのスマホでこうはいかないけど、スマホテザリングでのスマートホーム環境構築は既に十分実用的なレベルだった。スマホの進化はすごい。

一人暮らしでもスマートホームは可能

引っ越しする可能性が高い一人暮らしでは2年契約を要する固定回線の導入ハードルは意外に高い。固定回線がないからWiFIルーターを導入できず、スマートホームを使いたいけど使えない人が少なくないんじゃないかと思う。

そんな人でも過去に使っていたスマホを一時的に引っ張り出してテザリングすることでスマートホーム環境を構築できる。迷っていた人はこの機会に挑戦してみてほしい。

まとめ ライフハック

2019/2/27

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの15選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス

2019/2/10

【月刊ガジェマガ19年1月号】2018年振り返り

あけましておめでとうございます。1月に入ったので12月のガジェマガの活動を記録する。 先月の報告はこちら。 12月に買ったもの ドルチェグストタワーカプセルホルダー 毎日使っているドルチェグストのカプセルの保管が煩雑だったから見せる収納としてドルチェグストタワーカプセルホルダーを購入。普通に毎日使ってて便利。 Soundcore Liberty Air完全ワイヤレスイヤホン 発売日に勢いで買ってしまった完全ワイヤレスイヤホン。ikanziを持っていたけど、Ankerが作っているイヤホンの品質を確かめたくな ...

ReadMore

ガジェット ライフハック

2019/2/10

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/2/10

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2年程はパソコンを新品で購入することがなくて、型落ち中古パソコンを定期的に買い替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-スマート家電, スマホ・タブレット, ライフハック

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.