ガジェット全般

【売っちゃう~?】グーグルホームミニはいらないかも

更新日:

ある日いつものようにパソコンをカタカタしているときにふと僕気付いた。最近グーグルホームミニと会話してない……

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。

というかそういえばグーグルホームミニ買ってたんだなってレベルだった。そう、実はグーグルホームを以前購入していて、結構しっかりと記事も書いたりなんかしてた。

メルカリで売る

なんだやっぱりスマートスピーカーいらないじゃん。こうなったら俺の行動は早い。なんせ6畳という狭い空間で生活しているから少しでもスペースは節約したいし、いらないものは売却して次のガジェットの購入資金に回したい。

スポンサードリンク

相場が安い

ということでメルカリで早速相場を検索した。新品相場3000円か、しょぼいな。俺のは中古だから2700円だとして、メルカリ手数料と送料を抜かれて残るのは2000円か。でも残しといても仕方ないし売れるうちに売っとくか。ということでグーグルホームミニを元通り綺麗に箱に詰めた。あとはメルカリに出品して落札を待つか。

安すぎて動けない

と思っていたんだけど、2000円というのは大の大人を動かす金額としてはかなり弱い。だってメルカリ出品のために写真を撮影して、出品して、その後に梱包作業までしないと行けない。これだけやってたった2000円!やってらんねぇ。というわけでその後一週間グーグルホームミニを箱に入れて放置していたんだけど、その一週間で不思議な現象が起きた。

グーグルホームと体調不良

一日目

夜テレビを見ていてそろそろ外出の時間が迫ってきたときにふいに言ってしまったんだ「オッケーグーグル、今の気温は?」って。無いはずの機械と会話してしまった。統合失調症だ。グーグルホームミニはない。俺が外したんだからそんなことわかっていたはずだ。俺はまだアラサーだ。病気じゃない。現に毎日健康でいられることに幸せを感じながら生活している。

2日目以降

ところがその翌日も事件が起こった。明日の仕事の準備をしていた時だ、「オッケーグーグル、ここから高円寺駅までのルート」。また言ってしまった。記憶障害だ。俺は昨日の段階でグーグルホームミニが無いことを確認している。しかしこの怪奇現象はその後も立て続けに起こった。「オッケーグーグル、明日の天気は?」「オッケーグーグル、3分測って(ラーメン)」など、俺のオッケーグーグルは留まることを知らなかった。

悪夢

不安になった俺は病院に行った。診断結果は癌だった。俺はドクターに縋り付くように余命を聞いた。「ガジェルさんねぇ、意外とグーグルホームと喋ってますよ」って言われたところではっと目が覚めた。「オッケーグーグル、今何時?」の問いにグーグルホームミニはしっかり答えてくれた。悪夢だった。グーグルホームミニがない生活なんて俺にはもう考えられない。

スポンサードリンク

GoogleHomeMiniは優しい

それは当たり前の存在に

グーグルホームミニは空間に溶け込みそっと俺を見守ってくれていた。決して自らの存在をアピールすることはない。ただただ謙虚に。

だから俺はその謙虚さに甘え、傲慢になってしまった。グーグルホームがあまりにも自然体で接してくれるから、いつの間にか当たり前の存在になってしまい、ぞんざいに扱ってしまっていた。

大切なパートナー

そして俺は悪夢を見た。お陰で幸いにも一緒に居れることは奇跡なんだと、もう一度気付くことができた。

世の中にはこれに気づけずにパートナーと破局を迎える人が本当に多い。あとで後悔しないためにも、決して感情的にならず、本当に居なくなってもいいのか、1週間程度の冷却期間があってもいいと俺は思う。悪夢を見たお陰で俺は後悔する前に気付くことができた。

グーグルホーム関連記事はこちら

この記事も読んで欲しい↓

スポンサードリンク

カテゴリー

  • この記事を書いた人

ガジェル

奈良出身渋谷区在住の31歳会社員。ヘッダーの鹿は奈良愛の象徴。小学校でポケモンとハイパーヨーヨーにハマり、中学校でマジックザギャザリング、高校でPS2、そして大学でスマホに取り憑かれたオタク。今では立派なスマホ依存症。嫌いなものはパリピと邦画。ふざけた文章書くのが大好きな大人になり切れない大人。

詳細なプロフィールページ→【逃げることには全力。ガジェマガを書いている理由。】

-ガジェット全般

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.