ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

ガジェット スマート家電

【導入方法解説】スマートライトYeelightは安いのに使用感がhueと同じ

2018年8月16日

スマートライトPhilips hueの代わりにYeelightを導入したから導入方法を解説する。というかYeelightはまだ日本語で解説されたサイトが無いからガジェマガが日本初のYEELIGHT解説サイトになる。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

Yeelightの機能を解説した記事はこちら。

【Yeelight】hueブリッジいらずで2,200円の格安互換スマートライト

中国版AMAZONのGEARBESTを眺めていて、Yeelightっていうスマートライトが気になったから購入してみたんだけど、PHILIPSのhueを脅かす出来だった。というかコスパが高すぎて日本でも ...

Yeelight設置

当たり前だけどまずはYeelightを取り付けて電源を入れる。

スマートライトYeelight設置

Yeelightは日本と全く同じ26口金だから普通に取り付けできる。電圧も100Vに対応しているから安心して欲しい。

Yeelightアプリダウンロード

Yeelightの取り付けが完了したらスマホでYeelightアプリをダウンロードして起動する。

デバイスの追加を選択してLED bulb IIを選択

スマホが家のWiFiに繋がっていれば自動的にYeelightを検出してくれるから、選択して次へを選択。

スマホが接続しているWiFiのSSIDを選択してWiFiのパスワードを入力することで、YeelightもWiFiに接続できるようになる。

と思ったんだけどこの操作は100%失敗する。成功する人はここで完了。失敗した人はマニュアルで接続するを選択して、WiFi選択ボタンをタップする。

WiFiネットワーク一覧が出てくるから、その中からいつも接続しているWiFiじゃなくて、Yeelightが発信するWiFiを選択。スマホを直接Yeelightに接続する。接続が完了したら戻るボタンをタップ。

接続が進んで成功する。ここでも失敗したりするんだけど、何度か繰り返しているといつの間にかデバイスの登録が完了している。

Yeelightの登録が完了するとデバイスに表示されてライトを操作できるようになる。

Sponcerd


GoogleHomeと連携する

次にYeelightを声で操作するためにGoogleHomeと連携する。まずGoogleHomeアプリを起動する。ない人はインストールしてGoogleアカウントでログインしよう。GoogleHomeアプリを起動したら左上のメニューボタンをタップする。

項目の中からスマートホームを選択して、デバイスを追加するために+ボタンをタップする。

「Y」までスクロールするとYeelightがあるから、XiaomiのMiアカウントでログインする。ない人はアカウントを作成しよう。Mi Band 3を使っている人はそのまま同じアカウントでログインできる。

MiアカウントでログインするとGoogleHomeとの連携が完了して声でYeelightを操作できるようになる。

Yeelightを声で操作できること

Yeelightを声で操作出来る項目はそれほど多くない。できるのは

  • ライトのオンオフ
  • ライトの色の変更
  • 明るさの調整

の2種類飲みだった。アラームとかタイマーはスマホからの操作が必要だ。

スマートライトデビューはYeelightで

Philipsのhueを使うためにはブリッジと呼ばれる機会が必要なのに対して、Yeelightはブリッジが必要なく、直接WiFiと接続できる。ライト単品の値段もhueの3分の1と破格なので、スマートライト環境の構築を検討している人はhueよりもYeelightがオススメだ。

スマートライトを導入すれば色とりどりの照明を日常のシーンごとに使い分けることでより生活を充実させることができる。

他に目覚ましとして使うことでスッキリと目覚めることも出来るようになる。Yeelightの詳細な機能やhueとの比較は別の記事で解説しているので確認して欲しい。

【Yeelight】hueブリッジいらずで2,200円の格安互換スマートライト

中国版AMAZONのGEARBESTを眺めていて、Yeelightっていうスマートライトが気になったから購入してみたんだけど、PHILIPSのhueを脅かす出来だった。というかコスパが高すぎて日本でも ...

YEELIGHTは日本では全く知名度が無いんだけど、中国大手家電メーカーのXiaomiの製品で品質も高い。今の所日本で購入する方法が無いから海外通販を利用することになるんだけど、コスパを考えるとこれからスマートライトの道入を検討する人には現状最高の選択肢だ。

購入方法はこちら

【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

中国版AMAZONであるGEAR BESTが海外サイトなだけあって購入方法がわかりにくいから解説したい。 拠点が中国にあることと、製品不良があった場合の返品の手間を考えると、GEARBESTを使うこと ...

まとめ ライフハック

2019/11/17

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/9/11

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容

2019/11/8

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット レビュー

2019/10/21

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

-ガジェット, スマート家電

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.