ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン

スマホ・タブレット まとめ

【2019年版】小さい・小型スマホおすすめランキング13!コンパクト!

更新日:

今や世の中は大画面スマホに埋め尽くされている。

最新端末はそのほとんどが大画面化、ベゼルレス化が進んでいて、小型端末は絶滅寸前だが、まだまだ女性など一部のユーザーから根強い人気がある。今回は白ロムだけでは数が足りなかったので、SIMフリー端末も含めて、小型端末をランキング形式で紹介する。

傾向としてほとんどがミドルレンジモデルで、ハイレンジモデルは少なく、あっても小型ゆえ熱暴走などが多く、うまくまとまっていない印象だった。それでは早速ランキングに進みたい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



13位 G2 mini

ディスプレイ 4.7
解像度 960x540
CPU Snapdragon 400
メモリ 1
ストレージ 8
バッテリー 2370
おサイフ ×
防水 ×
指紋認証 ×
テレビ ×
重量 121
サイズ 66x129.6x9.8

レビュー

2013年にドコモのLG G2が出た頃にひっそりと発売された廉価版SIMフリースマホ。G2という名を冠してはいるけど、docomoの名機G2と比べて遥かにスペックは劣る。

Snapdragon400はしょぼすぎて今や使い物にならないし、メモリ1ギガも少なすぎる。そしてなによりも内部ストレージが8ギガというのもエゲツナイ。写真を少し撮影するだけですぐに飽和状態になるからマジで使い物にならない。ストレスが溜まること間違いなしの端末だ。

Androidは4.0以降SDカードにインストールできるアプリが大幅に制限されているため、アプリは内部ストレージにインストールすることになるけど、確実に8ギガというストレージ容量の少なさに悩まされる。

この端末は小型で安いからといって絶対に買ってはいけない。それならランキングに載せなよって話だけど、未だに多くのサイトのSIMフリー端末の紹介欄に情報が古いまま載っているのを見かけるから、警笛を鳴らすべく最下位にランクインさせた。

確かに発売当時は貴重なSIMフリー端末だったし、その中ではよくできた端末だった。それも過去の話で、今はシムフリー端末で溢れているし、この端末を選択する理由はどこにもない。G2 miniを検討している全ての人がこのサイトに辿り着いて、正しい選択をしてくれることを願って最下位にランクイン。

12位 Palm Phone

ディスプレイ 3.3
解像度 1280x720
CPU Snapdragon435
メモリ 3
ストレージ 32
バッテリー 800
防水 IP68
指紋認証 ×
DSDS ×
重量 62.5
サイズ 50.6×96.6×7.4

レビュー

3.3インチというiPhone3Gをも下回るサイズ感を引っ提げて登場した超小型スマホ。この記事で紹介しているスマホの中で最もぶっちぎりで小さい。

ただ、最大の特徴であるそのサイズ感を実現するために色々と犠牲にしていて、メインスマホとして使うのは難しい。メーカー側もあくまでサブのスマホとしての使い方を提案している。

Snapdragon435のスペックは低く、多くのアプリをインストールすることで動きが悪くなるし、もちろんゲームだってプレイできない。更に800mAhの少なすぎるバッテリー容量で丸1日の連続利用が難しい。

指紋センサーが無く、簡易的な顔認証のみとセキュリティも弱く、毎回パターンでロックを解除することもストレスになる。コンセプトは面白いながら素人が手を出すとやけどする超玄人向けのスマホ。その可愛いサイズ感に騙されてはいけない。

11位 Arrows M04

Arrows M04 Arrows SV F-03H
ディスプレイ 5 5
解像度 1280x720 1280x720
CPU Snapdragon 410 Snapdragon 410
メモリ 2 2
ストレージ 16 16
バッテリー 2580 2580
おサイフ
防水
指紋認証 × ×
テレビ × ワンセグ
重量 148 141
サイズ 71x144x8 72x144x7.8

レビュー

5インチ端末ではあるものの比較的小型端末としてよく話題に上る廉価版Arrowsシリーズ。富士通がドコモから提供している本家Arrowsシリーズはハイスペックでお馴染みだが、その裏でスペックの低いシムフリー端末もひっそりと発売され続けてきた。

常にハイスペックを追い求める本家Arrowsシリーズと違って、小型版は驚くことにCPUが進化していない。CPU以外の部分で、バッテリーが微増していたり、液晶が明るくなったり防水機能が強化されたりと小さな変化はあるがそこではない。とにかく使い勝手に影響するCPUを強化してほしい。ストレージも16ギガというのは少なすぎる。しかもこのご時世にいまだに指紋センサーすらない。ガワだけを変えて販売し続けているという悪名だかいシムフリースマホだ。性能が低すぎてゲームは期待できないし、動きもキビキビというわけにはいかない。

それでも解像度が低いこともあって、SNSやブラウジング程度なら問題なく使える。CPUの性能が低いのでバッテリー持ちもよく、2日は持つ。そして悔しいけれど、シムフリー端末の中では貴重なおサイフ機能がついたスマホでもある。

スペックが低くてもいい、とにかくおサイフ機能のついたSIMフリー端末が欲しいという人には初代モデルであるArrows M02がおすすめだ。なんと大まかなスペックは最新型と何も変わらない。

10位 AQUOS SH-M04

AQUOS SH-M04 AQUOS mini SH-M03
ディスプレイ 5 4.7
解像度 1280x720 1920×1080
CPU Snapdragon 430 Snapdragon 808
メモリ 2 3
ストレージ 16 16
バッテリー 2700 2810
おサイフ
防水
指紋認証 × ×
テレビ × ワンセグ
重量 138 120
サイズ 71x143x8.3 66x126x9

レビュー

ハイスペックを詰め込んでキャリアから発売されている本家AQUOSの廉価版。Arrowsと同じようにAQUOSも家電量販店で小型のSIMフリー版を発売している。

最新版のSH-M04は画面サイズこそ大きくなったが、解像度を抑えることで全体的な性能を下げながら長時間バッテリーと快適な操作性を実現しているバランスの良いスマホに仕上がった。それに5インチで138グラムはかなり軽い。更に、Arrowsと同じく、おサイフ機能に対応した貴重なシムフリースマホでもある。

SIMフリー端末がほしいし、おサイフ機能も欲しい。そんな贅沢なあなたにおすすめしたいのがSH-M04だ。最新版にワンセグは搭載されていないので気をつけたい。

9位 Galaxy Feel SC-04J

ディスプレイ 4.7
解像度 1280x720
CPU Exynos 7870
メモリ 3
ストレージ 32
バッテリー 3000
おサイフ
防水
指紋認証
テレビ ワンセグ
重量 149
サイズ 67x138x8.3

レビュー

Galaxy S3以降久しぶりの5インチを下回るGalaxy端末。149グラムという重量は小型にしては少し重いが、厚み以外の大きさはiPhone6以降とほぼ同じで、女性でも片手で使えるサイズなのが嬉しい。

この厚みの理由は大容量のバッテリーを搭載したことにある。今回紹介する小型スマホで最大容量となる3000mAhバッテリーを搭載している。CPUには自社製のミドルハイエンドCPUのExynos7870を採用しており、ゲームには弱いが、スムーズに使える動きと省電力が両立されている。

端末はポップな色合いで女性受けを狙ったピンクや、男性でも使えるネイビーなどが用意され、指紋センサー部分も含めて色が統一されているのがうれしい。少し重量はあるが、バッテリー持ちのいい手ごろな大きさの端末を探している人におすすめしたい。ギャラクシーらしく、メモリ3ギガを搭載しながら防水とワンセグも搭載しているかなり贅沢な仕様だ。キャリアスマホなのでおサイフ機能も搭載している。今回紹介する中で唯一の有機ELパネルを搭載したモデルでもある。

8位 iPhone6s

iPhone6s
ディスプレイ 4.7
解像度 1334×750
CPU A9
メモリ -
ストレージ 16,32,128
バッテリー -
防水 ×
指紋認証
DSDS ×
重量 143
サイズ 67.1x138.3x7.1

レビュー

おなじみのiPhoneシリーズの6s。iPhoneSEと同時期に発売されていてスペックは全く同じだけど、6sの方が少し大きく、薄い。

iPhone6s以降で3Dタッチと常時hey siriを搭載しており、ソフトウェア面では今の最新iPhoneシリーズと大きな違いはない。

ハード面ではiPhone7から防水とおサイフ機能に対応しているので、その2つの機能にこだわらないのであれば、iPhone6sはスペック的も十分で動きも良く、価格もかなり安くなっていることからおすすめだ。

同スペックのiPhoneSEと比べると少し大きくなっているけど十分片手に収まる大きさだ。ストレージは16,32,128があるけど、16は発売してはいけないレベルで一瞬でなくなる。絶対に32ギガ以降の容量を選択したい。

7位 Xperia XZ1 Compact

ディスプレイ 4.6
解像度 1280x720
CPU Snapdragon 835
メモリ 4
ストレージ 32
バッテリー 2700
おサイフ
防水
指紋認証
テレビ
重量 143
サイズ 65x129x9.5

レビュー

2018年5月現在の最新の小型エクスペリア端末。前作Xperia X Compactから細かくバージョンアップしているなかで最大の強化点はCPUだ。X compactのミドルハイエンドCPUに対して、XZ1 compactは大型スマホと同じSnapdragon835というハイエンドCPUを搭載してきた。Xperia XZ1 Compactは小型端末の中で最もスペックが高いスマホだ。カメラ画質も良く、スピーカーの音質も良く、大型スマホを小さくしただけのハイスペックをギュッと凝縮している。

最新端末なだけあって中古端末の価格が7万円とまだまだ高いけど、おサイフ機能を搭載していない海外SIMフリー版は5万円と安い。おサイフとワンセグ機能にこだわりがない人は海外版を選択しても良い。

6位 iPhone7

iPhone7 iPhone6s
ディスプレイ 4.7 4.7
解像度 1334×750 1334×750
CPU A10 A9
メモリ - -
ストレージ 32,128,256 16,64,128
バッテリー - -
おサイフ ×
防水 ×
指紋認証
テレビ × ×
重量 138 143
サイズ 67.1x138.3x7.1 67.1x138.3x7.1

レビュー

余りにも数が多く出回りすぎて今更感が強いが、iPhone7/6sの4.7インチ液晶は、今や小さいスマホに分類される。特筆すべきはその重量で、iPhone7はたったの129グラムと死ぬほど軽い。かたや6sはバッテリーが強化されたことで厚みが増して重量も7よりは重いが、6sの143グラムも十分軽い。

当サイトでは何度も記載しているが、iPhoneシリーズの作りは細部に至るまで一切の妥協がなく、ハード面ではボディの質感からスピーカーの音質、カメラの画質、バッテリー持ちに至るまで文句のつけようが無い仕上がりだ。特にiPhone7は変更点が多く、Felica(おサイフ)と防水に対応し、イヤホンジャックが廃止された。イヤホンジャックの廃止は賛否両論あるけど、7 以降のiPhoneはイヤホンジャックを搭載していない。iPhone8が出て1年が経とうとしているところで、7が中古価格4万円で購入できるまでに値下がりした。十分小さいし性能も圧倒的なので、価格と大きさが許すのであれば迷わずiPhone7を購入して欲しい。それくらい性能に対して値段が安くなった。

5位 Xperia X Compact

Xperia X Compact SO-02J Z5 Compact
ディスプレイ 4.6 4.6
解像度 1280x720 1280×720
CPU Snapdragon 650 Snapdragon 810
メモリ 3 2
ストレージ 32 32
バッテリー 2700 2700
おサイフ
防水
指紋認証
テレビ ワンセグ
重量 135 138
サイズ 65x129x9.5

レビュー

本家Xperiaと同時に発売される小型のXperia Compactシリーズ。本家が熱暴走やバッテリーで苦しんでいる中、小型のXperiaシリーズは手堅いつくりで失敗なくよくできた端末が多い。

スペックはどれも大きく変わり映えせず、中でもXperia Z3 Compactは小型のアンドロイドといえばコレ、と言ってしまっていいほど人気があった。ただ、Xperia Z3 Compactはさすがに古すぎるのと、指紋センサーがないため、今となっては辛い。指紋センサーはXperia Z5から搭載されており、X Compactで精度が成熟したので、今回はその利便性を優先して、Xperia X Compactをおすすめしたい。

また、Xperia X Compactは小型シリーズで初めてストレージに32ギガ、メモリに3ギガを搭載した贅沢な作りだ。CPUはミドルハイエンドのSnapdragon600シリーズの中でも新しい650を搭載することで、前世代のハイエンドCPUであるSnapdragon810とほぼ変わらない高い処理能力を維持し、同時に省電力も実現した。モニタのサイズがiPhone6より0.1インチ小さいが、本体の縦サイズはiPhone6より約1センチも小さくなっていて、手に持った時の収まりが全然違う。価格は少し高いが、とにかく性能と小ささに拘りたい、そんな人にお勧めしたい最高の小型アンドロイド端末がXperia X Compact SO-02Jだ。

4位 iPhone8

ディスプレイ 4.7
解像度 1334×750
CPU A11
メモリ -
ストレージ 32,128,256
バッテリー -
おサイフ
防水
指紋認証
テレビ ×
重量 148
サイズ 67.3x138.4x7.3

レビュー

iPhoneXとほぼ同時期に発売された最後のホームボタンありiPhone。iPhone7との違いを探す方が難しいくらいにほとんど変わらないんだけど、唯一CPUが一世代上がることによって処理能力が向上している。

また、iPhone6s、iPhone7と違って背面がガラス製になった。これによって滑りにくくなった代わりに落とすと背面のガラスが割れるリスクも孕む。

発売から約2年が経ったことで中古価格、新品価格ももかなり安くなった。カメラ画質、スピーカー音質も最高クラスで、モバイルsuica、IP67防水にも対応した全部入りスマホだ。せっかく長く使う新機種を購入するのであれば少し高くてもiPhone8を選択するのがおすすめだ。

とうとう格安SIMのmineoが取り扱いを開始したことで、新品で購入してしかも月額の通信費も抑えることができるようになった。

3位 AQUOS R compact

ディスプレイ 4.9
解像度 2032x1080
CPU Snapdragon 660
メモリ 3
ストレージ 32
バッテリー 2500
おサイフ
防水
指紋認証
テレビ
重量 140
サイズ 66x132x9.6

レビュー

シャープが発売を続ける小型スマホの最新モデル。液晶の形状がiPhoneXと同じようなノッチ型になっており、端末サイズに対して画面が大きい。たった140グラムで4.9インチの大画面を搭載してるのが最大の魅力だ。CPUにミドルハイエンドのSnapdragon660を搭載しつつシャープお得意のEGZO液晶によって3日間のバッテリー持ちを実現した。画面が大きく、小型でスペックも高いオールラウンダーなスマホだ。

最近のAQUOSではおなじみのハイスピードEgzoを搭載しており、他のスマホと比べて画面のスクロールが圧倒的になめらかで見やすい。ストレージの容量に32ギガが確保されているのもうれしい。スピーカーの音質は相変わらずよくないが、シャープのスマホとしては珍しくカメラ画質が良い。

キャリア版と同じスペックのSIMフリー版が家電量販店で販売されており、おサイフ機能を搭載したSIMフリースマホとして最もスペックが高い。

2位 iPhoneSE

iPhoneSE iPhone5s
ディスプレイ 4 4
解像度 1136×640 1136×640
CPU A9 A7
メモリ - -
ストレージ 16,64,128 16,32,64
バッテリー - -
おサイフ × ×
防水 × ×
指紋認証
テレビ × ×
重量 113 112
サイズ

レビュー

iPhoneSEは今回紹介する端末の中でも最小のディスプレイを搭載した最も軽い端末だ。

iPhoneSEは小さな外観にiPhone6sのハイスペックを詰め込んだスマホだ。4インチの端末は片手で使える確かなホールド感を感じるサイズで、CPUのスピードとカメラの画質で快適な小型スマホライフを送れる。

発売がiPhone6sと同時なので、すでに3世代前で少し古いけど、通常利用であれば全く問題なく使える。なによりも価格がかなり安いのが嬉しい。

なぜか容量から一番人気の32ギガが消えている。16ギガは話にならない少なさなので、必ず64ギガ以上を選択して欲しい。

Sponcerd


1位 AQUOS R2 compact

ディスプレイ 5.2
解像度 2280x1080
CPU Snapdragon 845
メモリ 4
ストレージ 64
バッテリー 2500
防水 IPX5/IPX8
指紋認証
DSDS ×
重量 135
サイズ 64x131x9.3

レビュー

AQUOS R compactの新型。現行最強のコンパクトスマホ。

Snapdragon845は現段階の最強CPUなので、どんなゲームも快適にプレイできるし4ギガメモリも十分で、3Dゲームもサクサク快適にこなせる文句なしのハイエンドスマホだ。

R2 compactは小型でありながら画面を大きくするために上部にカメラ用のノッチ、下部に指紋センサー用のノッチを搭載して画面サイズを最大化した。

これによって先代のR compactと比較して本体サイズをそのままに0.3インチ画面サイズが大きくなった。

ただし、バッテリー容量がAQUOS R compactと変わらない2500mAhなので、毎日の充電は必須になる。

AQUOS R2 compactはなんとiPhon8より小さい本体サイズでiPhone8よりも0.5インチも画面が大きい。iPhone8の148グラムに対して、AQUOS R2 compactは135グラムとさらに軽い。

IPX8防水、おサイフケータイに対応する。ワンセグ、フルセグには対応しない。

今回はカメラ画質のアピールも気合を入れている。

中国に買収されてから伸び続けるシャープの本気スマホから目が離せない。

バッテリーを重視したいのであれば先代のAQUOS R compactの方が持つけど、それ以上にスペックの差は大きい。今から購入するならR2 compactがおすすめだ。

AQUOS R2 compactは現在OCNモバイルONEで3.5万円オフの激安セールを行っている。詳細はキャンペーン記事を確認してほしい。

【悲報】Mate 20 Proが3万円値下げ+1万円還元で月額も300円値下げ【OCNモバイル新生活応援価格が異常】

ここ最近のOCNモバイルONEセールがやばい。俺はもうOCNのキャンペーン情報を見るのに疲れた。なんで俺は12月にOCNモバイルONEでMate 20 Proを契約してしまったんだろう... 今回は現 ...

続きを見る

番外編 AQUOS zero(SH-M10)

ディスプレイ 6.2
解像度 2992x1440
CPU Snapdragon 845
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 3130
防水 IP68
指紋認証
おサイフ
DSDS ×
重量 146
サイズ 73×154×8.8

レビュー

シャープがSIMフリー市場に殴り込みをかける本気スマホ。最大の特徴はiPhone8の148グラムをも下回る圧倒的な軽さ。6.2インチディスプレイなのに146グラムは軽すぎる。

スペックはSnapdragon845と6ギガメモリで完全にハイエンドスマホでゲームもサクサク。更に初の国産有機ELディスプレイを搭載していたり、IP68防水、ドルビーアトモスデュアルスピーカーの搭載など、作りは細部まで妥協が無い。

唯一カメラ機能がMate 20 Proなどのハイエンドスマホと比較して弱いのが欠点ではあるけど、カメラに拘らない人、軽さに拘りたい人におすすめの大画面ハイエンドスマホ。

現在OCNモバイルONEで販売記念セールを行っていて、価格ドットコムよりも3万円も安く購入できる。OCNモバイルONEは最低契約期間も6か月と短いから、機種変更を検討している人は同時に乗り換えればかなり安く購入できる。乗り換えできなくても本体のためだけに新規でOCNモバイルを契約した方が安い。詳細は下記。

4月26日まで
【AQUOS zero】6.2インチ最軽量モンスターがSIMフリー市場に殴り込み

中国ホンハイに買収されてから明らかに開発スマホに磨きがかかったシャープが、4月12日からSIMフリー市場に過去最高のモンスターを投入する。投入されるのは現在ソフトバンクで販売されている最高スペックモデ ...

続きを見る

電子マネー対応SIMフリースマホランキング

貴重な電子マネー対応のSIMフリースマホをランキング形式でまとめた。

【2019年版】電子マネー・Felica対応SIMフリースマホおすすめランキング11

日本独自規格の電子マネー、おサイフケータイは一度使い始めると手放せなくなる便利さがある。今でこそQRコード決済が普及し始めてはいるけど、ロックを解除する必要もなく、かざすだけで支払いが完了するスマホの ...

続きを見る

格安SIMセットスマホランキング

最近は格安SIMがスマホを取り扱っていて、値段も安いものが増えている。セットで購入できるスマホのおすすめもまとめているので確認して欲しい。

まとめ
【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマ ...

DSDSスマホランキング

SIMを2枚挿し出来るDSDSスマホをまとめた。ビジネスとプライベートを分けるのに最適でおすすめだ。

DSDS
【2019年版】DSDS対応スマホおすすめランキングベスト14

日本でDSDS機能が使える端末を一覧化してランキング形式で紹介する。基準はコスパだ。DSDSスマホを使えば2つのSIMカードが使えるから、キャリアのかけ放題と格安SIMのデータ通信専用プランを併用する ...

続きを見る

大画面スマホランキング

スマホに大きさを求める人向けに大きいスマホをまとめた。

大画面
【2019年版】大画面スマホ・ファブレットおすすめランキングベスト30!

大画面スマホに限定したランキングを作成した。今回も重視したのは性能に対するコストパフォーマンスだ。画面の大きさは5.5インチ以上、7インチ未満を基準にした。大画面スマホは上位モデルのスマホとして発売さ ...

続きを見る

中国スマホランキング

日本未発売の中国のスマホのコスパがとにかくやばい。分かりやすくランキング形式でまとめた。

まとめ
【2019年版】中国スマホおすすめランキングベスト10!値段が超格安!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくいのでおすすめランキング形式でまとめて紹介する。 中国スマホの世界シェア 中国の家電業界 ...

続きを見る

最強カメラスマホランキング

もうスマホの性能は良いからとにかくカメラに拘りたいという人にはこちらのまとめがおすすめ。

まとめ
【2019年版】最強カメラスマホおすすめランキング18!

最強カメラスマホであるP20 Proが短期的な売り上げでiPhoneXを抜いたように、成熟しきった現在のスマホ市場で次にユーザーが求めるのは、どれだけ美しい写真が撮れるかだ。 高画質スマホの最大のメリ ...

中古スマホランキング

中古でもいいから使えるスマホを安く買いたい人向けにアマゾンで購入できる中古スマホのおすすめをまとめた。

白ロム
【2019年版】おすすめ白ロム・中古スマホ機種ランキングベスト13

※本記事は2018年6月11日に更新しました。 正直なところ最近は格安スマホもスペックで「おっ」と思うものが出てきている感は否めないが、キャリアスマホのメリットは、キャリアが命運をかけたスペックの高さ ...

続きを見る

格安SIMの選び方

どこの回線を契約するか迷っている人向けに格安SIMの選び方をまとめた。

まとめ
【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマ ...

NFCでSIMフリースマホをおサイフケータイ化

おサイフ非対応スマホでもひと手間かければおサイフケータイ化出来ます。

【NFC×Edy】SIMフリースマホをオサイフケータイ化する方法

SIMフリースマホを買いたいけど、おサイフ機能が無いのがネックで移行できない人に朗報です。 SIMフリースマホでおサイフ機能を使う、そんな夢が叶った。だからその叶え方をみんなに教えたい。 SIMフリー ...

スマホのスペックの見方

スマホのスペックの知識が不安な人はスペック表の見かたを全て解説しているので確認して欲しい。

CPUの性能の違いなどスマホのスペックの見方を全て解説

Snapdragonとか画素数とかメモリとか画面の大きさとか、スマホを買うときにそもそもどこをどう見たらいいのかわからないという人のために、すべてのスペック項目の意味と、最低限必要なスペックなどの見方 ...

コンパクトスマホランキングあとがき

想像以上に小さいスマホが少なかった。5インチ以上のサイズに慣れてしまった今、5インチ以下のスマホはかなり小さく見えるが、考えてみるとiPhone3Gは3.5インチだし、当時はiPhone3G を下回るサイズのスマホもあった。

今のスマホは大画面化が進んでいて、小型スマホは随分減ってしまったけど、そんな中でも持ちやすさや、親指が画面の端まで指が届く操作性を重視する人もまだまだいて、小型端末の人気は根強い。数少ない小型端末を探すときの参考になれば嬉しい。

まとめ ライフハック

2019/4/25

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/4/25

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/6/11

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【口コミ・評判】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2019/5/18

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, まとめ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.