ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

ライフハック 体験談

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

2020年12月11日

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。

でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

狭い部屋の家賃だけじゃないメリット

狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。

東京都の平均家賃相場は22万円

実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ場合の家賃は20万円を超える。

これが6畳くらいの狭い部屋なら7万円とか8万円だって狙えてしまう。つまり固定費が下げられるから少ない給料でも都会に住めるようになる。

狭い部屋には狭い部屋なりのメリットがある

確かに家賃が安いメリットは超でかいんだけど、多くの人は狭い部屋には家賃が安い以外のメリットが無いと誤解している。

でも実際に住んでみると全くそんなことはない。寧ろ狭い部屋だからこそ得られるメリットが多いことに住むと気付く。

そのメリットを享受するためにも寧ろ狭い部屋を積極的に選ぶべき。というのが俺の意見。

狭い部屋は掃除が超楽

まず多くの狭い部屋に住んだ人が感じるメリットが掃除の楽さなんだ。

あれ?実家に居たときよりも遥かに掃除が楽だぞ?と驚く。なぜなら居住面積が狭いから。そして居住面積が狭いということは床面積も狭い。つまりホコリの絶対量が広い部屋と比べて少ないし、掃除しないといけない範囲も狭い。

狭い部屋は掃除が一瞬で完結する

実際俺が住む6畳1Kの家で床が露出している面積はキッチンを含めても畳4枚分ほど。この範囲に掃除機を当てれば掃除が完結してしまう。

あとはテーブルとかテレビ台に溜まるホコリを定期的に除去すればいいだけ。大掃除ってなに?って状態。

ガジェマガでは家事は1円にもならないからやらない方法を探すべきと繰り返しているんだけど、その方法の一つが狭い部屋に住むことなんだ。

もちろんトイレとかお風呂場とかキッチンの定期的な清掃は必要だけど、日常的な清掃が必要な面積が狭いということは短時間の掃除で清潔に保ちやすいということだし、普段から清潔な部屋に住めるから体調を崩しにくくもなる。

狭い部屋は全ての移動が効率的

狭い部屋には狭い部屋なりに風呂トイレ、キッチンから洗濯機置き場に至るまで生活に必要な環境が揃っているんだけど、狭い部屋が良いのはそれらがギュッと凝縮されていることなんだ。だから無駄な移動が少ない。

俺は先月一年ぶりに実家に帰ったんだけど、一つ一つの移動がめんどくさすぎてビビった。実家に帰った時の動画は下記。

寝るために階段を上がって寝室へ行かないといけないし、手を洗うために洗面台に行かないといけない。トイレだって風呂だって遠い。

一つ一つの移動は精々10秒20秒かもしれないけどその無駄を死ぬほど繰り返す。これが俺の狭い家なら5秒もあれば風呂トイレ手洗い場ベッドのすべてにアクセスできてしまう。この移動の無駄時間の蓄積は無視できない。

通勤時間を見直すなら家の中での移動時間も見直すべき。広い部屋に住んで無駄に移動するより積極的に狭い部屋を選んだ方が効率的な人生を送れるのは間違いない。

狭い部屋は物が厳選される

部屋が狭いということは置ける物の絶対量が少ない。実はこれはデメリットでもありメリットでもあるんだ。

置ける物が少ないということは置く物を厳選せざるを得ない。何かを買うときは必ず何かを捨てることになる。

そして購入しては捨てるサイクルを繰り返すことによって自分に本当に必要な物、実は必要なかった物が見えるようになる。

実際今俺の部屋の中で目に見える範囲にあるものは毎日使うものばかり。

いらない物を置く場所が無いからこそ今そこに物が置かれている理由を考えるようになる。で、これここに置く必要なくね?って思ったら捨てるか目に見えない場所に置く。こうして部屋の中が洗練されていく。

更に物を厳選するようになると無駄な買い物もしなくなる。買ったところで置く場所が無い。それでも買いたいなら何かを捨てるしかない。そこまでして買う価値があるのかを検討するようになる。

こうして自分に必要な物が明確になってより効率的な無駄のない部屋が出来上がる。強制的に物の取捨選択が進むのが狭い部屋のメリットなんだ。

部屋が狭いと部屋作りを工夫する

上で部屋が狭いと物の取捨選択が捗ると書いたんだけど、更に部屋が狭いと色々工夫して常識を疑うようになる。

フキンとか壁掛け時計、バスタオル、バスマットが必要ないとかはまさにそれ。そのあたりは俺が捨てた物として別の記事でまとめているから確認してほしい。

1K6畳一人暮らしで捨てた物・いらない物【半ミニマリスト】

続きを見る

更に物の配置に関しても常識を疑って工夫するようになる。何とか食洗器を導入したいという想いから洗濯機の上に食洗器を配置したのがそれだし、

【一人暮らし】極狭キッチンに食洗器を設置した話【洗濯機の上】

続きを見る

その他にもヘアドライヤーを下向きに固定していたり、

【ハンズフリードライヤーDIY】人より一日5分多く楽しむ方法

続きを見る

ロボット掃除機がソファーの下にあったり、

【Eufy RoboVac】6畳一間でロボット掃除機を一か月使った感想

続きを見る

自転車が浮いていたりと様々。

自転車壁掛けならディアウォールがおすすめ
【自転車壁掛けDIY】ディアウォールでロードバイクを室内保管する

続きを見る

これらは全て狭い部屋で快適に過ごしたいと工夫した結果なんだ。部屋が狭いからこそ常識を疑う必然性が出てくる。

【デメリット】収納が少ない

もちろん部屋が狭いことにはデメリットもある。というのも狭い部屋は収納も少ないパターンが多いんだ。

幸い俺の場合はそれなりの収納スペースがあるお陰で普段使わないものは全て収納スペースに入れておけるんだけど、

収納スペースが無いと衣装ケースとか、重要書類、カバンのような絶対必要な物を部屋の中に置かないといけなくなる。

こうなるとせっかくの居住空間が狭くなるだけでなく、物が視界に入る視覚的ストレスが増える。

一応高さがあるベッドを購入してその下を収納にすればある程度は対策できるんだけど、

毎回ベッドの下から物を取り出すのは手間だし腰が痛い。収納スペースがあるに越したことはない。狭い部屋を選ぶときは収納スペースの有無に注意してほしい。

【デメリット】料理はできない

狭い家での料理はあきらめた方が良い。実際俺の家のキッチン兼洗面台はこんな感じ。こんな狭いキッチンで料理をするのは狂気の沙汰。

ガスコンロから鍋を置くための金具を取り外していることからもわかる通り俺は絶対に料理をしない決意を固めている。

俺の場合はもう炊飯器も捨ててしまって炊飯器置き場にコーヒーメーカーを置いている。

【デロンギマグニフィカレビュー】1杯15円で手間いらずのコーヒーメーカー

続きを見る

そもそも一人用の食事を作るのは時間とお金の無駄。頑張って安く作っても数百円しか安くならないなら時給換算で圧倒的な損になる。諦めてコンビニでお弁当を購入した方が効率的なんだ。

俺の場合は

  • バナナ
  • お味噌汁
  • 冷凍ブロッコリー
  • アーモンド
  • ヨーグルト
  • プロテイン
  • サバ缶
  • マルチビタミン

辺りが現在の主食。ケトルと電子レンジがあれば完結するし火を使わないから安全。しかも健康的。

頑張って料理をするより料理をしない方法を考えるのがおすすめ。

【デメリット】寝室とリビングを分けられない

安い家賃で寝室とリビングを分けようなんて発想は捨ててほしい。ベッドはリビングに置くしかない全て同じ部屋に置くしかない。

俺の場合は休みたいときに休める作業場とベッドの近さが気に入っているんだけど、この辺の感覚は人によって様々。

ベッドがあると仕事ができないとか、ベッドがあるとホコリが気になるとか色々と拘りがあるっぽい。あと来客も呼びにくい。

俺は部屋の中に空気清浄加湿器を置いているし、そもそも布団もしょっちゅうドラム式洗濯機で洗っているからホコリは気にならない。工夫と妥協次第。

狭い部屋を選ぶポイント

俺はマジで今の部屋を気に入ってしまっていてやばい。1Kだと手軽に同棲できないのが結婚が遠のく要因な気もしてるけど今のところは現状維持の予定。

最後にこれからの1Kでの一人暮らしを検討している人向けに、1Kに8年年住んだ俺がおすすめしたい部屋選びの条件は下記3点。

  • 風呂トイレは別
  • ドラム式が置ける室内洗濯機置き場
  • ある程度の収納スペース

風呂トイレ別

これは絶対。トイレの清潔感を確保するためにはトイレが独立している必要がある。

ユニットバスだとどう頑張ってもトイレの不潔感を消せない。快適なうんこ環境を確保するため、ウォシュレット導入による清潔なお尻を確保するためにもトイレの独立は絶対条件にしてほしい。

しかもトイレが独立していればこんな感じで物置として使うことも可能。

家賃をおしんでユニットバスを選ぶと一生後悔することになる。

ドラム式が置ける室内洗濯機置き場

室内洗濯機置き場を必須条件にしている人は多いと思うけど、次に確認してほしいのはドラム式洗濯機が置けるのか否かということなんだ。

というのもドラム式は一人暮らしの時間的負担を下げられる最強の家電で、忙しい一人暮らし生活を送っているといつか必ず欲しくなる。

そんな時のために大きめの室内洗濯機置き場は絶対必要。将来のために洗濯機置き場のサイズには拘ってほしい。

ある程度の収納

これは上でも書いた通りだけど、収納があるかどうかによって部屋のすっきり感が大幅に変わる。収納があるならいらないものは全て収納に詰め込んでドアを閉めればいいだけ。

無ければ部屋が物で溢れる。小さくても良いからできる限り収納がある部屋を選んでほしい。

1Kで8畳なら最強かも

あと8年住んで今更だけど、8畳あれば最強だったなと思う。8畳あればもう少し家具の配置が自由になったはず。

6畳だからこそここまで努力できたのは間違いないんだけど、もう少し大きなソファが欲しかったとかセミダブルベッドがほしかったとかは思う。

この辺り無いものねだりだし上を見るとキリがないんだけど、厳選に厳選を重ねた今の俺がそう思うならそうなんだと思う。

8畳あれば大きなソファとベッドが実現できる。それはいつか引っ越した時の夢として取っておくことにする。

一人暮らしは6畳1Kで十分

これから新社会人として都会に進出する人は果たして狭い部屋で満足に生活できるのか不安に感じている人が多いと思うけど6畳あれば余裕。全然問題ないから安心してほしい。

但し上でも書いているように

  • 風呂トイレは別
  • ドラム式が置ける室内洗濯機置き場
  • ある程度の収納スペース

この3点には拘ってもらうのがおすすめ。上がる家賃以上に生活満足度が向上するのは間違いない。

あとは無駄な物を購入しない、物を買うときは何かを捨てる、ということを意識すれば狭い部屋でも快適に生活できる。

一度狭い部屋に住んで物の取捨選択に拘った経験は無駄にならないし、今後広い部屋に引っ越したとしても間違いなく活きるはず。健闘を祈る。

1K6畳一人暮らしで捨てた物・いらない物【半ミニマリスト】

続きを見る

【動画で解説】ルームツアー

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/2/17

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 17位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ライフハック 体験談

2020/12/13

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ReadMore

ライフハック

2021/6/13

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-ライフハック, 体験談

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.