ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ・タブレット

iPhone11がAndroidよりコスパが高い理由を比較解説

2019年10月26日

今やiPhoneは品質の割に高すぎるというイメージが定着していて、iPhoneを買うのはブルジョアか馬鹿というレッテルがAndroid勢から貼られつつある。

確かにiPhoneXから本体価格が約12万円にまで跳ね上がっていて、ここからiPhoneに対するコスパイメージが悪化した感があるんだけど、実はiPhone11に関してはこの限りではない。

今回は根っからのAndroid勢である俺が、iPhone11はAndroidスマホと比較してもコスパが悪くないどころか寧ろ良いと思う理由を解説する。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

iPhone11シリーズ

有名すぎるから詳細な説明は省くけど、iPhone11シリーズのラインナップは下記3種類。

機種名 iPhone11 iPhone11Pro iPhone11Pro MAX
ディスプレイ 6.1 5.8 6.5
解像度 1792x828 2436x1125 2688x1242
Snapdragon 660 Apple A13 Apple A13 Apple A13
メモリ 4 4 4
ストレージ 64/128/256 64/256/512 64/256/512
バッテリー 10時間(公称値) 11時間(公称値) 12時間(公称値)
セキュリティ
おサイフ
防水 IP68 IP68 IP68
重量 194 188 226
サイズ 71.4x144x8.1 75.7x150.9x8.3 77.8x158x8.1
価格 74,800円~ 106,800円~ 119,800円~

iPhone11シリーズの共通仕様

iPhone11シリーズはそれぞれ画面の大きさとか解像度、カメラの数とか色々な違いがあるんだけど、逆にそれぞれの共通仕様に注目したものが下記。

  • Apple A13/4ギガメモリの超ハイスペック
  • 高品質な広角・標準レンズによる写真・ビデオ撮影
  • おサイフケータイへの対応
  • IP68防水

iPhone11シリーズは史上最強のAntutuスコア

iPhoneとAndroidはCPUの処理能力で熾烈な競争を繰り広げているんだけど、iPhone11発売時点ではApple A13チップが最も性能が高い。

おなじみのAntutuベンチマークでの計測結果は、現在のAndroidのSnapdragon855+が40万点なのに対して、Apple A13は42万点とAndroidを上回る。

この順位は近く発表されるSnapdragon865の登場によって入れ替わることになるとは思うけど、現状のスマホの最高性能はiPhone11シリーズのApple A13で間違いない。

広角・標準レンズによる写真・ビデオ撮影が高品質

iPhone11ProとPro Maxが望遠、広角、超広角のトリプルレンズを搭載しているのに対して、iPhone11は望遠を除いた広角と超広角レンズを搭載している。

iPhone11に望遠レンズは無いんだけど、広角レンズと超広角レンズの写真・動画の画質はiPhone11 Proと同じ。

俺はメインマシンでiPhone11 Proと同じく望遠、広角、超広角レンズを搭載するMate 20 Proを使い続けているんだけど、

広角レンズと超広角レンズが使いやすいのに対して、望遠レンズは使いどころを探すのが難しいというか正直盗撮くらいにしか使えないから無くても良いと思っている。

気になる人はMate 20 Proのトリプルレンズの使い勝手を比較した下記記事を読んでほしい。

【Mate 20 Proカメラレビュー】機能と感想と弱点 in バンコク

一眼レフカメラを持ち歩かないためにMate 20 Proを購入してもう3週間くらいが経った。今はプライベートでタイのバンコクに旅行に来ているんだけど、今回はバンコクで撮影した作例と一緒に、Mate 2 ...

続きを見る

iPhone11は最も使いにくい望遠レンズを省いて広角レンズと超広角レンズだけを残しているから、実質のカメラの使い勝手はほぼ同じだと思っていい。

おサイフケータイ・IP68防水への対応

iPhoneは8以降日本独自規格のおサイフケータイに対応している。

iPhoneとAndroidのオサイフ対応

多くのAndroidシムフリースマホがおサイフケータイに対応していない中、シムフリーでありながらおサイフにも対応しているのは大きなアドバンテージになる。

更にiPhoneは最高規格IP68の防水防塵にも対応している。厳密にはiPhone11Proが4メートルまでの浸水に耐えられるのに対して、iPhone11は2メートルまでという違いはあるんだけど、IP68防水であることに変わりはない。

スマホのコスパは相対的

今や聞かない日は無いくらいにコスパという言葉が使われているんだけど、スマホ市場でもそのコスパは重要視されている。

とはいえコスパは単純に価格で測れるものではなく、比較するためには明確な基準が必要になる。

つまり、それぞれがスマホに求める拘りポイントを洗い出した上でその条件を満たすライバル機と比較していくことが重要だ。

拘りポイントごとのコスパが高いスマホ(2019年10月時点)

2019年10月時点でのよくある拘りポイントごとのコスパに優れたスマホ例が下記。

  • 処理能力に拘りたい ⇒ Xiaomi Mi 9
  • カメラ画質に拘りたい ⇒ Galaxy Note 10+
  • バッテリーに拘りたい ⇒ ZenFone 6
  • ゲームプレイに拘りたい ⇒ ROG Phone 2
  • 価格に拘りたい ⇒ OPPO Reno A

単純にコスパと言ってしまっても、それぞれが求める拘りポイントによって答えが異なる。コスパに絶対的な解は無い。

iPhone11のスマホ市場での立ち位置

それならiPhone11の強みはなんなのかという話になるんだけど、iPhone11のコスパを図るためには、iPhoneの強みを洗い出す必要がある。

スマホ市場におけるiPhone11の強みは下記。

・高い処理能力(Apple A13)
・おサイフ搭載
・高画質カメラ
・防水(IP68)

この他にも細かいところだとiPhoneブランドとかMacOSとの連携とか色々あるけど、多くの人がスマホに求める最大公約数的な強みはこの4点になる。

iPhoneのコスパを図るのであればこの4点を満たしたスマホと比較したい。

iPhone11のライバルはPixel4のみ

さて上でiPhoneの強みは下記4点だと解説したんだけど

・高い処理能力(Apple A13)
・おサイフ搭載
・高画質カメラ
・防水(IP68)

この4つの条件を満たすライバルスマホはなんと現段階ではPixel4しか存在しない。

しかもPixel4の価格は89,980円からとiPhone11の74,800円を上回る。

なんてこった。iPhone11はスマホ市場の隙間をうまく突いたライバルほぼ不在のスマホだった。

しかもPixel4と比較してもiPhone11は下記2点で優れる。

iPhone11 Pixel4
Apple A13 Snapdragon855
広角・超広角カメラ 広角・望遠カメラ

あれだけコスパが悪いと評判だったiPhoneは下記4つの条件を満たすスマホの中では最も安い選択肢だった。

・高い処理能力(Apple A13)
・おサイフ搭載
・高画質カメラ
・防水(IP68)

しかもこの4つはiPhone11を優遇するために用意した出鱈目な項目ではない。実際に多くの人がスマホを選ぶ基準にしている普遍的な項目だ。

iPhone11の価格は処理能力基準でも妥当

【iPhoneとAndroidの違いと比較】選ぶポイントまとめ

更にiPhoneの性能が今現在の業界最高であることは紛れもない事実。

性能が高くて安いスマホといえば俺もサブ機で使用しているXiaomiのMi 9とかK20 Proが4万円強で購入できるんだけど、iPhone11はこれらのスマホをスペックで上回る。

4万円強で手に入るMi 9とかK20 Proが搭載しているSnapdragon855の性能は現在の業界3番手で、2番手がSnapdragon855+を搭載したOne Plus 7Tの6万円強だということを考えると、業界1番手のiPhone11の8万円という価格は処理能力だけを切り取っても妥当性がある。

iPhone11の弱点

ここまででiPhone11シリーズの中でもiPhone11は処理能力やライバル機と比較してコスパが高いことが分かってもらえたと思う。

ただ、そんなiPhone11にも弱点はある。

iPhone11は解像度がちょっと低い

iPhone11はiPhone11シリーズの中で最も解像度が低い。

機種名 iPhone11 iPhone11Pro iPhone11Pro MAX
ディスプレイ 6.1 5.8(有機EL) 6.5(有機EL)
解像度 1792x828 2436x1125 2688x1242

これは敢えて比較しないとわからない程度の違いではあるんだけど、フルHD+(2340x1080)が主流の現在では気になる人は気になるかもしれない。

有機ELではない

iPhone11Proは次世代パネルである有機ELディスプレイを搭載しているのに対して、iPhone11は液晶を搭載している。

機種名 iPhone11 iPhone11Pro iPhone11Pro MAX
ディスプレイ 6.1 5.8(有機EL) 6.5(有機EL)
解像度 1792x828 2436x1125 2688x1242

有機ELディスプレイは発光しないことで黒を表現する圧倒的な明暗差が魅力のディスプレイなんだけど、個人的にはあれば良い程度で無くても良いと思っている。

iPhone11はLightningケーブル

最大のネックはこれ。未だにiPhone11は誰も望んでいないLightningケーブルを採用しているから、充電やデータ通信に苦労する。iPadがType-Cに対応したんだからiPhoneもType-Cを採用してほしかった。

iPhone11は大きさの割りに重い

iPhone11シリーズはその全てがサイズ感の割りに重い。

機種名 iPhone11 iPhone11Pro iPhone11Pro MAX
ディスプレイ 6.1 5.8 6.5
重量 194 188 226
サイズ 71.4x144x8.1 75.7x150.9x8.3 77.8x158x8.1

これは本体にステンレスとかアルミとかガラスとかの高級素材を採用していることの弊害で、重量を犠牲に高級感を演出している。

正直ケースを付けて200グラムを超えてくるとかなり重く感じるから辛い。

iPhone11はDSDSに非対応

iPhoneは一つのスマホに二つのSIMカードを挿して2番号で運用するDSDSに対応していない。一応香港版マカオ版中国版では対応しているんだけど、入手コストが高い。

既にDSDSで運用している人にとってDSDS対応の有無は死活問題になる。俺がiPhoneに乗り換えない理由はこれ。

iPhone11はツインアプリに非対応

これはニッチな機能にはなるんだけど、Huawei、ASUS、XiaomiのスマホはLINEなどのSNSアプリを複製できるツインアプリ機能に対応しているのが強み。iPhoneはもちろんツインアプリに対応していないから、普段ツインアプリを使っている人はiPhoneに乗り換えられない。

iPhone11 Proと違ってiPhone11はコスパが良い

最後に色々とiPhone11の弱点は挙げたけど、それでもiPhone11にはデメリットを補って余りある魅力がある。もしDSDSに対応していたら俺もiPhone11を購入していたと思う。

逆に望遠レンズと有機ELディスプレイくらいしか大きな違いが無いのにそれだけで3万円以上も価格が上乗せされるiPhone11Proは高い。

ライバル機と比較した結果iPhone11Proのコスパは悪いけど、iPhone11のコスパは良いという結果になった。

【Pixel 4】90Hzディスプレイで夜景カメラも更に強化で9万円

Googleから謹製スマホとしてPixel 4とPixel 4 XLが発表された。PixelシリーズはただのGoogleの謹製スマホではなく、夜景にやたら強いカメラや、日本での数少ないFelicaに対 ...

続きを見る

iPhone11のコスパが良い理由を動画で解説

まとめ ライフハック

2019/11/17

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/9/11

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容

2019/11/8

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット レビュー

2019/10/21

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

-スマホ・タブレット

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.