ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【3月はお休み】

スマホ まとめ

【2021年版】タブレットおすすめランキング5【でかいスマホ】

2021年2月16日

タブレットは帯に短したすきに長しの代表で、買ったは良いものの結局使わなくなるパターンが多くて個人的にはお勧めしていない。普通にスマホとパソコンを購入した方が効率的。

ただ、タブレットに役目が無いかと言われるとそんなことも無くて、スマホより画面が大きいのにパソコンのより気軽に使えるのも事実。

ということで今回はこれからタブレットを購入しようとしている人向けに俺目線の勝手におすすめランキング5選を紹介する。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

タブレットはiPad一強

どんなタブレットを選ぼうかなとワクワクしながらこの記事に辿り着いた人には残酷だけど、残念ながら今は世界的にタブレットはiPad一強の状態。

Androidタブレットが対抗していたのは遠い昔の話で、今はもう戦争が終結してiPadが世界を牛耳ってしまった。実際iPadの2020年第二四半期の世界シェアは32%。

(画像引用:The best tablet for You

日本シェアに至っては47.4%と圧倒的。

(画像引用:MMD研究所)

もはやiPad以外のタブレットがほぼ存在しないという状態なんだ。ということで悩む時間が無駄だから黙ってiPad買っとけ状態。iPadは売却価格が高いのも嬉しい。

そんなiPadはさすがに天下を取るだけのことはあって完成度もピカイチ。一度iPadを使うとAndroidタブレットには戻れなくなる魅力がある。しかも最近のiPadは値段も安い。ということでランキングはそのほとんどがiPadになる。

3種類のタブレット

タブレットはiPadが最強という前置きありきではあるけど、一応世間一般だとタブレットには3種類があると言われていてそれが下記。

  • iPad
  • Androidタブレット
  • Windowsタブレット

iPad

ご存じ世界最強のタブレット。元は大きいだけのiPhoneだったけど、最近のiPadは専用のiPadOSとして独立していて、iPhoneとしての使いやすさをそのままに、画面分割、マウス操作、ドラッグアンドドロップ等々更に使い勝手を極めている。

Androidタブレット

iOSの対抗馬となるAndroidOSを搭載したタブレット。専用のOSが開発されているiPadと違ってAndroidタブレットは画面がでかいだけで仕様はAndroidスマホと全く同じ。

とはいえ大画面の迫力はあるから、動画鑑賞、ブラウジング、電子書籍でその威力を発揮する。

Windowsタブレット

WindowsOSを搭載するタブレット。タブレットというか、形がタブレットなだけで中身は完全にパソコン。マイクロソフトのSurfaceとかが有名で、これはこれでありなんだけど、タブレットとしては死ぬほど使いにくいから無し。

WindowsOSはあくまでもマウスとキーボードを前提として作られているから指での操作はストレスで死ぬ。パソコンとしてWindowsタブレットを購入するなら良いけどタブレットとしてWindowsタブレットを購入してはいけない。

タブレットの3つのサイズ

タブレットを購入する人が迷いがちなのがタブレットの画面サイズなんだ。タブレットには大きく下記3つの画面サイズがある。

  • 7インチタブレット
  • 10インチタブレット
  • 12インチタブレット

7インチタブレットは微妙

7インチクラスだと8インチのiPad miniとかが有名ではあるけど個人的には無し。

どうせ鞄に入れて持ち運ばないといけないタブレットでわざわざ小さいサイズを選ぶ必要が無いし、なんなら6.9インチのスマホを使えばいい話。

折角購入するならスマホと差別化できる大画面の10インチタブレットを選んでほしい。

10インチタブレットが最も無難

最も売れている最も無難な大きさが10インチなんだ。鞄にもすっぽり入るし、スマホと違って大画面の大迫力だからわざわざタブレットに切り替える意味もちゃんとある。

外出先とかソファーとかベッドで動画を見たりしたい人に最高におすすめできるサイズ。

12インチ以上のタブレットはプロ向け

10インチを超えると12インチとか13インチの大画面クラスになるんだけどこれはプロ向けだから一般人にはお勧めしない。

13インチクラスだと持ち運ぶにも負担が大きいし、それなりの広さのテーブルが必要だったりと作業場所も選ぶ。

絵を描く、動画を編集する、写真を編集する、といったパソコンとしてタブレットを使いたい人向けのサイズ

5位 iPad Pro 11/12.9

iPad Pro 2020 11 iPad Pro 2020 12.9
ディスプレイ 11(120Hz) 12.9(120Hz)
解像度 2388 x 1668 2732 x 2048
CPU A12Z A12Z
メモリ 6 6
ストレージ 128~ 128~
バッテリー 7812 9720
セキュリティ
GPS セルラーのみ セルラーのみ
SIMスロット セルラーのみ セルラーのみ
eSIM対応 セルラーのみ セルラーのみ
重量 471 641
サイズ 178.5 x 247.6 x 5.9 214.9 x 280.6 x 5.9

レビュー

名前の通りプロ仕様の超高性能iPad。搭載するA12ZチップのAntutuベンチマークスコアは70万点越えとスマホ市場最高クラスでもはやパソコン並み。

更にディスプレイはリフレッシュレート120Hzでぬるぬるだし、背面にはiPhone並の標準、広角デュアルカメラまで搭載する。タブレットなのに。

第二世代アップルペンシルペンを使ったクリエイティブにも対応していて、実際にイラスト作成の現場で使われていることも多い。値段は10万円からと高いけど、動画作成、画像編集、イラスト作成等クリエイティブに使いたい人におすすめのiPad。

一つ前の2018年モデルとの違いは、カメラが増えたこと、アップルペンシル第二世代に対応したこと、全てのモデルが6ギガメモリを搭載したことの3点。どちらを選んでもいいとは思うけど、どうせProモデルを買うなら最高スペックの物を選べばいいと思う。

レビュー記事は下記。

【iPad Pro 11レビュー】全てが中途半端。それが魅力。

続きを見る

4位 iPad Air 4

ディスプレイ 10.9
解像度 2,360 x 1,640
CPU A14
メモリ 4
ストレージ 64/256
バッテリー 7667
セキュリティ 指紋
GPS セルラーのみ
SIMスロット セルラーのみ
eSIM対応 セルラーのみ
重量 460
サイズ 178.5 x 247.6 x 6.1

レビュー

上で紹介したiPad Pro 11とほぼ同じ見た目、性能なのにお値段が安い廉価モデル。A14チップと4ギガメモリの処理能力はiPad Pro 2020とほぼ同じ。

iPad Pro 2020との主な違いは下記5点。

  • ディスプレイのリフレッシュレートが60Hz
  • セキュリティが指紋認証
  • カメラがシングル
  • メモリが4ギガ
  • 3万円安い

最大の違いは3万円の価格差で、それでも税込み7万円と安くはないんだけど、スタイリッシュかつ高性能なiPadを安く入手したい人におすすめのモデル。

3位 MatePad 10.4

ディスプレイ 10.4
解像度 2000 x 1200
CPU Kirin810
メモリ 3
ストレージ 32
バッテリー 7250
セキュリティ
GPS ×
SIMスロット ×
eSIM対応 ×
重量 450
サイズ 15.5 x 24.5 x 0.74

レビュー

アメリカから制裁を受けているHuaweiが販売する良コスパタブレット。Kirin810と3ギガメモリのAntutuベンチマークスコアは30万点ほどと高くも低くもなく、SNS、ブラウジング程度なら快適に使える。

最大の特徴は4つのスピーカーを搭載することで、タブレットとは思えない迫力の高音質を楽しめる、らしい。

但し米制裁の影響でGoogleプレイストアは使えないから上級者向け。同じGoogleプレイストアが使えないタブレットを買うならこの次に紹介するKindleタブレットで良い気はする。

2位 Kindle HD 10

ディスプレイ 10.1
解像度 1920 x 1200
CPU MediaTek MT8183
メモリ 2
ストレージ 32/64
バッテリー 6300
セキュリティ パスコード
GPS ×
SIMスロット ×
eSIM対応 ×
重量 504
サイズ 159 x 262 x 9.8

レビュー

Amazonが販売を続ける激安タブレットシリーズの10インチモデル。32ギガストレージのモデルなら税込み16,000円と超絶安いのが嬉しい。

その代わり中身は割とポンコツで、処理能力もカメラもしょぼいし、セキュリティはパスコードロックだしで付加価値はほぼない。Google Playストアも使用不可。

但しディスプレイと音は良い。ということで動画鑑賞、ブラウジング、電子書籍といったタブレットとして最低限の使い方だけを検討している人ならおすすめできるモデル。

1位 iPad 10.2

ディスプレイ 10.2
解像度 2,160 x 1,620
CPU A12
メモリ 3
ストレージ 32/128
バッテリー 8686
セキュリティ 指紋
GPS セルラーのみ
SIMスロット セルラーのみ
eSIM対応 セルラーのみ
重量 483
サイズ 174.1x250.6x7.5

レビュー

昔懐かしのデザインのiPad。税込み38,000円で購入できる安さが最大の魅力。

安いのにスペックは超高くて、A12チップと4ギガメモリで動作はサクサク。最新の3Dゲームだって余裕でプレイできる。

もちろんiPadだからディスプレイも音も綺麗だしボディの質感も高い。高性能を安く購入したい人におすすめのタブレット。

電子マネー対応SIMフリースマホランキング

貴重な電子マネー対応のSIMフリースマホをランキング形式でまとめた。

【2020年版】電子マネー・Felica対応SIMフリースマホおすすめランキング11

続きを見る

格安SIMセットスマホランキング

最近は格安SIMがスマホを取り扱っていて、値段も安いものが増えている。セットで購入できるスマホのおすすめもまとめているので確認して欲しい。

まとめ
【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

DSDSスマホランキング

SIMを2枚挿し出来るDSDSスマホをまとめた。ビジネスとプライベートを分けるのに最適でおすすめだ。

DSDS
【2021年版】デュアルSIMスマホおすすめランキング5

続きを見る

大画面スマホランキング

スマホに大きさを求める人向けに大きいスマホをまとめた。

大画面
【2020年版】大画面スマホ・ファブレットおすすめランキングベスト30!

続きを見る

中国スマホランキング

日本未発売の中国のスマホのコスパがとにかくやばい。分かりやすくランキング形式でまとめた。

まとめ
【2020年版】中国スマホおすすめランキングベスト9!

続きを見る

最強カメラスマホランキング

もうスマホの性能は良いからとにかくカメラに拘りたいという人にはこちらのまとめがおすすめ。

まとめ
【2020年版】最強カメラスマホおすすめランキング18!

中古スマホランキング

中古でもいいから使えるスマホを安く買いたい人向けにアマゾンで購入できる中古スマホのおすすめをまとめた。

白ロム
【2020年版】おすすめ白ロム・中古スマホ機種ランキングベスト13

続きを見る

格安SIMの選び方

どこの回線を契約するか迷っている人向けに格安SIMの選び方をまとめた。

まとめ
【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

NFCでSIMフリースマホをおサイフケータイ化

おサイフ非対応スマホでもひと手間かければおサイフケータイ化出来ます。

【NFC×Edy】SIMフリースマホをオサイフケータイ化する方法

スマホのスペックの見方

スマホのスペックの知識が不安な人はスペック表の見かたを全て解説しているので確認して欲しい。

CPUの性能の違いなどスマホのスペックの見方を全て解説

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/2/17

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 17位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ライフハック 体験談

2020/12/13

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ReadMore

ライフハック

2021/2/19

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-スマホ, まとめ

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.