ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ

【2022年版】タブレットおすすめランキング5【でかいスマホ】

2021年2月16日

タブレットは帯に短したすきに長しの代表で、買ったは良いものの結局使わなくなるパターンが多くて個人的にはお勧めしていない。普通にスマホとパソコンを購入した方が効率的。

ただ、タブレットに役目が無いかと言われるとそんなことも無くて、スマホより画面が大きいのにパソコンのより気軽に使えるのも事実。

ということで今回はこれからタブレットを購入しようとしている人向けに俺目線の勝手におすすめランキング5選を紹介する。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

タブレットはiPad一強

どんなタブレットを選ぼうかなとワクワクしながらこの記事に辿り着いた人には残酷だけど、残念ながら今は世界的にタブレットはiPad一強の状態。

Androidタブレットが対抗していたのは遠い昔の話で、今はもう戦争が終結してiPadが世界を牛耳ってしまった。実際iPadの2020年第二四半期の世界シェアは32%。

(画像引用:The best tablet for You

日本シェアに至っては47.4%と圧倒的。

(画像引用:MMD研究所)

もはやiPad以外のタブレットがほぼ存在しないという状態なんだ。ということで悩む時間が無駄だから黙ってiPad買っとけ状態。iPadは売却価格が高いのも嬉しい。

そんなiPadはさすがに天下を取るだけのことはあって完成度もピカイチ。一度iPadを使うとAndroidタブレットには戻れなくなる魅力がある。しかも最近のiPadは値段も安い。ということでランキングはそのほとんどがiPadになる。

3種類のタブレット

タブレットはiPadが最強という前置きありきではあるけど、一応世間一般だとタブレットには3種類があると言われていてそれが下記。

  • iPad
  • Androidタブレット
  • Windowsタブレット

iPad

ご存じ世界最強のタブレット。元は大きいだけのiPhoneだったけど、最近のiPadは専用のiPadOSとして独立していて、iPhoneとしての使いやすさをそのままに、画面分割、マウス操作、ドラッグアンドドロップ等々更に使い勝手を極めている。

Androidタブレット

iOSの対抗馬となるAndroidOSを搭載したタブレット。専用のOSが開発されているiPadと違ってAndroidタブレットは画面がでかいだけで仕様はAndroidスマホと全く同じ。

とはいえ大画面の迫力はあるから、動画鑑賞、ブラウジング、電子書籍でその威力を発揮する。

Windowsタブレット

WindowsOSを搭載するタブレット。タブレットというか、形がタブレットなだけで中身は完全にパソコン。マイクロソフトのSurfaceとかが有名で、これはこれでありなんだけど、タブレットとしては死ぬほど使いにくいから無し。

WindowsOSはあくまでもマウスとキーボードを前提として作られているから指での操作はストレスで死ぬ。パソコンとしてWindowsタブレットを購入するなら良いけどタブレットとしてWindowsタブレットを購入してはいけない。

タブレットの3つのサイズ

タブレットを購入する人が迷いがちなのがタブレットの画面サイズなんだ。タブレットには大きく下記3つの画面サイズがある。

  • 7インチタブレット
  • 10インチタブレット
  • 12インチタブレット

7インチタブレットは微妙

7インチクラスだと8インチのiPad miniとかが有名ではあるけど個人的には無し。

どうせ鞄に入れて持ち運ばないといけないタブレットでわざわざ小さいサイズを選ぶ必要が無いし、なんなら6.9インチのスマホを使えばいい話。

折角購入するならスマホと差別化できる大画面の10インチタブレットを選んでほしい。

10インチタブレットが最も無難

最も売れている最も無難な大きさが10インチなんだ。鞄にもすっぽり入るし、スマホと違って大画面の大迫力だからわざわざタブレットに切り替える意味もちゃんとある。

外出先とかソファーとかベッドで動画を見たりしたい人に最高におすすめできるサイズ。

12インチ以上のタブレットはプロ向け

10インチを超えると12インチとか13インチの大画面クラスになるんだけどこれはプロ向けだから一般人にはお勧めしない。

13インチクラスだと持ち運ぶにも負担が大きいし、それなりの広さのテーブルが必要だったりと作業場所も選ぶ。

絵を描く、動画を編集する、写真を編集する、といったパソコンとしてタブレットを使いたい人向けのサイズ

5位 iPad Pro 11/12.9

iPad Pro 2020 11 iPad Pro 2020 12.9
ディスプレイ 11(120Hz) 12.9(120Hz)
解像度 2388 x 1668 2732 x 2048
CPU A12Z A12Z
メモリ 6 6
ストレージ 128~ 128~
バッテリー 7812 9720
セキュリティ
GPS セルラーのみ セルラーのみ
SIMスロット セルラーのみ セルラーのみ
eSIM対応 セルラーのみ セルラーのみ
重量 471 641
サイズ 178.5 x 247.6 x 5.9 214.9 x 280.6 x 5.9

レビュー

名前の通りプロ仕様の超高性能iPad。搭載するA12ZチップのAntutuベンチマークスコアは70万点越えとスマホ市場最高クラスでもはやパソコン並み。

更にディスプレイはリフレッシュレート120Hzでぬるぬるだし、背面にはiPhone並の標準、広角デュアルカメラまで搭載する。タブレットなのに。

第二世代アップルペンシルペンを使ったクリエイティブにも対応していて、実際にイラスト作成の現場で使われていることも多い。値段は10万円からと高いけど、動画作成、画像編集、イラスト作成等クリエイティブに使いたい人におすすめのiPad。

一つ前の2018年モデルとの違いは、カメラが増えたこと、アップルペンシル第二世代に対応したこと、全てのモデルが6ギガメモリを搭載したことの3点。どちらを選んでもいいとは思うけど、どうせProモデルを買うなら最高スペックの物を選べばいいと思う。

レビュー記事は下記。

【iPad Pro 11レビュー】全てが中途半端。それが魅力。

iPad Pro 2020がセールしてたからレビューするために購入した。過去にiPadを保有していたこともあるんだけど、タブレットは帯に短したすきに長しの中途半端な存在で俺はあまり好きではないんだけど ...

続きを見る

4位 iPad Air 4

ディスプレイ 10.9
解像度 2,360 x 1,640
CPU A14
メモリ 4
ストレージ 64/256
バッテリー 7667
セキュリティ 指紋
GPS セルラーのみ
SIMスロット セルラーのみ
eSIM対応 セルラーのみ
重量 460
サイズ 178.5 x 247.6 x 6.1

レビュー

上で紹介したiPad Pro 11とほぼ同じ見た目、性能なのにお値段が安い廉価モデル。A14チップと4ギガメモリの処理能力はiPad Pro 2020とほぼ同じ。

iPad Pro 2020との主な違いは下記5点。

  • ディスプレイのリフレッシュレートが60Hz
  • セキュリティが指紋認証
  • カメラがシングル
  • メモリが4ギガ
  • 3万円安い

最大の違いは3万円の価格差で、それでも税込み7万円と安くはないんだけど、スタイリッシュかつ高性能なiPadを安く入手したい人におすすめのモデル。

3位 MatePad 10.4

ディスプレイ 10.4
解像度 2000 x 1200
CPU Kirin810
メモリ 3
ストレージ 32
バッテリー 7250
セキュリティ
GPS ×
SIMスロット ×
eSIM対応 ×
重量 450
サイズ 15.5 x 24.5 x 0.74

レビュー

アメリカから制裁を受けているHuaweiが販売する良コスパタブレット。Kirin810と3ギガメモリのAntutuベンチマークスコアは30万点ほどと高くも低くもなく、SNS、ブラウジング程度なら快適に使える。

最大の特徴は4つのスピーカーを搭載することで、タブレットとは思えない迫力の高音質を楽しめる、らしい。

但し米制裁の影響でGoogleプレイストアは使えないから上級者向け。同じGoogleプレイストアが使えないタブレットを買うならこの次に紹介するKindleタブレットで良い気はする。

2位 Kindle HD 10

ディスプレイ 10.1
解像度 1920 x 1200
CPU MediaTek MT8183
メモリ 2
ストレージ 32/64
バッテリー 6300
セキュリティ パスコード
GPS ×
SIMスロット ×
eSIM対応 ×
重量 504
サイズ 159 x 262 x 9.8

レビュー

Amazonが販売を続ける激安タブレットシリーズの10インチモデル。32ギガストレージのモデルなら税込み16,000円と超絶安いのが嬉しい。

その代わり中身は割とポンコツで、処理能力もカメラもしょぼいし、セキュリティはパスコードロックだしで付加価値はほぼない。Google Playストアも使用不可。

但しディスプレイと音は良い。ということで動画鑑賞、ブラウジング、電子書籍といったタブレットとして最低限の使い方だけを検討している人ならおすすめできるモデル。

1位 iPad 10.2

ディスプレイ 10.2
解像度 2,160 x 1,620
CPU A12
メモリ 3
ストレージ 32/128
バッテリー 8686
セキュリティ 指紋
GPS セルラーのみ
SIMスロット セルラーのみ
eSIM対応 セルラーのみ
重量 483
サイズ 174.1x250.6x7.5

レビュー

昔懐かしのデザインのiPad。税込み38,000円で購入できる安さが最大の魅力。

安いのにスペックは超高くて、A12チップと4ギガメモリで動作はサクサク。最新の3Dゲームだって余裕でプレイできる。

もちろんiPadだからディスプレイも音も綺麗だしボディの質感も高い。高性能を安く購入したい人におすすめのタブレット。

電子マネー対応SIMフリースマホランキング

貴重な電子マネー対応のSIMフリースマホをランキング形式でまとめた。

格安SIMセットスマホランキング

最近は格安SIMがスマホを取り扱っていて、値段も安いものが増えている。セットで購入できるスマホのおすすめもまとめているので確認して欲しい。

まとめ
【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマ ...

DSDSスマホランキング

SIMを2枚挿し出来るDSDSスマホをまとめた。ビジネスとプライベートを分けるのに最適でおすすめだ。

DSDS
【2022年版】デュアルSIMスマホおすすめランキング5

デュアルSIM(DSDS)スマホを使えば1つのスマホで2つの番号を管理できるから、仕事とプライベートの使いわけができたり、通信会社を使い分けて月額を安くできたりするのが魅力。 ということで今回はそんな ...

続きを見る

大画面スマホランキング

スマホに大きさを求める人向けに大きいスマホをまとめた。

中国スマホランキング

日本未発売の中国のスマホのコスパがとにかくやばい。分かりやすくランキング形式でまとめた。

まとめ
【2020年版】中国スマホおすすめランキングベスト9!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくい。 ということでこの記事ではおすすめのスマホをまとめてランキング形式で紹介する。 中国 ...

続きを見る

最強カメラスマホランキング

もうスマホの性能は良いからとにかくカメラに拘りたいという人にはこちらのまとめがおすすめ。

中古スマホランキング

中古でもいいから使えるスマホを安く買いたい人向けにアマゾンで購入できる中古スマホのおすすめをまとめた。

格安SIMの選び方

どこの回線を契約するか迷っている人向けに格安SIMの選び方をまとめた。

まとめ
【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマ ...

NFCでSIMフリースマホをおサイフケータイ化

おサイフ非対応スマホでもひと手間かければおサイフケータイ化出来ます。

【NFC×Edy】SIMフリースマホをオサイフケータイ化する方法

SIMフリースマホを買いたいけど、おサイフ機能が無いのがネックで移行できない人に朗報です。 SIMフリースマホでおサイフ機能を使う、そんな夢が叶った。だからその叶え方をみんなに教えたい。 SIMフリー ...

スマホのスペックの見方

スマホのスペックの知識が不安な人はスペック表の見かたを全て解説しているので確認して欲しい。

CPUの性能の違いなどスマホのスペックの見方を全て解説

Snapdragonとか画素数とかメモリとか画面の大きさとか、スマホを買うときにそもそもどこをどう見たらいいのかわからないという人のために、すべてのスペック項目の意味と、最低限必要なスペックなどの見方 ...

スマホ レビュー

2022/11/5

【Pixel 7 Proレビュー】最も理想的なAndroidスマホ

いつの間にかPixelシリーズの年一回の発売が恒例になり、Tensor搭載後はブランド力も獲得し、独自機能も増え、毎年のPixel発売が話題になるようになった。 そして今年も俺の手元には最新となるPixel 7 Proがある。ということで今年も今年のPixelはどうなのかをレビューする。 【結論】Pixel 7 Proはバージョンアップ版 先に結論から言ってしまうとPixel 7 ProはPixel 6 Proのバージョンアップ版に過ぎず、ほぼ変化がない。実際に使用感に影響する進化点は下記の2点のみ。 超 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2022/11/27

【2022年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 15位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/10/8

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2022/11/9

【デメリット】タワマンを実際に内見して断念した理由【庶民の憧れ】

タワマンに住みたい。という記事を以前出して、その後もタワマンを内見したり色々と検討したりしていたんだけど一旦断念することにした。 ということで断念するまでに悩んだ葛藤を記事にする。現在タワマンを検討している人は参考になれば嬉しい。 タワマンは庶民の憧れ 「いやいやタワマンなんて住んだところで」って意見はすげぇ来るんだけど、なんだかんだタワマンの記事はアクセスが超多くて注目度が高い。 タワマンを検討した記事は下記。 というのもタワマンは結局庶民の憧れなんだ。でも家賃が高すぎて住めない。だから住まない理由を探 ...

メンズ美容・健康 体験談

2022/11/4

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

DIY ライフハック

2022/10/4

【ベッド拡張DIY】シングルベッドを横に30cm広げる【ダブル】

一人暮らしだからと言ってシングルベッドに拘る必要があるだろうか、いやない(反語)。ということに一人暮らし10年目にして気づいたからベッドを拡張することにした。 いつの間にか6畳1Kの限界に挑むのが俺の生きがいになりつつあるんだけど今回は多分その集大成にして頂点。色々取り組んできた部屋改善は多分これで終わりになる。 ということで実際にベッドをどう拡張したのか、6畳でベッドを大きくして快適になったのか、生活に支障は出ないのかを解説したい。 6畳1Kの限界に挑む 繰り返しになるけど俺は10年間6畳1Kの激狭物件 ...

ライフハック 俺の一軍

2022/11/12

【ルームツアー】家で使ってる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここでは俺の家で今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。住環境構築の参考にしてほしい。 この記事では何か環境が変わるたびに内容を随時更新して俺の1軍をまとめる続ける予定(最終更新2022年11月10日) 家で使っている物一覧 まず俺が家の中で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ リビング環境 壁美人 テレビ ChromeCast Fir ...

デスク環境 パソコン・周辺機器 俺の一軍

2022/11/17

【デスクツアー】デスクアイテム一覧と使ってる理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここではデスク環境周辺で俺が今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。デスク環境構築の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2022年10月13日) デスク環境周辺で使っている物一覧 まず俺がデスク環境周辺で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ デスク・椅子 Fl ...

スマホ レビュー

2021/12/14

【iPhone 13 Proレビュー】スマホ史上最高傑作。弱点4つ

毎年恒例のiPhone13シリーズが発売されたから俺も例に漏れずに購入した。別の記事でも解説した通り今回のiPhoneはProモデルが熱い。 ということでPro Maxを買いたかったんだけど出荷数が少なすぎるらしく手に入らなかったから大きさ以外の仕様が同じProを購入した。13になることでどれほど進化しているのかを確認したい。 iPhone 13 Proの特徴 今回のiPhone 13はProモデルが熱いというのは上でも書いた通りだけど、Proモデルは進化点が多い。特徴は下記。 リフレッシュレート120H ...

体験談 自転車・バイク

2022/10/30

【体験談】バイク王の買取でボコボコにされた話【評判・口コミ】

19歳の時にホーネット250を購入して27歳までで6万キロ乗ったんだけど、俺が東京に来たことですっかり乗らなくなってしまった。 28歳で一度帰省した時にエンジンをかけたことはあったんだけど、それ以降はめっきりで、既に放置して4年が経過していた。 このホーネットは思い出だらけではあるんだけど恐らくもう乗ることは無い。ということでバイク王を呼んで売却することにしたんだけど、その買い取り査定士の癖が強すぎたから交渉体験をまとめたい。 これからバイク王でバイクを売る人の参考にしてほしい。 ホーネット250の状態は ...

DIY ライフハック

2021/10/1

【壁掛けテレビの理想と現実】壁美人を3か月使った感想【賃貸】

賃貸でもテレビを壁掛け出来るのに原状復帰までできてしまう壁美人を導入してから早3カ月。まだテレビは一度も落ちていない。 とはいえ720個ものホチキスで取り付けるのってどうなの?とか、テレビを壁掛けにした不便はないの?と買いたいけど二の足を踏んでいる人は多いはず。 という仮定の下で壁美人を実際に3か月使った感想を書いていく。記事の内容的に楽だからという理由ではけっしてない。 壁美人はホチキスで壁に取り付け 壁美人の紹介記事でも書いた通りだけど、壁美人は720発ものホチキスで壁に取り付けることで25キロまでの ...

-スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.