ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ

Mi 9を1ヵ月使った感想と悪い所【Mate 20 Proと比較】

2019年4月21日

Mi 9をサブスマホとして使い始めて1か月が経過した。現在俺はメインスマホにMate 20 Proと、サブスマホにMi 9を使っているんだけど、せっかくハイエンドスマホが2台もあるんだから、Mate 20 Proと比較してMi 9の良いところと悪い所を紹介したい。

現在Mi 9の購入を迷っている人の参考になればうれしい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

Xiaomi Mi 9とは

Mi 9は中国Xiaomiから発売されている、現在世界で最もコスパに優れるスマホだ。たった5万円で購入できるのに処理能力はGalaxy S10と並んで世界一高い。

Mi 9の贅沢仕様

しかもトリプルレンズとか

次世代ディスプレイである有機ELディスプレイ

画面内指紋センサーを搭載している贅沢な作りで妥協が無い。

Mi 9がどれだけコスパに優れたスマホかはレビュー記事で詳細に解説しているから確認してほしい。

【Xiaomi Mi 9実機レビュー】5万円なのに10万円スペック【欠点3つ】

続きを見る

Mi 9の入手は個人輸入が主流

Xiaomiは中国の大手家電メーカーで、先日ゲーミングスマホのBlack Shark 2の日本発売が発表されたんだけど、

【日本発売決定】Xiaomi Black Shark 2感圧センサー搭載ゲーミングスマホ

続きを見る

Mi 9は恐らく今後も日本では発売されないから、入手するためには海外から輸入しないといけない。俺はアマゾンイタリアで購入して輸入した。

AmazonイタリアでMi 9を購入した話【購入方法解説】

続きを見る

Mi 9にはサポートがない

日本で発売されていないということはスマホのサポート体制もない。色々自己責任を求められるからライトユーザーが購入するには少し難しいんだけど、5万円とは思えないスペックが魅力だ。

あと技適問題も気になる人は気になる。技適問題について解説した記事は下記。

【中国スマホ】技適マーク無しのスマホが違法なのに捕まらない理由

続きを見る

Mi 9もMate 20 Proも超高性能

今回Mate 20 ProとMi 9を比較するんだけど、Mi 9の性能が高すぎるだけでMate 20 Proの性能も高すぎるぐらい高い。

比較するから優劣は付けるけど、どちらを購入しても後悔のないスマホなのは間違いない。

性能が高すぎるMate 20 ProとMi 9を持ち歩いていると俺はこんなに幸せで良いのかと思う。俺は恵まれている。

Mate 20 Proを使った感想記事はこちら。

Mate 20 Proを3週間使用した感想と悪い所【ズルトラ難民受け入れ先】

続きを見る

【良い所】Mi 9はウェブの表示がサクサク

Mate 20 Proでも既に十分早いんだけど、更にスペックが高いSnapdragon855を搭載したMi 9はウェブの表示がサックサクでヤバい。

Antutuベンチマークは10万点の差

実際Mate 20 ProのAntutuベンチマークが27万点なのに対して、Mi 9は37万点と10万点も差がある。

Mi 9は現状スマホ業界のトップに君臨する性能を誇るんだけど、その性能差はウェブサイトの表示速度でも如実に表れる。

スマホのスペックはもう頭打ちかなと思ってたけど、まだまだ体感できるレベルで差になってることに驚きを隠せない。Mi 9が凄いというかSnapdragon855が凄い。

【良い所】Mi 9はディスプレイが吸いつく

Mi 9はスクロールが超スムーズ。まさに指に吸いつく感じ。

AndroidスマホはiPhoneと違ってOSの仕様上スクロールにガタツキが出るというのが弱点の一つだったんだけど、Mi 9を使っているともうiPhoneに匹敵するんじゃないかと思うくらいに快適。

Mi 9の調整がうまいのと、Snapdragon855の処理速度による力技が合わさってMate 20 Proを上回る快適なスクロールを実現している。

一応誤解の無いように言っておくとMate 20 Proも十分快適なんだけど、Mi 9はそれを上回る。

【良い所】Mi 9は重量が軽くて手が楽

Mi 9の重量はGalaxy S10̟+とほぼ同じ175グラム。6.4インチサイズのスマホの重さとしては標準的。

ただ、Mate 20 Proが189グラムと重いこともあって、軽いMi 9でのブラウジングが楽に感じる。

更に、俺のMate 20 ProはSpigenの耐衝撃ケースを付けているんだけど、ケースを付けている時の重量は210グラムほど。スマホにしてはかなり重い。

Mi 9は寝ながらスマホしやすい

朝起きて起き上がるまでスマホを弄る時間が俺の至福の時なんだけど、Mate 20 Proは片手だと重さで倒れてくるから寝ながらスマホがやりにくい。

スマホに軽さを求めるのは甘えだと思っていたんだけど、Mate 20 Proを使って考えを改めさせられた。Mi 9は軽いから寝ながらの片手操作がしやすい。

【良い所】Mi 9はAIボタンが便利

Mi 9には電源ボタンと音量ボタンの反対側にAIボタンが搭載されている。

AIボタンはフラッシュライトのオンオフとかカメラの起動とかの操作を割り当てられるんだけど、デフォルトではグーグルアシスタントを呼び出せるようになっている。

グーグルアシスタントへのアクセスが快適

Mi 9はAndroidだからホームボタンを長押しすることでグーグルアシスタントの呼び出しはできるんだけど、画面オフの状態からでも一発でグーグルアシスタントにアクセスできるAIボタンは地味に便利。

目的地までのルート検索とか気温の確認が早い。

【良い所】Mi 9は指紋センサーの認識が早い

俺はMi 9もMate 20 Proも共にロック解除は画面内指紋センサーを使っているんだけど、Mi 9はMate 20 Proと比較して精度が高いし早い。

現状の画面内指紋センサーの速さは

Galaxy S10 > Mi 9 >> Mate 20 Pro

という感じ。Mate 20 Proが若干ストレスに感じるのに対してMi 9は十分快適に使える。

【悪い所】Mi 9はカメラのインターフェースが寂しい

Mate 20 Proはカメラに力を入れているのと同時に、カメラアプリのインターフェースもがっつりカスタマイズされていて使いやすいのに対して

Mi 9はカメラに力は入れているけどカメラアプリのUIはほぼAndroid標準。

AIが被写体をどう判断しているのかもわかりにくいし、被写体に近づけても自動でマクロモードに切り替わることもない。Mate 20 Proのカメラはアプリも含めて優秀。

カメラ画質の差はがっつりレビュー記事で比較検証しているからそちらを確認してほしい。

【Xiaomi Mi 9実機レビュー】5万円なのに10万円スペック【欠点3つ】

続きを見る

さすがにMate 20 ProとMi 9を保有しているとMi 9で写真を撮ろうとは思わないけど、Mi 9は十分綺麗に撮れる。

【悪い所】Mi 9の質感はちょっとチープかも

Mi 9はガラスボディで全体の質感は高いけど、Mate 20 Proと持ち比べてみるとどことなくチープさを感じる。背面のガラスが薄いからなのか触れている感触もプラスチックっぽい。

高級腕時計は高級感を演出するために敢えて重量を重くすることもあるんだけど、Mi 9はその質感と軽さから、Mate 20 Proほどボディに高級感は感じない。この辺りは個人差によるものかもしれない。

Mi 9は5万円でMate 20 Proは10万円

ここまで5万円のMi 9を、10万円のMate 20 Proと比較するという、前提条件が無茶苦茶な比較検証を行った。

2分の1という価格差をもってしてもMi 9はMate 20 Proと互角どころか、操作感に関してはMate 20 Proを上回る。Mi 9ヤバい。

Mi 9はやっぱりコスパモンスターで、これが今後のスマホ業界の標準になるんだから楽しみで仕方ない。

Mi 9はSnapdragon855の最安スマホ

現在市場に出ているSnapdragon855を搭載しているスマホはMi 9とGalaxy S10と、同じくXiaomiのゲーミングスマホであるBlack Skark 2のみ。

向こう1年はSnapdragon855がCPUの覇権であり続けることを考えると、1年は業界最高スペックを使い続けられる優越感も嬉しい。Mi 9は”とりあえず"という選択肢として選べる価格にしては贅沢すぎるスマホだ。

Mi 9の詳細なレビューは下記を参照してほしい。

【Xiaomi Mi 9実機レビュー】5万円なのに10万円スペック【欠点3つ】

続きを見る

Xiaomi Mi 9の購入方法

イタリアのアマゾンで購入する方法

俺がイタリアのアマゾンで購入した詳細な購入方法は下記の記事を参照。

AmazonイタリアでMi 9を購入した話【購入方法解説】

続きを見る

GEARBESTで購入する方法

遂にGEARBESTでもMi 9の取り扱いが開始していた。

GEARBEST ⇒ Mi 9

GEARBESTで数量限定セール中 ⇒ セール会場

GEARBESTでの購入方法は下記を参照してほしい。

【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

続きを見る

geekbuyingで購入する方法

geekbuyingもMi 9の取り扱いを開始した。

geekbuying ⇒ Mi 9

geekbuyingでの購入方法は下記記事を参照。

geekbuyingのアカウント作成から商品購入まで実際に買いながら解説

続きを見る

Mi 9動画開封レポート

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/3

【2020年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/3

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

お得情報 ライフハック

2020/4/1

【東京都の一人暮らし】渋谷区6畳一間の生活費を解説【約16万円】

Youtubeぼーっと眺めてたら月の出費内訳を公開しているOLの動画があって、なにこれすげぇおもしれーおれもやろーって思ったんだけど、急に動画にすると色んな抜け漏れが発生するから、まずは記事にすることで動画のクオリティを高める。 ということで今回は都会へのアクセスを何より重視して渋谷駅徒歩圏内の一人暮らしとしては最低ラインの生活を送っているであろう俺の月の出費をまとめる。これから都会での一人暮らしを検討している人は参考にしてほしい。そろそろ結婚したい。 一人暮らしの生活費を下げる方法 ガジェマガの過去の記 ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 体験談

2020/6/5

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/5/17

【iPhoneSEレビュー】ライトユーザーへの最適解。俺はいらない。

全く使う気はないんだけどあのAppleが最強のA13チップ搭載iPhoneを5万で出すなら買わない理由が無い。ということで完全に金のためだけにiPhoneSEの128ギガモデルを購入したから忖度一切なしでレビューしていく。 もちろんYoutube動画にもする。Appleは金になるから好き。 新型iPhoneSEの特長 まず最初に新型iPhoneSEの特長は下記。 待望の4.7インチ小型iPhone 148グラム超軽量 指紋センサー搭載 A13チップ搭載 正直カメラと性能を良くしただけのiPhone8だから ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

-スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.