〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

スマホ

【moto g100】6万円で買えるハイエンドスマホ【5月28日発売】

ASUSからZenFoneシリーズ最新作となるZenFone8が発表されたんだけど、同日にLenovoがハイエンドスマホとなるmoto g100の日本販売を発表してしまった。

毎年発売しているZenFoneシリーズと違ってmoto g100は完全に不意打ち。日本市場ではZenFone、Xperiaと並ぶ貴重なハイエンドデュアルシムスマホになるから多分買う。

ということで5月28日の発売に備えてmoto g100がどんなスマホなのかを予習していきたい。

トーマスです。TwitterYoutubeTikTokもやってます。【お問い合わせ自己紹介半生振り返り

この記事の目次(クリックでジャンプ)

moto g100の特徴

moto g100の特徴は下記。

  • Snapdragon870
  • 6.7インチIPSディスプレイ
  • リフレッシュレート90Hz
  • 画面比率21:9
  • 標準、超広角、マクロカメラ
  • マクロ撮影用リングライト搭載
  • ピュアアンドロイド
  • デュアルSIM(5G/4G)
  • 税込58,800円

最大の特徴はSnapdragon870なのに58,800円で購入できることで、性能対価格のコスパは日本市場で最強。

更に5G対応のデュアルシムや標準、超広角、マクロのトリプルカメラに対応していて汎用性が高い。

一方でXperiaシリーズと同じ縦に長いディスプレイとかカスタマイズされていないピュアアンドロイドは好みが分かれるところ。ツインアプリ機能は望めない。

moto g100のスペック

moto g100の詳細なスペックは下記。参考にライバルとなるであろうZenFone7と比較した。

moto g100 ZenFone7
ディスプレイ 6.7(90Hz) 6.67(90Hz有機EL)
解像度 2520x1080 2400x1080
Snapdragon 660 Snapdragon870 Snapdragon865
メモリ 8 8
ストレージ 128 128
バッテリー 5000 5000
セキュリティ 指紋 指紋/顔
おサイフ × ×
防水 × ×
デュアルSIM 〇(5G) ○(5G)
重量 207 235
サイズ 74 x 168.4 x 9.7 77.2x165x9.6
価格(税込) 58,800円 76,457円

Snapdragon870/8ギガメモリ

moto g100が搭載するSnapdragon870はSnapdragon865+の改良版で、中身はほぼ同じ。クロック数を上げたことでパフォーマンスが3%アップしてるらしいけど、その分消費電力も上がっているはず。

参考にSnapdragon865+を搭載するZenFone 7 ProのAntutuベンチマークスコアは63万点程度と超ハイスペックで、

スマホ市場ではSnapdragon888に次いで最高クラスの性能となる。過去のガジェマガの計測結果と比較すると下記。

  • iPad Pro 11(2020) 700387(A12Z)
  • ZenFone 7 Pro 637099(Snapdragon865+)
  • Galaxy Note20 Ultra 610047(Snapdragon865+)
  • iQOO Neo 3 595801(Snapdragon865)
  • OnePlus 8 Pro 575059(Snapdragon865)
  • Mi 10 574721(Snapdragon865)
  • iPhone12 560751(Apple A14)
  • iPhone11 508410(Apple A13)
  • ROG Phone 2 487983(Snapdragon855+)
  • Mi 9 431470(Snapdragon855)
  • iPhoneSE 430946(Apple A13)
  • Mate 20 Pro 355915(Kirin980)
  • UMIDIGI S5 Pro 291584(Helio G90T)
  • Mi Note 10 254844(Snapdragon730G)
  • Mi 9T 254457(Snapdragon730)
  • Redmi Note 9S 253459(Snapdragon720G)
  • OPPO Reno A 192793(Snapdragon710)

実際に使用していてSnapdragon888との差はほぼ体感できないはず。

5000mAhバッテリー/207グラム

moto g100は5000mAhと超大容量バッテリーの割に重量は207グラムとZenFone7の235グラムと比較するとかなり軽い。その分画面サイズは少しだけ小さくなるけど誤差の範囲。

とはいえ両機種ともに重量200グラムを超えているから重いことに変わりはないけど、25グラムの差も大きい。これは実際に手にもって体感して判断したい。

ちなみに今現在俺が使ってるGalaxy Note 20 Ultraにケースをつけた重量は238グラムと超重いんだけど慣れる。慣れって怖い。

ZenFone 7 Proのレビュー記事は下記。

【ZenFone7Proレビュー】SIMフリースマホ市場最後の希望

海外版の発売から3か月ほど経過してようやく日本でもZenFoneシリーズ最新型となるZenFone7が発売されたからレビューをする。 ZenFone7には無印モデルとProモデルの2種類があるんだけど ...

続きを見る

moto g100は21:9の縦長ディスプレイ

moto g100は6.7インチ90HZのIPSディスプレイを搭載するんだけど、アスペクト比21:9と縦長なのが特徴。

これはXperiaシリーズと全く同じ画面比率で、

ブラウジング等の縦スクロールに強い代わりに、4:3の写真表示とか16:9の映像表示では黒縁が多く不利になる。

一方俺のメインスマホのGalaxy Note20 Ultraは19.3:9と比較的横に長く、6.9インチという画面サイズもあって動画の迫力で優れる。

俺はスマホをNetflix視聴機にもしているから縦に長すぎるのはデメリットの方が大きい気もするけど、その分片手で持ちやすいという利点もあって賛否両論。この辺りは実際に使ってみないと何とも言えない。

Galaxy Note20 Ultraのレビュー記事は下記。

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューを ...

続きを見る

moto g100は標準、超広角、マクロカメラ搭載

moto g100はクアッドカメラを搭載するんだけどその内訳は下記。

  • 6400万画素メイン
  • 1600万画素超広角
  • 深度計測
  • ToF(距離計測)

深度計測、距離計測用で2つついているから実質は2眼。多分超広角カメラがマクロカメラとしても機能するパターンだと思う。

公式に掲載されている作例はこんな感じだけど真意は不明。

実際に撮影テストをしてみないと何とも言えない。

ただ、フラッシュライトとは別にマクロレンズにリングライトを搭載することでスマホの影が被写体に落ちるのを防ぐ微妙な機能を搭載している。

そもそもマクロレンズを使う機会はほぼ無いから便利なのかは不明。ないよりはマシ程度。

moto m100はピュアアンドロイド搭載

moto g100はマジりっけなしのピュアなAndroid11を搭載する。無駄なアプリが無いのが売りではあるけど、逆に言うと便利機能もないということで、XiaomiとかGalaxy、OPPOが搭載するツインアプリ機能はないと思っていい。

その他にもピュアアンドロイドは痒いところに手が届かないOSの可能性が高いから不安でいっぱい。

ただ、しばらくピュアアンドロイドに触れていないのも事実だから、最新のAndroidがどんな風に変わっているのかを確認するのは楽しみではある。

moto G100は58,800円、5月28日発売予定

繰り返しになるけどmoto g100ha税込み58,800円で、性能対価格のコスパは日本市場では最強。性能を重視するならとりあえずこれ買っとけ的なスマホっぽい雰囲気は感じる。

但し防水、おサイフ、無線充電、ツインアプリ等々、痒いところに手が届いていないのは事前情報からも明らか。どこまで機能不足を許容できるかの人を選ぶ尖ったスマホではあるけど、2万円高いライバル機であるZenFone7とのリードを保てるかが注目ポイントとなる。

とはいえ58,800円でSnapdragon870というスマホ市場の新基準になることは間違いなく、俺にとっても5年ぶりくらいのmotoスマホの購入だから期待してる。カメラ画質、動画画質その他使いやすさはまたレビューする。5月28日の発売を待ちたい。

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューを ...

続きを見る

Galaxy Note20 Ultraをメインスマホに選んだ理由

Galaxy Note20 UltraとOnePlus 8 Proのどちらをメインスマホにするか迷いに迷った結果、Galaxy Note 20 Ultraを次のメインスマホにすることにした。 これは関 ...

続きを見る

【ZenFone7Proレビュー】SIMフリースマホ市場最後の希望

海外版の発売から3か月ほど経過してようやく日本でもZenFoneシリーズ最新型となるZenFone7が発売されたからレビューをする。 ZenFone7には無印モデルとProモデルの2種類があるんだけど ...

続きを見る

2023年下半期に買ってよかったもの買ってよくなかったもの

さてネタが無い。奈良にいるせいでカメラも使えない。つまり写真撮影も動画撮影も無理。 にっちもさっちもいかないからやり残していた2023年下半期版の買ってよかった物良くなかった物記事を上げる。早く事務所 ...

続きを見る

プロテインが若さ維持に繋がる理由【日本人はたんぱく質が足りない】

やばい。人類はマジでタンパク質が足りてない。どれくらい足りてないかと言うと全然足りてない。 これは筋トレしてるとかしてないとかそんな話じゃない。緩やかに死んでいってるレベル。そら30代で髪質と肌質が悪 ...

続きを見る

おすすめ記事(おもしろいやつ)

スマホ レビュー

2022/12/15

【Pixel 7 Proレビュー】最も理想的なAndroidスマホ

いつの間にかPixelシリーズの年一回の発売が恒例になり、Tensor搭載後はブランド力も獲得し、独自機能も増え、毎年のPixel発売が話題になるようになった。 そして今年も俺の手元には最新となるPixel 7 Proがある。ということで今年も今年のPixelはどうなのかをレビューする。 【結論】Pixel 7 Proはバージョンアップ版 先に結論から言ってしまうとPixel 7 ProはPixel 6 Proのバージョンアップ版に過ぎず、ほぼ変化がない。実際に使用感に影響する進化点は下記の2点のみ。 超 ...

デスク環境 パソコン・周辺機器

2024/2/19

【デスクツアー】デスクアイテム一覧と使ってる理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここではデスク環境周辺で俺が今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。デスク環境構築の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024年2月12日) デスク環境周辺で使っている物一覧 まず俺がデスク環境周辺で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ デスク・椅子 Fle ...

ライフハック 買ってよかったもの

2023/4/20

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 15位 黒 ...

スマホ レビュー

2023/4/19

【iPhone 14 Proレビュー】変化なし。最高品質の失敗作

iPhone14Proが発売されたのが2022年の9月。現在は2023年の4月。既に7か月が経過していてもう二番煎じどころの騒ぎじゃないぐらいレビューが遅れてるんだけど、こんなにテンションが上がらないスマホはなかった。 マジで13から変わってない。レビューの必要があるのか不明。でもせっかく15万も払って購入したんだからけじめをつける為にレビューする。 【結論】iPhone13ProのままでOK 最初にも書いた通りだけどiPhone14ProはマジでiPhone13Proから何も変わってない。だから今iPh ...

ライフハック 失敗談・コラム 感想

2023/7/9

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

俺の一軍 腕時計・スマートウォッチ・小物

2024/2/16

【ポケットと鞄の中身】身に着けてる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に鞄はいらないとかポケットを活用しろとかスマホはこれ使えとか有線イヤホンは使うなとか色々なことを言いすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることがたまにあるから、ここではポケットと鞄の中身と、ついでに小物類、衣服、靴などなど俺が日常身に着けてメイン利用している物と、それを使っている理由、そしてその感想を一言でまとめていく。ポケットと鞄の中身の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024 ...

メンズ美容・健康 失敗談・コラム

2024/2/16

【口コミ】ゴリラクリニックヒゲ脱毛で30万円提示された話【高すぎ

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

DIY ライフハック

2024/2/16

【ベッド拡張DIY】シングルベッドをセミダブルにした話【ニトリ】

一人暮らしだからと言ってシングルベッドに拘る必要があるだろうか、いやない(反語)。ということに一人暮らし10年目にして気づいたからベッドを拡張することにした。 いつの間にか6畳1Kの限界に挑むのが俺の生きがいになりつつあるんだけど今回は多分その集大成にして頂点。色々取り組んできた部屋改善は多分これで終わりになる。 ということで実際にベッドをどう拡張したのか、6畳でベッドを大きくして快適になったのか、生活に支障は出ないのかを解説したい。 6畳1Kの限界に挑む 繰り返しになるけど俺は10年間6畳1Kの激狭物件 ...

ライフハック 俺の一軍

2023/4/1

【ルームツアー】家で使ってる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここでは俺の家で今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。住環境構築の参考にしてほしい。 この記事では何か環境が変わるたびに内容を随時更新して俺の1軍をまとめる続ける予定(最終更新2022年11月10日) 家で使っている物一覧 まず俺が家の中で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ リビング環境 壁美人 テレビ ChromeCast Fir ...

DIY ライフハック 感想

2023/7/9

【壁掛けテレビの理想と現実】壁美人を3か月使った感想【賃貸】

賃貸でもテレビを壁掛け出来るのに原状復帰までできてしまう壁美人を導入してから早3カ月。まだテレビは一度も落ちていない。 とはいえ720個ものホチキスで取り付けるのってどうなの?とか、テレビを壁掛けにした不便はないの?と買いたいけど二の足を踏んでいる人は多いはず。 という仮定の下で壁美人を実際に3か月使った感想を書いていく。記事の内容的に楽だからという理由ではけっしてない。 壁美人はホチキスで壁に取り付け 壁美人の紹介記事でも書いた通りだけど、壁美人は720発ものホチキスで壁に取り付けることで25キロまでの ...

-スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.