〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

スマホ

【SIMフリー版Xperia1 ll発売決定】満載の独自仕様を総復習

2020年8月20日

キャリア版しか発売されないから最近あまり注目していなかったXperiaのSIMフリー版の発売が決定して話題になっている。俺がXperiaを購入してこなかった理由はDSDSに対応していなかったからで、なんと今回発売されるSIMフリー版XperiaはDSDSに対応してくるらしい。

まだ買うかどうかは決めていないんだけどそういえばXperiaってどんなスマホだっけ?って思ってる人と俺向けにSIMフリー版Xperiaの概要を確認したい。

トーマスです。TwitterYoutubeTikTokもやってます。【お問い合わせ自己紹介半生振り返り

この記事の目次(クリックでジャンプ)

Xperiaは日本最強のAndroid

スマホが世に出回った当初は日本メーカーもiPhoneに追いつけ追い越せで各メーカーが参入したんだけど周知の通り結果は惨敗。そんな中かろうじて生き残っている最後の世界に誇れる日本製AndroidスマホがXperiaなんだ。

Xperiaはキャリアにおんぶにだっこ

そんなXperia1 llを応援したい気持ちは山々なんだけど、日本製スマホは大手キャリアと抱き合わせないと安定した利益を確保できないのが実情。Xperiaシリーズも例に漏れず今まではそのほとんどがキャリア版のみの発売だった。

そしてキャリアから発売されるということは糞キャリアアプリが山盛りだったりDSDS非対応だったり周波数帯がキャリアに合わせて削られていたりと無駄な制約が多いのがネックだった。

SIMフリー版Xperiaは大きな賭け

そんな状況を遂に打破してくれたのが今回発売されるSIMフリー版Xperia1 llなんだ。

SIMフリー版を発売するということは少なからずキャリアを裏切ることになるからキャリアに借りを作ることになる。Xperia的には大きな賭けになるはずだけど、それでもSIMフリー版の発売に踏み切ったXperiaを賞賛したい。

ただしXperiaなりのキャリアへの配慮も見え隠れしていて、最新ハイエンドXperiaであるXperia 1 IIのSIMフリー版の発売日はなんと10月30日と超遅い。キャリア版の発売は5月11日だから5か月以上の遅れをとることになる。もう少ししたら新作発表されるんじゃね?って気すらする。

SIMフリー版とキャリア版の違い

これだけ発売が遅いことに対する負い目があるのか、SIMフリー版Xperia 1 IIはキャリア版と比べて微妙にグレードアップしてるのが微妙に嬉しい。

それが下記。

SIMフリー版 キャリア版
DSDS 対応 非対応
メモリ 12 8
ストレージ 256 128
糞アプリ 無し 山盛り
ワンセグ/フルセグ 非対応 対応
周波数帯 全対応 キャリア仕様
おサイフ 対応 対応
価格 124,000円 112,320円

遂にXperiaがDSDSに対応

注目したいのはキャリア版では絶対に不可能だったDSDSに対応していて、それでいておサイフケータイの対応も維持してくれたことなんだ。

つまりXperiaは数少ないおサイフ対応SIMフリーハイエンドスマホの仲間入りを果たすことになる。PixelとiPhoneの戦いにXperiaが加わる。

SIMフリー版はメモリとストレージが増量

更に、メモリが8ギガから12ギガ、ストレージが128ギガから256ギガにパワーアップしている。正直8ギガメモリが12ギガメモリになったところでって話ではあるけど、ストレージが256ギガになっているのはカメラのためにXperiaスマホを買う人には嬉しい。

日本の周波数帯に全対応

キャリア版のXperiaは周波数帯もキャリアに合わせられていて、SIMフリー化しても他のキャリアでは微妙に繋がりにくい仕様だったんだけど、SIMフリー版は主要キャリアの周波数帯に全対応。どのキャリアでも違和感なく使えるのが嬉しい。

というかそもそもキャリアに合わせて周波数を削る仕様が糞過ぎ。キャリアいい加減にしろ。

ワンセグ/フルセグ/糞アプリ無し

最後にキャリア版でおなじみのワンセグ/フルセグと山盛りの糞アプリのプリインストールが無くなる。そもそもワンセグ/フルセグ対応っていっても視聴には同封のテレビアンテナが必須という糞仕様で使う機会は無いからあっても無くても同じ。

キャリア独自の糞アプリが無いのは純粋にありがたい。

SIMフリー版Xperia1 llのスペック

ここからはしばらくXperiaがノーマークだった人と俺向けにざっとXperia1 llの概要を確認していく。まずSIMフリー版Xperia1 llのスペックは下記。

ディスプレイ 6.5(有機EL)
解像度 3840x1644
CPU Snapdragon 865
メモリ 12
ストレージ 256
バッテリー 4000(Qi対応)
セキュリティ 指紋/顔
おサイフ
防水 IPX8
デュアルSIM ○(DSDV)
重量 181
サイズ 72x166x9.1

繰り返しになるけどキャリア版との違いは12ギガメモリ、256ストレージ、DSDV対応の3点。その他は

  • Snapdragon865
  • 無駄な4K解像度
  • 6.5インチ有機EL
  • 防水、無線充電対応
  • デュアルスピーカー(ドルビーアトモス対応)

の手堅いハイエンドスマホだ。5月に発売されてもう時間が経ってるからこの辺の考察は割愛する。

リフレッシュレートとバッテリーが惜しい

しいていうならこのご時世のハイエンドスマホでリフレッシュレート60Hzはちょっと寂しいのとバッテリー持ちが心配な程度で他はもりもり。特に文句はない。

Xperia1 llはソニー技術の結晶

Xperia1 llは手広く事業を営むソニーらしく、各ソニー事業の独自技術が結集されているのが魅力なんだ。

それが下記。

  • ZEISS Lens搭載トリプルカメラ
  • Photography Pro
  • X1 for mobile
  • クリエイターモード
  • Cinematography Pro
  • DSEE Ultimate

ZEISS Lens搭載トリプルカメラ

Xperia1 llは16ミリ、24ミリ、70ミリのトリプルカメラを搭載しているのは他のスマホと同じなんだけど、そのレンズはZEISSが監修している。

ZEISSは俺も知らなかったんだけど有名なレンズメーカーっぽくて、Xperia1 llはそこのお墨付き。つまりHuaweiでいうところのLeicaレンズのようなものだと思ってほしい。

これが直接画質に影響するというわけではないけど、響きがなんか凄そうで楽しい。

ただしXperia1 llのオート撮影のソフトウェア調整の評判は微妙で、レンズの良さを活かしきれていないという話は聞く。

Photography Proで写真も自由自在

Xperia1 llにはまるで一眼カメラのように撮影できるPhotography Proなるアプリが搭載されている。

ソニーと言えばフルサイズミラーレス一眼で世界一のシェアを誇るαシリーズを有していて、俺も撮影用カメラとしてα7Riiiを使っているんだけど、その画質は神。

SONYα7Rii

そのカメラと全く同じ設定をスマホで行ってしまおうという発想から生まれたのがPhotography Proアプリなんだ。

これを使えば今まで一眼カメラでしかできなかった複雑な設定を駆使しての撮影が可能。オートのソフトウェア調整が微妙なら自分で設定してしまえば良い。

Xperia1 llは秒間20枚の連続撮影に対応

その他秒間20枚の連続撮影とか

Xperia1 llは瞳AFに対応

ソニーの上位カメラでしか対応していない瞳AFにも対応する。

付加価値は無いよりあった方が良い

1/1.7センサーで瞳AFに対応したところで違いはわかんねーだろとか、そもそもオートで綺麗な写真撮れよって気はするけど、いずれにせよこういう付加価値は無いよりはあった方が良い。

俺のメインスマホのMate 20 Proにもある程度カメラ設定をマニュアル操作できるプロモードが搭載されているんだけど、2年間で使ったのはたった一度だけ。でもそのお陰で星空をスマホで撮影できた。

こういう付加価値は普段使わなくても、いつか使う機会まで眠らせておけばいい。

X1™ for mobile/クリエイターモード

Xperia1 llの6.5インチの4K有機ELディスプレイにはソニー製テレビのブラビアで培った高画質エンジンX1 for mobileを搭載する。

そういえばブラビアって最近見かけないなってのは置いといて画質にはソニーなりの拘りがあるらしい。

Xperia1 llは90Hz相当のクリアな映像

さらにX1 for mobileの効果で残像を低減して90Hz相当のクリアな映像が楽しめるんだとか。

Xperia1 llは忠実な色を再現

また、Xperia1 llでは映像制作のプロが使用している世界最高峰のマスターモニターで培われたノウハウを元に正確な色合いとなめらかなグラデーションを再現する「クリエイターモード」で忠実な色合いが楽しめるんだとか。

なんかよくわからないけど凄そう。

Cinematography Proで高画質動画

誰が使うんだよとは思うけど、Xperia1 llではこの他にもプロフェッショナルカメラのノウハウを惜しみなく注入した、「Cinematography Pro」も搭載していて、映画さながらの映像が撮れるんだとか。

スマホで映画なんか撮るかよとは思うけど気にしない。

DSEE Ultimateで高音質

Xperia1 llは音に関しても本気で、既にある音源をソニー独自のAI技術でハイレゾ相当の音質に変えてしまう「DSEE Ultimate」を搭載。

Xperia1 llはフロントデュアルスピーカー

しかもフロントデュアルスピーカーで、高音質化技術のドルビーアトモスにも対応。

音に対する妥協が無い。

Xperia1 llはイヤホンジャック搭載

しかもハイエンドスマホにしては珍しくイヤホンジャックまで搭載している。

Xperia1 llは音に拘る人にはとにかく嬉しい仕様なんだ。俺は有線イヤホンは絶対使わないけど、フロントデュアルスピーカーとドルビーアトモスは普通に嬉しい。

SIMフリー版Xperia1 llは10月30日発売

他社スマホがUIとかOSで差別化しているのに対してXperiaは大企業ソニーの強みを活かして各分野の専用アプリを多数作ることで明確に差別化した。

特に一眼レフカメラのように細かな設定ができるPhotograph Proは評判も良くて気になる。

逆に、画像処理エンジンとか音質改善エンジンは他社もやっているものに独自で名称を付けてるだけなんじゃないかという気もする。まさにプロダクトアウトの日本企業らしい仕様のスマホな気はするけど、これだけ色々アピールされるとワクワクしてしまうのも事実。

ということで調べるほどに気になるSIMフリー版Xperia1 llだけど、発売が10月30日と遅い上に124,000円税別と値段もそこそこ高い。SIMフリー版を買ってすぐに新作発売とかされたら泣く。買うか迷う。

【動画で解説】Xperia1 ll

おすすめ記事(おもしろいやつ)

スマホ レビュー

2024/7/10

【GalaxyS24レビュー】ほぼ100点。やっぱりカメラが弱い

Galaxyといえば世界で最も売れているスマホシリーズであり、全方位型の数少ない6.1インチコンパクトハイエンドなAndroidでもある。 その貴重なサイズ感を求めて俺はGalaxyシリーズをメインスマホとして利用するようになったんだけど、そのシリーズも遂に15作目となるGalaxy S24が発売されたからレビューする。 Galaxy S24の特徴 さてまずはGalaxy S24の特徴なんだけどこれが驚くほどGalaxy S23と変わっていない。具体的には下記で、 最高性能(Snapdragon8gen3 ...

失敗談・コラム 結婚生活

2024/1/23

【婚前契約書】結婚という不平等条約に防衛策を講じた話【泥沼離婚】

月刊ガジェマガでも書いたけど結婚する。予定。 まだしてない。あくまで予定。とはいえ結婚怖い。これは饅頭怖いとはわけが違う。マジで怖い。男の墓場。 なぜなら結婚は男に対する一方的な不平等条約だからなんだ。これが世の男性がなかなか結婚に踏み切れない理由でもある。それを少しでも改善したい。そう思って調べた結果、婚前契約書なる物を発見し締結するに至った。 だから今回は俺がなぜ婚前契約書を締結したのか、どんな内容なのかを世の結婚を迷える子羊に向けて解説する。参考にしてほしい。 結婚は圧倒的な不平等条約 上でも書いた ...

ライフハック 買ってよかったもの

2023/4/20

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 15位 黒 ...

スマホ レビュー

2023/4/19

【iPhone 14 Proレビュー】変化なし。最高品質の失敗作

iPhone14Proが発売されたのが2022年の9月。現在は2023年の4月。既に7か月が経過していてもう二番煎じどころの騒ぎじゃないぐらいレビューが遅れてるんだけど、こんなにテンションが上がらないスマホはなかった。 マジで13から変わってない。レビューの必要があるのか不明。でもせっかく15万も払って購入したんだからけじめをつける為にレビューする。 【結論】iPhone13ProのままでOK 最初にも書いた通りだけどiPhone14ProはマジでiPhone13Proから何も変わってない。だから今iPh ...

ライフハック 失敗談・コラム 感想

2023/7/9

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

俺の一軍 腕時計・スマートウォッチ・小物

2024/7/14

【ポケットと鞄の中身】身に着けてる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に鞄はいらないとかポケットを活用しろとかスマホはこれ使えとか有線イヤホンは使うなとか色々なことを言いすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることがたまにあるから、ここではポケットと鞄の中身と、ついでに小物類、衣服、靴などなど俺が日常身に着けてメイン利用している物と、それを使っている理由、そしてその感想を一言でまとめていく。ポケットと鞄の中身の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024 ...

メンズ美容・健康 失敗談・コラム

2024/2/16

【口コミ】ゴリラクリニックヒゲ脱毛で30万円提示された話【高すぎ

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

DIY ライフハック

2024/2/16

【ベッド拡張DIY】シングルベッドをセミダブルにした話【ニトリ】

一人暮らしだからと言ってシングルベッドに拘る必要があるだろうか、いやない(反語)。ということに一人暮らし10年目にして気づいたからベッドを拡張することにした。 いつの間にか6畳1Kの限界に挑むのが俺の生きがいになりつつあるんだけど今回は多分その集大成にして頂点。色々取り組んできた部屋改善は多分これで終わりになる。 ということで実際にベッドをどう拡張したのか、6畳でベッドを大きくして快適になったのか、生活に支障は出ないのかを解説したい。 6畳1Kの限界に挑む 繰り返しになるけど俺は10年間6畳1Kの激狭物件 ...

ライフハック 俺の一軍

2023/4/1

【ルームツアー】家で使ってる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここでは俺の家で今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。住環境構築の参考にしてほしい。 この記事では何か環境が変わるたびに内容を随時更新して俺の1軍をまとめる続ける予定(最終更新2022年11月10日) 家で使っている物一覧 まず俺が家の中で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ リビング環境 壁美人 テレビ ChromeCast Fir ...

DIY ライフハック 感想

2023/7/9

【壁掛けテレビの理想と現実】壁美人を3か月使った感想【賃貸】

賃貸でもテレビを壁掛け出来るのに原状復帰までできてしまう壁美人を導入してから早3カ月。まだテレビは一度も落ちていない。 とはいえ720個ものホチキスで取り付けるのってどうなの?とか、テレビを壁掛けにした不便はないの?と買いたいけど二の足を踏んでいる人は多いはず。 という仮定の下で壁美人を実際に3か月使った感想を書いていく。記事の内容的に楽だからという理由ではけっしてない。 壁美人はホチキスで壁に取り付け 壁美人の紹介記事でも書いた通りだけど、壁美人は720発ものホチキスで壁に取り付けることで25キロまでの ...

-スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.