ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

オーディオ スマホ

【Soundcore Life P3レビュー】8,000円の全部入りイヤホン

2021年8月14日

Ankerから突如完全独立型イヤホンSoundcoreシリーズの新作であるP3が発売されたからレビューする。

いつも思うけどAnker急に発売しすぎ。Appleみたいに大々的に発表会をしてから翌日発売とかの流れにしてほしい。

とはいえイヤホンとしてのコスパは最強クラスでこれ買っとけ的な製品だった。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

上位モデルとの違いはたったの3点

今回のSoundcore Life P3がやばいのは8,000円で購入できるくせに付加価値全部入りなところなんだ。

というのも俺は普段メインイヤホンとして最上位モデルのAnker Soundcore Liberty Air 2 Pro(13,000円)を使っているんだけど、それとの違いがたった3点しかなくて下記。

  • ケースの開閉方法
  • 装着検知の有無
  • HearID(自動イコライザ)の有無

たったこれだけ。マジで微々たる差であほかと思った。

Soundcore Life P3はちょっとケースがあけにくい

ケースが開けにくいというか普通なんだけど、上位モデルのSoundcore Liberty Air 2 Proは斬新なスライドケースで片手でも簡単に開けられる構造が気に入っていた。Soundcore Life P3は残念ながら指輪タイプで両手を使わないと開けられないのがちょっと不便。

装着検知の有無

上位モデルのSoundcore Liberty Air 2 Proはイヤホンを外すと自動で再生中のコンテンツを停止する装着検知機能付き。Soundcore Life P3にはこれがない。

ただ俺は装着検知機能は意図しないときに発動することが多いから不要派。この機能はなくていいと思う。

HearID(自動イコライザ)の有無

上位モデルのSoundcore Liberty Air 2 Proには聴力検査をして自動でイコライザを調整するHearID機能があるんだけどSondcore Life P3にはない。

それ以外の付加価値は同じ

新しく発売されたSoundcore Life P3とSoundcore Liberty Air 2 Proの違いはこの3つのみ。それ以外の付加価値の

  • 音質
  • アクティブノイズキャンセリング
  • 電池持ち
  • アプリ対応
  • 無線充電対応

とかはほぼ同じ。これで値段が5,000円も違う。そしてスライドケースと装着検知、HearIDに5,000円の価値はない。つまりSoundcore Life P3が最強という結論。

上位モデルを買った俺としては複雑な気持ち。

Soundcore Life P3のスペック

Soundcore Life P3のスペックをSoundcore Liberty Air 2 Proと比較すると下記。

Soundcore
Life P3
Soundcore Liberty
Air 2 Pro
イヤホン本体の使用時間 7時間 7時間
ノイキャン6時間 ノイキャン6時間
ケース込みでの使用時間 35時間 26時間
Bluetootコーデック SBC,AAC SBC,AAC
防水 IPX5 IPX4
価格 7,992円 12,980円

スペックとしてもケース込みのバッテリー持ちが少し良くなって防水規格が少し上がっている程度でほぼ同じ。防水規格が上がっているといってもどちらも浸水はNG。

意味がないAptXコーデックには非対応

あとBluetoothコーデックがどちらもSBCとAACのみでAptXには非対応ではあるけど、AptXになったところで遅延はするし音質も変わらないと言われているから敢えてなくしたんだと思う。AptX神話は崩れた。

Soundcore Life P3は超コンパクト

Soundcore Life P3の外観はケースだけで比較すると上位モデルとほぼ同じというか、むしろさらにコンパクトになっててやばい。

しかもちゃんと薄い

重量もたったの60グラムで上位モデルより1グラム軽い。

イヤホンはAirPods Proとかと同じうどん型。

うどん型は取り付け取り外しで持ちやすくて良い。

今回選んだのはオフホワイトではあるけどゴールドカラーがアクセントとして施されていた。

イヤホンの重量、サイズ感もSoundcore Liberty Air 2 Proと全く同じ。

ただ、Soundcore Liberty Air 2 Proがイヤホン本体もマット加工が施されていて滑りにくいのに対して、Soundcore Life P3はツルッツルでちょっと持ちにくいのは気になった。

装着するとこんな感じ。ぱっと見AirPods Proだから違和感もない。

背面がタッチセンサーになっていて、シングルタップ、ダブルタップ、2秒長押しでそれぞれの操作を使い分け可能。

もちろんイヤーピースはたくさんついているから耳に合うサイズに交換することも可能。

ケースの充電はType-C端子でもいいし、

無線充電にも対応する。

すごい。死角がない。これで8,000円はやばい。

ノイズキャンセリングの品質は上々

Soundcore Life P3を機にアクティブノイズキャンセリングイヤホンのデビューをしようとしている人には、そのノイズキャンセリングがどれほどの品質なのか気になるところだと思うけど、Soundcore Life P3のノイズキャンセリングはかなり良いと思う。

というのも家電量販店でAirPods ProとかソニーのWF-1000XM4とかJabraとかJBLとかいろいろ試してみたけど、正直どれも誤差。

低音は消すけど高音を消せないのはどれも同じ。どれもしっかり効いていたし、家電量販店の中だと違いを体感するのが難しかった。

逆に言うとSoundcore Life P3も負けじ劣らじだから好きに選べばいいと思う。

Soundcore Life P3はアプリにも対応

Soundcore Life P3はSoundcore Liberty Air 2 Proと同じようにアプリでの詳細設定にも対応する。

とはいえ基本的にできることは同じ。タッチしたときの操作を設定したり

イコライザを設定したりできる程度

イヤホンを探す機能はごみ

Soundcore Life P3では新たにゲームモードとかイヤホンを探す機能が追加されているけどこれは両方とも微妙。

まずそもそも完全独立型イヤホンは必ず遅延するからゲームには向いていない。

イヤホンを探す機能はイヤホンから必死に高音を鳴らすだけで騒がしい環境だと聞き取れずに意味がなかった。

Soundcore Life P3は外さないイヤホン

Soundcore Life P3はマジでコスパが爆発してる。Soundcore Liberty Air 2 Proと比べてほぼ差がないし、上位モデルのAirPods ProとかWF-1000XM4 と比べても音質以外は負けてない。

ということで音質にはそれほど拘らない、ノイズキャンセリングを体感したい、外したくない損したくないという人は問答無用で選んでOK。

たった8,000円で、長時間バッテリー、無線充電、超コンパクトケース、アクティブノイズキャンセリングはお得すぎ。

寧ろ上位モデルのSoundcore Liberty Air 2 Proの存在意義が消えてしまった感がある。同じメーカー内でつぶしあっていて何をやっているのかわからない。

唯一ケースがスライド式じゃないのが残念で、一度片手で開閉できるスライド式に慣れてしまうと他には移れない快適さがある。

ただしそこに5,000円の価値があるかは疑問。ほかのイヤホンももれなく指輪式のケースであることを考えるとマイナス点というには弱すぎる。

俺はすでに上位モデルを買ってしまったから乗り換えはしないけど、今どちらかを選べと言われたら間違いなくSoundcore Life P3を選ぶ。

上位モデルのSoundcore Liberty Air 2 Proのレビュー記事は下記。

【Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】最強。

続きを見る

【AirPods Proレビュー】3万は高い。Android可

続きを見る

【動画】Soundcore Life P3レビュー

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/8/9

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/8/1

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

AFFINGER6導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

-オーディオ, スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.