ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ

【最新版】UMIDIGIスマホをおすすめしない理由を比較解説【コスパ最悪】

2019年6月8日

ガジェマガでも過去に2度UMIDIGIスマホをレビューしているんだけど、値段の安さで話題になり続けるUMIDIGIスマホに関して、ついに他社スマホが価格面でも追いついてしまった感がある。

そんな中でもウェブを検索すると未だにUMIDIGIスマホは安くて良いという声が無くならない。なぜならウェブ上の記事は基本的に古い物ばかりだから。

ということで今回は2019年10月の段階では既にUMIDIGIスマホは全然おすすめできなくて、むしろコスパが悪い理由を解説する。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

UMIDIGIスマホが優れているのはデザインだけ

UMIDIGIスマホがこれだけ話題になるのは圧倒的に価格が安くてコスパに優れるというイメージが先行しているからなんだけど、それは一年前までの話で、実は今はUMIDIGIスマホは安くはない。

というのも中国スマホ大手のXiaomiとかHuawei、ASUSが高いクオリティをそのままに激安価格で攻めてきているからで、中でも利益率が低いことで有名なXiaomiのスマホはUMIDIGIとほぼ同じ値段なのにスペックは遥かに高く、その他痒いところに手が届くユーザーフレンドリーな仕様が魅力だ。

UMIDIGI A3はタダでもいらない

例えば今現在UMIDIGIシリーズの中で最も安いのが9,000円で購入できるUMIDIGI A3だ。

比較対象として、2016年に発売されたHuaweiの初代nova liteを持ってくる。ちなみにnovaシリーズの最新スマホはnova5だ。

UMIDIGI A3のスペックを2016年に発売されたHuaweiのnova liteと比較した表が下記。

UMIDIGI A3 nova lite
ディスプレイ 5.5 5.2
解像度 1440×720 1920x1080
CPU MT6739 Kirin655
メモリ 2 3
ストレージ 16 16
バッテリー 3300 3000
防水 × ×
指紋認証
DSDS
重量 186 147
サイズ 70.2 x 147.2 x 8.5 72.94x147.2x7.6

なんとUMIDIGI A3は2019年も現行製品として発売されているというのに、2016年に発売されたロースペックスマホであるHuaweiのnova liteよりも動作面のスペックが低い。

UMIDIGI A3とnovaのAntutuベンチマーク結果を比較

スマホの性能を測るベンチマークアプリといえばAntutuだ。実際に現在ウェブ上で公開されているAntutuベンチマークの比較結果は下記。

  • UMIDIGI A3 45,000点前後
  • nova lite 70,000前後

なんとUMIDIGI A3は今やまともに使えないnovaと比較しても約3分の2ほどの性能。

いやいやそれでもSNSとかブラウジングならいけるでしょ?とかのレベルですらない。正直novaですらメモリ不足でまともに使えないのにUMIDIGI A3はそれをはるかに下回る。

UMIDIGI A3の購入は256メガメモリで販売されたVistaOSと同じ悪夢の再来だ。タダでもいらない。

UMIDIGI S3 Proでギリギリ使えるレベル

UMIDIGIシリーズの中で現在最もスペックが高いスマホとして販売されているのがUMIDIGI S3 Proだ。

UMIDIGI S3 Proは3万円を下回る値段と高い性能のコスパが魅力のスマホで、ガジェマガでもみっちり実機レビューをしている。レビュー記事は下記。

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが ...

続きを見る

2019年8月発売のUMIDIGI Xは更にスペックが低い

ところで今現在最も売れているUMIDIGIは2019年8月に発売されたUMIDIGI Xなんだけど、このスマホはUMIDIGI S3 Proよりも少し安く、更にスペックが低い。

UMIDIGI S3 Pro、UMIDIGI Xの対抗馬として、同じく海外スマホのXiaomi Redmi Note 7と比較する。

Redmi Note 7はGEARBESTで2万円を下回る圧倒的な安さが魅力のスマホだ。紹介記事は下記。

【Redmi Note 7】4800万画素カメラとスナドラ660でインドを攻める

Xiaomiがインドをメインに展開している廉価スマホブランドのRedmiから新型のRedmi Note 7が出たから紹介したい。 何を隠そう俺は今現在先代のRedmi Note 6 Proをサブ機とし ...

続きを見る

UMIDIGI S3 Pro、UMIDIGI X、Redmi Note 7のスペックの比較は下記。

UMIDIGI S3 Pro UMIDIGI X Redmi Note 7
ディスプレイ 6.3 6.35(有機EL) 6.3
解像度 2280x1080 1548×720 2340x1080
CPU Helio P70 Helio P60 Snapdragon 660
メモリ 6 4 4/6
ストレージ 128 128 32/64
バッテリー 5150 4150 4000
防水 × × ×
指紋認証
DSDS
重量 216 202 186
サイズ 74.6 x 157 x 8.5 75.6 x 158.6 x 8.1 75.2 x 159.2 x 8.1

UMIDIGI S3 ProとRedmi Note 7のAntutuベンチマーク結果を比較

UMIDIGI S3 ProとRedmi Note 7のウェブ上で公開されているAntutuベンチマーク結果は下記。

  • UMIDIGI S3 Pro 140,000点前後
  • UMIDIGI X 140,000点前後
  • Redmi Note 7 140,000点前後

なんと3機種の処理能力はほぼ同じ。一年前はコスパが高い高いと騒がれたUMIDIGIスマホはもはや値段性能比のコスパでも他のスマホに劣る。

UMIDIGI S3 Proにはハズレも混入

しかもUMIDIGI S3 ProのCPUであるHelio P70は品質にばらつきがある。俺が実機レビューしたもののAntutuベンチマーク結果は10万点強とかなり残念な数値だった。

このばらつきはウェブ上でも多数報告されていて、140,000点のつもりで購入したのに100,000点しかスコアが出ない端末が多数存在する。UMIDIGI S3 ProのCPUであるHelio P70はまだ信用できない。

UMIDIGI S3 Proのレビュー記事は下記。

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが ...

続きを見る

【UMIDIGIの悪い所】ソフトウェアが不親切

UMIDIGIのスマホは基本的に純正に近いAndroidを搭載している。例えばXiaomiであればAndroidをカスタマイズしてユーザーフレンドリーに作ってあるんだけどUMIDIGIスマホにはそういったものが全くない。細かいところはたくさんあるんだけど、大きなものは下記。

UMIDIGIスマホはナビゲーションバーが消せない

Xiaomiのスマホは画面下部を占有するナビゲーションバーを消せるように作られているんだけど、UMIDIGIにはそういう設定はない。

UMIDIGIスマホはノッチが消せない

Xiaomi Redmi Note 6 Pro ノッチ隠し

人によって好みが分かれるノッチについて、Xiaomiはこれも設定で消せるようにできているんだけどUMIDIGIにそういう項目はない。

UMIDIGIスマホはツインアプリが無い

Xiaomi Redmi Note 6 Pro ツインアプリ

これは珍しい機能ではあるけど、Xiaomi、Huawei、ASUSのスマホは設定からSNSアプリを複製できる。仕事とプライベートでアカウントを使い分けたい人には便利な機能だ。UMIDIGIにはもちろんそういった機能はない。

UMIDIGIスマホはセカンドスペースが無い

XiaomiとHuaweiのスマホは指紋でアカウントを切り替えて全く別のスマホとして扱えるセカンドスペース(プライベートスペース)機能を搭載している。使い道は限られてくるけどあると便利な機能だ。詳細は下記。

【浮気対策】指紋でアカウントを切り替えるXiaomiセカンドスペース機能がヤバイ

XiaomiのMi 9を購入して色々いじってるんだけど、セカンドスペースって機能が思った以上にやばいというかこれ最強の浮気対策だし犯罪対策だと思ったから、今回はセカンドスペース機能のヤバさと活躍するシ ...

続きを見る

UMIDIGIにはもちろんこの機能もない。

UMIDIGIスマホのソフトウェアはほぼ純正

年間に多数のスマホを販売しているUMIDIGIはソフトウェアが良くも悪くもニュートラルで、ユーザーフレンドリーではない。ソフトウェアこそ他社と差をつけるポイントだと思うんだけどUMIDIGIはそこはほぼノータッチだ。

【UMIDIGIの悪い所】Helioシリーズが信用できない

これは繰り返しにはなるけどUMIDIGIが搭載しているCPUのHelioシリーズは良くも悪くも歴史が浅く、価格が安い分スペックが低いし品質にばらつきがある。最新のHelioCPUを搭載しているからと言ってスペックが高いと安心できないのが怖い。

UMIDIGIスマホはカメラの画質・操作性が悪い

スマホでの写真撮影が当たり前の世の中になっているというのに、UMIDIGIのスマホはカメラの画質が悪い。画質の悪さもさることながらアプリのUX(ユーザー体験)がとにかく悪い。あまりにも操作性が悪すぎてカメラアプリの起動をためらうほど。

画質に関してもカメラに力を入れたとアピールしていたUMIDIGI S3 Proですら写りが良くない。特に夜景のノイズは酷い。

下はMate 20 ProとUMIDIGI S3 Proで比較撮影したもの。

この他にも多数の作例をレビュー記事に載せているから気になる人は確認してほしい。

【浮気対策】指紋でアカウントを切り替えるXiaomiセカンドスペース機能がヤバイ

XiaomiのMi 9を購入して色々いじってるんだけど、セカンドスペースって機能が思った以上にやばいというかこれ最強の浮気対策だし犯罪対策だと思ったから、今回はセカンドスペース機能のヤバさと活躍するシ ...

続きを見る

繰り返しにはなるけどUMIDIGI S3 Proの問題は夜景に弱すぎるだけではなくアプリの動きが悪く使いにくいことも大きい。

今のUMIDIGIスマホは安物買いの銭失い

UMIDIGIスマホは価格だけを見ると確かに安いんだけど、果たしてそれがスペックに対してお得な値段かというと全くそんなことはない。

UMIDIGI A3のスペックはストレスで死人が出るレベルだし、UMIDIGI S3 Proもギリギリ使えるレベル。今やUMIDIGI S3 Proに1万円上乗せしてMi 9を購入すれば業界最高クラスのスペックが手に入ることを考えるとお買い得感は全くない。

業界最安の最強スペックスマホXiaomi Mi 9の詳細は下記。

【Xiaomi Mi 9実機レビュー】5万円なのに10万円スペック【欠点3つ】

XiaomiのMi9が発表された当初からあまりの安さに注目し続けていたんだけど、遂にイタリアのアマゾンから輸入することで入手した。Mi 9は日本では知名度が低いけど、スペックの高さに対する値段の安さか ...

続きを見る

2年使うスマホの1万円という差額は小さい

スマホをケチると人生で損をする

スマホは現代人が最も時間を共にするデバイスで、本来の目的である連絡手段にとどまらず、飲食店の検索からホテルの予約、そこへの道順とか気になったものの撮影に至るまで、衣食住+娯楽までも賄う超汎用性の高いのデバイスだ。

つまりすべての人にとって一度購入したスマホは2年間730日24時間手放せないデバイスになる。そんな密接なデバイスにかけるお金をケチるメリットがあるだろうか、いやない(反語)

もちろん価値観は人それぞれだけど、性能が悪いスマホを使うということは生活の質を落とすことに等しい。

2年間で1万円という差額は小さい

多くの人が2年間を共にするスマホでの1万円という差額は小さい。一か月換算で416円にしかならない1万円をケチって2年間を犠牲にする判断はおすすめできない。

技適マークが無くても問題ない

でもUMIDIGIスマホには技適マークがある。法律は犯したくないという声はちょこちょこ見かけるんだけど、技適マークが無いスマホを利用して捕まった人はいない。そもそも技適マークはスマホユーザーを取り締まるための法律ではないから安心してほしい。技適マークの詳細を解説した記事は下記。

【中国スマホ】技適マーク無しのスマホが違法なのに捕まらない理由

中国スマホの購入にあたって躊躇するポイントは日本語対応とか周波数とか色々あるんだけど、その中の一つに技適マークがある。 今回は中国スマホ等の技適マークが無いデバイスを日本で使うケースにおいて、法律的に ...

続きを見る

UMIDIGIスマホの良いところ

ここまでUMIDIGIスマホをボロクソに書いてきたけど、UMIDIGIスマホにも数少ないながら良いところはある。

Band 19に対応

UMIDIGIスマホは幅広い周波数帯への対応を売りにしている。特に注目されるのがドコモのBand 19で、これは全体的な電波の繋がりやすさを改善するプラチナバンドと呼ばれる周波数帯。

Band 19は対応しているに越したことは無いんだけど、とはいえドコモは既にプラチナバンドのBand 1で日本全国を網羅してるからBand 19がなくても普通に繋がる。それほど拘るほどの物ではない。

各キャリアの詳細な周波数帯の分布は下記。

バンド 周波数帯 ドコモ au ソフトバンク
Band1 2.0GHz(3G/LTE)
Band3 1.7GHz(LTE)
Band6 800MHz(3G/LTE)
Band8 900MHz(3G/LTE)
Band9 1.7GHz(3G/LTE)
Band11 1.5GHz(3G/LTE)
Band18/26 800MHz(LTE)
Band19 800MHz(3G/LTE)
Band21 1.5GHz(LTE)
Band28 700MHz(LTE)
Band42 3.5GHz

◎ = 必須 〇 = あればいい △ = 無くてもいい

また、主要な周波数の役割は下記となる。

ドコモ au ソフトバンク
全国を網羅 Band 1 Band 1 Band 1
地方都市を補強 Band 21
プラチナバンド(繋がりやすさを補強) Band 19/18 Band 18/26/28 Band 8/28

イヤホンジャックに対応

UMIDIGIスマホは今のところ一つも防水に対応していない代わりにその全てがイヤホンジャックを搭載している。俺は既にBluetoothイヤホンに完全移行してしまったから気にならないんだけど、有線のヘッドホンを使っている人にはありがたい。

スマホは道具だから外観より中身が大切

最近はUMIDIGIスマホも外観が磨かれてきていて半セラミックのボディとかが注目を浴びるようになってきたんだけど、最新ハイエンドスマホとして販売されたUMIDIGI S3 Proを使った感じ、中身は一年前に発売されたUMIDIGI Oneの頃から全然進化していなかった。

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが ...

続きを見る

UMIDIGIのコスパが悪いというわけではないけど、XiaomiやASUSなどのメーカーが格安でハイスペックなスマホを展開することで価格がUMIDIGIに追いついてしまった今、相対的にUMIDIGIスマホの価値が下がってしまったというのが実情。今からUMIDIGIスマホの購入を考えている人は再考することをお勧めする。

UMIDIGI S3 Pro、UMIDIGI Xを買うくらいなら3.2万円で買えるMi 9Tの方が圧倒的にコスパは高いし

【Mi 9T/Redmi K20レビュー】文句なし。でもコレジャナイ

ギミック付きのガジェットはその合理性はともかくとして男心をくすぐることは間違いない。フロントカメラが稼働するスマホといえばフリップカメラを搭載したZenFone 6が話題だけど、今回ZenFone 6 ...

続きを見る

一万円上乗せできるならMi 9を購入した方が間違いなく幸せになれる。

【Xiaomi Mi 9実機レビュー】5万円なのに10万円スペック【欠点3つ】

XiaomiのMi9が発表された当初からあまりの安さに注目し続けていたんだけど、遂にイタリアのアマゾンから輸入することで入手した。Mi 9は日本では知名度が低いけど、スペックの高さに対する値段の安さか ...

続きを見る

【UMIDIGI F2が届かない】ほぼ同じ値段でより良いスマホを比較提案

今度はUMIDIGI F2の配送が事故ってたのでUMIDIGI F2が届かない人向けに、2019年12月時点での代案スマホを提示しました。

【UMIDIGI F2をおすすめしない理由】他の買った方がマシ

10月頃に発売されたUMIDIGI F2が未だに届いていないことがツイッターで話題になっている。どうもUMIDIGI側で配送業者や工場とのやりとりが上手くいっていないらしい。 とはいえピンチはチャンス ...

続きを見る

【動画で解説】UMIDIGIをおすすめしない理由

UMIDIGIスマホを動画でも詳細に解説しています。

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/2/17

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 17位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ライフハック 体験談

2020/12/13

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ReadMore

ライフハック

2021/2/19

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.