ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ

Pixel 6 Proを1週間使った感想【Galaxy Note20 Ultraと比較】

2021年11月20日

スマホのメイン環境を全てPixel 6 Proに移行して1週間が経過したからGalaxy Note20 Ultraとの使用感の違いを解説する。

スマホを選ぶポイントはどこなのか、ハイエンドからハイエンドに変えて違いがあるのかとか、今現在スマホの乗り換えで迷っている人の参考にしてほしい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

基本的な使用感は全く同じ

まず最初に結論から言ってしまうとGalaxy Note20 UltraもPixel 6 Proも基本的な使用感は全く同じ。乗り換えたところで全く感動はない。

実際に2機種のスペックを比較が下記なんだけど

Pixel 6 Pro Galaxy Note20 Ultra
ディスプレイ 6.7(120Hz有機EL) 6.9(有機EL120Hz)
解像度 3120x1440 WQHD+
CPU Tensor Snapdragon865+
メモリ 12 8/12
ストレージ 128/256 128/256/512
バッテリー 5003(Qi) 4500
セキュリティ 指紋 指紋/顔
おサイフ ×
防水 IP68 IP68
デュアルSIM △(eSIM) ○(DSDV)
重量 210 208
サイズ 75.9x163.9x8.9 77.2×163.8×8.1

大きな違いとしては一応CPUの性能が上がっていて、バッテリー持ちが良くなっている程度。ではあるんだけど違いはほぼ体感できない。

ガジェマガでは何度も言ってるんだけど、重いゲームでもプレイしない限りはSnapdragon865もあれば十分で、それ以上処理能力が向上しても変わらない。ここが頭打ちのポイント。

しかもPixel 6 Proはサイズ感もGalaxy Note20 Ultraとほぼ同じ(右がPixel 6 Pro)。

手に持った感覚もほとんど同じで、乗り換えてからも間違ってGalaxy Note20 Ultraを手に取ってしまうことが頻発した。

カメラ画質も同レベル

更にPixel 6 ProとGalaxy Note20 Ultraはカメラ画質もほぼ同等で、どちらも最高レベルの写りを実現してくれる。

細かな違いとしてはGalaxy Note20 UltraよりPixel 6 Proの方が画角が狭いのに対して、

望遠カメラはPixel 6 Proの方がくっきり写せる。

あとは超広角カメラの動画撮影がGalaxy Note20 Ultraは30fpsに対してPixel 6 Proは60fpsで撮影可能という感じ。つまり違いは誤差。

ということでこの記事では2機種の違い、使用感はほぼ無いという大前提の上で、1週間使って感じたかなり細かいポイントの違いを解説していく。

基本的なUIは汎用アプリで対応可能

まず一番不安なのがAndroid12というピュアアンドロイドの使いにくさなんだ。

Galaxy Note20 Ultraはサムスンが世界のトップを走り続ける中で改良しまくっているおかげで痒いところに超手が届く使い勝手の良さが魅力。

Pixel 6 Proがそこに追いつけるかどうか。日常利用でストレスを感じないかというのが一番の焦点だったんだけど、これは外部アプリを使うことで何とかなった。

ホーム画面はnovaランチャーで解決

というのもやっぱりPixel 6 Proのピュアアンドロイドは微妙で使いにくい。

ピュアアンドロイドのランチャーは表示できるグリッドの数が少なかったり消せないウィジェットがあったりと全体的にクソ。

ということで超有名ランチャーアプリ「novaランチャー」を入れてホーム画面をGalaxy Note20 Ultraとほぼ同じ仕様にした。

この辺りはカスタマイズ性の高いAndroidならでは。

ツインアプリには対応完了

更にSNSアプリを複製するGalaxy Note20 Ultraの便利機能も「Island」というアプリを入れることで対策できた。外部アプリだから挙動が不安ではあったんだけど今のところエラーは無し。

これで電話番号2つ、SNSアプリ2つになって、Galaxy Note20 Ultraとほぼ同じ使い勝手を実現できた。

Pixel 6 Proのバッテリーは持つ

Galaxy Note20 Ultraよりも500mAhもバッテリー容量が多いPixel 6 Proではあるけど、なんだかんだバッテリー持ちもGalaxy Note20 Ultraよりも良い。

それはPC Mark for Androidで計測した結果のとおりではあるんだけど、

実際に使ってみてもPixel 6 Proの方がバッテリー持ちが微妙に良くなったことを体感できた。

具体的には2時間ぶっ通しで使ったバッテリー減少は20%程度で、一日のスマホ使用時間を考えてもこれだけ持てば十分。

ゲームでもしない限り普通に使えば一日は余裕で持ちそうだった。

充電速度は遅いかも

ただ、Galaxy Note20 Ultraと比べるとPixe 6 Proは充電速度が遅い。気がする。

一応公称値ではGalaxy Note20 Ultraの充電速度は25W、Pixel 6 Proの充電速度は30Wのはずではあるんだけど、Galaxyの方が体感は早い。

この辺りは5000mAhの大容量バッテリーも関係してる気はする。Pixel 6 Proはそもそものバッテリーが持つから別に良いんだけど特に変化を感じない。

追記:Pixel 6 Proの充電速度は23Wでした。情報提供してくれた人に感謝。

全体的なUIが微妙

ここからは明確なデメリットではあるんだけど、当初懸念していたAndroid12のUIはやっぱり使いにくい。

ランチャーはなんとか外部アプリで対応できるんだけど、通知バーとかプルダウンメニューは変更不可能。

使いにくくても我慢して使い続けるしかない。

ロック画面のデザインが邪魔

まずロック画面の時計表示がでかすぎてうざい。

俺はいつもロック画面を開くたびに愛犬の写真に癒されていたんだけど、Pixel 6 Proは時計表示が邪魔。でも変更することもできない。

というか変更設定を探したんだけど見つからなかった。もし変更できる方法があるなら教えてほしい。

プルダウンメニューに設定ボタンが無い

Galaxy Note20 UltraとかのカスタマイズされたUIはプルダウンメニュー内に設定ボタンがあるんだけど、Pixel 6 Proにはそれが無い。

ならどこにあるかというとこれをもう一度引き下げる。するとようやく設定ボタンが出現する。

これは明るさ調整バーも同じ。明るさも設定もよく調整するのにアクセスが悪いこの仕様は謎。GalaxyとかXiaomi、ASUS、OPPOを見習って改善してほしい。

インターネット設定がゴミ

Pixel 6 ProはプルダウンメニューのWiFiとかインターネット関連の設定が超煩雑でマジで意味不明。切実にシンプルにしてほしい。

例えばWiFiをオフにしたいと思ってプルダウンメニューを開いてもWiFiというボタンはない。代わりにインターネットというボタンがあるからそれをタップすると

こんな感じでインターネット接続の詳細画面に繋がる。この段階でようやくWiFiとかモバイルネットワークのオンオフができるという感じ。うんこ。

なぜWiFiとモバイルネットワークに独立したボタンが用意されていないのかは謎。このせいで無駄な1タップが発生する。

別に1タップぐらいって思うかもしれないけど、急いでる時の1タップは結構ストレス。GalaxyのカスタムAndroidってやっぱり使いやすいんだなぁと感心させられた。

YTスタジオが落ちる

Youtuberにはおなじみの自分のYoutube動画の詳細を確認できるYoutube Studioというアプリがあるんだけど、Pixel 6 Proはやたらこのアプリが落ちる。

原因は不明。Android12かTensorのどちらかが悪さをしてるんだと思う。

多分将来的には改善されるだろうし、今のところ俺の環境で問題が出てるのはこのアプリのみではあるけど、新しいOS、新しいCPUに相性問題はつきもの。

普段使ってるアプリがまともに起動しないからもしれないリスクを孕むから注意。

デザインはケースをつければ全部同じ

賛否が分かれるPixel 6 Proのデザインだけど、ケースをつけるからどうでもいい。

スマホのデザインなんて耐衝撃ケースをつければ全部同じ。Pixel 6 ProもSpigenのケースをつけることで没個性スマホになり下がった。

結局俺にとってスマホは所詮道具でしかないし、デザインで選ぶつもりもないから無問題。デザインで選んだり毛嫌いしたりするだけ無駄。

翻訳機能には未来を感じる

他のスマホにないPixel 6 Proの強みと言えば翻訳機能なんだ。

この機能の正体はグーグル製のレコーダーというアプリなんだけどなんとPixelにしかインストールできない独占仕様になっていたりする。

この精度がマジで馬鹿にならなくて、音声を聞かせるだけで80%から90%の精度で文字起こしをしてくれるから超楽。あとは見直しながら微調整をすればいいだけ。

そもそもこの機能を何に使うんだという話ではあるけど、使い道によってはこのためにPixel 6 Proに乗り換える価値を感じる機能で未来を感じる。

基本的には変化なし。感動も無し

という感じで色々書いたけど、基本的な使用感はGalaxy Note20 Ultraのまま。

UIとかプルダウンメニューとかYoutube Studioが落ちるとか細かい不満はあるにはあるけどほぼ同じ。

体感の処理速度もGalaxy Note20 UltraとPixel 6 Proで全く変わらず。しいていうならPixel 6 Proの方が少しバッテリーが持つ程度しかメリットがない。

つまり何も変わらないし感動もない。だからGalaxy Note20 UltraからPixel 6 Proに乗り換える意味はない。んだけど俺は乗り換えることにした。

文字起こし機能に賭けてみたい

その最大の理由は文字起こし機能なんだ。この機能が着実にオワコン化が進んでいる俺のYoutubeを少しでも延命する手段として使える気がした。

というのもスマホレビューとか生活改善情報は世界的にニーズがある。ここに英語字幕をつければもしかするともしかするかもしれないと思った。

実はYoutubeには見る国によって表示を変える機能があって、例えば日本からだと普通の日本語タイトル、日本語動画に見える俺の動画を、海外からは海外タイトル、英語字幕で表示させることが可能。

つまり英語字幕をつければ視聴者の母数を1億から70億に増やせる。そこを狙ってみるツールとしてPixel 6 Proを使ってみる。

特に日本一周動画なんかは外国人にも需要があるかも。と淡い期待を抱いていて、後編前に一度全て焼き直して字幕を付けても良いかもと考えてる。

ということで現在ネイティブ英語を使える妹に文字起こししたデータの翻訳を依頼をしているところ。日本から見た動画に一切の変化はないから安心してほしい。

Galaxy Note20 Ultraを売りたい

あとはいつも通りだけど、Galaxy Note20 Ultraの資産価値が高い内にさっさと売りたいという想いから。

俺がメインスマホとして1年前に16万円で購入したGalaxy Note20 Ultraの現在のメルカリの相場は10万円ほど。

Galaxy Note20 Ultraは1年経った今でも最高ランクのスマホだからまだ価格を維持できてはいるけど、これも長くは続かない。

いずれ旧式スマホという扱いになれば価値がガクっと落ちる瞬間は来る。だからその前に売ることで次のスマホの原資にしたい。

そう考えていたところに丁度いい乗り換え先となるPixel 6 Proが発売されたから乗り換えるという流れ。

Pixel 6 Proの完成度は超高い

最終的にはGalaxy Note20 Ultraの損切りというかなり消極的な乗り換え理由にはなってしまったけど、そもそもPixel 6 Proの完成度が超高いのも事実。

全ての面でGalaxy Note20 Ultraと張れるし、大きな感動は無いけど大きな落胆もない。Pixel 6 ProはGalaxy Note20 Ultraとほぼ同じ感覚で使えるからこそ乗り換えの候補として選べた。

しかも文字起こしという今後他のスマホでは追従できないであろう未来を感じるオリジナル機能までついてる。

Pixel 6 Proには乗り換えに値する明確な理由があった。

スマホは成熟製品

残念ながらスマホ市場はもう成熟しきってしまった感がある。多分今後1年2年まってもGalaxy Note20 Ultraから乗り換えて感動を味わえるスマホは登場しないと思う。

良くも悪くもスマホ市場は成熟してしまった。これ以上待っても恐らく俺の期待を越えてくることはない。それなら今ある選択肢で妥協した方が良い。

その意味で文字起こしというオリジナル機能を搭載したPixel 6 Proの発売は最高のタイミングだった。ということでしばらくはPixel 6 Proを使う予定。

いよいよ今後何を期待してスマホを乗り換えればいいのかわからなくなってきていて困る。

【Pixel 6 Proレビュー】iPhoneを殺す【弱点4つ】

グーグル謹製の鳴り物入りスマホPixelシリーズの第6弾が発売された。Pixelシリーズと言えば今まではグーグル謹製とは名ばかりのがっかりスマホというイメージが強かったんだけど、今回のPixel 6 ...

続きを見る

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューを ...

続きを見る

スマホ レビュー

2021/10/9

【iPhone 13 Proレビュー】スマホ史上最高傑作。弱点4つ

毎年恒例のiPhone13シリーズが発売されたから俺も例に漏れずに購入した。別の記事でも解説した通り今回のiPhoneはProモデルが熱い。 ということでPro Maxを買いたかったんだけど出荷数が少なすぎるらしく手に入らなかったから大きさ以外の仕様が同じProを購入した。13になることでどれほど進化しているのかを確認したい。 iPhone 13 Proの特徴 今回のiPhone 13はProモデルが熱いというのは上でも書いた通りだけど、Proモデルは進化点が多い。特徴は下記。 リフレッシュレート120H ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/11/11

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/10/8

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

スマホ レビュー

2021/11/13

【Pixel 6 Proレビュー】iPhoneを殺す【弱点4つ】

グーグル謹製の鳴り物入りスマホPixelシリーズの第6弾が発売された。Pixelシリーズと言えば今まではグーグル謹製とは名ばかりのがっかりスマホというイメージが強かったんだけど、今回のPixel 6 Proは今までとは一味違う。 多数の独自機能が追加されているしスペックも全然悪くないのに値段が安い。これひょっとするとひょっとするんじゃないかという気がしている。 ということで6度目の正直となるPixel 6 Proを購入したからレビューしたい。 Pixel 6 Proの特徴 今回購入したPixel 6 Pr ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

AFFINGER6導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/10/23

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

-スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.