ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ レビュー

【iPhone 13 Proレビュー】スマホ史上最高傑作。弱点4つ

2021年10月6日

毎年恒例のiPhone13シリーズが発売されたから俺も例に漏れずに購入した。別の記事でも解説した通り今回のiPhoneはProモデルが熱い。

【iPhone13シリーズ】買うならProモデル。または11。

続きを見る

ということでPro Maxを買いたかったんだけど出荷数が少なすぎるらしく手に入らなかったから大きさ以外の仕様が同じProを購入した。13になることでどれほど進化しているのかを確認したい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

iPhone 13 Proの特徴

今回のiPhone 13はProモデルが熱いというのは上でも書いた通りだけど、Proモデルは進化点が多い。特徴は下記。

  • リフレッシュレート120Hz対応(無印は60Hz)
  • 標準カメラが高画質化(無印よりセンサーが大きい)
  • 望遠カメラが2倍から3倍に進化(無印は無し)
  • マクロ撮影に対応(無印は非対応)
  • A15チップ搭載(無印共通)
  • デュアルeSIM対応(無印共通)

という感じ。中でもリフレッシュレートと望遠カメラの使用感の違いが大きいから13はProモデルがおすすめという話。

無印13は進化点が少ないから12でも11でもいいと思う。

iPhone 13 Proのスペック

iPhone 13 Proの詳細なスペックは下記。参考に無印のiPhone13と比較する。

iPhone13 Pro iPhone13
ディスプレイ 6.1(120Hz有機EL) 6.1(有機EL)
解像度 2532x1080 2532x1080
CPU A15 A15
メモリ - -
ストレージ 128/256/512/1T 128/256/512
バッテリー - -
セキュリティ
おサイフ
防水 IP68 IP68
デュアルSIM △(eSIM) △(eSIM)
重量 203 173

A15チップ搭載

iPhoneはシリーズごとに頭脳となるCPUを改善しているんだけど、今回も順当に数値を上げてA14からA15に進化した。

一応無印モデルよりはProモデルの方が若干性能を上げてあるらしいけど差を体感できるほどではないと思う。メモリ容量は相変わらず非公開。

Antutuベンチマーク79万点

Antutuベンチマークアプリで計測したiPhone 13 Proのスコアは796452点だった。これは現状のAndroid最高CPUのSnapdragon888とほぼ同じ。

過去のガジェマガの計測結果と比較すると下記。

  • iPhone 13 Pro 796452(A15)
  • Zenfone 8 793557(Snapdragon888)
  • Find X3 Pro 747175(Snapdragon888)
  • iPhone 12 707452(A14)
  • moto g100 664795(Snapdragon870)
  • Galaxy Note20 Ultra 644423(Snapdragon865+)
  • realme GT Master Edition 539784(Snapdragon778G)
  • Mi 11 Lite 5G 519539(Snapdragon780G)
  • Mi 9 500624(Snapdragon855)
  • Reno 5A 376881(Snapdragon765G)
  • Redmi Note 10 Pro 343568(Snapdragon732G)
  • AQUOS sense 4 282575(Snapdragon720G)

ちなみにiPhoneもやっとAntutuベンチマークアプリがバージョン9に対応してくれたからついでにiPhone12も計測した。

iPhone 13 Proは13時間52分バッテリー

iOSにはいつもAndroidスマホでバッテリー計測しているPC Mark for Androidアプリが無いから、Youtubeを2倍速で再生し続けることで計測することにした。

輝度50%音量50%で21時24分に100%から計測を開始して6時間後のバッテリー残量はそれぞれ下記。

  • Zenfone8 27%
  • iPhone12 32%
  • iPhone13Pro 55%

これをZenfone 8のPC Mark for Androidで計測した結果の8時間41分に当てはめたiPhone 12のiPhone13Proそれぞれのバッテリー持ちは下記。

  • iPhone12 10時間17分(0.8がけは8時間13分
  • iPhone 13 Pro 17時間21分(0.8がけは13時間52分)

過去のガジェマガの計測結果と比較すると下記。

  • AQUOS sense 4 20時間58分バッテリー
  • iPhone11 20時間(Youtube計測)
  • ZenFone 6 18時間20分
  • iPhone12 18時間8分(Youtube計測)
  • moto g100 17時間59分(90Hz)
  • Redmi Note 10 Pro 16時間57分(60Hz)
  • ROG Phone II 15時間21分(120Hz)
  • ZenFone 7 Pro 14時間31分(90Hz)
  • Mi Note 10 14時間27分以上(Youtube計測)
  • Mi 9T 14時間27分
  • iPhone 13 Pro 13時間52分
  • UMIDIGI S3 Pro 13時間45分
  • iQOO Neo 3 13時間9分(144Hz)
  • Redmi Note 10 Pro 12時間12分(120Hz)
  • OPPO Reno A 12時間3分以上(Youtube計測)
  • Mi 9 12時間3分
  • Mate 20 Pro 11時間21分
  • Mi 11 Lite 5G 11時間19分(90Hz)
  • realme GT Master Edition 11時間3分(120Hz)
  • Find X3 Pro 10時間31分(120Hz)
  • OnePlus 8 Pro 10時間31分(120Hz)
  • 新型iPhoneSE 10時間(Youtube計測)
  • UMIDIGI S5 Pro 9時間45分
  • Galaxy Note20 Ultra 9時間35分
  • Mi 10 9時間29分
  • iPhone12 8時間13分
  • ZenFone 8 6時間57分(120Hz)
  • Alldcube M8 4時間47分

iPhone 13 Proのバッテリーは6.1インチのコンパクトスマホとしては驚異的に長い。ハイスペックと長時間バッテリーを両立した。

iPhone 13 Proは204グラム

但しiPhone 13 Proは204グラムとかなり重い。コンパクトスマホの定義が問われるところではあるけど、重いとはいえ小さく片手で持ちやすいのは事実。

ポケットに余裕で入るサイズだからこれはこれでありだと思う。

iPhone 13 Proのラグジュアリーすぎる外観

iPhoneのデザインはカメラが怖いとかキモイとか賛否両論はあるけど個人的にはかなりあり。もともと超スタイリッシュでかっこいいと思ってたんだけどiPhone 13 Proではそのデザインにさらに磨きをかけた。

何より印象的なのはぎらつきまくるカメラ周りで、今回はセンサーサイズの大型化に伴って一つ一つの存在感も大幅にアップ。

まるで蜘蛛の顔のように更にキモカッコ良くなったし、カメラを囲む銀のリングのギラギラ感も高級感があって良い。

更にサイドのアルミからボタンパーツに至るまで質感は最高。所有する満足感も最高で、過去最高のデザインだと思う。

インターフェースはいつもと全く同じで上面にはなにも無し

底面はスピーカー、呪われたLightning、マイクが並ぶ。

右サイドに電源ボタン、

左サイドにマナースイッチ、音量ボタン、SIMスロットを搭載する。

SIMスロットは当然シングル式。デュアルeSIMよりもデュアル物理SIMに対応してほしかった。

正面は何の変哲もないいつもの最高のディスプレイで、

画面上部には受話口兼スピーカーを備える。

今回からノッチが微妙に縮小はしたけど操作感も表示範囲も変わらず。

音質はいつも通りで音の広がりもあるしボーカルが強調されていて聞き取りやすい。

ただ音質の傾向としてはGalaxy Note20 Ultraの方が環境音も聞き取りやすくて好み。どちらもレベルは高い。

iPhone13Proは6.1インチというだけあってサイズはコンパクト。iPhone12とも全く同じでカメラ部くらいしか違いが無い。

その分大画面スマホと比べると情報量は劣る。

ということで俺はMaxがおすすめ。とはいえMaxは更に重いから兼ね合いによる。

もちろんディスプレイは有機ELで超綺麗なんだけど、横から見ても色合いが全然変わらないのはiPhoneの凄いところ。

更に120Hzでの描写にも対応していて、60Hz固定を選択しない限りはぬるぬるの表示を楽しめる。

こんなにワクワクするボディは人生初。iPhone 13 ProはGalaxy Note20 Ultraをも質感で上回る感動のボディだった。

ただ角ばっているデザインは持った手に刺さるから優しくない。ケースの装着は必須。

iPhone 13 Proのカメラ

iPhoneと言えば外せないのはカメラで、正直もはやカメラ以外に改善する場所がないからカメラに力を入れざるを得ない感はあるんだけど、今回のiPhoneもカメラ画質は進化しているんだとか。

iPhone 13 Proのカメラ構成は下記。

  • 14ミリ超広角カメラ
  • 27ミリ標準カメラ
  • 77ミリ望遠カメラ

iPhone13Proから望遠カメラが3倍になったことで使いやすくなった。

カメラ画質はいつも通りGalaxy Note20 Ultraと比較する。全てAI補正ありの撮って出し。

晴天写真比較

青い青い青い。全然好印象だからありだけど、Galaxyと比較してここまで青いのは驚き。iPhoneは意外と着色がえぐい。

明暗差の大きい写真。露出のバランスは流石で完璧。全体的にちょっと寒色なのが気になるけど空の青さは良い。

緑の多い写真。左上の壁のオレンジが強すぎるのとコントラストが高く若干白飛び気味なのが気になる。iPhoneは思っている以上に着色が強い。

花の写真。iPhoneは赤を付け足してるっぽくて赤が赤い。Galaxy Note20 Ultraは自然な写り。ただ、センサーサイズが大きいから背景が無駄にボケた。

iPhone 13のProモデルは両方がマクロ撮影にも対応していてこんなにも寄れる。使うタイミングはほとんどないけど写真と動画のバリエーションが広がるのは嬉しい。

標準カメラ夜景写真比較

夜空の写真。iPhone13Proの方が露出を抑え気味でまだバランスは良いけど、ビルの上と駅構内は白飛びした。コントラストが高い。Galaxy Note20 Ultraはオーバー気味なのに白飛びが少ない。

夜の繁華街。全体にiPhone13Proの方が露出が高く好印象な写真に仕上げた。

しかも拡大するとiPhone13Proの方がノイズが少なかった(右がiPhone)

超低照度撮影。Galaxy Note20 Ultraは全体に暗い代わりに背景の時計をくっきり捉えた。

ここをナイトモードで撮影するとこうなる。色合いはiPhone13Proの方が自然。

超広角カメラ晴天写真比較

超広角写真の画角はiPhoneの方がGalaxyよりも微妙に広い。スマホ市場で最も広く撮れるカメラはiPhoneだった。色合いが相変わらず青い。

iPhone13Proは若干コントラストが高すぎて地上が暗い。Galaxy Note20 UltraはHDRが効いているのか空も地上も明るく好印象に写した。

iPhone13Proはコントラストが高く左の壁が白飛びしているのが気になる。Galaxyは相変わらずバランス型で強い。

超広角カメラ夜景写真比較

iPhoneは露出のバランスが良くその分ノイズも少ない。この構図でこれだけの写真が撮れるのは見事。

同じ。超広角による歪みはiPhone13Proの方が多いけどそれはそれで味になるからあり。

超低照度撮影。微妙にGalaxy Note20 Ultraの方が明るくとらえている気はするけど互角。

望遠カメラ晴天写真比較

望遠カメラは画角の違い程度。

望遠カメラ夜景写真比較

この写真では珍しくiPhone13Proが白飛びした。

iPhone13Proの方がノイズは少ない。とはいえGalaxy Note20 Ultraの5倍望遠も魅力的だから難しい。

iPhone13Proカメラ総評

iPhoneといえばナチュラルな写真が撮れると勝手に勘違いしていたんだけど全くそんなことは無くて、思っている以上に加工、着色されている印象だった。

具体的には空が青すぎたり、

花に赤みを足したり、緑に黄色を足したりで、

その他はコントラストが高い傾向。

とはいえスマホカメラ市場では最高ランクの調整ではあるんだけど、Galaxyと比較すると昼の写りで白飛びしたりHDRの効きが弱かったのが気になった。

一方で夜景写真に関してはGalaxyをも上回るほどの調整で明るさが絶妙。そのお陰でノイズも少なく、ソフトウェア面での強さを見せた。

明るい環境ではGalaxyに分があって、暗い環境ではiPhoneに分があるという感じ。

いずれにせよスマホ市場で最高ランクの戦いで、どちらを選んでも後悔することはないはず。センサーサイズの小さいiPhoneがここまで健闘するのは流石のアップルだった。

iPhone13Proはスマホ市場最高の動画性能

iPhone13Proは写真性能も高いんだけど、動画性能はスマホ市場で最高。明るさ、色合いの調整から手振れ補正の自然さ、精度にいたるまで完璧。

流石にGoProと比べると手振れ補正では劣るけど、激しいアクションをしなければ差が出ない。iPhone13Proならちょっとしたアクションカメラとしても使えてしまうし、3つのレンズを駆使したVlog用のカメラとしても十分使えるどころか超高性能。

iPhone13Proは市場のほとんどのカメラを駆逐してしまえるだけの動画性能を誇る。GoPro、iPhone13Pro、フルサイズカメラの3つがあれば全ての状況に対応できてしまう。

iPhoneのいつもどおりの弱点

ここまで全ての検証で高得点をたたき出し続けているiPhone13Proにももちろん弱点はある。

というかこの弱点が俺がiPhoneに乗り換えない理由で、これがなくなれば普通に乗り換えたいと思ってる。

呪われたLightning端子を採用

毎度おなじみではあるけど今回もiPhoneはLightning端子を採用した。これは完全なるクソ。

世の中がType-C端子で統一されつつあるのに未だにiPhoneのためだけにLightning端子を使い続けないといけない。俺もiPhoneを検証するためだけにLightning端子を保有している状況。うんこ。

しかもLightning端子は規格がUSB2.0だから転送速度も遅い。ヨーロッパがType-Cに統一する方向に動き出したとかで、iPhone14でどうなるかに注目。

画面内指紋認証が無い

顔認証でしかセキュリティを解除できないのは純粋にハンデ。画面内指紋認証があってよかったと思うことはあってもなくてよかったと思うことはない。絶対つけるべき。

それなのに13になってもいまだについていない。もはや意味不明。顔認証に拘るのはいいから、指紋認証も切実につけてほしい。

ツインアプリが無い

ここからはニッチな需要にはなるけど、iPhoneはデュアルeSIMとかに対応していて2番号を管理できるようになってはいるんだけど、SNSアプリを複製することができない。つまりLINEアカウントを2つ管理できない。

これは多くの人には関係ないかもしれないけど、俺みたいに仕事とプライベートを使い分けている人には死活問題。ツインアプリ機能に対応してくれない限りiPhoneに乗り換えることはできない。

ファイルを扱えない

更にニッチな需要になるけどiOSを搭載するiPhoneは外部ストレージとして扱うことができない。

Androidであればパソコンにつなげば外部SSDになるのにiPhoneは無理。

いつ使うんだよって話ではあるけどたまーに役立つ。外部ストレージとして使えないよりは使えた方が良いに決まってる。

iPhoneは制限、制約が多い

総じてiPhoneは無駄な制限とか制約が多い。だからメインスマホとして使うには心もとない。Lightningとか顔認証に耐え続けないといけないし、ファイルを扱いにくければツインアプリにも対応していない。

Androidならこんな思いしなくていいのになーがちょこちょこあるのが俺がiPhoneに乗り換えない要因。

逆にライトユーザーなら顔認証以外不満を感じることはない。だからライトユーザーほどiPhoneを好むしiPhoneに満足するという構図。

とはいえここまで来るともう永遠に続けてほしい。鬼に豆という弱点があるのと同じようにiPhoneにもLightningという弱点がある。そこに合理的な理由はない。誰でも得手不得手があるように、iPhoneも完ぺきではない。だからこそ人々はiPhoneを身近に感じ愛し続けているのかもしれない。なわけあるかー。

iPhone13Proはスマホ史上最高傑作

ちまたではiPhoneの進化は止まったとか、期待外れとか言われているけど、全くそんなことはない。寧ろiPhoneは13 Proこそが至高でありスマホ史上における最高傑作だというのが俺の結論。

ここまで全ての要素を高次元にまとめ上げたスマホは他にない。弱点が無いどころか、全てが高得点。

裏面は高級感のあるラグジュアリーなデザインで、

表面は超クリアで120Hzの滑らかディスプレイが広がり、しかも持ちやすいサイズ感で性能も死ぬほど高いのにバッテリーもしっかり持つ。

どんな動作でもゲームでもキビキビとこなしてしまえるのにポケットにすっぽりと収まってしまう。

カメラを起動すれば構えてシャッターを押すだけで80点以上の写真を連発するし、動画性能は100点でライバル不在。

ハイエンドスマホに求められる全ての要素が高次元でまとまっているどころか最高に次ぐ最高を兼ね備えてきていてやばい。

更に指紋認証とかLightningとかのクソ要素をきっちり残してくるところも逆に憎い。

アップルは消費者をおちょくっているとしか思えない。

iPhone13Proは2年間の幸福を確約する

これが歴代スマホの頂点であり、今後のスマホ市場に新たに用意されたハードルになることが俺は嬉しい。

今後のAndroidはこのiPhoneの性能・カメラ・バッテリーと比較され続けることになる。もちろんiPhone13Proは値段もそれなりに高いんだけど、ここまで不満が無いとなると14万円を払わざるを得ない。なぜなら2年間以上の幸せが確約されているから。寧ろ14万円は安い。

iPhone13Proは迷わず購入していいスマホ

これが王者iPhone。原点にして頂点。iPhone3Gが2008年に発売されてから13年。スマホは13作目となるiPhone13Proで遂に完成した。iPhone13Proが今後のスマホ市場のスタンダードであり、Androidスマホへのプレッシャーになる。

ということでiPhone13Proを検討している人は迷わず買っていい。これを超える今後のAndroidに期待したい。

【動画レビュー】iPhone13Pro

スマホ レビュー

2021/10/9

【iPhone 13 Proレビュー】スマホ史上最高傑作。弱点4つ

毎年恒例のiPhone13シリーズが発売されたから俺も例に漏れずに購入した。別の記事でも解説した通り今回のiPhoneはProモデルが熱い。 ということでPro Maxを買いたかったんだけど出荷数が少なすぎるらしく手に入らなかったから大きさ以外の仕様が同じProを購入した。13になることでどれほど進化しているのかを確認したい。 iPhone 13 Proの特徴 今回のiPhone 13はProモデルが熱いというのは上でも書いた通りだけど、Proモデルは進化点が多い。特徴は下記。 リフレッシュレート120H ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/11/11

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/10/8

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

スマホ レビュー

2021/11/13

【Pixel 6 Proレビュー】iPhoneを殺す【弱点4つ】

グーグル謹製の鳴り物入りスマホPixelシリーズの第6弾が発売された。Pixelシリーズと言えば今まではグーグル謹製とは名ばかりのがっかりスマホというイメージが強かったんだけど、今回のPixel 6 Proは今までとは一味違う。 多数の独自機能が追加されているしスペックも全然悪くないのに値段が安い。これひょっとするとひょっとするんじゃないかという気がしている。 ということで6度目の正直となるPixel 6 Proを購入したからレビューしたい。 Pixel 6 Proの特徴 今回購入したPixel 6 Pr ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

AFFINGER6導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/10/23

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

-スマホ, レビュー

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.