〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

スマホ レビュー

【Xiaomi13Tレビュー】価格の割に高性能なエンタメ特化スマホ

2024年3月23日

なんでもあのXiaomiがauとUQ専売モデルとしてXiaomi 13Tなるコスパの高いスマホを出しているんだとか。

Xiaomiといえば最近はフラッグシップモデルがやたら値上がりしてたり一向に日本で発売されなかったりと何をしたいのかよくわからないメーカーになりつつあるんだけど、13Tは安いのに凄いらしい。

ということで新古品を楽天市場で5万円で購入したからレビューする。

トーマスです。TwitterYoutubeTikTokもやってます。【お問い合わせ自己紹介半生振り返り

この記事の目次(クリックでジャンプ)

Xiaomi 13Tの特徴

Xiaomi 13Tは実売価格たった43,000円なのに十二分に使えてしまうスペックを備えているのが強み。その特徴は下記。

  • でかくてきれいな画面(6.7インチ有機EL144Hz)
  • それなりの処理能力(Dimensity 8200-Ultra)
  • デュアルスピーカーで良い音
  • オサイフ防水防塵対応
  • 広角、標準、2倍望遠の3つのカメラ
  • 43,000円

十分な処理能力と無線充電以外の付加価値に対応したコスパ型。

カメラに拘らない人、6.7インチを受け入れられる人には十分選択肢に入れて良い。

Xiaomi 13Tの詳細なスペック

Xiaomi 13Tの詳細なスペックは下記。参考にXiaomi 13T Proと比較する。

Xiaomi 13T Xiaomi 13T Pro
ディスプレイ 6.7(144Hz有機EL) 6.7(144Hz有機EL)
解像度 2712x1220 2712x1220
CPU Dimensity 8200-Ultra Dimensity 9200+
メモリ 8 12
ストレージ 256 256
バッテリー 5000 5000
セキュリティ 指紋/顔 指紋/顔
おサイフ
防水 IP68 IP68
デュアルSIM 〇(eSIM) 〇(eSIM)
重量 197 200
サイズ 76x162x8.7 76x162x8.7
価格(税込) 43000 109800

Xiaomi 13TとXiaomi 13T Proは処理能力とメモリ以外はカメラも含め全く同じ。その他重量が3g違うっぽいけど筐体は全く同じはずだからここは謎。記載ミスの可能性あり。

これでXiaomi 13Tが43,000円のXiaomi 13T Proが109,800円は価格差がありすぎ。キャリア販売の強さが浮き彫りになってる。

Xiaomi 13ThaAntutuベンチマーク81万点

Xiaomi 13TのAntutu v9のベンチマークスコアは約82万点だった。過去のガジェマガの計測結果と比較すると下記。

  • Galaxy S23 1147596(Snapdragon 8 Gen 2)
  • Zenfone 9 1053021(Snapdragon8+ Gen 1)
  • iPhone 14 Pro 911807(A16)
  • Xiaomi 13T 819068(Dimensity 8200-Ultra)
  • iPhone 13 Pro 796452(A15)
  • Zenfone 8 793557(Snapdragon888)
  • Pixel 7 Pro 788900(TensorG2)
  • Pixel 7a 709686(TensorG2)
  • Find X3 Pro 747175(Snapdragon888)
  • Pixel 6a 731622(Tensor)
  • iPhone 12 707452(A14)
  • Pixel 6 Pro 701148(Tensor)← 過剰性能ライン
  • Mi 11T Pro 693369(Snapdragon888)
  • moto g100 664795(Snapdragon870)
  • Galaxy Note20 Ultra 644423(Snapdragon865+)
  • Galaxy S20 630889(Snapdragon865)
  • Nothing Phone 583647(Snapdragon778G+)
  • Galaxy S20 582949(Snapdragon865省電力モード)
  • Xiaomi Pad 5 576689(Snapdragon860)← 必要十分ライン
  • realme GT Master Edition 539784(Snapdragon778G)
  • Mi 11 Lite 5G 519539(Snapdragon780G)
  • Mi 9 500624(Snapdragon855)← 人権ライン
  • AQUOS sense8 434710(Snapdragon6 Gen 1)
  • Reno 5A 376881(Snapdragon765G)
  • Redmi Note 10 Pro 343568(Snapdragon732G)
  • AQUOS sense 4 282575(Snapdragon720G)

なんとあのiPhone 13 Proよりも性能が高い。実売43,000円のスマホとは思えない。MediaTecを舐めてた。ミドルハイエンドスマホの新時代の幕開け感がある。

Xiaomi 13Tは18時間53分バッテリー

Xiaomi 13TをPC Mark for Androidでバッテリー計測した結果、100%から20%になるまでかかった時間は14時間35分だった(輝度110ルクス音量50%60Hzの計測結果)。つまり0%までは18時間53分使える計算になる。

過去のガジェマガの計測結果と比較すると下記。

  • Zenfone 9 15時間48分(60Hz)
  • Nothing Phone 15時間27分
  • Xiaomi 13T 15時間7分
  • Pixel 7 Pro 15時間(60Hz)
  • Pixel 6a 14時間57分
  • Pixel 7a 14時間48分
  • Galaxy S23 14時間35分(60Hz)
  • Zenfone 7 Pro 14時間31分(90Hz)
  • AQUOS sense8 14時間10分
  • Xiaomi Pad 5 14時間6分(120Hz)
  • Xiaomi 13T 12時間31分(144Hz)
  • iPhone 13 Pro 12時間1分(120Hz)
  • Nothing Phone 11時間59分(120Hz)
  • iPhone 14 Pro 11時間30分(120Hz)
  • Mate 20 Pro 11時間21分
  • Mi 11 Lite 5G 11時間19分(90Hz)← 1日使えるライン
  • Galaxy S20 10時間44分
  • Find X3 Pro 10時間31分(120Hz)
  • Galaxy Note20 Ultra 9時間35分
  • iPhone12 8時間13分

60Hzで15時間、144Hzで12時間はやばすぎ。2023年以降に発売されたスマホは電池持ちが着実に進化していて素晴らしい。

性能が高いのにバッテリー持ちも良い。これで実売43,000円は超安い。この段階でもう買いだと思う。

Xiaomi 13Tは5000mAh/201g

但しXiaomi 13Tは5000mAhもの大容量バッテリーを積んでることもあって重量はしっかり重い。開封時から貼ってあった画面フィルムそのままの状態で201gある。ケースをつけると220gの重量級になる。

とはいえ重さの偏りが無いのか手に持つと220gの割には軽く感じる。

Xiaomi 13Tのまとまりのある外観

Xiaomi 13Tの外観は良くも悪くもいつもながらのXiaomiと言う感じ。カメラ部のアピールが大きく中華スマホ感が強いから好みが分かれる。

カメラは超広角、標準、2倍望遠のトリプルレンズを搭載していて、

カメラ部にオサイフも搭載する。

このカメラはしっかりめに分厚い。厚みはiPhone 15 Proと同じ。

右側面に電源ボタンと音量ボタン、

左側面は何もなし。

上面はノイズキャンセリングマイクと赤外線を搭載する。

Xiaomiスマホではおなじみだけど赤外線で家電の操作が可能。

いざという時に役に立つ。かもしれない。使ったことはない。

底面はスピーカー、Type-C充電端子、SIMスロットを搭載する。

物理SIM×1とeSIM×1のデュアルSIM

SIMスロットは物理×1とeSIM×1のデュアル式。

Xiaomiの充電速度は最大67W

Xiaomi 13Tは最大67Wでの急速充電が可能。但し別売りの独自規格の物に限る。

一般的なPD規格では26Wが最大だった。遅くは無いけど早くもない。

前面は6.7インチで144Hz駆動に対応する有機ELディスプレイを搭載する。

ロック解除はフロントカメラと画面内指紋認証に対応。

認証速度は爆速で不満はない。

左からiPhone15 Pro、Xiaomi 13T、Galaxy S23のディスプレイ比較。

Xiaomi 13Tは黄色っぽい調整で色味はiPhoneに近い。Galaxy S23は青っぽい調整。

画面上部には受話口兼サブスピーカーが付いていてデュアルスピーカーを実現している。

しかも音質も良い。人の声が聞き取りやすい。

43,000円でこれだけの性能でデュアルスピーカーまでついてるコスパはマジですごい。

Xiaomi 13Tのカメラ画質

ここからはXiaomi 13Tのカメラ画質をiPhone 15 Proと比較する。カメラ最強のPixel 7 Proは水没から時間が経過して遂に死んでしまった。今までありがとう。とはいえ16万円のiPhone 15 ProならXiaomi 13Tとしても不足のない相手だと思う。

Xiaomi 13Tのカメラ構成は下記。

  • 超広角カメラ
  • 標準カメラ
  • 2倍望遠カメラ

写真は全て構えてシャッターを押すだけの撮って出し。ナイトモードも使っていない。

標準カメラ撮影比較

Xiaomi 13Tは青が強くコントラストが高い傾向。代々木駅の壁は白すぎるし駅ナカは暗すぎる。好みではあるけど着色は強め。

iPhone 15 Proと比較すると全体が少し青っぽい。の割に空は白い。コントラストが強い傾向は同じ。

緑が多い写真。全体が青よりでコントラストが高いけど悪くない。iPhone 15 Proと互角。

ここからは夜の写真。Xiaomi 13Tは夜空が青く、フレアも酷いけどビルてっぺんのライトは白飛びしていない。これはXiaomi 13Tの勝ちで良いと思う。

Xiaomi 13Tは露出が少しアンダー寄り。その分白飛びは少ないけど写真の印象は良くない。「怪獣を、討伐せよ。」もiPhone 15 Proの方が読みやすい。

超低照度撮影。これは両方ナイトモード。Xiaomi 13Tは引き続き空の青さが気になる。ただ細部はの描写はiPhone 15 Proと互角。強い。

超広角カメラ撮影比較

調整の傾向は標準カメラと同じ。青が強い。Xiaomi 13Tは像の歪みが大きく四隅で周辺減光が起きてるっぽくて暗い。

コントラストは高いけど昼の写真はなんとか耐えた。四隅が変色してるのは変わらず。

Xiaomi 13Tはコントラストの強さが目立つ。なんとかごまかそうとしてる感じ。あと四隅は暗い。

iPhone 15 Proも酷いけどXiaomi 13Tの超広角レンズは夜景では酷すぎ。露出のバランスは良いけどノイズと周辺源光、レンズフレアで死んでる。

繁華街の写真。こういう写真はコントラストの高さでごまかせる。露出がアンダーよりなのは変わらず。周辺減光も目立つ。

超低照度撮影のナイトモード。Xiaomi 13Tの超広角カメラは夜景では使い物にならない。

望遠カメラ撮影比較

iPhone 15 ProはHDRが弱くLEDが白飛びしている。Xiaomi 13Tは露出がオーバー気味で空が明るすぎる。

繁華街の写真。両方ともに良い。ただXiaomi 13Tはそもそも2倍でしかないから標準カメラからの変化が少ない。

Xiaomi 13Tカメラ総評

標準カメラではもしやと思ったけど超広角カメラで夢は潰えた。望遠カメラは悪いというほどでもないけど2倍望遠は使いにくすぎる。

というかそもそも43,000円のスマホにどこまで求めるんだという話でもある。なんてったってiPhone 15 Proの3分の1以下。標準カメラで戦えただけでも及第点。

Xiaomiの調整は全体的にどぎつい。どの写真も青いしコントラストも高すぎ。

パッと見は良い写真に見えるけど少し条件が悪くなると破綻する。その傾向が超広角カメラと望遠カメラだと顕著だった。

というか2倍望遠なんかメインカメラのデジタルズームで良いし不要。これでトリプルカメラを名乗られても困る。

その点どの写真でも80点を出してくるiPhone 15 Proの安定感は流石159,800円だなぁという感じ。マジで高すぎ。

ということでXiaomi 13Tのカメラは全然凄くはないけど実売43,000円ならこんなもんだし、元々カメラを売りにしているわけでもない。カメラは値段なりと言う感じだった。

Xiaomi 13TのMIUIは良いけど癖がある

Xiaomi 13Tは相変わらずのXiaomiで価格の割に本体の質感は本物。43,000円で購入できるとは思えないほど全体のクオリティは高い。

但しXiaomiのスマホはMIUIという独自OSを搭載する。これは良い所が多い反面癖が強いのが弱点で俺は苦手。

デュアルアプリとセカンドスペースに対応

MIUIが実装する優れた機能は下記。

  • デュアルアプリ
  • セカンドスペース

Xiaomi 13Tは最近だと多くのスマホが対応するアプリの複製に対応する。これによって1台のスマホで2台のLINEアカウントの運用が可能。

更にセカンドスペースを使えばロック解除する指によってスマホの中身を完全に切り分けることが可能。

児童ポルノを保管してる人の職務質問対策とか浮気対策、家族でスマホを使いまわす時とかに便利に使えるのが嬉しい。

それぞれの機能の詳細は別の記事で解説してるから確認してほしい。

【浮気対策】指紋でアカウントを切り替えるXiaomiセカンドスペース機能がヤバイ

XiaomiのMi 9を購入して色々いじってるんだけど、セカンドスペースって機能が思った以上にやばいというかこれ最強の浮気対策だし犯罪対策だと思ったから、今回はセカンドスペース機能のヤバさと活躍するシ ...

続きを見る

【ツインアプリ】1台のスマホで2つのLINEアカウントを使う方法

LINEアカウントは2つあると仕事とプライベートを分けれたりしてなにかと便利だけど、LINEアカウントの為だけにスマホをもう一台契約するのは煩わしい。 できればスマホは一台のまま、2つの電話番号と2つ ...

続きを見る

MIUIは外部アプリでのジェスチャーに非対応

一方MIUIはサードパーティー性のホームアプリではジェスチャーに対応しなかったり、重要な確認で毎回10秒待たされたりと謎の制限がある。

特に俺は頻繁にスマホを乗り換えるからホームアプリはNovaLauncherを使って同期機能でアプリを自動配置したいんだけど、Xiaomi 13TだとNovaLauncherではジェスチャーが使えないのがうざい。

とはいえこれは超ニッチだからほとんどの人には当てはまらない。んだけど、MIUIは地味に制限が多くアプリとの相性問題が起きやすい傾向なのが怖い。俺は今となってはPixel 7aとかのピュアアンドロイドの方が好きかもしれない。

価格の割に性能が高いエンタメスマホ

Xiaomi 13Tは無線充電が無いとか超広角カメラと望遠カメラがゴミとかでかいとか気になる点はなくは無いけど、なんてったって43,000円なのが強すぎる。些細なデメリットがどうでもよくなる破壊力がある。

寧ろAntutu82万点と二日持ちバッテリー、オサイフ防水防塵デュアルスピーカーと美麗なディスプレイで43,000円なら補って有り余る性能だと言える。

特にPixel 7aが69,300円まで値上がりしている今は尚更コスパが際立つ。

Xiaomi 13Tはミドルハイスマホで最安

というのも現状のミドルハイエンドスマホの市況は下記なんだ。

  • Pixel 7a 69,300円
  • AQUOS sense8 54,000円
  • Morotola edge 40 53,900円
  • Nothing Phone(2a) 49,800円 ←NEW!!
  • Xiaomi 13T 43,000円

なんとミドルハイエンドスマホとしてはXiaomi 13Tは最安。の割に性能はこの中だと最上位クラス。性能対価格のコスパは圧倒的。ということでゲーム、動画、ドラマ、映画などエンタメをスマホで楽しみたい人には特におすすめ。

カメラユーザーにはお勧めできない

一方でカメラに拘りたい人、持ちやすさを重視する人にはお勧めできない。

あとauとUQの専売なのも地味にウザい。もちろん俺みたいに新古品を5万で買っても全然納得できるコスパではあるけどそうなると保証がない。と入手性に難があるのが惜しい。

いずれにせよXiaomi 13Tは買って後悔するスマホではないから安さを重視する人、今UQ、auを契約してる人または契約しようとしてる人には普通にお勧めしたい。

逆に言うとこのカメラで109,800円のXiaomi 13T Proはかなり微妙だと思う。買うならXiaomi 13TかXiaomi 13T Pro以外をお勧めする。

おすすめ記事(おもしろいやつ)

スマホ レビュー

2024/7/10

【GalaxyS24レビュー】ほぼ100点。やっぱりカメラが弱い

Galaxyといえば世界で最も売れているスマホシリーズであり、全方位型の数少ない6.1インチコンパクトハイエンドなAndroidでもある。 その貴重なサイズ感を求めて俺はGalaxyシリーズをメインスマホとして利用するようになったんだけど、そのシリーズも遂に15作目となるGalaxy S24が発売されたからレビューする。 Galaxy S24の特徴 さてまずはGalaxy S24の特徴なんだけどこれが驚くほどGalaxy S23と変わっていない。具体的には下記で、 最高性能(Snapdragon8gen3 ...

失敗談・コラム 結婚生活

2024/1/23

【婚前契約書】結婚という不平等条約に防衛策を講じた話【泥沼離婚】

月刊ガジェマガでも書いたけど結婚する。予定。 まだしてない。あくまで予定。とはいえ結婚怖い。これは饅頭怖いとはわけが違う。マジで怖い。男の墓場。 なぜなら結婚は男に対する一方的な不平等条約だからなんだ。これが世の男性がなかなか結婚に踏み切れない理由でもある。それを少しでも改善したい。そう思って調べた結果、婚前契約書なる物を発見し締結するに至った。 だから今回は俺がなぜ婚前契約書を締結したのか、どんな内容なのかを世の結婚を迷える子羊に向けて解説する。参考にしてほしい。 結婚は圧倒的な不平等条約 上でも書いた ...

ライフハック 買ってよかったもの

2023/4/20

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 15位 黒 ...

スマホ レビュー

2023/4/19

【iPhone 14 Proレビュー】変化なし。最高品質の失敗作

iPhone14Proが発売されたのが2022年の9月。現在は2023年の4月。既に7か月が経過していてもう二番煎じどころの騒ぎじゃないぐらいレビューが遅れてるんだけど、こんなにテンションが上がらないスマホはなかった。 マジで13から変わってない。レビューの必要があるのか不明。でもせっかく15万も払って購入したんだからけじめをつける為にレビューする。 【結論】iPhone13ProのままでOK 最初にも書いた通りだけどiPhone14ProはマジでiPhone13Proから何も変わってない。だから今iPh ...

ライフハック 失敗談・コラム 感想

2023/7/9

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

俺の一軍 腕時計・スマートウォッチ・小物

2024/7/14

【ポケットと鞄の中身】身に着けてる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に鞄はいらないとかポケットを活用しろとかスマホはこれ使えとか有線イヤホンは使うなとか色々なことを言いすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることがたまにあるから、ここではポケットと鞄の中身と、ついでに小物類、衣服、靴などなど俺が日常身に着けてメイン利用している物と、それを使っている理由、そしてその感想を一言でまとめていく。ポケットと鞄の中身の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024 ...

メンズ美容・健康 失敗談・コラム

2024/2/16

【口コミ】ゴリラクリニックヒゲ脱毛で30万円提示された話【高すぎ

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

DIY ライフハック

2024/2/16

【ベッド拡張DIY】シングルベッドをセミダブルにした話【ニトリ】

一人暮らしだからと言ってシングルベッドに拘る必要があるだろうか、いやない(反語)。ということに一人暮らし10年目にして気づいたからベッドを拡張することにした。 いつの間にか6畳1Kの限界に挑むのが俺の生きがいになりつつあるんだけど今回は多分その集大成にして頂点。色々取り組んできた部屋改善は多分これで終わりになる。 ということで実際にベッドをどう拡張したのか、6畳でベッドを大きくして快適になったのか、生活に支障は出ないのかを解説したい。 6畳1Kの限界に挑む 繰り返しになるけど俺は10年間6畳1Kの激狭物件 ...

ライフハック 俺の一軍

2023/4/1

【ルームツアー】家で使ってる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここでは俺の家で今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。住環境構築の参考にしてほしい。 この記事では何か環境が変わるたびに内容を随時更新して俺の1軍をまとめる続ける予定(最終更新2022年11月10日) 家で使っている物一覧 まず俺が家の中で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ リビング環境 壁美人 テレビ ChromeCast Fir ...

DIY ライフハック 感想

2023/7/9

【壁掛けテレビの理想と現実】壁美人を3か月使った感想【賃貸】

賃貸でもテレビを壁掛け出来るのに原状復帰までできてしまう壁美人を導入してから早3カ月。まだテレビは一度も落ちていない。 とはいえ720個ものホチキスで取り付けるのってどうなの?とか、テレビを壁掛けにした不便はないの?と買いたいけど二の足を踏んでいる人は多いはず。 という仮定の下で壁美人を実際に3か月使った感想を書いていく。記事の内容的に楽だからという理由ではけっしてない。 壁美人はホチキスで壁に取り付け 壁美人の紹介記事でも書いた通りだけど、壁美人は720発ものホチキスで壁に取り付けることで25キロまでの ...

-スマホ, レビュー

Copyright© ガジェマガ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.