ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

スマホ・タブレット 中国スマホ

【中国スマホ】技適マーク無しのスマホが電波法違反に問われない理由

更新日:

中国スマホの購入にあたって躊躇するポイントは日本語対応とか周波数とか色々あるんだけど、その中の一つに技適マークがある。

今回は中国スマホ等の技適マークが無いデバイスを日本で使うケースにおいて、法律的にどうなのか、そして実際のところはどうなのかということをまとめる。現在中国スマホの購入を迷っている人は参考にしてほしい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



中国スマホは法律的にはアウト?

そもそもの始まりは技適マークがついていないスマホが法律的にはアウトになる「可能性がある」ということ。というのも基準が超曖昧で、総務省の解説ページには

「 技適マークが付いてない無線機を使用すると電波法違反になる場合があります。」(引用:技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

と書かれているだけ。

つまり、技適マークのついていないスマホの利用 = 即電波法違反ではない。あくまで電波法違反になる可能性がある、ということ。

技適マークの存在意義

電波法違反について説明する前に、まずは技適マークの存在意義から解説する。

技適マークは簡単に言うと電波に関する手続きを簡略化できる免罪符だ。

技適マークを取れば手続きがいらない

本来であればスマホ含む無線局は総務省に検査してもらって免許を交付してもうらう必要があるんだけど、スマホは数が多すぎる。1つ1つ検査して免許を交付する手続きを削減するために技適マークを作った。

一定の基準を満たす無線局であれば技適マークを取得することで総務省への申請~免許交付手続きを簡略化できる。

海外スマホ利用で捕まった人はいない

重要な事実として、これまで海外スマホの使用で捕まった人(罰金、懲役)は一人もいない。(参考:「技適」なしスマホを使うと罰せられる?  覚えておきたい技適の話

これは先ほどの引用の、

「 技適マークが付いてない無線機を使用すると電波法違反になる場合があります。」(引用:技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

太文字部分の電波法違反になると判断された人は今のところいないということになる。

電波法違反の判断基準はどこにある?

多くの人がウェブサイトやツイッターで堂々と海外スマホの使用を公言しているというのに誰一人として電波法違反に該当していない。

それなら電波法違反ってなんなんだ。技適マークとスマホの関係を探るためには電波法違反に該当するケースを把握する必要がある。

Sponcerd


総務省の電波監視業務とは

電波法違反を理解するために、電波そのものを管理している総務省の電波監視業務を説明する。

総務省は24時間体制で違法電波を監視

日本の電波を管轄している総務省は、電波監視システム「デューラス(DEURAS)システム」を通して24時間体制で違法な電波が無いかを日々監視している。

違法な電波を発見した場合はその発信源を特定して、発射停止の命令を下す、というのが総務省の電波監視業務の役割だ。

電波法違反で罰則が課される流れ

電波を監視している総務省にできるのは電波の発車停止命令までで、電波法違反に該当した場合の「一年以下の懲役または100万円以下の罰金」に処せるのは警察だ。

つまり電波法違反に関しては、発見できるのは総務省で、処罰できるのは警察という非常にややこしい構図になっている。

総務省も警察も単独では罰則を課せない

電波法違反については総務省単独では摘発できないし、警察だけでは技適マークがないスマホの電波が違法かを判断できない。

総務省と警察、両方のタッグが実現して初めて電波法違反として検挙される。

総務省が電波を監視する目的

そもそも総務省が電波を監視する目的は、公共の財産である電波について、混信を排除して良好な電波利用環境を維持するためだ(参考:電波監視業務のご案内

要約すると、電波は共有財産だから勝手に使われないように見張りますということ。

電波は社会システムの基盤

現代社会において電波は放送、携帯電話、ネットワーク機器や家電などで使われていて、社会システムの維持に欠かせない存在だ。

そんな社会システムに混乱を招かないためにも、総務省は電波を管理することで使用を許可制にして違法な電波が発信されないように監視している。

Sponcerd


違法電波で混信することによる弊害

同じ周波数の電波は同じ空間に二つ存在できない。つまり、携帯電話用に使われている周波数帯を、より強い出力の個人的な放送(不法市民ラジオ)に使ってしまうと、その周辺一帯で携帯電話が使えなくなる。

これが電波の混信で、こうならないように総務省が違法電波を監視している。

違法電波を逆手に取ったのがジャミング装置

立てこもり事件で警察が行う電波妨害も全く同じ原理で、ジャミング装置を使って携帯電話と同じ周波数帯の、より強い出力の電波を発信することで付近一帯の携帯電話を無力化して犯人の外部連絡を遮断している。

電波法違反に該当するケース

誰かが個人的に電波を発信することで、その電波帯域の本来の役割を果たせなくなるケースは、「公共の財産である電波を不法利用しているし、混信によって良好な電波利用環境を維持することができていない」状況なので、総務省によって電波法違反に該当すると判断されて、警察によって検挙される。

中国スマホは電波法違反に該当しない?

ここまでで技適マークがないことが即電波法違反にならないことと、違法電波を抑制するために総務省が電波監視業務を行っていることがわかった。

総務省が違法電波を発見する方法

ところで違法電波は、総務省の監視システムで異常な出力の電波を検知するか、タレコミによって発見される。その後に実際に総務省が実地に赴いて違法な電波を確認する。

総務省は中国スマホの違法電波を発見できない

ところが中国スマホの場合、発信している電波の性質は技適マークが付いているスマホと全く同じ。つまり総務省は中国スマホが発信する違法電波を発見できない。

中国スマホの電波の性質に違法性は無い

さらに言うなら、総務省が中国スマホの違法電波を発見したところで、技適マーク付きのスマホと同じ電波を技適マーク付きのスマホと同じ目的で使用しているに過ぎず、混信がない良好な電波利用環境も保たれているので、敢えて電波法違反には問うことはしない。

Sponcerd


総務省「我々は禁止されていますと言うだけ」

実際に技適マークが無いスマホを使っていた人が総務省に問い合わせたところ

総「我々としては、技適マークの無い機器を使うことは電波法で禁止されていると言うだけです。話を聞く限りは海外製のスマホを使っただけで、悪質なものではなさそうですので、それ以上の事は無いです。」(引用:技適マークのない機器で無線を使っていたので自首してきた。

という返答を受けている。総務省としても実害が無いために取り締まるつもりは無さそうだ。

技適マーク無しスマホが電波法に違反しない理由まとめ

ここまでたくさん断言しておきながら、書いた内容は全て推測の域を出ないんだけど、日本に溢れる中国スマホ使用者が一人も捕まっていないのはこういうことなんだと思う。

総務省の大人の事情

たくさんの大人の事情が絡むから総務省としてもハッキリと「技適マークのないスマホの利用は電波法違反ではない」とは言えないんだろうけど、内心はどうでもいいことを聞くなよとしか思っていないだろう。

とりあえず中国スマホは大丈夫

中国スマホを使っている限り違法スマホ使うなって言う人はいるだろうけど、中国スマホが違法かどうかを判断するのは総務省で、検挙するのは警察だから、外野がなんと言おうと影響はない。言わせておけばいいだけという話。

まとめ ライフハック

2019/2/27

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの15選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス

2019/2/10

【月刊ガジェマガ19年1月号】2018年振り返り

あけましておめでとうございます。1月に入ったので12月のガジェマガの活動を記録する。 先月の報告はこちら。 12月に買ったもの ドルチェグストタワーカプセルホルダー 毎日使っているドルチェグストのカプセルの保管が煩雑だったから見せる収納としてドルチェグストタワーカプセルホルダーを購入。普通に毎日使ってて便利。 Soundcore Liberty Air完全ワイヤレスイヤホン 発売日に勢いで買ってしまった完全ワイヤレスイヤホン。ikanziを持っていたけど、Ankerが作っているイヤホンの品質を確かめたくな ...

ReadMore

ガジェット ライフハック

2019/2/10

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/2/10

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2年程はパソコンを新品で購入することがなくて、型落ち中古パソコンを定期的に買い替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, 中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.