ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ

メインスマホをGalaxy Note20 Ultraに戻した理由

2021年8月20日

Galaxy Note20 Ultraから乗り換える気満々でFind X3 Proを購入して、実際に乗り換えはしたんだけどたった3日でまたGalaxy Note20 Ultraに戻してしまったからその理由を解説する。

スマホ買い替えを検討している人の参考にしてほしい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

スマホは早く売りたい

大前提としてスマホは早く売りたいというのが本音なんだ。なぜなら早ければ早いほど相場が高いから。

高く売れればそれを原資に次のスマホを安く買えるし、日進月歩で進化するハイエンドスマホを使い続けられる。時間コストで考えるとトータルでお得になるという考え。

この辺りはガジェットを買い替える方法という記事でも解説してるから気になる人は見てほしい。

最新ガジェットを安く買うコツと買い替えるメリット【スマホの例】

続きを見る

特にスマホは長く同じものを使うよりも、短いスパンで買い替えるほうがお得だった、今までは(倒置法)

スマホ乗り換えのペースが落ちている

ところが最近の俺はおかしい。というのもMate 20 Proを購入するまでは半年に1度のペースでスマホを買い替えていたんだけど、Mate 20 Proに関しては2年間、そして今のGalaxy Note20 Ultraも既に一年以上使ってしまっている始末。どうかしてるぜ!

ということでその理由を解説するという記事。

【結論】スマホの性能は頭打ちした

薄々感じていたし世間的にそんな雰囲気もあったけど、俺はスマホレビュワーという立場上なるべく言わないようにしていた。けどもう言わざるを得ない。今のスマホの性能には使い道がない。

Snapdragon865からSnapdragon888に乗り換えても違いを感じられない。これが最大の理由。

Galaxy Note20 Ultraまでは明確に進化を感じられた。乗り換えるたびに動作が早くなるし、アプリの切り替えも早い。幸せ。って思ってた。でも今は違う。

もはやスマホの高性能化にアプリの進化が追い付いていない。これは法定速度をZZR1400で走る感覚に近い。最高時速300キロという使い道がないパワーを強化してガソリンの消費量ばかりが増えている始末。

ZZR1400には最強のバイクという浪漫があるからそれはそれでいいんだけど、スマホはあくまでも道具に過ぎない。所詮道具のGalaxy Note20 Ultraをさらに高性能なFind X3 Proに乗り換えてもなんの感動もなかった。だから戻した。

Galaxy Note20 Ultraは最強のフラッグシップ

Find X3 ProからGalaxy Note20 Ultraに戻した背景にはGalaxyスマホの完成度の高さも大きな要因なんだ。

というのもGalaxy Note20 Ultraは流石世界シェアNo1のサムスン製フラッグシップというだけあって妥協がない。2020年の技術の結晶と言ってしまっていい。

確かに値段は16万円と高すぎるぐらいに高いんだけど、ディスプレイ、音、カメラ、付加価値、OSの使いやすさと安定感に至るまで全てが最高ランク。バッテリー持ち以外は文句のつけようがなかった。

そんなバッテリーもなんだかんだ丸一日は使えてしまうから必要最低限で困らない。つまりFind X3 Proに乗り換えても何も便利にならなず、感動もなかったというのが事の顛末。

Find X3 Proの強みは動画性能だけ

唯一Find X3 Proに乗り換えて明確に改善されるのは動画性能で、その手振れ補正の安定感と画質の良さはiPhone12をも上回るほど。

一方Galaxy Note20 Ultraは最強の動画手振れ補正を謳ってはいるけど実際に使ってみると思っている以上に微妙。歩行ブレが大きくて使いにくいのが数少ない欠点だった。

Find X3 Proに乗り換えればGoProの代わりの撮影カメラとしても使える!って思ったんだけど全く使わない。

そもそも俺はスマホで動画撮影をする機会が全然ないことにFind X3 Proに乗り換えて気づいた。というのも俺には既に撮影用カメラがいろいろある。

Vlogは画角が広いGoProで撮影するし、

GoPro9とGoPro8との違い【アクションカメラの完成形】

続きを見る

Youtubeとかは細かく設定できるRX100M7で撮影する。

ろくに設定もできないスマホカメラが入る隙間はなかった。

これがTiktokとかインスタグラムをやってる人ならまた話は変わるんだろうけど、俺はまだやってない。俺にスマホの動画撮影機能は必要なかった。

5倍望遠カメラ、0,5倍超広角カメラ

逆にGalaxy Note20 UltraからFind X3 Proに乗り換えて失った物による喪失感のほうが大きかった。というのもGalaxy Note20 Ultraには0.5倍という超広角カメラと5倍の超望遠カメラがついてる。

当初は5倍望遠カメラなんて大して使わないと思ってたんだけど、いざ使ってみると意外と面白くて、圧縮効果を活かした撮影とか

盗撮とか、頻繁には使わないにしてもいざというときに活躍してくれる汎用性が気に入っていた。

一方のFind X3 Proは2倍望遠で、これはこれで便利なんだけど、2倍望遠程度ならメインカメラのトリミングでも十分代用できる。つまりメインカメラがきれいな今の2倍望遠カメラにはほぼ存在意義がない。

さらにGalaxy Note20 Ultraの超広角カメラはiPhoneシリーズと同じ0.5倍。Find X3 Pro含む一般的なスマホの0.6よりも画角が広く迫力のある写真を撮れるのも魅力。

使わない動画性能をとるべきか、実用性の高い写真性能のどちらを取るべきかは明白だった。

Find X3 Proの価値が下がる前に売却

Find X3 Proを二日使ってなんの感動も得られなかったから、これなら乗り換える意味はないと判断して、Find X3 Proの価値が落ちる前に売却したという流れ。

結果的にFind X3 Proは116,000円の2万ポイントバックで購入して10万円でメルカリで売れた。手数料と送料を差し引いても約9万は手元に残ったからFind X3 Proは実質無料でYoutubeと記事でレビューできたことになる。

スマホは相場が下がる前に売るのが重要

これが1年後ならFind X3 Pro売却価格はもっと落ちているからこうはいかない。スマホの売却はスピードが大切。

一方で俺のGalaxy Note20 Ultraは着実に相場が落ちてはいるんだけど、もう底を打ちつつあるから今日売っても来年売っても売却価格は大きく変わらない。Galaxy Note20 Ultraを残してFind X3 Proを手放すことで含み損の被害を最小限に抑えることができた。

Find X3 Proは最高のスマホ

これが俺がFind X3 ProからまたGalaxy Note20 Ultraに戻した理由なんだけど、これはあくまでも俺のケース。

Find X3 Proに魅力を感じなかったのはGalaxy Note20 Ultraを使っていたからであってFind X3 Proに落ち度はない。しいて言うならその高い処理能力を活かせない時代が悪い。Find X3 Proが素晴らしいスマホであることは間違いないからSnapdragon865以前のスマホを使っている人には文句なしでおすすめしたい。

【Find X3 Proレビュー】全てが最高ランク。これがXの答え

続きを見る

スマホは新たな技術革新待ち

ただ、今回の件が今後に課題を残したことも事実。というのも繰り返しになるけど今のスマホの処理能力に使い道はない。通常アプリはSnapdragon865でもサクサクだし、ゲームはしないし、これ以上はパソコンとして使用できるようになるとかでスマホの用途が根本的に塗り替えられる革新が起こらないと難しいと思う。

ということで今後しばらくは処理能力よりも省電力性を重視する方向で進化してほしいと思っているんだけど、CPUメーカーも競争している以上処理能力の追求は辞められないから難しい。

今後はハイエンドCPUで処理能力を追求しつつ、バッテリーと処理能力を両立する今のSnapdragon780とか778辺りのバランス型CPUを搭載するMi 11 Lite 5G的なスマホが最適解になるんじゃないかという気がした。

【Mi 11 Lite 5Gレビュー】死角なしの最強スマホ。買い

続きを見る

いずれにせよ今のスマホ市場が成熟しきっていて迷走していることを改めて実感した出来事だった。悲しい。

最新ガジェットを安く買うコツと買い替えるメリット【スマホの例】

続きを見る

【動画で解説】メインスマホを戻した理由

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/8/9

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/8/1

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

AFFINGER6導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

-スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.