ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

レビュー 自転車・バイク

【TANAXタイベルトレビュー】好きな鞄をバイク用シートバッグにできる

2019年5月6日

バイクツーリングは積載との戦いだから、なるべく大きなバッグが欲しいんだけど、バイク用のバッグはどれも高い癖に微妙にダサくて私服ではとても使えないようなものばかり。それならプライベート用のリュックサックをバイク用に活用できないかと探したところ、バイク用品を専門に取り扱うTANAXから丁度良い製品が販売されていた。

今回は俺と同じようにバイクに荷物は積みたいけどバイク用バッグは買いたくない人向けの最適な製品であるTANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトを紹介したい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

バイク用の積載はシートバッグが必須

先日ZZR1400を購入したレビュー記事でも書いたんだけど、スクーターではないバイクはどれだけ大きくても収納は精々500ミリペットボトル一本分程度しかない。

乾燥重量220キロのZZR1400に搭載されている収納はたったのこれだけ。あほか。

バイクの積載のみだと一泊以上のツーリングにはとても耐えられないから、専用の収納を別途用意する必要がある。

ZZR1400のレビュー記事はこちら。

【ZZR1400購入レビュー】夢の大型バイク【実用性皆無】

独立して労働時間をコントロールできるようになったこともあって、おそらく今しかないと思ったから大型バイクを購入した。といっても突発的に購入したわけではなくて、去年の9月の段階から4月に独立して大型バイク ...

続きを見る

一般的なバイク用バッグは4種類

バイクに荷物を積むために一般的に使われるのは下記。上から取り付けが容易な順番。

  • リュックサック
  • タンクバッグ
  • シートバッグ(パニアケース)
  • サイドバッグ(パニアケース)

リュックサック

普段用のリュックサックでもバイク用のリュックサックでもOK。背負って乗るだけだから一番楽だけど、長時間のツーリングとなると軽くても肩への負担がエグくて耐えられない。長時間同じ姿勢で運転を続けるバイクは体に負担をかけないのが大切。

タンクバッグ

タンクバッグはバイクのガソリンタンクに磁石で張り付けるだけだから手軽。サイズが小さいものが多くてそれほど荷物は入らないけど、ツーリングマップルとかスマホとか充電器とか財布とかの小物を入れるのに便利。ただ、そのほとんどが取り外した時に手に持つタイプだから観光地を歩くときに邪魔になる。

シートバッグ(パニアケース)

キャンプツーリングの必需品。タンデム(二人乗り)用の後部座席に取り付けるから安定する。大容量に耐えられるのが強み。容量が大きければ大きいほど持ち運びできなくなるから貴重品を入れられないのがネック。取り外しも手間。

サイドバッグ(パニアケース)

タンデム(二人乗り)シートの左右に設置するタイプのバッグ。取り外しはできないから、キャンプ用品とか衣服を入れるために使われることが多い。シートバッグと違って二人乗りしながらでもバイクを取り付けられるのが強み。貴重品は入れられない。

バイク用バッグはバイカー向けデザイン

バイク用に販売されているバッグはほとんどがバイカー用のデザインで、バイクを降りたときのことは考慮されていない物が多い。そのほとんどががっつり手荷物になるし、デザイン的に私服にも合わないから、観光地にバイクを止めて歩き回るときもバッグの主張が強くて恥ずかしい。

普段用リュックをシートバッグにできるTANAXパワータイベルト

バイク用のバッグを買うと観光地を歩くのが恥ずかしいし普段使いも難しい。それなら普段用のリュックをシートバッグにしてしまえばいいというコンセプトで開発されたのがTANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトだ。

TANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトの特長

  • 最大長さ25センチから240センチまで対応
  • バイクのどこにでも取り付け可能

TANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトは本当にシンプル。荷物を固定するためのオスとメスのペアとなるベルトが2本ずつ入っているだけ。

オスメスの先端はしっかり目の金具とほつれ無さそうなベルト状になっていて

ベルトの反対側は輪っかになっている。

輪っかをくぐらせることでどこにでも簡単に取り付けられる構造だ。

正直こんなシンプルな作りならユニクロのベルトでも良いんじゃないかと思ったけど、バイク用に作られている利便性と安全性を重視してTANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトを購入した。確かに作りはしっかりしているしバイクに取り付けやすいように構造も考えられていた。

TANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルト取り付け

TANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトは一般的にはバイク車体の荷物用のフックに取り付けるんだけど、ZZR1400ではシート下のフレームに取り付けることにした。

シートを開けると収納が全く無いシート下が現れる。

このフレーム部分にTANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトを取り付けていく。

フレームの隙間にTANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトを通す。隙間が無いからフォークとか針金とかを駆使する。

バイクのフレームに通せたらベルトの先端を後端の輪っかに通す。

メスベルトの端にはマジックテープがついているから

長さを調節して余ったベルトはまとめてマジックテープで止めればすっきりする。

これなら収納の無いシート下の僅かな隙間に収まる。

同じように反対側のフレームにもオスのベルトを通していく。

4か所にベルトを通して固定できれば準備完成。シートを戻すとTANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトだけが垂れ下がった状態になる。

TANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトでリュックの取り付け

TANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトは長さを自由に調節できるから、リュックに限らず、大きめのプラスチックボックスまで自由に設置できる。

今回は俺がバンコク旅行に行ったときに格安航空を通過するために荷物を7キロに抑えたときのリュックを使う。

バンコクで最強カメラスマホMate 20 Proで撮影した写真の作例は下記。

【Mate 20 Proカメラレビュー】機能と感想と弱点 in バンコク

一眼レフカメラを持ち歩かないためにMate 20 Proを購入してもう3週間くらいが経った。今はプライベートでタイのバンコクに旅行に来ているんだけど、今回はバンコクで撮影した作例と一緒に、Mate 2 ...

続きを見る

リュックをシートバッグの上に置いてオスベルトをメスベルトに通過させて仮置きする。

その後にオスベルトを引っ張れば荷物が固定される。

この時ベルトの圧がかかっているのはシートのみだから、バイクのカウルが傷つかないのが嬉しい。

バイクの景観を損なわないのが魅力

バイクに取り付けるとこんな感じ。最低限のパーツで固定できるからバイクの景観を損なわないのが嬉しい。

外すときは先端の金具を押してやればベルトを緩めることができるから

適度に緩めたらベルトから鞄を引き抜くだけで良い。

ベルトが気になるのであればシートを開けてシート下にしまえば

この通りすっきり。シンプルなノーマルバイクに戻る。このバイクを見ても誰も長期ツーリングに来ているとは思わない。

TANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトなら自由にリュックを選べる

TANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトは長さを自由に調整して締め付けるだけの単純な構造だから、バックルを必要とする一般的なシートバッグと違ってどんな鞄でも対応できる。

しかも最大240センチまでの長さまで伸ばせるから大きめの鞄にも対応可能。更に、今回のようにシート下のフレームに固定する方法ならバイクのカウルを傷つける心配もない。

あとは現地を歩き回るときに使う好きなデザインの鞄を購入すればいいだけ。より快適なツーリングライフをサポートしてくれる便利なベルトだった。

当初ユニクロでズボン用のベルトを買うか迷ったんだけど、マジックテープでベルトの余りベルトを固定できたり、反対側が輪っかになっていてどこにでも固定出来たりと、TANAX MOTOFIZZシートバッグ用パワータイベルトはバイク用ならではの作りだった。

仕事辞めてZZR1400で日本一半周ダイジェスト

仕事を辞めてZZR1400で日本を半周したダイジェストです。工程は全てYoutubeで配信しているのでよければチャンネル登録をお願いします。

ライフハック 買ってよかったもの

2020/1/3

【2020年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/1/2

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 体験談

2020/1/14

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

レビュー 中国スマホ

2019/12/14

【Mi Note 10レビュー】夜景が弱い。他の買った方がマシ

俺は二つ折りの時代から携帯電話のカメラには拘り続けてきたし、カメラと携帯電話は統合すべきだと考えてきた。 だから今も俺が購入するスマホはカメラに拘ったものばかりだし、未だに一年前に発売されたMate 20 Proを使い続けているのもカメラ画質が良いからなんだ。 残念ながら究極のカメラ画質を実現しているであろうMate 30 Proがグーグルによって潰されたことで、2019年は日本のカメラスマホの大きな進化が止まってしまった感があるんだけど、そこに希望の光が差した。 今回は2019年11月8日にXiaomi ...

ReadMore

スマホ まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

AFFINGER

2019/12/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGERを購入した口なんだけど、AFFINGERを導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月から ...

ReadMore

-レビュー, 自転車・バイク

Copyright© ガジェマガ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.