ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ 格安SIM

ソフトバンク回線を使った大容量格安SIMの特長と違いと比較とおすすめ

2019年11月19日

ここ最近やたらソフトバンク回線を使った大容量格安SIMが増えている。かくいう俺もFUJI Wifiを使ってからChat WiFiに乗り換えた口なんだけど、実はそれ以外にも多数の会社が同様のサービスを提供している。

ソフトバンク回線を使った格安大容量SIMは特に一人暮らしの通信量を削減するのにおすすめなんだけど、果たしてどこが一番安いのか、違いはなんなのかというのをまとめたい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

俺の現在の回線状況

まず最初に今現在の俺の通信回線契約状況は下記。

  • ワイモバイルSプラン2年目 2,180円/月(Mi 9で利用)
  • ワイモバイルSプラン2年目 2,180円/月(Mi 9で利用)
  • ワイモバイルSプラン1年目 1,480円/月(Mate 20 Proで利用)
  • Chat WiFi 100ギガデータ 2,880円/月(Mate 20 Proで利用)
  • 合計8,820円/月

なんと4回線も契約しているのに月たったの8,820円で済んでいる。

しかもChat WiFiが月100ギガも使えるから固定回線を引いていない。完全に4回線だけ。

ワイモバイルは恐らく誰でもしってるだろうから説明は不要だとして、今回の記事ではChat WiFiがなんなのかというのを解説する。

なぜワイモバイルを3回線も契約しているのかについて、俺がワイモバイルをおすすめする理由を熱く解説している記事は下記。

格安SIMなのにワイモバイルのコスパが飛びぬけている理由【評判・口コミ】

ここ10年のスマホ業界はすさまじい成長とともに選択肢も増え続けていて通信費を安く抑える方法が多様化している。 今回は全盛期に23回線を駆使して売却したスマホで利益を上げていた元携帯乞食の俺が、2019 ...

続きを見る

ソフトバンク回線の大容量格安SIMとは

ソフトバンク回線の大容量格安SIMとは、その名の通りではあるんだけどソフトバンク純正回線を使って別会社が提供している格安SIMなんだ。意味不明だけどこれ以上説明できない。

ソフトバンク回線の格安SIMは通信が早い

当たり前だけど、ソフトバンク純正回線を使っているということは通信速度もソフトバンク純正回線そのまま。

この辺りはワイモバイルをおすすめする理由の記事で詳細に解説しているんだけど、携帯基地局を保有していて通信網を提供している側のソフトバンクは通信網を借りている側の格安SIMと違って通信速度を制限されない。

通信網を借りている側の格安SIMは混雑時に貸している側の都合で帯域が制限されるから、通勤ラッシュとかお昼時に通信が遅くて動画が見れないという事態が頻発するんだけど、Chat WiFiを含むソフトバンク純正回線を使った大容量格安SIMにはこれが無い。

常に爆速の通信速度でウェブサービスを楽しめるのが最大の魅力だ。

ソフトバンク回線の大容量格安SIM提供会社

ざっと俺が調べた感じソフトバンク回線の大容量格安SIMを提供している会社は下記10社。

データ通信量/価格 契約事務手数料
Chat WiFI 100ギガ 2,880円 3,980円
300ギガ 3,980円
FUJI Wifi 20ギガ 2,400円 2,000円
50ギガ 3,100円
100ギガ 3,800円
200ギガ 4,800円
iVideo 300ギガ 3,200円 なし
900ギガ 3,500円
Nomad SIM 100ギガ 3,600円 3,000円
300ギガ 4,800円
NOZOMI WiFi 100ギガ 3,200円 4,980円
Star WiFi 謎 3,580円 5,960円
WiFiO 100ギガ 3,980円 8,960円
w/WiFi 100ギガ 3,480円 3,777円
無制限 5,555円
スマホドックモバイル 無制限 4,880円 3,000円
モナWi-Fi 100ギガ 3,500円 5,000円

どこも知名度は低いけどFUJI Wifi、Chat WiFiは広告に力を入れているから見かけたことがある人も多いと思う。

ソフトバンク回線大容量格安SIMの特長

ソフトバンク回線大容量格安SIMに共通している特長は下記。

  • データ通信が100GB以上
  • 通話不可
  • 期間縛りなし(解約料なし)
  • SIMのみで利用可能
  • SMSは利用不可(賠償金5,000円)
  • テザリングの動作保証無し
  • ウェブサイトがわかりにくすぎる

データ通信が100ギガ以上

ソフトバンク回線を使った格安大容量SIMはその全てでデータ通信量100ギガ以上のプランが用意されている。

多い所でiVideoの900ギガとかStar WiFiの無制限があるけど、300ギガくらいで制限がかかるという説が多い。300ギガ以上を常用するなら速度や通信の安定性の面から普通に固定回線を引いた方が良い気がする。

実際俺もChat WiFiを使ってるけど1日10ギガほど使うとその後数時間ほど速度を制限されるから、月300ギガ以上は実用的じゃない。これはどの会社がどうといいうよりも、ソフトバンク回線がそういう仕組みなんだと思う。

通話できない

ソフトバンク回線を使った格安大容量SIMはその全てがデータ通信専用で通話プランが無い。

1台のスマホで運用する場合は俺みたいにDSDSに対応したスマホを使って電話SIMとソフトバンク回線大容量格安SIMで使い分ける必要がある。

期間縛り無し(解約料なし)

ソフトバンク回線大容量格安SIMはその全てで契約期間の縛りが無いから1か月で解約してもOK。もちろん解約料も無い。

大手キャリアとか固定回線と違って生活の都合に柔軟に対応できるのが嬉しい。

SIMカードのみで利用可能

ソフトバンク回線大容量格安SIMはその全てでSIMカード単体もしくはSIMカード+WiFiルーターで提供される。

WiFiルーターの中にはSIMカードが入っているから、SIMカードを取り出して自分のSIMフリースマホに入れることでスマホのみでの利用もできる。

SIMフリースマホまたはソフトバンクスマホがあればWiFiルーターを持ち歩かなくてもいいのが嬉しい。

SMSは利用不可(賠償金5,000円)

ソフトバンク回線大容量格安SIMはその多くでSMSが使えない。一応Nomad SIMとw/WiFiは使えるっぽいんだけど真偽は不明。

その他の提供会社ではSMSを利用すると謎の賠償金として5,000円も請求される。裏側がどうなってるのかよくわからないけど賠償が必要らしい。

ちなみにChat WiFiは担当者と繋がっているんだけど、「悪質でない限り請求はありません」ということだった。

テザリングの動作保証無し

ソフトバンク回線大容量格安SIMはテザリングの動作保証をしていない。

とはいえ俺がFUJI WifiとChat WiFiを使ったところ、両社ともにテザリングができた。

テザリングの可否はスマホによるところも大きいから、恐らく問い合わせ対応がめんどくさくてこういう表現にしているんだと思う。

明確に不可能としているのはw/WiFiとスマホドックモバイルの2社のみだけど、この2社も多分使える。

ウェブサイトがわかりにくすぎる

ソフトバンク回線大容量格安SIMの提供会社は全体的にウェブサイトの作りが甘い。

俺が使っているChat WiFiも申し込み画面が絶望的に分かりにくくて超不安で、契約にはそれを乗り越える勇気が必要。

Star WiFiにいたっては使えるデータ量の表記が無くて笑える。売る気ないだろ。

違いは価格と容量のみ。Chat WiFiがおすすめ。

ソフトバンク回線大容量格安SIMの提供会社を調べた感じ違いはデータ通信量と価格のみで、それ以外に大きな差は無さそうだった。

このサービスはここ一年くらいで急激に登場したんだけど、全体的にウェブサイトがわかりにくいし、SMSの賠償金とか謎の罰金が多くて闇を感じる。

ということで個人的には俺が過去に使って問題なかったFUJI WiFiか、現在進行形でまともに使えているChat WiFiをお勧めしたい。

この2社のウェブサイトも微妙だけど、他と比べるとまだまし。Chat WiFiなら契約すれば謎のネコのシールも貰える。

Chat WiFiに関しては担当者とも繋がっているんだけど、担当者がまともで安心できる。

Chat WiFiの使用感を詳細に解説している記事は下記。

【Chat WiFi導入レビュー】爆速100ギガデータ通信で月額2,980円

少し前に半ミニマリスト的な生活を目指して固定回線を解約した代わりに格安大容量SIMのFUJI Wifiを導入したんだけど、それよりも更にお得な格安大容量SIMであるChat WiFiを試す機会をいただ ...

続きを見る

Chat Wifiを2か月使った感想【大容量格安SIMのデメリット】

大容量格安SIMのChat Wifiを導入してからそろそろ2か月が経とうとしているから、元々使っていた光回線から乗り換えた感想を書きたい。 光回線は満期を迎えると値段が上がる そもそも大容量格安SIM ...

続きを見る

FUJI Wifiを詳細に解説している記事は下記。

【FUJI Wifi導入レビュー】200ギガ3,980円なのに爆速ってどういうこと?

格安SIMといえば値段が安い代わりに通信速度が遅いのが常識となりつつある中、革命児として誕生したのがFUJI Wifiだ。純正のソフトバンク回線を使うことで速度が爆速でありながら大容量通信が安いし最低 ...

続きを見る

どんなときもWiFi(どんふぁい)とは

どんなときもWiFiという会社も最近よく広告を見かけるから最後に解説しておく。

どんなときもWiFiの特長は下記。

契約事務手数料 3,000円
月額料金 3,480円
最低契約期間 2年
データ量 無制限
回線会社 au/docomo/ソフトバンクから自動で選択
SIMのみ契約 不可

どんなときもWiFiはクラウドSIMという新技術を使っているらしく、専用のWiFiルーターがその時その場所で最も繋がりやすい通信会社を自動で選択してくれるらしい。すごい。

その代わりどんなときもWiFiの利用には必ず専用のWiFiルーターが必要。荷物が増えるのが煩わしい。

また、ソフトバンク回線大容量格安SIMと違って2年の期間縛りがあるから簡単に解約できない。

どんなときもWiFiは海外での通信にも対応しているのが売りではあるけど、完全に別料金になる。

海外旅行では現地の空港で現地SIMを契約したほうが遥かに安いからおすすめしない。

5G実用化までの繋ぎにおすすめ

2019年現在はまだ4Gが主流で、2020年から本格化する5G通信によって通信業界が劇的に変わるといわれている。

通信速度が劇的に早くなる予定だし、恐らくデータ通信制限はなくなる。とはいえ一般化はまだ少し先で、2021年くらいだと予想している。

5G導入まではまだまだ固定回線が強いんだけど、固定回線は一人暮らし家庭には値段が高い。

ということで俺みたいにお金が無い一人暮らし家庭にこそおすすめしたいのが今回紹介したソフトバンク回線を使った大容量格安SIMなんだ。

ソフトバンク回線大容量格安SIMは全体的にウェブサイトが怪しくて不安なサービスではあるけど、事実として俺はChat WiFiを一年近く問題なく使い続けてられているから、個人的にChat WiFiをおすすめしたい。

Chat WiFiに関してはガジェマガ専用クーポンも出してくれていて、このクーポンを使うことで契約事務手数料を1,000円安くできる。

ガジェマガ限定クーポン

SIMだけプラン

〇100ギガデータ 【限定クーポン chat-s21-gad
⇒ 事務手数料3,980円 → 2,980円
⇒ 月額5,100円 ⇒ 2,880円

〇300ギガデータ 【限定クーポン chat-s31-gad
⇒ 事務手数料3,980円 → 2,980円
⇒ 月額6,100円 → 月額3,680円

2019年12月31日まで
※在庫が無くなった場合は期限前に終了する場合があります。

Chat WiFiの詳細についてはレビュー記事と感想記事を確認してほしい。

【Chat WiFi導入レビュー】爆速100ギガデータ通信で月額2,980円

少し前に半ミニマリスト的な生活を目指して固定回線を解約した代わりに格安大容量SIMのFUJI Wifiを導入したんだけど、それよりも更にお得な格安大容量SIMであるChat WiFiを試す機会をいただ ...

続きを見る

Chat Wifiを2か月使った感想【大容量格安SIMのデメリット】

大容量格安SIMのChat Wifiを導入してからそろそろ2か月が経とうとしているから、元々使っていた光回線から乗り換えた感想を書きたい。 光回線は満期を迎えると値段が上がる そもそも大容量格安SIM ...

続きを見る

Chat WiFIを使用するならDSDSでSIMカードを2枚挿せるスマホの中でもMate 20 ProかP30がカメラが綺麗でおすすめ。

【Mate 20 Proレビュー】全てのスマホを過去にするカメラとスペックと価格【悪い所3つ】

迷いに迷ってファーウェイのMate 20 Proを購入してしまった。半年前に発売されたばかりのハイエンドスマホP20を使っていたのに!今回は俺がたった半年でハイエンドスマホからハイエンドスマホに乗り換 ...

続きを見る

【P30コスパ高すぎ】Mate 20 Proの上位互換スマホなのに2万円も安い

米中問題で揺れるHuaweiのP30シリーズのリリースが開始されているんだけど、HuaweiのPシリーズは毎回最上位モデルのP30 Proと下位モデルのP30 liteばかりが話題になって、真ん中のP ...

続きを見る

【動画で解説】Chat WiFiがおすすめの理由

まとめ ライフハック

2019/11/17

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ガジェット ライフハック

2019/11/21

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容

2019/11/8

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

レビュー 中国スマホ

2019/12/2

【Mi Note 10レビュー】夜景が弱い。他の買った方がマシ

俺は二つ折りの時代から携帯電話のカメラには拘り続けてきたし、カメラと携帯電話は統合すべきだと考えてきた。 だから今も俺が購入するスマホはカメラに拘ったものばかりだし、未だに一年前に発売されたMate 20 Proを使い続けているのもカメラ画質が良いからなんだ。 残念ながら究極のカメラ画質を実現しているであろうMate 30 Proがグーグルによって潰されたことで、2019年は日本のカメラスマホの大きな進化が止まってしまった感があるんだけど、そこに希望の光が差した。 今回は2019年11月8日にXiaomi ...

ReadMore

スマホ まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

AFFINGER

2019/12/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGERを購入した口なんだけど、AFFINGERを導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月から ...

ReadMore

-スマホ, 格安SIM

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.