〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

スマホ

【地獄】ドコモ・ソフトバンク・auの5Gプラン料金を家族人数で比較

2020年4月30日

スマホの5Gプランが混迷を極めている。今5Gを提供しているのはドコモauソフトバンクの大手キャリア3社なんだけど、契約されたくないとすら思えるほどわかりにくい。

ということで今回は俺が消費者を騙すために作った大手キャリアの5Gプランの化けの皮を剥がす。相変わらず大手キャリアのプランはわかりにくすぎ。

トーマスです。TwitterYoutubeTikTokもやってます。【お問い合わせ自己紹介半生振り返り

この記事の目次(クリックでジャンプ)

5Gプランの表記が意味不明すぎ

大手キャリアのウェブサイトをざっと眺めてもマジでノイローゼになるレベルで意味不明。失神しそう。

ぱっと見の表記は超安く書かれているんだけど、「※」の注釈が多過ぎてもはや別物。消費者に理解させる気ないだろこれ。

ドコモに5Gプランの看板価格は4,480円

まずはドコモの5Gプランの看板価格を見てほしい。

ぱっと見では4,480円で、人によっては1,980円でも使えちゃう的な表記が為されていて、5Gなのに超お買い得じゃんドコモも遂に反省したのねって思うかもしれないけど全くそんなことは無い。

というのも謎の注釈が多過ぎ。

その注釈がコレ。

多過ぎ。マジで文字を読まない奴を騙すためとしか思えない。確かに読まない奴が悪いんだけど、ここまでくると勘違いを誘ってると言わざるを得ないから同罪。

これは後程後述するけど、ドコモの1,980円という月額は達成不可能な難易度だし、4,480円に関しても

  • 3回線契約したうちの1回線の価格
  • 最初の半年は1,000円割引
  • dカード支払い
  • ドコモ光加入

という条件で、しかもドコモ光の料金はまた別途かかるという始末。やべぇ。なにがやばいってこの段階で結局いくらかかるのか全く理解できないことがヤバイ。

ソフトバンク5Gプランの看板価格は3,480円

次にソフトバンクが掲げている5Gプランの看板価格がこれ。

まず右側のミニフィットプランだけど、1,980円の値段を達成するには月のデータ使用量1ギガ未満という激ムズ条件が前提。電源入れたら即アウトなレベルで無理。

次にメインとなる左側のメリハリプラン3,480円の条件は下記。

  • 4回線契約したうちの1回線
  • 最初の半年は1,000円割引
  • 最初の2年は1,000円割引
  • ソフトバンク光加入

これもやっぱり4人で利用している場合の値段を書いていて超悪質。こんな悪質な表記に俺の大好きな松本さんの顔を使うのを辞めてほしい。

au5Gプランの看板価格は3,460円

最後にauの5Gプランの看板価格がこれ。

もちろんauも注釈の嵐。3,460円を達成するための条件は下記。

  • 4回線契約したうちの1回線
  • 最初の6か月は1,000円割引(スマホ購入が条件)
  • 最初の2年は1,000円割引
  • auのインターネット加入

auもソフトバンクと同じで4人家族で利用した場合の金額を記載していて悪質。日本の平均世帯人数は二人なのに(倒置法)

大手キャリアの看板価格比較

こんな感じでスマホの5Gプランはみんな違ってみんな悪い由々しき事態に陥っていた。3社を改めて比較すると下記。

ドコモ ソフトバンク au
看板価格 4,480円
→半年後5,480円
3,480円
→半年後4,480円
3,460円
→半年後4,460円
半年割引条件 なし なし スマホ購入
想定回線数 3 4 4
光回線 必須 必須 必須
その他条件 dカード支払い - -

こうやって3社を見比べるとドコモとソフトバンクは半年割引の条件にスマホ購入が伴わないから一番マシに見える。ただし一人当たりの価格はドコモが一番高い。

5Gの廉価プランは達成不可能

ところで各キャリアが一応用意している5Gの廉価プランに関してだけどこれは無視していい。なぜなら前提となるデータ通信量が月1ギガだから。あほか。

一応比較したものが下記。

ドコモ ソフトバンク au
看板価格 1,980円
→半年後2,980円
1,980円
→半年後2,980円
1,980円
→半年後2,980円
半年割引条件 なし なし スマホ購入
データ通信量 1ギガ 1ギガ 1ギガ
想定回線数 3 4 4
光回線 必須 必須 必須
その他条件 dカード支払い - -

5Gライトプランの最安価格は1,980円と横並び。談合の臭いがする。

大手キャリアの割引の正体

大手キャリアは3社とも最初から割引後の金額を提示しているんだけど、まずはその割引の種類を把握すると全容を把握しやすくなる。

割引の種類は下記4つ。

  • 家族割引
  • 光回線割引
  • スマホ購入割引
  • 5G契約キャンペーン

①家族割引

家族割引は携帯キャリアが昔からやってる囲い込み施策。人数が増えるごとの割引額は下記。

ドコモ ソフトバンク au
2人 ‐500円/人 ‐500円/人 ‐500円/人
3人 ‐1,000円/人 ‐1,500円/人 ‐1,000円/人
4人 ‐1,000円/人 ‐2,000円/人 ‐2,020円/人

ソフトバンクとauが3人から4人に増えることで割引額が増えているのに対して、ドコモは3人以上は変わらず。

つまりドコモは3人世帯を想定しているのに対してソフトバンクとauは4人世帯を想定したプラン作成を行っている。

あとauの3人から4人に増えた時の割引幅が大きすぎる。

②光回線割引

光回線割引も光回線取り扱い当初からある囲い込み施策。

ドコモ ソフトバンク au
光回線加入 ‐1,000円/人 ‐1,000円/人 ‐1,000円/人

割引額は3社横並びで1,000円。

③スマホ購入割引

スマホ購入割引は大手キャリアの契約期間縛りが無くなって新たに登場した割引。契約と同時にスマホを購入すると月額が割り引かれる。

ドコモ ソフトバンク au
半年割引 なし なし ‐1,000円/台

auは半年間1,000円割り引かれる。ドコモとソフトバンクは無し。

5G契約キャンペーン

5G契約キャンペーンは大手キャリアの契約期間縛りが無くなって新たに登場した5Gを少しでも長く使わせるための割引。

ドコモ ソフトバンク au
半年割引 ‐1,000円/台 ‐1,000円/台 -
2年割引 - ‐1,000円/台 ‐1,000円/台

5G無料キャンペーンはドコモが半年なのに対してauが2年で、ソフトバンクは最初は2,000円割り引かれて、半年と2年で1,000円ずつ値段が上がる仕組み。

キャリアの看板条件で5Gプランを比較

ここまで3大台キャリアのプラン料金の理解は困難を極めることが分かったんだけど、なによりやばいのは結局いくらかかるのかが未だにわからないことなんだ。

とはいえ人それぞれ環境の違いがあるから一概に言えるものでもない。ということで大手キャリアが想定している世帯人数に着目して合計金額で比較してみる。

各キャリアが想定している世帯人数は下記。

  • ドコモ 3人
  • ソフトバンク 4人
  • au 4人

つまり3人世帯と4人世帯での最安価格を検討する。

3人世帯での合計通信料比較

まずはドコモが想定している3人世帯を前提に月の合計通信量を比較する。

ドコモ ソフトバンク au
看板価格 4,480円
→半年後5,480円
3,980円
→半年後4,980円
4,480円
→半年後5,480円
半年割引条件 なし スマホ購入 スマホ購入
3人通信量計 13,440円
→半年後17,440円
11,940円
→半年後14,940円
13,440円
→半年後17,440円
光回線 3,800円
(マンション)
4,300円
(マンション)
3,800円
(16戸以上)
その他条件 dカード支払い - -
3人通信量計 17,240円
→半年後20,240円
16,240円
→半年後19,240円
17,240円
→半年後20,240円

まず注目してほしいのはソフトバンクとauの看板価格なんだけど、両社は4人利用時が最も安くなるように価格設定をしているから、3人利用の場合はソフトバンクなら500円、auなら1,000円通信料が上がる。auの値上がり幅えぐすぎ。

3人世帯はソフトバンクが最安

ドコモが想定している3人世帯に合わせた結果、最も通信量を安く抑えられるのはソフトバンクという意外な結果になった。スマホ購入による割引が終わる半年後でも光回線込みで18,740円はかなり安く感じる。

ソフトバンク公式

4人世帯での合計通信量比較

次にソフトバンクとauが想定している4人世帯を前提に月の合計通信量を比較してみる。

ドコモ ソフトバンク au
看板価格 4,480円
→半年後5,480円
3,480円
→半年後4,480円
3,460円
→半年後4,460円
半年割引条件 なし スマホ購入 スマホ購入
4人通信量計 17,920円円
→半年後21,920円
13,920円
→半年後18,920円
13,840円
→半年後17,840円
光回線 3,800円
(マンション)
4,300円
(マンション)
3,800円
(16戸以上)
その他条件 dカード支払い - -
4人月額通信量計 21,720円
→半年後25,740円
18,220円
→半年後22,220円
17,640円
→半年後21,640円

4人世帯ではauが最安

ソフトバンクとauが想定している4人世帯に料金を合わせた結果はauが最安で、次いでソフトバンクが安かった。というかauは4人世帯の下げ幅が大きすぎて3人世帯の時と値段が変わらないのが恐ろしい。auはどうあがいても1世帯2万円は取りたいらしい。

3人世帯を想定していたドコモは順当に値段が上がって4人世帯では最下位だった。意外な結果。

もちろん光回線がマンションプランの一番安いやつであるとか、2年後の値上がりを無視してるとかはあるんだけど、2年後は他社に乗り換えれば良いから気にしない。

それ以上に5G契約4台分と光回線も含めて月21,640円で済むのは思っている以上に安い。これはキャリアに対する認識を改めざるを得ない。以外と大手キャリアも頑張ってるのね。

ソフトバンク公式

3大キャリア5Gスマホ価格比較

通信量はソフトバンクが安いとはいえスマホ価格が高いと話にならないから、ドコモ、ソフトバンク、auの一番安い5Gスマホの価格を比較してみる。

ドコモ最安スマホは102,960円

ドコモの最安スマホはGalaxy S20の102,960円。スペックはSnapdragon865で最強。

ソフトバンク最安は89,280円

ソフトバンクのスマホで最も安いのはZTE Axon 10 Pro 5Gで89,280円と比較的良心的。スペックはSnapdragon865で最強。

au最安スマホは117,480円

auの最安スマホはGalaxy S20の117,480円。スペックはSnapdragon865で最強。

5Gスマホはソフトバンクがリード

大手キャリアの5Gスマホを比較した結果、スマホ代もソフトバンク、ドコモ、auの順で安かった。

一人暮らし世帯で5Gプランを比較

プランもスマホもソフトバンクが優秀でした。めでたしめでたし。というわけにもいかない。なぜなら日本で最も多いのは3人世帯でも4人世帯でもなく単身世帯だから。

ということで最後に光回線を引いていない単身世帯を想定した5Gプランの月額通信料を比較する。

ドコモ ソフトバンク au
月額 6,480円 6,480円 6,480円
半年後 7,480円 7480円 7480円
2年後 7,480円 8,480円 8,480円
条件 dカード支払い なし スマホ購入

一人暮らしかつ光回線が無くなると急に3社とも6,480円という横並びの価格が浮き彫りになった。そして最初の半年だけ1,000円割り引かれるのも同じ。談合の臭いがする。

唯一差が出るのは2年後で、ソフトバンクとauは5G無料キャンペーンが終了して1000円が上乗せされるのに対して、ドコモにはそれが無い。

単身世帯はドコモ一択

3人世帯4人世帯では優勢だったソフトバンクとauを単身世帯ではドコモが抜き去る形になった。単身世帯かつ光回線を引かないのであればドコモ一択という逆転現象が起こる。

ソフトバンク公式

大手キャリアの5Gデータ通信量比較

ここまでドコモ、ソフトバンク、auの5Gプランを一緒くたにして話を進めてはいるけど、もちろん各社の5Gプランの通信量とテザリングの可否にも微妙な違いがある。それが下記。

通信量 テザリング
ドコモ
5Gギガホ
100G(無制限キャンペーン中) 可能(無制限キャンペーン中)
au
データMAX 5G
データ無制限 可能(30ギガまで)
ソフトバンク
メリハリプラン(5G)
50G 有料(500円)

ドコモとauは今のところはデータ通信量無制限で、ソフトバンクは50ギガの制限あり。

テザリングに関してはドコモは無制限、auは30ギガまで、ソフトバンクはスマホの通信量と同じと各社でそれぞれ違う。

パソコンでのデータ通信を重視したい人はドコモ一択になる。

大手キャリアは意外と高くない

2人暮らし世帯も検討するか迷ったけど、二人暮らし世帯は光回線を引くケースと引かないケースが様々あるから無視した。

とにかく大手キャリアのプランは地獄で、一番安い値段を餌に魚を釣り上げる姑息な手段が今でも横行している最悪の状態だった。

大手キャリアは4人家族なら意外と安い

とはいえ蓋を開けてみるとソフトバンクであれば4人世帯+光回線で22,220円と以外に安い良心的な一面も見えたから、家庭によっては普通に5Gスマホに乗り換えた方が安くなるケースもあるかもしれない。

5Gのスマホ代が高い

もちろん5Gスマホ4台で40万円の初期投資が必要だから馬鹿にならないんだけど、Snapdragon865搭載の5Gスマホにはその価値があるから否定しきれない。

というか寧ろ俺が一人世帯なのに光回線とスマホで月1万円も払っていて全然安くない気がした。今の通信業界は単身世帯には厳しい。

5Gスマホはまだいらない

結局新しいスマホを購入すると問答無用で5Gスマホになるんだけど、5Gはまだスタートしたばかりで実用性がないから、5Gのために5Gに変える必要は今のところ全くない。

5Gスマホがまだいらない理由は別で記事にしているから参考にしてほしい。

5Gスマホを「まだ」買わなくていい理由【4Gと比較したメリット】

5Gが来た!でも俺のスマホは4G!どうする俺?どうした方がいいですか!?という質問が思ってるより多いから、今回は少なくとも2021年までは5Gスマホに乗り換える必要が無い理由を解説する。 とはいえ新し ...

続きを見る

【動画で解説】5Gプラン解説

2023年下半期に買ってよかったもの買ってよくなかったもの

さてネタが無い。奈良にいるせいでカメラも使えない。つまり写真撮影も動画撮影も無理。 にっちもさっちもいかないからやり残していた2023年下半期版の買ってよかった物良くなかった物記事を上げる。早く事務所 ...

続きを見る

プロテインが若さ維持に繋がる理由【日本人はたんぱく質が足りない】

やばい。人類はマジでタンパク質が足りてない。どれくらい足りてないかと言うと全然足りてない。 これは筋トレしてるとかしてないとかそんな話じゃない。緩やかに死んでいってるレベル。そら30代で髪質と肌質が悪 ...

続きを見る

おすすめ記事(おもしろいやつ)

スマホ レビュー

2022/12/15

【Pixel 7 Proレビュー】最も理想的なAndroidスマホ

いつの間にかPixelシリーズの年一回の発売が恒例になり、Tensor搭載後はブランド力も獲得し、独自機能も増え、毎年のPixel発売が話題になるようになった。 そして今年も俺の手元には最新となるPixel 7 Proがある。ということで今年も今年のPixelはどうなのかをレビューする。 【結論】Pixel 7 Proはバージョンアップ版 先に結論から言ってしまうとPixel 7 ProはPixel 6 Proのバージョンアップ版に過ぎず、ほぼ変化がない。実際に使用感に影響する進化点は下記の2点のみ。 超 ...

デスク環境 パソコン・周辺機器

2024/2/19

【デスクツアー】デスクアイテム一覧と使ってる理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここではデスク環境周辺で俺が今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。デスク環境構築の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024年2月12日) デスク環境周辺で使っている物一覧 まず俺がデスク環境周辺で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ デスク・椅子 Fle ...

ライフハック 買ってよかったもの

2023/4/20

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 15位 黒 ...

スマホ レビュー

2023/4/19

【iPhone 14 Proレビュー】変化なし。最高品質の失敗作

iPhone14Proが発売されたのが2022年の9月。現在は2023年の4月。既に7か月が経過していてもう二番煎じどころの騒ぎじゃないぐらいレビューが遅れてるんだけど、こんなにテンションが上がらないスマホはなかった。 マジで13から変わってない。レビューの必要があるのか不明。でもせっかく15万も払って購入したんだからけじめをつける為にレビューする。 【結論】iPhone13ProのままでOK 最初にも書いた通りだけどiPhone14ProはマジでiPhone13Proから何も変わってない。だから今iPh ...

ライフハック 失敗談・コラム 感想

2023/7/9

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

俺の一軍 腕時計・スマートウォッチ・小物

2024/2/16

【ポケットと鞄の中身】身に着けてる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に鞄はいらないとかポケットを活用しろとかスマホはこれ使えとか有線イヤホンは使うなとか色々なことを言いすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることがたまにあるから、ここではポケットと鞄の中身と、ついでに小物類、衣服、靴などなど俺が日常身に着けてメイン利用している物と、それを使っている理由、そしてその感想を一言でまとめていく。ポケットと鞄の中身の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024 ...

メンズ美容・健康 失敗談・コラム

2024/2/16

【口コミ】ゴリラクリニックヒゲ脱毛で30万円提示された話【高すぎ

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

DIY ライフハック

2024/2/16

【ベッド拡張DIY】シングルベッドをセミダブルにした話【ニトリ】

一人暮らしだからと言ってシングルベッドに拘る必要があるだろうか、いやない(反語)。ということに一人暮らし10年目にして気づいたからベッドを拡張することにした。 いつの間にか6畳1Kの限界に挑むのが俺の生きがいになりつつあるんだけど今回は多分その集大成にして頂点。色々取り組んできた部屋改善は多分これで終わりになる。 ということで実際にベッドをどう拡張したのか、6畳でベッドを大きくして快適になったのか、生活に支障は出ないのかを解説したい。 6畳1Kの限界に挑む 繰り返しになるけど俺は10年間6畳1Kの激狭物件 ...

ライフハック 俺の一軍

2023/4/1

【ルームツアー】家で使ってる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここでは俺の家で今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。住環境構築の参考にしてほしい。 この記事では何か環境が変わるたびに内容を随時更新して俺の1軍をまとめる続ける予定(最終更新2022年11月10日) 家で使っている物一覧 まず俺が家の中で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ リビング環境 壁美人 テレビ ChromeCast Fir ...

DIY ライフハック 感想

2023/7/9

【壁掛けテレビの理想と現実】壁美人を3か月使った感想【賃貸】

賃貸でもテレビを壁掛け出来るのに原状復帰までできてしまう壁美人を導入してから早3カ月。まだテレビは一度も落ちていない。 とはいえ720個ものホチキスで取り付けるのってどうなの?とか、テレビを壁掛けにした不便はないの?と買いたいけど二の足を踏んでいる人は多いはず。 という仮定の下で壁美人を実際に3か月使った感想を書いていく。記事の内容的に楽だからという理由ではけっしてない。 壁美人はホチキスで壁に取り付け 壁美人の紹介記事でも書いた通りだけど、壁美人は720発ものホチキスで壁に取り付けることで25キロまでの ...

-スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.