ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

スマホ・タブレット

【Huawei nova3レビュー】日本最安ハイエンドスマホ【カメラも検証】

投稿日:

現在の日本市場で最も価格が安いハイエンドスマホであるnova3は、安くスペックが高いスマホを使いたい人には最適の選択肢で、買い替えの候補にしている人も多いと思う。

そんなnova3は実はOCNモバイルONEであれば3万円強という超格安価格で販売されていて、ちょうど母親のMNPに合わせて購入してもらったものを実家で触る機会があったからレビューしたい。

本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。




nova3の特徴

nova3はハイエンドスマホとして最低限必要な機能を凝縮して、防水とかドルビーアトモスとかの付加価値を削ることで価格を安く抑えた正真正銘のハイエンドスマホだ。

しかもHuaweiおなじみのカメラの画質に妥協はなく、今までのファーウェイスマホと同じようにカラーとモノクロのデュアルレンズで高画質写真を撮影できる。

nova3のスペック

まずはnova3のスペックを見ていく。

ディスプレイ 6.3
解像度 2340x1080
CPU Kirin 970
メモリ 4
ストレージ 128
バッテリー 3750
おサイフ ×
防水 ×
指紋認証
DSDS
重量 166
サイズ 73.7x157x7.3

スマホのスペックを左右する最も大きなパーツはCPUだ。nova3はHuaweiが開発するハイエンドCPUであるKirin970を搭載している。

更にメモリも4ギガを搭載しているから、よほど重いゲームでもプレイしない限りはあらゆる動作がサクサク動く。

ストレージの128ギガも高画質カメラで写真を気兼ねなく撮影するのに役立つ。

nova3のAntutuベンチマーク

nova3のAntutuベンチマークの結果は208857点だった。

ガジェマガで今までベンチマークを計測したスマホと比較してもナンバーワンだった。

  • nova3 208,857(Kirin970)
  • P20 205,806(Kirin970)
  • Mate9 148,204(Kirin960)
  • Redmi Note 6 Pro 116,545(Snapdragon636)
  • Lenovo S5 77,424(Snapdragon625)
  • UMIDIGI One 64,756 (Helio P23)
  • GalaxyNote3 65,352(Snapdragon800)
  • Moto G4 Plus 57,671(Snapdragon617)
  • P20 lite 53,072(Kirin670)

全く同じスペックのP20を僅差で上回っているけど、この辺りは計測の波なので気にしなくていいし体感できる違いはない。

ともあれ動きの快適さは定価7万円のP20と全く同じで、そんなハイエンドスマホが定価5万円で販売されているから超お買い得だ。

Sponcerd


荒野行動は最高画質

いつも通り荒野行動も試してみたけど、最高画質、60フレームで滑らかに動作した。

たまにカクっとすることはあったけど気にならないレベルだった。

nova3の外観

今回購入したのはOCNモバイルONE限定モデルのレッドカラーだ。iPhoneのレッドとは違う鮮やかで元気な赤色だ。

背面にはデュアルレンズカメラと指紋センサーがある。

指紋認証は相変わらず爆速で精度はとても高い。

防水に対応していない代わりに底面にはイヤホンジャックがついている。充電はtype-cだ。

右側面はシムスロットのみ。

左側面に電源ボタンと音量ボタンがついている。Huaweiのスマホは基本的にどれも同じ構成だ。

上面にはノイズキャンセリング用のマイク穴がついているのみ。

nova3のノッチディスプレイ

nova3は最近ではもう当たり前になりつつあるノッチディスプレイを搭載している。上部のフロントカメラもデュアル仕様で、背面をぼかした一眼のような自撮り写真を撮影できる。

ノッチが気に入らなければ設定からノッチを隠すこともできる。

片手に収まる巨大スクリーン

nova3は6.2インチの大画面モデルでありながらiPhoneXを少し上回る程度の大きさで、十分片手で持ててしまう。

iPhoneXとほぼ同じ大きさのP20と比較するとこれくらいの差になる。

18:9のディスプレイを搭載することで画面が大きくなっても横幅はほとんど変わらず片手で持ちやすい。しかも縦に長いからウェブサイトをより快適に閲覧できる。

次のページからnova3のカメラの実力に迫る。

nova3はいつものHuaweiカメラ

nova3は安いくせにカメラにも妥協が無い。背面のデュアルレンズカメラはHuaweiが得意としているモノクロレンズとカラーレンズを組み合わせて高画質写真を生み出す手法がそのまま使われていて、あらゆるシーンで明るく鮮明な写真を撮影できる。

Sponcerd


更にAIアシスト機能にも対応しているから、nova3がシーンごとに最適な色合いに調整してくれて簡単に好印象な写真を撮れる。

ここではP20と画質を比較していきたい。

花の写真

花の写真はどちらも色合いがほとんど同じクオリティだった。

nova3

P20

昼間の写真

大阪のシンボルでもある道頓堀の写真で比較する。

nova3

P20

nova3が全体に明るいのに対して、P20はコントラストを重視した。両者ともに空の白飛びは無く、細部の描写も良い。

逆光の写真

大阪のシンボルであるグリコの逆光写真。

nova3

P20

P20が全体的な色合いでバランスが取れているのに対してnova3は逆光でP20と明確に差がついた。空の明るさに引っ張られてネオンが暗い。

夕焼けの写真

夕焼けの比較。

nova3

P20

夕焼けはP20の方がAIアシストが強くより夕焼けっぽい写真を撮影した。どちらのスマホもレベルが高い。

夜景の写真

大阪のシンボルである道頓堀で比較。

nova3

P20

色合い、明るさのバランスの良さ共に互角。nova3は夜景に強いP20と同じレベルで細部まで綺麗に描写した。

ネオン街の写真

最後に外国人観光客に愛される大阪のネオン街で比較する。

nova3

P20

P20の方がコントラストが強いのに対してnova3は全体的に明るい違いはあるけど、全体的にノイズは少なく細部まできれいに撮影できている。

nova3カメラ画質まとめ

nova3のカメラ画質は定価5万円とは思えないほどの移りで、半年前に発売されたP20に迫る画質だった。

nova3は価格を落とすために防水とかドルビーアトモスを削ってはいるけど、スペックとカメラは削っておらず、きっちりとハイエンドスマホを体験できる画質だった。

ツインアプリ対応

Huaweiのスマホとしてはおなじみだけど、nova3はツインアプリに対応しているから、LINEとかフェイスブックなどのSNSアプリを複製できる。

P20liteツインアプリ機能

ツインアプリ機能は仕事とプライベートでSNSアカウントを使いたい人にうってつけの便利機能だ。

DSDSにも対応

nova3はもちろんDSDS機能にも対応している。4Gの同時待ち受けもできる(DSDV)

ナビゲーションバーを消せる

これ驚いたんだけど、Mate 20 Proで実装されていたナビゲーションバーを消す機能がそのままnova3にも実装されていた。

設定でナビゲーションのジェスチャーを選択することでiPhoneXと同じ感覚で操作できるようになる。

画面下から上にスライドでホーム画面。そのまま長押しで起動中アプリ一覧。

画面左端から右にスライドで戻る。その逆で進む。

これで完全にナビゲーションバーを消せるから6.2インチの大画面をフルに活用できる。

nova3にHuaweiの進化を感じる

nova3を触ってみて改めてHuaweiのスマホの完成度の高さを痛感させられた。というのもナビゲーションバーを消す設定は少し前までは無かったんだけど、HuaweiはiPhoneXの良いところを完全にコピーして実装してきているし、日進月歩でユーザーに良いものを送り届け続けている努力を感じる。

しかもカメラの画質にも全然妥協がないのに価格はがP20より安い。Huaweiはより良いものをより安く提供してきた。

nova3の5万円は安い

10万円のMate 20 Proが今までの技術を全て注ぎ込んだ最強スペックなのに対して、nova3はかなりいいものを安い値段で購入できる超ハイコスパスマホだった。

正直P20 liteとかMate 20 liteとか少し安いミドルハイエンドスマホを購入するくらいなら5万円出してnova3買った方が全然いいし、MNPできるタイミングなのであればOCNモバイルONEに乗り換えて3万円強でnova3が購入できるからもう迷う余地もなくなる。

お求めやすい価格に騙されそうになるけど、nova3は蓋を開けてみるとスペック以上の正真正銘のハイエンドスマホだった。

まとめ ライフハック

2019/1/20

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選【Amazon】

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 本 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス

2019/1/1

【月刊ガジェマガ19年1月号】2018年振り返り

あけましておめでとうございます。1月に入ったので12月のガジェマガの活動を記録する。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 先月の報告はこちら。 12月に買ったもの ドルチェグストタワーカプセルホルダー 毎日使っているドルチェグストのカプセルの保管が煩雑だったから見せる収納としてドルチェグストタワーカプセルホルダーを購入。普通に毎日使ってて便利。 Soundcore Liberty Air完全ワイヤレスイヤホン 発売日に勢いで買ってしまった完全ワイヤレスイヤホン ...

ReadMore

ガジェット ライフハック

2019/1/22

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/1/16

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2 ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/1/11

【ほぼ同じ】格安SIM11社の料金と特徴比較+おすすめスマホ15

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社11社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 格安SIMはどこも一緒で ...

ReadMore

-スマホ・タブレット

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.