ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【3月はお休み】

スマホ レビュー

【OPPO Reno Aレビュー】弱点無し。最高に丁度良いスマホ

2019年12月18日

OPPOが日本に参入してから約一年半。

RシリーズとかReno 10xを発売するも鳴かず飛ばずだったOPPOが、CMに指原を採用してブランド名がレノではなくリノだということをアピールしながらReno Aで快進撃を続けている。

今回はOPPOが日本で脚光を浴びるきっかけを作ったReno Aをレビューしたい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

OPPO Reno Aは全部入り

OPPO Reno Aの特長は下記。

  • 実売3.7万円の手頃な価格
  • 6.4インチ有機ELディスプレイ
  • そこそこの処理能力(Snapdragon710)
  • 画面内指紋認証
  • IPX7防水
  • おサイフ
  • クローンアプリ対応
  • DSDS対応
  • そこそこのカメラ

Reno Aは実売3.7万円とは思えないとんでもないコスパが魅力。

待望の「おサイフ × SIMフリー」というだけでもありがたいのに、有機EL、IP68防水、DSDS、画面内指紋認証からCPU性能まで抜かりが無い。

圧倒的な安さで話題を呼んだスマホといえば3万円で購入できる中国XiaomiのMi 9Tが浮かぶんだけど、Reno AはMi 9Tに唯一足りなかった防水とおサイフを補った日本版コスパモンスターだ。

OPPO Reno A丁度良いスペック

OPPO Reno Aのスペックは下記。

ディスプレイ 6.4(有機EL)
解像度 2340x1080
CPU Snapdragon710
メモリ 6
ストレージ 64
バッテリー 3600
セキュリティ 指紋/顔
おサイフ
防水 IPX7
DSDS
重量 169
サイズ 75.4x158.4x7.8

Snapdragon710/6ギガメモリ

Reno AはSnapdragon710と6ギガメモリを搭載している。Snapdragon710はミドルハイエンドCPUにはなるんだけど、一般的なミドルハイエンドスマホが採用する600番台と比較して性能が高い。メモリは個人的には4ギガもあれば十分だと思うけど6ギガも搭載した。

Antutuベンチマーク19万点

Reno AのAntutuベンチマークの計測結果は192793点。

ガジェマガで過去に計測したスマホと比較すると下記(バージョン8)

  • iPhone11 512586(Apple A13)
  • ROG Phone 2 487983(Snapdragon855+)
  • Mi 9 431470(Snapdragon855)
  • Mate 20 Pro 355915(Kirin980)
  • Mi Note 10 254844(Snapdragon730G)
  • Mi 9T 254457(Snapdragon730)
  • OPPO Reno A 192793(Snapdragon710) 

Reno Aは最新3Dゲームは難しいけど、ブラウジングとかSNS利用が一般的なライトユーザーであれば不満を感じない程度のスペックを有する。

実使用15時間以上のバッテリー

Reno Aのバッテリーは3600mAh。

残念ながらPC Mark for Androidでの計測が上手くいかなかったから実際の使用時間を計測することはできなかったんだけど、バッテリー容量と処理能力の関係からMi 9以上は持つと予想できる。

Mi 9の計測結果が下記(Mi 9はSnapdragon855で3600mAhバッテリー)

PCMark for Androidは100%から20%になるまでの計測だから、0%までなら15時間使える計算になる。過去のガジェマガで計測した他のスマホとの比較は下記。

  • ZenFone 6 18時間20分
  • ROG Phone II 15時間21分
  • Mi Note 10 14時間27分以上
  • Mi 9T 14時間27分
  • UMIDIGI S3 Pro 13時間45分
  • OPPO Reno A 12時間3分以上
  • Mi 9 12時間3分
  • Mate 20 Pro 11時間21分
  • Alldcube M8 4時間47分

実使用時間で12時間持てば丸一日は使えるからこれくらいあればバッテリーは問題にならない。

Reno Aはバッテリー容量が少ないこともあって6.4インチスマホとしては172グラムと軽いのも嬉しい。

カタログスペックの169グラムより3グラム重いけどそれでも十分軽い。

OPPO Reno Aの丁度良い外観

Reno Aはさすが中国大手だけあって安いのに外観も良い。中国の勢いが止まらない。

背面はガラス製。光の反射によって縦に筋が入る加工が美しい。

OPPO Reno Aはおサイフケータイに対応

真ん中には待望のおサイフケータイ対応のFelicaマークが刻印されてる。

背面のカメラはデュアルレンズではあるけど、片方は背景ボケに使われる被写界深度計測カメラだから写真撮影に使えるのは一つ。

上面はノイズキャンセリングマイクのみ。

右側面は電源ボタン。緑のアクセントがかっこいい。

底面にはType-Cの充電端子、イヤホンジャック、マイク、スピーカーが並ぶ。防水なのにイヤホンジャックがある。俺は完全独立型イヤホンに移行したから使わない。

左側面には音量ボタンとSIMスロットがある。

OPPO Reno AはDSDSに対応

SIMスロットはDSDS対応で、2枚目はMicroSDカードとの排他式。

背面はラウンド形状を採用していて手に馴染んで持ちやすい。

前面はティア―ノッチを採用した有機ELディスプレイを搭載する。

大きさは今最も主流の6.4インチ。

OPPO Reno Aは画面の情報量が多い

6.1インチのiPhone11、同じく6.4インチのMate 20 Proと比較するとこんな感じ。

6.4インチは片手で持てるギリギリのサイズだけど、その分一画面に表示できる情報量が多いのが嬉しい。

OPPO Reno Aは画面内指紋センサーを搭載

ディスプレイの下部には画面内指紋センサーを搭載。精度はMi 9とかROG Phone IIとかその他大勢の画面内指紋センサー搭載スマホと同じ。

フロントカメラの上には受話口を配置する。ステレオスピーカーとしては使えない。

OPPO Reno Aの最低限のカメラ

ここからはOPPO Reno Aのカメラ画質を検証する。

Reno AのカメラUIは下記。1×ボタンをタップすることで2×に変更できるけどデジタルズームだから意味はない。

カメラ画質の比較対象はいつも通り未だにスマホカメラで最高クラスに位置する俺のメインスマホMate 20 Proと比較する。

当然Mate 20 Proの方が綺麗なんだけど、3.7万円で買えるReno Aがどこまで戦えるのかを見ていく。作例は全てAIアシストオンの無加工撮って出し。

明るい写真の比較

あいにくの曇り空ということもあって差が無い。露出の調整はReno Aの方が明るい傾向。

明るい写真は差が無い。Mate 20 Proの方が少し緑色が濃い程度。

夜景写真比較

ここからは夜に撮影した写真を比較する。

Mate 20 Proに比べてReno Aは全体的にノイズ多めでぼんやり。右下のタイルも消えかかっている。更に空の黒が明るすぎるしひとつひとつのライトがぼんやりしていてメリハリが無い。全体の色味も緑が強くておかしい。

暗めの写真はセンサーサイズの差がもろに出る。Mate 20 Proは全体を明るく写せているのに対して、Reno Aは左下の光が足りないエリアが極端に暗い。露出のバランスは良い。

Reno Aは空の暗さに引っ張られて露出が明るすぎる傾向で、看板とか駅構内が白飛びしている。

Reno Aカメラ総評

3.7万円で買えるスマホに何を期待してんだって話ではあるんだけど、カメラは値段なりで良くはない。

昼間の写真は普通だけど夜景写真は露出のバランスが微妙だったり色味が悪かったりで微妙。

カメラに関しては3万円でトリプルレンズで色味も自然なXiaomiのMi 9Tの方が良いしP30 liteの方が良さそう。

【Mi 9T/Redmi K20レビュー】文句なし。でもコレジャナイ

ギミック付きのガジェットはその合理性はともかくとして男心をくすぐることは間違いない。フロントカメラが稼働するスマホといえばフリップカメラを搭載したZenFone 6が話題だけど、今回ZenFone 6 ...

続きを見る

Reno Aはあくまでコスパと全部入りの付加価値が売り。カメラに期待して買うスマホではない。

OPPO Reno Aはおサイフに対応

Reno Aは格安のSIMフリースマホとしては待望のおサイフケータイに対応する。

Reno AならSuicaの定期券だって購入できるし、モバイルSuica特急券で格安で新幹線チケットを買うことも可能。

更に、AndroidのおサイフケータイはiPhoneと違って全種類に対応するからあらゆるニーズに応えてくれるのが嬉しい。

OPPO Reno AはDSDSに対応

Reno AはDSDSに対応しているからSIMカードを2枚入れて2番号での運用が可能。

DSDSを駆使すれば格安SIM+Chat WiFi100ギガデータで月4,000円という使い方も可能。

Chat WiFiの詳細を解説した記事は下記。

【Chat WiFi導入レビュー】爆速50ギガデータ通信で月額2,880円

少し前に半ミニマリスト的な生活を目指して固定回線を解約した代わりに格安大容量SIMのFUJI Wifiを導入したんだけど、それよりも更にお得な格安大容量SIMであるChat WiFiを試す機会をいただ ...

続きを見る

Reno Aは保護シートとケースも同封

Reno Aは最初から液晶保護シートが貼り付けられた状態で届くから別途保護シートを買う必要が無い。

更に高品質な乳白色のラバーケースも同封。親切仕様が嬉しい。

ラバーケースを付けても重量は193グラムとまだまだ軽い。

OPPO Reno Aはクローンアプリに対応

OPPO Reno Aは本来一つのスマホに一つしかインストールできないアプリのクローンに対応しているから、仕事とプライベートでLINEアカウントを使い分けることができる。

ちなみにこの機能はHuawei、ASUS、Galaxy、Xiaomiの多くのスマホでも対応している。

Reno Aは貴重なおサイフ、DSDS対応スマホ

Reno Aは前評判通り3.7万円なのに付加価値もりもりの超ハイコスパスマホだった。

改めてReno Aの付加価値をまとめると下記。

  • おサイフ
  • DSDS
  • SIMフリー
  • クローンアプリ
  • IPX7防水

実はおサイフとDSDSに対応しているスマホは日本市場に4つしかないんだけど、Reno Aはその中で最も性能が高く最も値段が安い。

Reno Aは今まではどれだけお金を払っても手に入らなかったおサイフとDSDSを両立する。

Reno Aの投入が市場に与えるインパクトは3.7万円という価格以上に大きい。

今後他社のスマホがおサイフとDSDS搭載で追随することを切に願う。

Reno AのライバルはAQUOS sense 3 Plus

Reno A以外にはAQUOS sense 3 plusもおサイフ、DSDSに対応しているけど、スペックの割りに値段が高くバッテリー持ち以外に強みが無い。Reno Aの方がおすすめ。

OPPO Reno A AQUOS sense 3 plus
ディスプレイ 6.4(有機EL) 6
解像度 2340x1080 2220x1080
CPU Snapdragon710 Snapdragon636
メモリ 6 6
ストレージ 64/128 128
バッテリー 3600 4000
セキュリティ 指紋/顔 指紋/顔
おサイフ
防水 IPX7 IPX8
DSDS
重量 169 175
サイズ 75.4x158.4x7.8 75x160x8.7

最も人におすすめしやすいスマホ

Reno Aは防水とおサイフ対応でライトユーザーのニーズをしっかり抑えつつ、そこそこのCPUとDSDS、クローンアプリ、有機ELで玄人も唸らせる圧倒的な手堅さが魅力のスマホだった。

カメラとスペックに拘りたい人にはおすすめできないけど、俺みたいなスマホギークは少数派。

Reno Aは価格の安さも含めて限りなく最大公約数に近いスマホでありながら完成度も高くて、そら売れるわなって感じだった。

つまりReno Aの購入を迷ってこの記事に辿りついたなら、その選択は間違ってないから購入すればいいと思う。

俺は今後スマホの購入で相談されたらめんどくさいからReno A一択で押し通すことにする。

セットで安く購入できる格安SIM

スマホ単体より安く買える格安SIMは下記。

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/2/17

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 17位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ライフハック 体験談

2020/12/13

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ReadMore

ライフハック

2021/2/19

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-スマホ, レビュー

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.