ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ 格安SIM

【楽天UN-LIMIT VI】1ギガ0円プランから見る楽天の狙い

2021年1月31日

docomoが衝撃のプランahamoを発表してからauがpovo、ソフトバンクがon LINEを発表してまた携帯プランが横並びになっていたんだけど、またまた楽天が新プラン楽天UN-LIMIT VIで馴れ合いの流れをぶった切ってきた。

ということでもはや契約しない理由がない楽天の斬新な新プランを解説する。

楽天UN-LIMIT公式

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

楽天UN-LIMIT VIは最安0円

今回の楽天UN-LIMIT VIの何がやばいって1ギガまでなら0円で使えてしまうことなんだ。しかも期間限定とかじゃなく永遠に0円。更に無料通話付き。もはや契約しない理由がない。

楽天UN-LIMIT VIの料金プランを他社と比較すると下記。

楽天UN-LIMIT VI ドコモ(ahamo)
ソフトバンク on LINE
au(povo)
〜1ギガ 0 2980 2480
1〜3ギガ 980
3〜20ギガ 1980
20〜 2980 - -
通話 無制限 5分 5分(月500円)
海外ローミング 2ギガ 20ギガ 20ギガ
通信制限 1Mbps 1Mbps 1Mbps

繰り返しになるけど楽天UN-LIMITは1ギガデータ以下なら0円で使えてしまう。つまり寝かしておけばお金はかからないし、WiFi運用すれば無料かけ放題が完成する。常識では考えられないことが起こってる。

更に楽天UN-LIMIT VIはデータ量無制限の2,980円はそのままに、他社が主力としている20ギガ2,980円と2,480円の価格を1,980円に設定することで他社を蹴散らした。

楽天UN-LIMIT6の月額料金の変更は全自動

しかも楽天の月額利用料の変化は全自動。データを使えば最大2,980円、使わなければ0円と自分で設定する必要も無いのが嬉しい。

もちろん今まで楽天を契約していた人も自動的に楽天UN-LIMIT VIに移行される。神。

プラン発表前は他社の20ギガ2,980円にどう対抗するかが焦点だったのに、0円のインパクトが強すぎて20ギガプランとかどうでも良くなってしまった。楽天しゅごい。

楽天UN-LIMIT契約はメリットしか無い

こうなるともう楽天UN-LIMITを契約しない理由がない。というのも全くお金がかからないどころか7,000円分のポイントまで貰えてしまう。詳細は下記。

  • 契約で7000ポイントプレゼント
  • 契約事務手数料0円
  • 月額0円維持可能(1ギガ未満)
  • 契約解除料0円
  • 解約手数料0円

もはや全人類は楽天UN-LIMIT VIを契約すべきと言っても過言じゃない。

楽天UN-LIMIT公式

楽天0円プランの狙いは解約引き留め

実は今回楽天が0円という常識では考えられないプランの提供に踏み切ったのはそれ以外の道がなかったからでもある。

楽天UN-LIMITは品質が悪い

というのも楽天は2020年4月にサービスを開始してから現在まで一年無料とかポイントプレゼントとかのキャンペーンでなんとか新規ユーザーを獲得してきたんだけど、正直エリアが狭すぎてまだ課金してまで使いたいと思えるレベルに達していない。

しかもドコモ、au、ソフトバンクが最強の通信品質で20ギガ2,980円というプランまで発表してしまう始末。

このまま楽天が有料化してしまうとせっかく金をばらまいて獲得したユーザーを全て失ってしまう。それだけはなんとしても避けたい。

解約する理由を潰すための0円

つまり0円プランは既存ユーザーの解約を防止するための苦肉の策なんだ。無料なら解約しないよね?という懇願に等しい。

実際これによって多くの人は解約理由を失う。更に0円の大きすぎるインパクトで契約ユーザーは今まで以上に増える。楽天もユーザーもにんまりという構図。

全ては楽天のクソ回線が原因

繰り返しになるけど今回楽天が0円プランという暴挙に出たのは楽天回線があまりにも糞過すぎるからなんだ。そもそも楽天回線がクソじゃなければ0円にする必要もなかった。

そりゃサービス開始からまだ一年も経ってないから無理はないんだけど、楽天UN-LIMITはまだまだエリアが狭いしエリア内での通信も安定しない。

実際今の楽天UN-LIMITのエリアはこんな感じで、大都市は大丈夫そうでも地方は不安だし山間部なんてもってのほかという状況。

それでも去年の5月と比べるとエリアは大幅に広がってはいるんだけど、

ライフラインとなる通信回線が信頼できないのは致命的。

楽天UN-LIMITは屋内で繋がりにくい

更に楽天UN-LIMITは取り扱い周波数帯の関係から屋内だと繋がりにくい。下記が主要4社の取り扱い周波数帯なんだけど、楽天はBand3、Band18のみと他社と比べて圧倒的に少ない。

バンド 周波数帯 楽天 ドコモ au ソフトバンク
Band1 2.0GHz(3G/LTE)
Band3 1.7GHz(LTE)
Band6 800MHz(3G/LTE)
Band8 900MHz(3G/LTE)
Band9 1.7GHz(3G/LTE)
Band11 1.5GHz(3G/LTE)
Band18/26 800MHz(LTE)
Band19 800MHz(3G/LTE)
Band21 1.5GHz(LTE)
Band28 700MHz(LTE)
Band42 3.5GHz

しかもBand18はauの回線を借りているだけで自社回線じゃない。それがエリアマップの薄ピンクだから、楽天自社回線は濃いピンクのBand3エリアのみ。

じゃあ都市部を網羅している自社回線のBand3はどうなのかというと屋内では繋がりにくい欠陥電波だったりする。屋内も安定して繋ぐためにはauのBand18が必須という状況。

auに対する莫大な回線使用料の負担

更に最悪なのが楽天にとって安定接続の頼みの綱となるBand18はauとの契約に厳しい条件が付されていることなんだ。

というのもauに回線を借りるということは楽天からauへの支払いが発生するんだけど、現在楽天は1ギガにつき500円をauに支払っている。

今回楽天が発表した現在の契約者数は220万人。auのパートナー回線は楽天1回線ごとに月5ギガまで使えてしまうということは、220万回線×500円×5ギガで最大550億円の支払いが毎月発生する。しかも楽天は消費者からは一円も貰ってない。やばい。

人口カバー率70%以上でパートナー回線打ち切り

更に各都道府県単位でで人口カバー率70%を達成した段階でKDDI側は協議の上でローミング(貸し出し)を一方的に打ち切ることができる。

つまりKDDIは楽天のエリアが広がれば電波の貸し出しを辞めて追い込むこともできるし、貸し出しを辞めなくても利用料の支払いで追い込むことができる。どう転んでも楽天は地獄。

楽天の苦肉のスペースモバイル計画

この状況を打開すべく楽天モバイルはスペースモバイル計画なるものを発表していて、2023年には人工衛星型の基地局を実現する予定。ただ、上空600キロメートルを飛ぶ人工衛星までスマホの電波は届かないはずで実現性は疑問視されている。

繋がりやすいプラチナバンドとなる700MHz帯から900MHz帯の周波数が割り当てられない限り今後も楽天UN-LIMITの苦しい状況は続く。

ちなみにソフトバンクも同じようにHAPSという名の空飛ぶ基地局構想があるんだけど、こっちは上空20キロを太陽光で発電しつつ数か月間に渡って飛び続ける構想で、これなら実現はできるらしい。

ちなみにHAPSはソーラーパネルを搭載する全長78メートルの薄い機体に10個のプロペラを備えていて、こんなものが空を飛び続けると思うとワクワクが止まらない。

楽天UN-LIMIT事業は大赤字

新規参入したばかりだから当然ではあるけど楽天のモバイル事業はここ半年の間赤字が続いていて、auへの支払いと基地局建設のダブルパンチで2020年第3四半期の営業損失は433億円にまで膨れ上がっている。

それに対して売り上げ収益は楽天UN-LIMITが始まった2020年第一四半期からほぼ変わっていない。

つまり収益はMVNOシェアNo1の楽天モバイル分だけ。楽天UN-LIMITはまだ全くお金になっていない。

対して第4のキャリア参入が決まった9月周辺から営業損失は膨らみ続けていて、その合計額は1936億円にもなる。

特に2020年6月以降は基地局建設のペースを速めているらしく赤字続き。今後の急速なエリア拡大とプラチナバンドの獲得に期待したい。

携帯業界は勝っても負けても地獄

という感じで楽天UN-LIMITはまだまだエリアが少ないし、エリア内でも周波数帯が微妙で屋内は繋がりにくいし、auに回線使用料は払わないといけないし、一円も稼いでないのに今後も基地局を建てまくらないといけない上に、今回更に0円プランという暴挙にまで出てしまった。

つまり楽天UN-LIMITは今後も赤字が続くし将来的にもまだまだ収益化はできない。地獄。

もう携帯業界に旨味はない

ただ、よくよく考えてみると今の携帯業界はもう勝っても負けても旨味が無いんだ。というのも以前までの月8,000円が当たり前だった時代と違って現在はドコモ、au、ソフトバンクが幹並み20ギガ2980円のプランを用意したお陰で、どう転んでも大きな利益は出せない業界になりつつある。

つまり携帯業界で必死に争って勝ったところでジリ貧。それなら最初から携帯業界で勝つことを諦めれば良い。むしろ積極的に負けを取ることでユーザーを一気に獲得してしまおうというのが今回の0円プランの狙いなんだ。

ドコモの激安プランahamoを解説した記事は下記。

【ドコモ新プランahamo発表】遂にスマホ料金の値下げ競争が始まる

続きを見る

楽天は通信事業以外が強い

楽天の主力事業は楽天UN-LIMITではない。楽天には既に楽天市場、楽天トラベル、楽天カード、楽天銀行、楽天生命保険、楽天証券という錚々たる成功済みの事業が存在する。

しかもこれらのサービスは楽天ポイントで繋がる楽天経済圏と呼ばれていて超親和性が高い。楽天のサービスを使えば使うほどお得になるという仕組みで、実際俺も全ての楽天主力事業を使ってしまっている。

今回の楽天UN-LIMITを契約すると楽天のサービスを使った際のポイントを更に1%上乗せすることができるという仕組み。0円なのに(倒置法)

肉を切らせて骨を断つ楽天の見事な戦略

どう転んでもまだしばらく楽天UN-LIMITで利益は出せそうにない。それならいっそ楽天UN-LIMITを0円でばらまくことでより多くのユーザーを楽天経済圏に取り込んでしまおうというのが今回の0円プランの狙いなんだ。

そうすれば楽天UN-LIMITで出る多額の赤字は無駄にはならないし、0円でもユーザーが残ってくれさえすればいずれエリアがまともになった時に課金してくれるハードルが下がる。今回の0円プランは肉を切らせて骨を断つ楽天の見事な戦略だった。

楽天ゴールドカード解約は楽天UN-LIMITの布石

ちなみに最近楽天ゴールドカードのポイント+4%から+2%に改悪されたのはこの布石。ポイントを上乗せしたいなら楽天UN-LIMITを契約してねということ。楽天ゴールドカードの詳細を解説した記事は下記。

【楽天プレミアムカードとは?】損益分岐点、楽天カードとの比較とメリット

続きを見る

MVNOは緩やかに死ぬ

あとドコモahamo解説の記事でも書いたけどMVNOは緩やかに死ぬ。というのももう主要4社が安くなってしまったからMVNOを契約する理由がない。

1,000円で微妙な通信品質のMVNOを契約するくらいなら3,000円で最高品質のMNOを契約したい。ということでMVNOは今後トップ4社ぐらいにまで統合が進むはず。

とはいえMVNOはADSLと同じで大手キャリアが値下げするまでの逃げ道として用意されていたからその役目は十分に果たしてくれた。合掌。

楽天UN-LIMITを契約しない理由がない

ここまで色々書いてきたけど、どう転んでも楽天UN-LIMITを契約しない理由がない。改めてその理由をまとめると下記。

  • 契約で7000ポイントプレゼント
  • 契約事務手数料0円
  • 月額0円維持可能(1ギガ未満)
  • 契約解除料0円
  • 解約手数料0円
  • 楽天サービスポイント+1%

完全無料で7,000円分のポイントがもらえて、楽天サービスのポイント還元率まで上がってしまう。これを契約しない理由があるだろうか、いやない(反語)

楽天UN-LIMITはメイン回線としては厳しい

ただ、繰り返しにはなるけど楽天UN-LIMITはまだまだエリアが狭い。俺みたいに渋谷区から一切出ないなら問題はないんだけど、少しでも都会を離れると接続が不安だからメイン回線としての利用は無理。

ということで単純に契約して寝かせておくか、俺みたいにデュアルSIMスマホを使って、メインをドコモ、サブを楽天という形で維持してもらうのがおすすめ。

いずれにせよ楽天UN-LIMITの契約にはメリットしかない。ということでさっさと契約して7,000ポイント貰ったうえで0円運用しつつ楽天サービスをお得に使ってほしい。

楽天UN-LIMIT公式

【動画で解説】楽天UN-LIMIT VI

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/2/17

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 17位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ライフハック 体験談

2020/12/13

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ReadMore

ライフハック

2021/2/19

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-スマホ, 格安SIM

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.