ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

ガジェット スマート家電

【こんな人はNG】hue互換など格安おすすめスマートライト7種の比較と注意点。

更新日:

スマートスピーカーとともに登場したスマートライトだけど、もう導入してるだろうか。興味はあるけどまだ手は出せてないとか、意外なほど値段が高くて導入に躊躇していたりとか、そもそもそんな便利なもんじゃないだろと核心をついたりで、そんなに普及していない気がしてる。

多分一番の障壁は価格なんだ。なんといってもスマートライトの代名詞であるhueはとにかく高い。ただ、意外に知られていないhue互換ライトとか、hueのブリッジすらいらないスマートライトなんてのもあって安く導入できたりもするから、今回はそこにライトを当ててみたい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



スマートライトでできること

スマートライトhueでできること

そもそもスマートライトが何ができるかを知ることで導入の是非を検討することから始めたい。いくら安くてもいらないものは買わないし逆も然り。スマートライトでできることは主に下記だ。

  • スマホ・スマートスピーカーでのライトのオンオフ
  • スマホ・スマートスピーカーでのライトの明るさ調整
  • スマホ・スマートスピーカーでのライトの色変更
  • 目覚まし設定
  • 遠隔操作

他にも細かい機能は色々あるんだけど使わないし、これだけできたら十分だよね。

スマホ・スマートスピーカーでのライトのオンオフ

これこそスマートライトの真骨頂となる機能で超便利。手が離せないときに電気を操作できるし、寝る前に遠隔で消せるのは最高に楽だ。

スマホ・スマートスピーカーでのライトの明るさ調整

スマートライトの色変更

テレビを見るときは暗く。作業したいときは明るくと調整できるのも助かる。買ってよかったと思える機能だ。

スマホ・スマートスピーカーでのライトの色変更

スマートライトの色変更

集中したいときは白、リラックスしたいときは電球色、映画を見るときは青とか、色を変更することでよりシチュエーションを楽しめる機能だ。

目覚まし設定

目覚まし時計だけで起きれない人のための目覚ましライト。光が目覚めを助けてくれるから寝起きがよくなる。

遠隔操作

GPSと連動して家を離れるとライトオフとか、家に近づくとライトオンを設定できる。電気の消し忘れから解放される便利機能だ。

こんな人は注意

スイッチは楽だと痛感する

上で並べたようにスマートライトにはたくさんの機能があってわくわくするし楽しいんだけど、しばらく使って気づかされるのはスイッチ式の便利さなんだ。

ライトのオンオフをするためにスマホを取り出してロック解除して設定してっていう一連の作業は超煩わしいから、めんどくさがりの人は結局スイッチでオンオフして普通のライトとまったく変わらない使い方をしてしまう。

スマートスピーカー必須?

このわずらわしさもスマートスピーカーがあると少し和らぐ。スマートスピーカーと連動させることで声で操作できるようになるからスマホを取り出す煩わしさは和らぐ。それでも声での操作だとしゃべり始めから操作完了までなんだかんだ10秒くらいかかるから地味に煩わしい。

スマートスピーカーがない人は?

スマートスピーカーが無くてもスマホにしゃべりかけるだけでスマートライトを操作できる。スマートスピーカーのAIとなるグーグルアシスタントもSiriもAlexaも実はスマホに全く同じものが入っている。スマホを起動する手間は必要になるけど、わざわざアプリを起動することを思うと少し楽になる。ただ、スマートスピーカーが高いものでもないので、スマートライトを買うなら一緒に買ったほうがいい。

Sponcerd


スマートライト比較

Philips hue

Philips hue

価格 3,800円 7,300円
カラー変更 ○(白⇔電球色)
スマートスピーカー対応
ブリッジの必要性

スマートライト市場を牽引してきた初代スマートライト。白色と電球色に調光できるホワイトグラデーションモデルと、1600万色に調光できる通常モデルの2種類がある。hueはライトの通信にWiFiではなくて、Zigbeeという通信規格を使っているから、ライトのほかにブリッジという機会が必要になる。

ブリッジは一台あればhueランプは何台でも接続できる。ただ、ライト単品もそうなんだけど、ブリッジも高い。値段が導入障壁になっていて、hueの互換ライトも登場している。

IKEA TRÅDFRI(トロードフリ)

IKEA TRÅDFRI

価格 2,500円
カラー変更 ○(白⇔電球色)
スマートスピーカー対応
ブリッジの必要性

高すぎるhueの導入コストを下げられるhue互換スマートライト。トロードフリと読む。読み方が難しい。hueと違って1600万色モデルがなくて、白色と電球色を切り替えられるモデルのみが販売されている。通信規格はhueのZigbeeと同じなので、スマホ・スマートスピーカーとの連動にはブリッジが必要だ。hueのブリッジのみを購入して、ライトをすべてトロードフリにすることでスマートライトの導入コストを抑えられる。

Xiaomi Yeelight

Xiaomi Yeelight

価格 2,300円
カラー変更
スマートスピーカー対応
ブリッジの必要性 ×

中国大手家電メーカーXiaomiが販売するスマートライト。日本未発売なのでまだ入手が難しいけど、電圧、口金のサイズともに日本に対応しているのでそのまま使える。とにかく安いことがメリットで1600万色に調光できるモデルで3,000円を切る。ほかのスマートライトと比べた安さとXiaomiの信頼性が魅力だ。また、通信規格がhueのZigbeeではなく、WiFiなので、ブリッジがいらない。無線WiFiルーターがあればそのまま使える汎用性の高さもうれしい。性能も申し分なかったので俺の家はすべてYeelightに置き換えてしまった。ライトを4つ購入して1万円を切るのでとにかく安い。hueとの比較記事もあるので確認してほしい。

レビュー
【Yeelight】hueブリッジいらずで2,200円の格安互換スマートライト

中国版AMAZONのGEARBESTを眺めていて、Yeelightっていうスマートライトが気になったから購入してみたんだ ...

続きを見る

購入方法はこちら

【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

中国版AMAZONであるGEAR BESTが海外サイトなだけあって購入方法がわかりにくいから解説したい。 拠点が中国にあ ...

Magic Hue スマートライト

Magic Hue スマートライト

価格 3,300円
カラー変更
スマートスピーカー対応
ブリッジの必要性 ×

これもコスパの高さが評判のライト。通信規格にWiFiを使っているのでブリッジを介さずにスマホと連動できる。1600万色に調光できるライトなのに3,300円と安い価格が魅力だ。スマートスピーカーとの連動もできる。

HAODENG スマートライト

HAODENG スマートライト

価格 3,000円
カラー変更
スマートスピーカー対応
ブリッジの必要性 ×

LOSKA スマートライト

LOSKA スマートライト

価格 2,300円
カラー変更
スマートスピーカー対応
ブリッジの必要性 ×

VOCOlinc スマートライト

VOCOlinc スマートライト

価格 3,300円
カラー変更
スマートスピーカー対応
ブリッジの必要性 ×

hueの時代は終わった

いざスマートライトを調べてみたら思いのほかいろんな種類があった。以前はhueぐらいしか選択肢がなくて、導入コストが高いことがネックだったんだけど、すでに価格競争が進んで最安1,900円で購入できるようになっていた。しかもhueとトロードフリを除いてブリッジが必要なくて、WiFiルーターがあれば直接スマホと連動できてしまう。

グーグルホーム・アマゾンエコー対応

今回紹介したスマートライトは有名無名関わらずグーグルホームとアマゾンエコーにも対応している。hueの存在って何だったんだろう。

ベッドライトに1本おすすめ

2,000円で導入できるなら試しに一本購入して自分にとって必要か判断してみるのがおすすめだ。特に寝る前に遠隔で電気を消せるのは超楽だから、ベッドライト用の1本なら購入して後悔することはない。

まとめ ライフハック

2019/2/10

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選【Amazon】

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス

2019/2/10

【月刊ガジェマガ19年1月号】2018年振り返り

あけましておめでとうございます。1月に入ったので12月のガジェマガの活動を記録する。 先月の報告はこちら。 12月に買ったもの ドルチェグストタワーカプセルホルダー 毎日使っているドルチェグストのカプセルの保管が煩雑だったから見せる収納としてドルチェグストタワーカプセルホルダーを購入。普通に毎日使ってて便利。 Soundcore Liberty Air完全ワイヤレスイヤホン 発売日に勢いで買ってしまった完全ワイヤレスイヤホン。ikanziを持っていたけど、Ankerが作っているイヤホンの品質を確かめたくな ...

ReadMore

ガジェット ライフハック

2019/2/10

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/2/10

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2年程はパソコンを新品で購入することがなくて、型落ち中古パソコンを定期的に買い替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/2/10

【ほぼ同じ】格安SIM11社の料金と特徴比較+おすすめスマホ15

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社11社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-ガジェット, スマート家電

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.