ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマート家電 腕時計・スマートウォッチ・小物

【Mi Band 5/スマート体組成計レビュー】1万円で始める健康管理

2020年8月22日

俺は元々痩せ型なんだけど、33歳になることで明らかに20代のころより脂肪が落ちなくなってきたことを実感している。未婚でデブは絶対まずい。せめて見た目だけは維持したい。

ということで運動するためにMi Band 3を使おうとしたんだけど流石に放置しすぎて起動しなくなっていたから最新型のMi Band 5と一緒にスマート体組成計を購入した。

これがどんな感じで使えるのか、そもそも活動量計と体組成計は何が出来るのかということをレビューしたい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

Xiaomiは数値の管理が超楽

今回俺が活動量計と体組成計をXiaomi製で統一したのはXiaomiが好きだからというのもあるんだけど、なによりMi Fitアプリで一括管理できることにメリットを感じたからなんだ。

Xiaomi製ならデータ一括管理が可能

スマホ連携が出来る体重計はXiaomi以外にもTANITAとか色々なメーカーから出ているんだけど、活動量計と体組成計のメーカーが違うとそれぞれに対応したアプリを入れるのが手間。当然数値の確認のために別のアプリを起動しないといけないし、管理アカウントも別で煩雑。

管理が楽だと運動に集中できる

それがXiaomi製に統一すれば一つのアプリで管理できるし、スマホを乗り換えてもXiaomiアカウントでログインすればデータ移行も簡単。そもそも過去の活動量とか体脂肪率を確認する意味ってほとんどないんだけど、管理の手間が減れば運動のモチベーションを維持しやすくなる。

スマート体組成計でできること

体組成計というと禍々しい響きだけど、要は体脂肪率とかが測れる体重計だと思えばOK。Xiaomiのスマート体組成計は見た目も超スマートなのが嬉しい。

使い方は超簡単で購入して最初にスマホと連携すれば以降は裸足で乗るだけ。

絵的に裸足はきついから靴下をはいてるけど、裸足で乗ると体重を計測したあとに体脂肪から筋肉量まで色々と計測してくれる。

マジで乗るだけで全てが完了

計測したデータは全自動でスマホに転送されるから、スマホでいつでも確認可能。乗る前にアプリを起動したり連携したりする必要も全くない。ただ乗ればOK。楽過ぎて感動してる。

スマホに転送されたデータはこんな感じ。

BMI、体脂肪率、筋肉量、水分、たんぱく質、基礎代謝、骨量を計測してくれる。

しかもそれぞれの数値をタップすると自分の身長ならどれぐらいの数値が標準で、目指すべき数値はどのくらいかということを指南してくれるのが面白い。

所詮Xiaomi製だからどこまで正確かは不明だけど、運動のモチベーションになれば良いから細かいことは気にしない。

体組成計としてMi Band 5で出来ること

シンプルなスマート体組成計に対して、Mi Band 5はスマートウォッチだからできることは超多い。6,000円で購入できるアップルウォッチだと思ってほしい。

まずは俺が購入した目的である体組成計として出来ることは下記。

  • 歩数、心拍数の計測
  • 活動量の計測
  • 活動ルートの計測
  • ストレス、睡眠の計測

ざっとこんな感じ。Mi Band 5は自分がどれだけ運動して、どれくらいのカロリーを消費したのかを計測してくれる。細かくはもう少しあるけど使わないから無視する。

Mi Band 5のディスプレイで任意のワークアウトを選択すれば心拍数とGPSでのルートを計測してくれるから

運動ルートを計測可能

自分がどんなルートを移動したのかとか

運動データを計測可能

その運動の詳細データを全てスマホで確認可能。

運動経過を確認可能

もちろんワークアウト中はMi Band 5で現在の心拍数とか速度、ここまでの距離と消費カロリーを随時確認できる。

睡眠の質を計測可能

更に睡眠中もつけっぱなしにしておくことで自分の睡眠の質も計測してくれる。

アップルウォッチだとバッテリーが持たないから睡眠計測は難しいんだけど、Mi Band 5はバッテリーも2週間持つから睡眠計測も余裕。もちろん防水にも対応してるから本当に点けっぱなしで良いのが嬉しい。

スマートウォッチとしてMi Band 5でできること

次にスマートウォッチとしてMi Band 5で出来ることは下記。

  • 時間、日付、曜日の確認
  • アラーム
  • タイマー
  • ストップウォッチ
  • スマホを探す
  • スマホの音楽を操作
  • スマホカメラの遠隔シャッター
  • スマホの通知

Mi Band 5は本当にシンプルな作りだからアップルウォッチと比べると出来ることはかなり少ないんだけど、機能がたくさんあってもどうせ使うのはこの辺だから気にしない。

既に売却したアップルウォッチシリーズ2のレビュー記事は下記。

Apple Watch Series 2の良い所を必死に褒める

続きを見る

スマホが見れない人に通知は便利

この中で頻繁に使える便利機能があるとすればスマホの着信の通知程度だと思う。

Mi Band 5は設定からどのアプリの通知をMi Band 5で表示するかを選択可能だから無駄な通知を省けるし、

必要なければ全てオフにすることもできる。

スマホカメラの遠隔シャッターが可能

あとはスマホカメラのシャッターを遠隔操作できるのはタイミングによっては使えそう。

という感じ。結局スマートウォッチって期待しても思っている以上に使い道が無いから期待しない方が良い。

その意味で機能を割り切って6,000円という価格で販売したXiaomiの選択は正しいと、アップルウォッチを売却した経験から思う。

Mi Band 5の良い所と悪い所

Mi Band 5の良い所と悪い所をまとめると下記。

Mi Band 5の良い所

  • 6,000円と超安い
  • バッテリーが長持ち
  • 重量12グラムで超軽い
  • スマートウォッチとして十分な機能
  • アプリ連携が優秀

Mi Band 5は6,000円で購入できるにしては必要十分な機能だし、2週間バッテリーで睡眠管理も出来てしまう上に、12グラムと超軽いからつけていても違和感が無い。

俺は普段G-STEELという重めの時計を付けているんだけど、

G-STEELはデジタル腕時計の最適解だと思う【感想とおすすめ】

続きを見る

それと比べるとMi Band 5は付け心地が楽過ぎてビビる。

やっぱり軽いは正義なんだなと実感する。

Mi Band 5の悪い所

  • 出来ることが少ない
  • 質感が安っぽい

Mi Band 5はアップルウォッチと比べるとできることは少ないんだけど、そもそも機能が多くても使わないからこれで十分。いらない機能をそぎ落として価格を安くしてくれた方が嬉しい。

ただ、6,000円と安いだけあって質感も安っぽくて、ビジネスシーンにも対応できるアップルウォッチと比較すると

Mi Band 5が明らかに見劣りするのは間違いない。

Mi Band 5は本当の意味で活動量計と言う感じ。

10,000円で始める健康管理

これはXiaomi製品全般で言える強みなんだけど、とにかく価格が安いのが魅力。なんと今回紹介したMi Band 5とスマート体組成計の両方を購入してもたったの1万円にしかならない。

これがアップルウォッチなら最低3万円だし、スマホ連携ができるTANITAの体組成計なら8,000円もするから安さが圧倒的。

しかもそれぞれのデータをMi Fitアプリ一つで一括管理出来てしまうのが魅力。俺はあんまりにも楽なのに安すぎるから親にも送り付けた。

体のラインに不安を感じてきた人、体脂肪が気になった人は形から入るためにMi Band 5のスマート体組成計の購入がおすすめ。

他のメーカーと迷ってるならとりあえずMi Band 5から買えばいいと思う。安いし。

あと運動中にスマホをポケットに入れたくないという人には体に巻き付けられるカバンのスパイベルトがおすすめ。

スマホがぶらぶらしないから気にならなくなる。

【動画レビュー】Mi Band 5

 

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【2020年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

お得情報 ライフハック

2020/4/1

【東京都の一人暮らし】渋谷区6畳一間の生活費を解説【約16万円】

Youtubeぼーっと眺めてたら月の出費内訳を公開しているOLの動画があって、なにこれすげぇおもしれーおれもやろーって思ったんだけど、急に動画にすると色んな抜け漏れが発生するから、まずは記事にすることで動画のクオリティを高める。 ということで今回は都会へのアクセスを何より重視して渋谷駅徒歩圏内の一人暮らしとしては最低ラインの生活を送っているであろう俺の月の出費をまとめる。これから都会での一人暮らしを検討している人は参考にしてほしい。そろそろ結婚したい。 一人暮らしの生活費を下げる方法 ガジェマガの過去の記 ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 体験談

2020/6/5

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/5/17

【iPhoneSEレビュー】ライトユーザーへの最適解。俺はいらない。

全く使う気はないんだけどあのAppleが最強のA13チップ搭載iPhoneを5万で出すなら買わない理由が無い。ということで完全に金のためだけにiPhoneSEの128ギガモデルを購入したから忖度一切なしでレビューしていく。 もちろんYoutube動画にもする。Appleは金になるから好き。 新型iPhoneSEの特長 まず最初に新型iPhoneSEの特長は下記。 待望の4.7インチ小型iPhone 148グラム超軽量 指紋センサー搭載 A13チップ搭載 正直カメラと性能を良くしただけのiPhone8だから ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

-スマート家電, 腕時計・スマートウォッチ・小物

Copyright© ガジェマガ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.