ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ レビュー

【ZenFone 8レビュー】全てがハイレベル。バッテリーがゴミ

ASUSのフラッグシップスマホとなるZenFoneシリーズの第8弾、ZenFone8を購入したからレビューする。

今回のZenFone8は過去にないコンパクトなサイズ感とかおサイフ対応とか120Hzとか色々進化点が多いからそれが果たしてよかったのか悪かったのかを確認してほしい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

【結論】ZenFone 8バッテリー持たなすぎ

まず最初に結論からにはなるけどZenFone 8は5.9インチのディスプレイにSnapdragon888とリフレッシュレート120Hzという超ハイスペックを詰め込んでしまったが故に過去最高にバッテリーが持たないスマホに仕上がった。だからゴミという結論。

どう転んでもバッテリーが持たないスマホはバッテリーが持たないスマホでしかない。だから実用性が無い。スマホとしての価値もない。

もちろん頻繁に充電できる人とか、バッテリー以上にサイズ感に拘りたい人であれば買えば良いと思うけど俺はおすすめしない。ということを念頭に置いて読み進めていってほしい。

Zenfone 8の特徴

ZenFone 8の特徴は下記。

  • 5.9インチ120Hz有機ELディスプレイ
  • おサイフ対応
  • IP68防水対応
  • Snapdragon888搭載
  • 4000mAhバッテリー
  • 79,800円~

Zenfoneとしては初のおサイフ防水対応スマホになるだけでなく、5.9インチのコンパクトハイエンドという異端スマホに仕上げてきた。

ライバルは同じくコンパクトなiPhone13、AQUOS、Pixelシリーズ辺りになる。それでいて価格は79,800円とハイエンドスマホとしては安くて良心的。

ZenFone 8の詳細なスペック

Zenfone 8の詳細なスペックは下記。参考に同時発売のZenfone 8 Flipと比較する。

Zenfone8 Zenfone 8 Flip
ディスプレイ 5.9(120Hz有機EL) 6.67(90Hz有機EL)
解像度 2400x1080 2400x1080
CPU Snapdragon888 Snapdragon888
メモリ 8/16 8
ストレージ 128/256 128/256
バッテリー 4000 5000
セキュリティ 指紋/顔 指紋/顔
おサイフ ×
防水 IP68 ×
デュアルSIM ○(DSDV)
重量 169 230
サイズ 68.5x148x8.9 77.2x165x9.6
価格(税込) 79800~ 86,800~

ZenFone8はそのサイズ感以外は正真正銘のハイエンドスマホで非の打ちどころがない。おサイフ防水デュアルSIMでまさに全部入りの夢のスマホなんだ。

Snapdragon888/8ギガメモリ

ZenFone 8は現在のAndroid最強CPUであるSnapdragon888を搭載する。その最強さは余りにも処理能力が高すぎてもはや使い道が無いほど。

ZenFone8を使っていてストレスを感じることはないはず。その分バッテリー消費が大きいことが凶と出てしまった。

ZenFone 8はAntutuベンチマーク79万点

実際にZenFone 8をAntutuベンチマークで計測した結果は793557点だった。

過去のガジェマガの計測結果と比較すると下記で最強。

  • Zenfone 8 793557(Snapdragon888)
  • Find X3 Pro 747175(Snapdragon888)
  • moto g100 664795(Snapdragon870)
  • Galaxy Note20 Ultra 644423(Snapdragon865+)
  • realme GT Master Edition 539784(Snapdragon778G)
  • Mi 11 Lite 5G 519539(Snapdragon780G)
  • Mi 9 500624(Snapdragon855)
  • Reno 5A 376881(Snapdragon765G)
  • Redmi Note 10 Pro 343568(Snapdragon732G)
  • AQUOS sense 4 282575(Snapdragon720G)

しかもこの計測はZenFone 8のパフォーマンスのダイナミック(標準)設定で計測していて、高性能モードなら更にスコアは上がる予定。ただ、繰り返しになるけど使い道は無いから無視する。

ZenFone 8は8時間41分バッテリー

ZenFone 8のバッテリーをPC Mark for Androidで計測した結果、100%から20%になるまでにかかった時間は6時間57分だった(輝度50%、音量50%、120Hz)

つまり0%までは8時間41分しか持たない計算になる。過去のガジェマガの計測結果と比較すると下記。

  • AQUOS sense 4 20時間58分バッテリー
  • iPhone11 20時間(Youtube計測)
  • ZenFone 6 18時間20分
  • iPhone12 18時間8分(Youtube計測)
  • moto g100 17時間59分(90Hz)
  • Redmi Note 10 Pro 16時間57分(60Hz)
  • ROG Phone II 15時間21分(120Hz)
  • ZenFone 7 Pro 14時間31分(90Hz)
  • Mi Note 10 14時間27分以上(Youtube計測)
  • Mi 9T 14時間27分
  • UMIDIGI S3 Pro 13時間45分
  • iQOO Neo 3 13時間9分(144Hz)
  • Redmi Note 10 Pro 12時間12分(120Hz)
  • OPPO Reno A 12時間3分以上(Youtube計測)
  • Mi 9 12時間3分
  • Mate 20 Pro 11時間21分
  • Mi 11 Lite 5G 11時間19分(90Hz)
  • realme GT Master Edition 11時間3分(120Hz)
  • Find X3 Pro 10時間31分(120Hz)
  • OnePlus 8 Pro 10時間31分(120Hz)
  • 新型iPhoneSE 10時間(Youtube計測)
  • UMIDIGI S5 Pro 9時間45分
  • Galaxy Note20 Ultra 9時間35分
  • Mi 10 9時間29分
  • ZenFone 8 6時間57分(120Hz)
  • Alldcube M8 4時間47分

過去に計測した結果と比較してもスマホのなかではぶっちぎりの最下位でありえないレベル。マジで一日持つか不安だし二日なんて絶対に無理。

値段は安いし全部入りでコスパは素晴らしいんだけど失う物が大きすぎる。

4000mAh/169グラム

ZenFone 8はバッテリーは持たないけどそれでもバッテリー容量は4000mAhもあって別に少なくはない。つまりSnapdragon888と120Hzのバッテリー消費がえげつない。

ちなみに4000mAhを168グラムに収めたのは普通に凄い。バッテリーが持てば化けたことを思うと惜しい。

ZenFone 8の質感が高いボディ

毎度おなじみではあるけどASUSはスマホとパソコンの老舗メーカーで、特にそのボディの質感は妥協が無いことで有名。ZenFone 8も細部まで質感が高い。

背面はアルミっぽい金属っぽいすりガラス製。さらさらとした質感で手に優しい。

上部には標準、広角のデュアルカメラとその右側にかなりわかりにくいけどFelicaのマークを備える。

底面には左からスピーカー、Type-C端子、マイク、SIMスロットを備える。

SIMスロットは裏表に2枚入れられるタイプのデュアル式でMicroSDカードは入れられない。

上面はノイズキャンセリングマイクとイヤホンジャックを備える。

イヤホンジャックがあってもちゃんと防水だから安心してほしい。

左側面にはなにも無しで、

右側面には電源ボタンと音量ボタンを備える。

正面は5.9インチの120Hz有機ELディスプレイが広がる。画質は良い。

ディスプレイの上部には受話口兼サブスピーカーとパンチホールのフロントカメラを搭載する。

有機ELディスプレイは発色が良く明確に白を白として表示する傾向。

iPhoneとかGalaxy Note20 Ultraは環境に合わせて見やすいようにオレンジ色を付け加えたりするんだけどZenFone 8にその機能は無い。

もちろん有機ELディスプレイだから視野角も広い。

Galaxy Note20 Ultraが青すぎるのが謎。フィルムの関係か何かかもしれないけど原因は不明。

上下で再生されるデュアルスピーカーの音質は良好。iPhoneと比べると広がりは少な目だけどボーカルが強調されていて聞き取りやすい。

ZenFone 8の絶妙なサイズ感

ZenFone 8が他のスマホと違いのは5.9インチというその絶妙なサイズ感で、これがZenFone 8の強みでも弱みでもある。

というのもやっぱりコンパクトなスマホは持ちやすい。ZenFone 8は最近のスマホとしては168グラムと軽いし、

5.9インチディスプレイというだけあってボディサイズも明確に小さい。

左から6.1インチiPhone 13 Pro、5.9インチZenFone8、6.9インチGalaxy Note20 Ultraで、縦幅はiPhone 13 Proと同じだし、横幅はiPhone 13 Proよりも微妙に短い。

つまり持ちやすい。実際に手に持っても絶妙なサイズで確かに持ちやすい(2回目)。

このサイズ感は嬉しいんだけど、果たして1画面に表示される情報量とバッテリー持ちを犠牲にしてまで実現したいかと問われると疑問。

電池が切れたスマホはおもりにしかならないから電池切れだけは絶対に避けないといけない。それなのに8時間41分しかバッテリーが持たないのは心もとなさすぎる。

それならもう少しでかくて重くてもバッテリーが持つスマホを使いたい。ZenFone 8は挑戦的なスマホではあるんだけど、少し早すぎた印象。

ZenFone 8のカメラは可もなく不可もなく

ということなのでもう逆転要素は無い。ZenFone 8はバッテリーが持たないからダメ。この一点に尽きるんだけど、せっかくカメラの撮影テストも行ったから最新のASUSスマホがどんな感じで撮影できるのかを確認していきたい。

ZenFone 8のカメラ構成は下記。

  • 6400万画素標準カメラ
  • 1200万画素超広角カメラ

写真はいつも通り俺がカメラのために使い続けているメインスマホGalaxy Note20 Ultraと比較する。

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

続きを見る

全てAI補正オンのjpeg撮って出しで比較する。

標準カメラ晴天写真比較

Galaxy Note20 Ultraが空の着色ありで好印象な写りなのに対してZenFone8は自然というよりはどんよりめ。全体的に色合いが暗く彩度低めに写した。

街中の写真はほぼ違いは無し。

明暗差が大きい写真。Galaxy Note20 Ultraがバランス型なのに対してZenFone8は若干オーバー気味。木々は明るく撮れているけど下の方の街中が白い。その割に空はどんよりしてる。

超広角カメラ晴天写真比較

超広角カメラも傾向は同じ。ZenFone8は空がどんよりして見える。写真において空を青く着色することがいかに重要かがわかる好例。

空色以外は同じ。

明暗差の大きい写真。広角カメラは打って変わってバランスが良く空の色以外はGalaxy Note20 Ultraと互角の写りだった。

標準カメラ夜景写真比較

夜空の写真。両方ともオーバー気味で酷い。ノイズが少なく輪郭がより多く残ってるのはGalaxy Note20 Ultra。

Galaxyが若干オーバー気味。ZenFone8は丁度いい。それでもノイズはGalaxyの方が少なめ。

夜空の写真。両方ともオーバー気味で酷いけどZenFone 8は更にダイナミックレンジが狭く看板が白飛び気味。代々木駅の看板が読めない。

ZenFone8カメラ総評

ZenFone8のカメラは可もなく不可もなく。Galaxy Note20 Ultraほど良いわけでもなければミドルハイエンドスマホほど悪いわけでもない。

空の色合いは微妙だしダイナミックレンジが広いわけでもないんだけど、かといって狭いということもなく普通。

カメラのために買うと後悔するけどカメラに期待していなければ予想を上回る。強みにも弱みにもならず掴みどころのないカメラだった。良くも悪くも値段なり。

ZenFone 8の動画手振れ補正はiPhone並

掴みどころのない写真とは打って変わってZenFone 8の動画撮影機能はiPhone並ですごい。少なくとも俺が今までテストしたどのAndroid端末より手振れ補正が自然で滑らか。GalaxyシリーズとかXiaomiシリーズを余裕で上回っている。

実際にiPhone12と手振れ補正を比較した動画が下記。

ZenFone 8はカメラではなく動画をもっとアピールするべきだと思う。この手振れ補正の精度は毎度ながら意外過ぎて面食らう。

ZenFone 8は付加価値ほぼ全部入り

そもそもバッテリーがダメだから全てダメって結論は変わらないんだけど、ZenFone8は地味に付加価値がほぼ全部入りの数少ないハイエンドスマホだったりする。具体的には下記。

  • おサイフ
  • IP68防水
  • 物理デュアルSIM
  • ツインアプリ

唯一無線充電に対応していないけど、これだけの条件を兼ね備えるスマホは希少。しかもスペックましましのハイエンドスマホ。

これがたったの79,800円で購入できるのはかなりお買い得。のはずだった。

全てがハイレベル。バッテリーがゴミ

結論としては最初から何度も言っているようにバッテリーがゴミ。だからダメ。それ以外の要素は値段も加味するとかなり良いんだけど電池持ちが全てを覆した。

繰り返しになるけどバッテリーが持たないスマホはバッテリーが持たないスマホでしかない。どんな機能も電池ありき。電池が無くなったスマホはただのおもりにしかならない。

その意味でスマホのバッテリーは最重要ではないにせよ最低限は絶対必要。そしてZenFone8は俺が思う最低限を遥かに下回った。だからおすすめはしない。

ZenFone 8をおすすめできる人

120Hzを60Hzにすれば2時間程度はバッテリーが持ちが良くなるとは思うからまだギリギリ許容範囲内。どうしても8万円でおサイフデュアルシムハイエンドが欲しいという人なら60Hzで使う前提でZenFone8を選ぶのはあり。

それかバッテリーを頻繁に充電できる人とかサイズ感に死ぬほど拘る人なら買えばいい。

いずれにせよ今は時代が悪い。ZenFone8はハイエンドをコンパクトに詰め込む人類の夢を2021年に実現すると破綻するという壮大な実験だった。挑戦してくれたASUSに感謝。

バッテリー以外は全体的に手堅く欠点らしい欠点もないからZenFoneの次回作に期待したい。

スマホ レビュー

2021/12/14

【iPhone 13 Proレビュー】スマホ史上最高傑作。弱点4つ

毎年恒例のiPhone13シリーズが発売されたから俺も例に漏れずに購入した。別の記事でも解説した通り今回のiPhoneはProモデルが熱い。 ということでPro Maxを買いたかったんだけど出荷数が少なすぎるらしく手に入らなかったから大きさ以外の仕様が同じProを購入した。13になることでどれほど進化しているのかを確認したい。 iPhone 13 Proの特徴 今回のiPhone 13はProモデルが熱いというのは上でも書いた通りだけど、Proモデルは進化点が多い。特徴は下記。 リフレッシュレート120H ...

ライフハック 買ってよかったもの

2022/1/3

【2022年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/10/8

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

スマホ レビュー

2021/11/13

【Pixel 6 Proレビュー】iPhoneを殺す【弱点4つ】

グーグル謹製の鳴り物入りスマホPixelシリーズの第6弾が発売された。Pixelシリーズと言えば今まではグーグル謹製とは名ばかりのがっかりスマホというイメージが強かったんだけど、今回のPixel 6 Proは今までとは一味違う。 多数の独自機能が追加されているしスペックも全然悪くないのに値段が安い。これひょっとするとひょっとするんじゃないかという気がしている。 ということで6度目の正直となるPixel 6 Proを購入したからレビューしたい。 Pixel 6 Proの特徴 今回購入したPixel 6 Pr ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

AFFINGER6導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/10/23

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

-スマホ, レビュー

Copyright© ガジェマガ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.