ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ

【iPhone12シリーズ】これがスマホ市場の新たなスタンダード

2020年10月14日

コロナの影響もあって今年はどうなるかと心配されていたiPhone12シリーズが無事10月14日に発表されて歓喜の声が上がってる。というのも遂に待望となるiPhone12 miniが発表されてしまったんだ。

ということで今回はiPhone12シリーズの発表によって果たしてPhoneSEは価値を失うのか、そもそもiPhone12シリーズは買いなのかということを検討したい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

iPhone12シリーズの新機能

まず今回発表されたiPhone12シリーズは下記4モデル。

  • iPhone 12 mini 5.4インチ
  • iPhone 12  6.1インチ
  • iPhone 12 Pro 6.1インチ
  • iPhone 12 Pro Max 6.7インチ

その4つの仕様は画面のサイズ以外はほぼ同じ。一応Proモデルになることで65mmの望遠レンズとLiDARスキャナは搭載されているけど使い道が少なすぎるから無視していいレベル。

本体デザインがシャープに

iPhone12シリーズはデザインがiPhone4、iPhone5と同じ角ばったモデルに戻ってよりスタイリッシュな印象になった。これによって内部パーツを詰めやすくなるから今までよりバッテリーの容量が増えたりしているんだと思う。

ただ、エクスペリアシリーズとかもそうだけど、個人的に角ばったデザインは手に持った時に手に刺さる感覚があって苦手。ラウンド形状の方が手にフィットして持ちやすい。

背面マグネットMagSafe搭載

iPhone12シリーズはその全てに背面マグネットとなるMagSafeを搭載するからこれに対応する無線充電器ならくっつけられるようになった。

要は置くだけ充電での充電失敗を減らそうねという機能。今までは置くだけ充電に置いたつもりがずれていて充電できていなかったということが頻発していたらしく、それを回避できるようになる。らしい。

個人的には置けば絶対に充電失敗しない縦型充電器でいいんじゃね?とは思うけど、マグネット内蔵によって色々なアクセサリーが登場するのは面白いから今後の拡張性に期待したい。

望遠レンズが65ミリに

iPhone11 Proの望遠レンズの画角は55ミリ前後だったんだけど、iPhone12 Proシリーズの望遠レンズは画角を65ミリに変更。

一般的に顔の撮影に適した画角が80ミリで、上半身の撮影に適した画角が50ミリと言われているんだけど、65ミリはその丁度中間になるから、更に撮影の幅を広げられそうな気がする。

プロモデルはLiDARスキャナを搭載

iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxの2モデル限定でLiDARスキャナを搭載する。LiDARスキャナは既にiPad Pro 2020モデルで搭載されている距離測定用の赤外線カメラで、これによってカメラを向けるだけで周辺環境を詳細にスキャンして3Dデータ化することが可能。

これが何に活かせるかは今のところ未知数だけど、大量に流通するiPhone12 Proモデルに搭載されることでLiDARスキャナを活かしたコンテンツが登場するんじゃないかと密かに期待している。

A14チップ搭載

iPhone12シリーズのCPUにはiPhone11シリーズから1世代グレードアップしたA14チップを搭載する。

ただ、リークされているAntutuベンチメークスコアは57万点前後とAndroidのSnapdragonシリーズが60万点を超えていることを思うと微妙。

この点に関しては俺はアップルが処理能力の向上より省電力性能の向上を重視した結果なんじゃないかと想像している。実際スマホの処理能力は使い道が頭打ちしている感があって、現段階で必要十分。これ以上処理能力が必要ないのであれば省電力性能を向上させた方が本体を軽くできるメリットが上回る。ということでアップルが省電力性を重視したのならその判断は賞賛したい。

5G対応

iPhone12は全機種が5Gに対応したけどうせ使い道は無いからどうでも良い。

iPhone12シリーズのスペック

iPhone12シリーズは無印モデルのiPhone12 mini、iPhone12と、プロモデルのiPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxの4モデルが用意されている。それぞれ無印とProで分けてスペックを見ていく。

無印モデルは更にパワーアップ

無印モデルははiPhone 12 miniとiPhone 12の2モデルで、その違いはサイズのみ。iPhone11と比較したスペックの違いは下記。

iPhone 12 mini iPhone 12 iPhone11
ディスプレイ 5.4(有機EL) 6.1(有機EL) 6.1
解像度 2340x1080 2532x1170 1792x828
CPU A14 A14 Apple A13
メモリ - - 4
ストレージ 64/128/256 64/128/256 64/128/256
バッテリー 15 17 17
セキュリティ
おサイフ
防水 IP68 IP68 IP68
デュアルSIM △(eSIM) △(eSIM) △(eSIM)
重量 133 162 194
価格 74,800~ 85,800~ 74,800~

無印iPhone12シリーズはその全てが有機ELパネルになって画面解像度も今の主流のフルHD以上まで向上。更に重量が大幅に軽くなっているのが驚きで、しかも公式サイトによるとバッテリー持ちは今まで通りらしい。32グラムも軽くなってバッテリー持ちが変わらない真意は不明だけど本当なら凄い。

価格はminiが11と同じ74,800円(税別)で、iPhone12が少し値段が上がる85,800円(税別)だけど、向上したスペックを考慮すると妥当な値上がりだと思う。

プロモデルは今までより安く

次にiPhone 12のプロモデルとiPhone11 Proのスペックを比較したのが下記。

iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max iPhone11Pro
ディスプレイ 6.1(有機EL) 6.7(有機EL) 5.8(有機EL)
解像度 2532x1170 2778x1284 2436x1125
CPU A14 A14 Apple A13
メモリ - - 4
ストレージ 128/256/512 128/256/512 64/256/512
バッテリー 17時間 20時間 -
セキュリティ
おサイフ
防水 IP68 IP68 IP68
デュアルSIM △(eSIM) △(eSIM) ×
重量 187 226 188
価格 106,800~ 117,800~ 115,344

プロモデルの大きな違いは解像度が無駄に高くなった程度。注目したいのはその価格で、Proモデルは約1万円の値下げ、Pro MaxですらiPhone11 Proとほぼ同じ値段で購入できてしまう。今回のiPhoneはProモデルですら高くない。Androidのハイエンドモデルと価格の逆転現象が起きているのが印象的だった。

あとプロモデルは一応12モデルと比較して動画性能が向上しているとかカメラ性能が向上しているとかがあるらしいけど詳細は不明。その辺りは実機を入手してから確認したい。

iPhone12シリーズの残念な所

基本的にiPhone12シリーズは順当にスペックアップしつつ価格も抑える絶妙なバランスでバカ売れ間違いなしの製品なんだけど惜しい点もある。具体的には下記。

  • 呪われしLightning端子
  • リフレッシュレート60Hz

呪われしLightning端子

これに関してはもう言わずもがなで呪い。相変わらずiPhoneのためだけにLightningケーブルを用意し続けないといけないのがストレスというのは俺みたいなガジェオタの悩みだから多分ライトユーザーには当てはまらないんだろうと思う。

iPadにType-C端子が搭載されたことでいよいよiPhone12も来るかと思っていたのに来なかった。とはいえiPhoneは8以降全てで無線充電にも対応していて、その速度も十分。Lightning以外の充電手法が用意されているからそれほど大きなストレスにはならないんだけど、それでもなぜ?なぜ?という疑問は尽きない。

しかも同封されているのがLightning - Type-Cの変換ケーブルって言うんだからわらえる。もうType-Cを入れろよ。とは思うけどアップルとしても重要な収益源なんだと思う。

リフレッシュレート60Hz

スマホ市場でリフレッシュレートという言葉が使われ始めたのは2019年後半からなんだけど、要は画面が書き換わる回数のことで、多ければ多いほど滑らかな画面表示が可能というもの。Androidスマホのハイエンド機ではリフレッシュレート120Hzが一般化していて、iPhone12もリフレッシュレートが高まることが期待されていたんだけど結果は現状維持。

アップルもiPadで既にリフレッシュレート120Hzに対応している辺り確実に意識はしているはずなんだけど、バッテリーとのトレードオフで検討した結果敢えて外したんだと思う。そう考えるとバッテリー容量が多いiPad Pro 2020でリフレッシュレート120Hzに対応したこととも合点が行く。

滑らかな描写より、軽いボディと長時間バッテリーという判断は十分理解できるし、ライトユーザーのニーズとも一致してると思う。

【総評】iPhone12が仕上がりすぎ

ここまで色々とiPhone12の特長を見てきたんだけど、総評としてはiPhone12の完成度が高すぎ。という感想。

2020年はスマホ市場が成熟しつつある年だったんだけど、iPhone12シリーズはまさにその象徴という仕上がりで、そもそもProモデルっている?って疑問を感じるレベルで無印モデルが完成されていた。

iPhone11の弱点を全て補ったiPhone12

去年のiPhone11は確かにコスパは抜群ではあるけど、画面解像度がちょっと劣っていたり、有機ELパネルじゃなかったり、重量が重かったりと細かな妥協が必要だったのに対して、今回のiPhone12はiPhone11の小さな問題点を全て解決してしまっていて普通に完璧。

これが85,800円で買えるなら文句が無さ過ぎる。業界最高クラスのスマホがこの値段で買えるならもう誰に何を聞かれてもiPhone12で良いと思うよーって答えておけばOK。

iPhone12 miniは無駄に小さすぎるかも

一方miniはちょっとバッテリーが不安だからサイズ感に拘りたい人だけが買えばいいと思う。個人的に5.4インチは小ささのメリット以上に失う情報量が上回るから魅力を感じない。

4.7インチiPhoneSEユーザーが乗り換えるには変化が少ないし価格が高いから微妙。普通に6.1インチのiPhone12が最適解だと思う。

Proモデルの売りが弱いけど安い

アップルもそんな完璧すぎる無印iPhone12をベースに据えているのか、Proモデルの価格設定が嫌に良心的で気持ち悪い。強気なアップルはどこ吹く風で、王者の余裕を感じさせる良心の塊になってしまった。

寧ろプロモデル安い!ありがとうアップル!アップルは庶民の味方!という声が聞こえてきて、悪人が更生すると好感を抱かれやすいってこういうことだなと思った。

アップルが価格を牽引する時代に突入

Android勢がアップルを追いかけて価格度外視でスペックを上げている一方で、iPhone12はスペック以上にお手頃な価格を設定することでAndroid勢が登っていた梯子を一気に外してしまった印象だった。

2020年は12万円以上のスマホが一般化しつつあるハイエンドAndroidスマホを9万円のiPhone12がごぼう抜きする構図でヤバイ。

追い詰められたAndroidハイエンド

というのもアップルから強気な価格が消えたらもう叩くスキがないんだ。今回のアップルはまさに今迷走しつつある多くのAndroidスマホの息の根を止める可能性を感じさせるラインナップだった。

唯一Androidが対抗できるとすればそれは120Hz以上の高いリフレッシュレートによる滑らかな描写とType-C端子になるんだけど、逆に言うとマジでそれだけ。

一応その他にも俺みたいなオタクなら物理デュアルシムとかツインアプリとかはあるんだけど、Androidが確実に追い詰められているのは間違いない。

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

続きを見る

Lightninngで良いかも、この値段なら。

なんでまだLightningなんだよって、俺は言いたかった。でも言えない。寧ろこの価格なら別にLightningでも良いかも。って思ってしまう自分がいる。悔しい。

という感じで2020年もアップルは安すぎる価格とスキのない作りによってスマホ市場の新たなスタンダートを作り上げてしまった。相変わらずアップルはすごいなぁと思いながら次はAndroidが頑張る番だから今後の追い上げに期待という結論で締める。とりあえず俺はiPhone12かiPhone12 Proを買う。

ノッチのメリットデメリット【iPhoneがノッチを続ける理由】

続きを見る

【iPhone11レビュー】妥協が無い。予算8万の最適解【欠点3つ】

続きを見る

【動画で解説】iPhone12シリーズ

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/6/17

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/8/1

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ReadMore

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.