ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【隔日更新】

スマホ・タブレット

【CAT S61】米軍導入スマホの後継機が多機能すぎぃ!

史上最強のタフネススマホCAT S60の後継機となるCAT S61がすでに発売していた。日本ではまだ発売されていないんだけど、S60が発売しているから、遠くない未来に日本でも発売されるはずだ。

米軍導入というフレーズで男心を弄ぶ変態スマホの実力に迫りたい。




 

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら

この記事の目次(クリックでジャンプ)

CAT S60振り返り

CAT S60

CAT S61を紹介する前にまずCAT S60について振り返る。建築機械世界シェアナンバー1のアメリカキャタピラー社が販売するCAT S60はそれまでの常識を覆すタフネスと特異な機能で話題になった。

圧倒的タフネス

建築現場で使うことを想定されたCAT S60の使命は絶対に壊れないことだ。工事現場で建築機械や工具と一緒に使われるCAT S60は、砂塵はもちろん落下や水没にも耐えなければならない。CAT S60がクリアした項目はそれまでのスマホの常識を覆した。

  • ゴリラガラス4搭載による高い耐久性
  • 1.8メートルからの落下耐性
  • 水深5メートルの防水性能

CAT S60

サーマルカメラ搭載

更に特異な性能として、CATS60はサーマルカメラを搭載した。

このカメラによって−20℃〜120℃までを触れることなく計測できるため、建築機械の故障箇所の発見に役立てることができる。ここまででいかにCAT S60が変態スマホかわかってくれたと思う。それが更に磨きをかけて帰ってきたのがCAT S61だ。

CAT S61

CAT S61

スペック

まずはCAT S61と旧機S60のスペックを比較する。

CAT S61 CAT S60
ディスプレイ 5.2 4.7
解像度 1920x1080 1280x720
CPU Snapdragon630 Snapdragon617
メモリ 4 3
ストレージ 64 32
バッテリー 4500 3800
防水
指紋認証
DSDS
重量 - 233

S60で目立った低スペックがS61では見事に改善されていて、いい意味で普通に使えるスマホになった。

CPUがSnapdragon617から630にグレードアップすることでずいぶん処理能力は向上した。また、メモリが3ギガから4ギガになったことで今の大容量のアプリにも対応した。通常利用なら何の不満もなく使えるスマホになった。

一番印象が変わるのはディスプレイと画面解像度で、5.2インチと大きくなり、画面解像度もフルHDまで増えたことで滲みを感じなくなったのがうれしい。

更にバッテリー容量を700mAhも追加することで、継続して利用できる時間が伸びた。まさに現場を意識したスマホが正当進化した格好だ。

圧倒的タフネスは健在

CAT S61はS60のタフネスを受け継いで更にパワーアップさせている。

  • ゴリラガラス5搭載による高い耐久性
  • 1.8メートルからの落下耐性
  • 水深3メートルで1時間耐える防水性能

まずゴリラガラスが5にバージョンアップしたことで、より割れにくく傷がつきにくくなった。

1.8メートルからの落下耐性はそのままに、制限なしで水深3メートルで1時間耐えられる性能を身に着けた。

CAT S60の推進5メートルはスピーカーなどの機能制限をした場合であって、S61はなんの機能制限もなく水深3メートルに耐えられる。そもそも人が水深5メートルに入ることなんて滅多にないんだから、実用性を取るこの選択は正しい。

サーマルカメラがパワーアップ

S60で話題になったサーマルカメラは−20℃〜120℃だったけど、S61では−20℃〜400℃にまでパワーアップした。

CAT S61機能

素人目には200℃も400℃も危険すぎて変わらない気はするんだけど、たぶん建築機械は200℃ぐらいすぐに到達してしまうから異常が検知できなかったんだと思う。

400℃まで計測できることで、より厳密な検査が可能になった。この機能を日常で使うシチュエーションがあるとは思えないけどワクワクする機能であることは間違いない。

レーザーアシスト距離測定機能搭載

名前が難しくてよくわからないけど、要はレーザーで10メートルまでの距離を測定できるようになった。これは意外と日常でも使えるんじゃないか。

CAT S61機能

室内空気質センサ搭載

CAT S61は現場の空気を常に見張ってくれて揮発性有機化合物を検知してくれる。なんて使いどころのない機能なんだ!

でもこのセンサーは温度計・湿度計も兼ねていて、現在の温度と湿度を厳密に測ることができる。これは助かる。

もはやスマホ機能がおまけ

CAT S61はスマホというよりは各種センサーの集合体で、400℃まで測れるサーマルカメラ、レーザーアシスト距離測定機能搭載、室内空気質センサ搭載の3つの機能が一つになった検査機といったほうが正しい。

そこにまともに使えてしかも超壊れにくいスマホ機能を後付けした端末で、人によっては喉から手が出るほど欲しい唯一無二の選択肢になる。

DSDS(2番号同時待ち受け)対応

しかもこのスマホ実はDSDSにも対応してるから2番号での同時待ち受けもできちゃいます。これだけ多機能なら10万という価格にも納得だし、むしろ安いとすら思える。

最強にバッテリーが持って壊れにくくて、超多機能なこのスマホをポケットから出した瞬間に話題を独占してその日のヒーローになれる夢のスマホだ。

対応バンド

CAT S61は残念ながらまだ日本では発売していないけど、海外通販で送料無料で購入できる。気になる日本での対応バンド状況だけど、ドコモ、au、ソフトバンクすべてに対応してるから日本中で使える。安心して購入してほしい。

具体的にはドコモの3Gの中でも山間部と郊外をカバーするバンド6,19には対応していないんだけど、都市部の3Gであるバンド1に対応していて、4Gの電波にはすべて対応している。

ソフトバンクはすべてのバンドに対応していて、auもほぼ網羅しているので実利用には全く問題ないはずだ。

今のところはAmazonで購入するのが最も簡単だ。

まとめ ライフハック

2019/9/30

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/9/11

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/10/20

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット レビュー

2019/10/21

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

-スマホ・タブレット

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.