腕時計・スマートウォッチ

AppleWatch2レビューとできること。期待しすぎ注意。

更新日:

アップルウォッチに肩透かしをくらった俺が、俺の俺による全人類のためのレビューを書く。アップルウォッチの存在意義が世間的にもやっとしてる理由と、魅力と欠点が認識できると思う。

本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。




Apple Watchへの幻想を捨てる

まずこれから購入を検討している人が大きな肩透かしをしないように、アップルウォッチに代表されるウェアラブルデバイスの立ち位置を認識することが重要だ。

当然ポケットのスマホの方が便利

単独での入力操作が不便なウェアラブルデバイスは、基本的にはスマートフォンありきのデザインで設計されている。例えばアップルウォッチで確認した通知に対して、アップルウォッチの小さく操作しにくい画面で返信しようという考えはナンセンスで、ポケットに大画面スマホがある限り、スマホを使わない理由はない。

Apple Watchは入力が弱点

ウェアラブルデバイスの最大の弱点は入力操作で、スマホが存在し続ける限り操作性では勝てない。それがグーグルがグーグルグラスの開発を諦めた原因であって、

アップルウォッチの設計の根幹でもある。スマホの補助に徹するのがウェアラブルデバイスの正しい姿なのだ。この認識がないと俺みたいにガッカリして売却を検討しまうから気を付けてほしい。基本的に入力操作はできないし、できたとしてもしない。

 

機能でみるアップルウォッチ

俺がアップルウォッチを日常的に利用する用途は下記5点だ。俺に限らず多くの人がこうなると思う。

img_0153

  • 時間、日付の確認
  • 気温の確認
  • 消費カロリーの確認
  • 各種通知の確認(メール、カレンダーの予定、明日の天気、LINE、Twitter)
  • Suicaの利用

どれも一瞬で確認したい情報ばかりだ。時間、日付は生きていくうえで欠かせないし、外出前に現在の気温を確認できるのはありがたい。

別記事でApple Watchでできることを総まとめしているので気になる人は要チェック。

消費カロリーは食事量の調整に役立つ。さらに各種通知は気づくことに意味があるので、返信の必要性を判断するために腕もとで一瞬で確認できる。

買い物や改札をストレスフリーで利用できるSuicaは今までなかったことが不思議なくらい便利だった。

og_nobi2_006

日常的に使う機能はこれだけだと考えていい。もちろんワークアウトやアラーム、タイマーやマップも使うことはあるけど、毎日使うものでもない。

毎日使うのは上で書いた5つの機能で、そこにアップルウォッチの価格分の魅力を感じるかというのが購入の最初のハードルになる。

Apple Watchはこんなもん

アップルウォッチは名前が先行してて、まるで夢のデバイスのように感じられるけど、細かく分解するとたいしたことはない。期待しているよりできることが少ないながら、普通の腕時計には置き換えることができない機能ばかりなのも事実だ。

時計としてみるApple Watch

Apple Watchのバッテリー

アップルウォッチを普通の腕時計としてみてみる。まず電池は2日しかもたないけど、一日30分も充電できれば毎日使えるので意外とストレスにならない。お風呂に入る間充電しておけばいい。スタンドがあると尚いい。スタンドを購入した記事も書いている。

スタンド
Apple Watchの革バンドと充電スタンド買ってみた。

アップルウォッチはスマートウォッチとは思えないくらいデザインが良い。しかも機能面の地味さに反して目立つので指摘されやすい。アップルウォッチは簡単にバンドが交換できるガジェットで、バンド単品がアマゾンな ...

続きを見る

Apple Watchの質感

アップルウォッチにはざっくりと5万円のモデルと7万円のモデルがあって、質感が違う。

5万円のモデルはアルミ無機ガラスモデルで軽く、7万円のモデルはステンレスサファイアガラスモデルで、光沢があって高級感がある。

時計に5万円、7万円というと高いと思う人もいるとは思う。それは今は置いておいて、一般の時計を見てみても5万円の時計は無機ガラスのチープな質感のものが多く、7万円以上のものはサファイアガラスの高級感のあるものが多い。

つまり素材、質感でみると妥当な値段で、通常の腕時計と同じ土俵で戦えるデザインも含めて考えると、アップルウォッチは高くはないのだ。

imgp6197

コスパで見るApple Watch

最大の懸念はバッテリーの寿命だと思う。ここがネックになってる人が多いんじゃないか。アップルはバッテリーの永久保証サービスでも始めるべき。

かくいう俺もバッテリーが超不安だ。だって歴史上で寿命がある腕時計なんてなかった。

Apple Watchの寿命は4年

これに対して、アップルは1000回の充電でも80%以上のバッテリー容量になるよう設計してるので、現状二日使えることを考えると、1000回に該当する約三年毎日充電したとしても1日半は使える。実際は一日もてばいいので4年くらいは余裕で使える計算だ。

4年は1461日なので、7万円を日割りすると一日48円になる。5万円ならば35円だ。寿命があるのは寂しいけど、リチウムイオン電池である以上避けられない。

この4年というのはスマートウォッチの必要性を判断するには十分な期間なので、それ以降のスマートウォッチの必要性を改めて考えて、いらないようであれば普通の時計にしてもいい。

Apple Watchはバンドで気分を変えれる

しかもアップルウォッチはバンドの交換が簡単で、服装によってバンドを変えればまるで別の時計のように新鮮な気持ちで着けていくことができる。

このバンドが純正以外のものだと3000円くらいで多数あるので、腕時計を複数本持つことを考えると安い。カジュアルに腕時計を付け替える人にはアップルウォッチは最適だ。

Apple Watchでできることまとめ

アップルウォッチは機能も見た目良く、値段に対する品質を考えてもコスパは良い。ただ、世間から期待が大きすぎた。その原因はウェアラブルデバイスに対するの認識のずれが招いた。

かくいう俺はアップルウォッチに興味を持ったはいいものの、どのウェブサイトを見てもいまいち評価や結論が見えなかったので、自分で結論を出してやろうと意気込んで購入した。

結果、ウェアラブルデバイスはこんなもの、という自分の中での結論は出せた。はじめはがっかりしたけども、ウェアラブルデバイスの正しい立ち位置を理解できたり、なんだかんだ通知の取り捨て選択ができるのが便利だったり、会話のネタになったりはしてる。

なによりもデザインを気に入ったことが使い続けられる最大の理由だと思う。安い買い物ではないし、必需品でもない不思議な製品だけど、普通の時計にはない魅力が確かにあって、寿命がきたらどうしたものかと今から頭を悩ませてる。それでもワクワクできるのは間違いない。

まとめ ライフハック

2018/11/13

【2018年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良か ...

ReadMore

スマホ・タブレット 中国スマホ

2018/11/5

【Poco F1】水冷搭載!最高性能で最安のゲーミングスマホ誕生

Androidスマホを牽引する最高ランクのCPUといえばSnapdragon845であることは周知の事実だと思うけど、とんでもないスマホが最安値を更新したから興奮を伝えたい。 そもそもSnapdragon845搭載スマホと言えばGalaxyS9やXperiaXZ3など、最低でも8万円以上払わないと手に入らない、というのは昔の話で、中国OPPOと中国Xiaomiが熾烈な価格競争を繰り広げたことで、Xiaomi Mi Mix 2Sが46,000円で購入できるところまで来た。 しかし今回はそれを上回る。立役者は ...

ReadMore

まとめ ライフハック

2018/11/5

【2018年】掃除の時短と効率化ができる買ってよかったもの14選

一人暮らしは時間効率との戦いだ。8時間睡眠をとって、9時間働いて、2時間通勤するだけで19時間だ。信じられないかもしれないけど1日は24時間だから、残りは5時間しかない。この5時間をいかに解放するかが一人暮らしの課題だ。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 一人暮らしに家事を分担できる相手はいない。ご飯を作ってくれる人もいなければ看病してくれる人もいない。いや人によってはいるかもしれないけど、大半の世の一人暮らしは恵まれない人間関係の中でたくましく生き抜くこと ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2018/11/18

【保存版】MVNO11社の格安シムの違いとデメリット、取り扱いスマホを比較

格安SIMとり扱う会社(MVNO)が増えすぎてもはや意味不明だ。既に格安SIMの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質尾ほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社11社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 MVNOの格安SIMを検討している人やそれと一緒に買えるお得なスマホを探している人はこの記事一つですべてわかるように作った。 本日もガジェマガ(@Gadgetka ...

ReadMore

-腕時計・スマートウォッチ

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.