AppleWatch

遂にMi Band 3が正式に日本語対応したから導入方法を解説する

更新日:

別記事でレビューしているMi Band 3が完全日本語対応したからそのやり方を簡単に解説したい。

本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。

Mi Fit APKは未リリース

もともとMi Band 3は7月中旬ごろに多言語に対応するというアナウンスはしていたんだけど、それが遂に実現した。その方法は簡単で、最新版のアプリをダウンロード・インストールするとMi Band 3と自動的に同期されてMi Band 3のファームウェアが更新される。更新が完了したら完全に日本語に対応しているという流れだ。

ただ、最新版のアプリがまだアプリストアにリリースされていないので、公式がリリースしているアプリをウェブ上から野良アプリとしてダウンロード・インストールする必要がある。ダウンロードはこちら。

少し下にスクロールすると広告の間にダウンロードボタンがある。

スマホでダウンロードするとそのままインストールできるから楽だ。

アプリのインストールが完了したらMi Fitアプリを起動する。その状態でMi Band 3と接続すると自動的にアップデートが始まる。

アップデートが完了するとこの通り完全に日本語になっている。

名実共に最強コスパに

Mi Band 3は圧倒的な安さと高いスペックでありながら4000円以内で購入できる最強コスパのスマートウォッチだったんだけど、唯一中国語でしか使えないところが欠点だった。

Mi Band 3の良いところ

  • 4,000円で購入できる
  • 完全防水
  • バッテリー20日持ち
  • アプリの通知を確認できる
  • 心拍数で健康管理できる

スペック

Mi Band 3
実売価格 4000円
待機時間 最大20日
防水性能 50m防水(水泳OK
センサー 加速度、心拍計
Bluetooth 4.2 BLE
サイズ 17.9 x 46.9 x 12 mm
重さ 20g

日本語対応で弱点がなくなった

それが今回日本語に完全に対応することで本当に弱点が無くなってしまった。4000円以内で買えるスマートウォッチとして最強の選択肢だ。もちろんアプリの通知だって受け取れるし、スポーツをするときに自分の心拍数や消費カロリーを調べたり、健康管理、睡眠管理まで出来てしまう。

近日中にストアでもリリース

すでにアプリが出来上がっているということはアプリストアに申請している状態だから、近日中にアプリストアで最新版Mi Fitアプリのダウンロードができるようになる。セキュリティ面が不安だという人は今のうちに購入しておいて、アプリストアでのアップデートを待とう。

スポンサードリンク

Mi Band 3でできること

Mi Band 3でできることはレビュー記事で詳細に解説しているので確認して欲しいんだけど、簡単に説明すると運動の管理

運動中の心拍数の管理

ペース配分の確認

ペースの詳細な分析

睡眠管理

日常生活での心拍数管理などだ。

俺は今ダイエット中なんだけど、Mi Band 3はランニングで使うことに寄って今のペース、進み具合、心拍数などを1分毎に通知してくれるので、ランニングのモチベーション維持に役立ってくれている。おすすめのスマートウォッチだ。

このMi Band 3だけど、GEARBESTだと全く同じものがアマゾンの半額で購入できる。GEARBESTでの購入方法は別の記事で解説しているので参照して欲しい。

PickUp

 

LINE@始めました。


更新情報をお届けします。ご登録おねがいします。

LINE@を友達追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ガジェマガ(中の人)さん

奈良出身渋谷区在住の31歳会社員。ヘッダーの鹿は奈良愛の象徴。小学校でポケモンとハイパーヨーヨーにハマり、中学校でマジックザギャザリング、高校でPS2、そして大学でスマホに取り憑かれたオタク。今では立派なスマホ依存症。嫌いなものはパリピと邦画。ふざけた文章書くのが大好きな大人になり切れない大人。更新情報や日々の雑感をツイッターで呟いています。よければ下のツイッターマークからフォローしてください。喜びます。

【逃げることには全力。ガジェマガを書いている理由。】

-AppleWatch

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.