ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

パソコン・周辺機器

【Lepowモバイルモニター】電源不要の出先用サブディスプレイ

2019年12月19日

そういえば今年はゴールデンウィークもお盆も実家に帰ってない。

さすがに申し訳ないから年末年始は早めに帰って長めにいるつもりなんだけど、実家は作業環境がネック。

なんだかんだ7年住んだ渋谷の家はもはや俺にとっては城で、機材が潤沢にあって作業と引きこもりが超捗ってる。

そこで実家用のサブモニターを購入するか迷っていたんだけど、そんな時にモバイルディスプレイという丁度良すぎる商品のレビュー依頼を貰ったから承諾した。

こんな商品あったんだな。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

モバイルディスプレイとは

モバイルディスプレイとは、その名の通り持ち運べるディスプレイのこと。それ以上でも以下でもない、終わり。

ってしたいんだけどタダで提供してもらったからそれなりの紹介は一応しておく。

特長は下記。

  • 持ち運べるディスプレイ
  • タブレットではない
  • バッテリー非搭載
  • 商品によってはタッチに対応
  • 解像度はフルHDから4K

タブレットのサブディスプレイ化は不便

今までは外でのマルチディスプレイといえばタブレットをこねくり回すのが一般的で、iPadにもパソコンの外部ディスプレイ化するためのDuet Displayというアプリが存在してたりする。

iPadをサブディスプレイとして使う【Duet Display】

続きを見る

ただ、タブレットの外部ディスプレイ化は有線で繋いでも遅延があったり不安定だったりでイマイチ。

モバイルディスプレイはシンプルで快適

その点モバイルディスプレイは機能を完全にディスプレイに絞ることで遅延とか接続の手間とかの不満を解消した。なぜならただのディスプレイだから。

接続はPCとType-Cケーブルで繋ぐだけ。超簡単。自動で電源が入ってディスプレイが拡張される。

結局動画はスマホよりGoProの方が撮りやすいし写真はα7Riiiの方が綺麗。

なんでもできるスマホが存在している今こそ餅は餅屋のシンプルさが重要なのかもしれない。

Lepowモバイルディスプレイのスペック

今回俺が提供してもらったLepowのモバイルディスプレイのスペックは下記。

ディスプレイ 15.6インチIPS
解像度 1920x1080
タッチ 非対応
重量 699g
入力端子 HDMI
Type-C

普通の15.6インチフルHDディスプレイ。

物によっては4K解像度のモデルとかもあるらしいけど、15.6インチで視認できるのは3Kが限界。

贅沢を言うなら今の俺のノートパソコンと同じ4K解像度で125%表示にしたかったけど

あくまでサブディスプレイという立ち位置を考えるとフルHDでも十分ではある。

同じ15.6インチだから横並びにした時のバランスは良い。

モバイルモニターはコード1本で接続可能

これはLepowモバイルディスプレイに限らないけど、ディスプレイ出力対応のType-C端子を搭載しているパソコンであればType-C端子1本で電源供給とディスプレイ接続が完了してしまう。

別で電源を供給する必要が無い。

Thunderbolt 3またはUSB3.1Gen2が最適

具体的には搭載しているType-C端子がDisplayPort転送に対応しているUSB3.1Gen2規格なら良い、らしい。

この辺は詳しくないからよくわからないんだけど、Thunderbolt 3対応のノートパソコンならOKらしい。

最近のノートパソコンはThunderbolt 3規格のType-C端子を搭載しているものが多いからモバイルディスプレイ購入前にチェックしたい。

もちろんThunderbolt 3に対応していなかったとしても、別途電源を供給した上でHDMI接続することでモバイルディスプレイとして活用できる(右側が電源)

残念ながら我が家にはHDMI出力に対応した電子機器が押し入れの中のXBOX360しか無いからめんどくさくて検証は放棄。多分できる。

Lepowモバイルディスプレイの外観

繰り返しになるけどLepowのモバイルモニターができることは映像入力だけ。機能がシンプルだから外観も超シンプル。

最初から折りたためるマグネット式専用ケースが付いた状態で送られてくる。

10インチのFire 10タブレットと比較するとこんな感じ。

15.6インチだからしっかりと大きい。

専用ケースはディスプレイを自立させるスタンドになる。

ディスプレイ枠は地味にダイヤモンドカットが施されていて質感は良い。

右側に給電用Type-C端子、電源ボタン、操作ボタンとスピーカーを備える。

左側はHDMI入力、給電+映像入力用Type-C端子、イヤホンジャック、スピーカーを備える。音質は完全にクソ。

本体の重量は699グラムだけど、ケースありの重量は1131グラムでモルモット1匹分。

数値だとしっかり重いけど15.6インチという大きさの割には軽くて、手に持つと中身が入っていないかのような違和感を感じる。

ちなみにFire 10タブレットはケース無しで502グラムでチンチラ1匹分。

発色と視野角は良好

Lepowは全く聞いたことが無い中華メーカーだから品質は色々不安だったんだけど、IPSディスプレイというだけあって発色と視野角はかなり良好。

斜めから見ても色味が変わらないのはさすが。

ディスプレイの明るさとか色味は右側の操作ボタンで自由に調整できる。

調整画面もこんな感じでいたって普通。

色々と不安ではあったけど極めて普通のモバイルディスプレイだった。

モバイルディスプレイの使い道

さてこのLepowモバイルディスプレイなんだけど、一般的にはパソコンのサブディスプレイとして使うことが想定されていて、実際それで充分ではある。

ただ、せっかく提供してもらったから何か面白い使い方はできないかと検討してみた。

出先でのゲームプレイに活用

誰が家庭用ゲーム機を持ち運ぶんだよって気はするけど、例えば任天堂Switchであれば持ち歩くことも想定されているから、別途接続機器を購入すれば外部出力もできる。

この場合は多分モバイルディスプレイ用の電源も必要になるから注意。

カメラの写真確認用ディスプレイとして活用

カメラの外部モニターとして活用すれば大画面でピンボケを確認できる。

カメラ用としては解像度が低すぎだし15.6インチはでかすぎるけど、家の中での物撮りの際に活用するのはあり。いや、無し。

スマホのPCモードで疑似Chromebookとして活用

これはスマホにもよるんだけど、一部のハイエンドスマホには外部ディスプレイと接続することで疑似PCのように使える誰得PCモードが搭載されている。

実は俺のMate 20 Proも対応していて、LepowモバイルディスプレイとType-C接続するだけでPCモードを起動できた。

PCモード中はMate 20 Proをタッチパッドとして使えるんだけど普通にBluetoothでマウスとキーボードを接続すればChromebookっぽくなる。

Type-C端子一本でMate 20 Proから映像と電力を供給できているのがすごい。

とはいえ誰得PCモードのためにモバイルディスプレイとキーボード、マウスを持ち歩くくらいなら普通に安いノートパソコンを買った方が良い。機能としては面白いけど実用性は無い。これも無し。

ちなみにPCモードに対応していないスマホも外部出力に対応していれば操作画面をそのまま投影できる。実用性は無い。

使い道はデュアルディスプレイが関の山

色々検討してみたけどどれも実用性が無い。モバイルディスプレイの活用方法は精々パソコンに接続してのデュアルディスプレイが関の山という感じだった。

ただ、そのために存在してる製品だし、それで十分でもある。

外出先とか出張先、実家に帰った時に高い作業環境を維持できるだけでモバイルディスプレイを購入する価値はある。

デュアルディスプレイで作業効率1.4倍

繰り返しになるけど、Lepowはモバイルディスプレイであってそれ以上でもそれ以下でもない。

とは言えそれが最大の魅力。ディスプレイは1枚から2枚に増やすことで作業効率が1.4倍になると言われてる。

出先でも効率的に作業したい、早く作業を終わらせたいのであればモバイルモニターを購入する価値は十分にある。

新品2万円以下なら効率化した時間を時給換算すればすぐに元が取れる。

年末年始はモバイルディスプレイを活用予定

ということで年末年始はLepowのモバイルディスプレイをリュックに入れて帰省する予定。

ありがたいことに日本一周のために購入したリュック「SURGE」は15.6インチノート専用の仕切り付き収納スペースがあるんだけど、

Lepowモバイルディスプレイとパソコンがすっぽり入った。

リュックのレビュー記事は下記。

【ノースフェイスSURGE】15.6ノートが入る31Lリュックレビュー

続きを見る

これで実家でも高い作業効率を保てる。

【動画で解説】Lepowモバイルディスプレイ

スマホ レビュー

2022/12/15

【Pixel 7 Proレビュー】最も理想的なAndroidスマホ

いつの間にかPixelシリーズの年一回の発売が恒例になり、Tensor搭載後はブランド力も獲得し、独自機能も増え、毎年のPixel発売が話題になるようになった。 そして今年も俺の手元には最新となるPixel 7 Proがある。ということで今年も今年のPixelはどうなのかをレビューする。 【結論】Pixel 7 Proはバージョンアップ版 先に結論から言ってしまうとPixel 7 ProはPixel 6 Proのバージョンアップ版に過ぎず、ほぼ変化がない。実際に使用感に影響する進化点は下記の2点のみ。 超 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2022/11/27

【2022年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 15位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/10/8

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2022/11/9

【デメリット】タワマンを実際に内見して断念した理由【庶民の憧れ】

タワマンに住みたい。という記事を以前出して、その後もタワマンを内見したり色々と検討したりしていたんだけど一旦断念することにした。 ということで断念するまでに悩んだ葛藤を記事にする。現在タワマンを検討している人は参考になれば嬉しい。 タワマンは庶民の憧れ 「いやいやタワマンなんて住んだところで」って意見はすげぇ来るんだけど、なんだかんだタワマンの記事はアクセスが超多くて注目度が高い。 タワマンを検討した記事は下記。 というのもタワマンは結局庶民の憧れなんだ。でも家賃が高すぎて住めない。だから住まない理由を探 ...

メンズ美容・健康 体験談

2022/11/4

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

DIY ライフハック

2022/10/4

【ベッド拡張DIY】シングルベッドを横に30cm広げる【ダブル】

一人暮らしだからと言ってシングルベッドに拘る必要があるだろうか、いやない(反語)。ということに一人暮らし10年目にして気づいたからベッドを拡張することにした。 いつの間にか6畳1Kの限界に挑むのが俺の生きがいになりつつあるんだけど今回は多分その集大成にして頂点。色々取り組んできた部屋改善は多分これで終わりになる。 ということで実際にベッドをどう拡張したのか、6畳でベッドを大きくして快適になったのか、生活に支障は出ないのかを解説したい。 6畳1Kの限界に挑む 繰り返しになるけど俺は10年間6畳1Kの激狭物件 ...

ライフハック 俺の一軍

2022/11/12

【ルームツアー】家で使ってる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここでは俺の家で今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。住環境構築の参考にしてほしい。 この記事では何か環境が変わるたびに内容を随時更新して俺の1軍をまとめる続ける予定(最終更新2022年11月10日) 家で使っている物一覧 まず俺が家の中で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ リビング環境 壁美人 テレビ ChromeCast Fir ...

デスク環境 パソコン・周辺機器 俺の一軍

2023/1/10

【デスクツアー】デスクアイテム一覧と使ってる理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここではデスク環境周辺で俺が今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。デスク環境構築の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2023年1月10日) デスク環境周辺で使っている物一覧 まず俺がデスク環境周辺で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ デスク・椅子 Fle ...

スマホ レビュー

2021/12/14

【iPhone 13 Proレビュー】スマホ史上最高傑作。弱点4つ

毎年恒例のiPhone13シリーズが発売されたから俺も例に漏れずに購入した。別の記事でも解説した通り今回のiPhoneはProモデルが熱い。 ということでPro Maxを買いたかったんだけど出荷数が少なすぎるらしく手に入らなかったから大きさ以外の仕様が同じProを購入した。13になることでどれほど進化しているのかを確認したい。 iPhone 13 Proの特徴 今回のiPhone 13はProモデルが熱いというのは上でも書いた通りだけど、Proモデルは進化点が多い。特徴は下記。 リフレッシュレート120H ...

体験談 自転車・バイク

2022/10/30

【体験談】バイク王の買取でボコボコにされた話【評判・口コミ】

19歳の時にホーネット250を購入して27歳までで6万キロ乗ったんだけど、俺が東京に来たことですっかり乗らなくなってしまった。 28歳で一度帰省した時にエンジンをかけたことはあったんだけど、それ以降はめっきりで、既に放置して4年が経過していた。 このホーネットは思い出だらけではあるんだけど恐らくもう乗ることは無い。ということでバイク王を呼んで売却することにしたんだけど、その買い取り査定士の癖が強すぎたから交渉体験をまとめたい。 これからバイク王でバイクを売る人の参考にしてほしい。 ホーネット250の状態は ...

DIY ライフハック

2021/10/1

【壁掛けテレビの理想と現実】壁美人を3か月使った感想【賃貸】

賃貸でもテレビを壁掛け出来るのに原状復帰までできてしまう壁美人を導入してから早3カ月。まだテレビは一度も落ちていない。 とはいえ720個ものホチキスで取り付けるのってどうなの?とか、テレビを壁掛けにした不便はないの?と買いたいけど二の足を踏んでいる人は多いはず。 という仮定の下で壁美人を実際に3か月使った感想を書いていく。記事の内容的に楽だからという理由ではけっしてない。 壁美人はホチキスで壁に取り付け 壁美人の紹介記事でも書いた通りだけど、壁美人は720発ものホチキスで壁に取り付けることで25キロまでの ...

-パソコン・周辺機器

Copyright© ガジェマガ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.