〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ライフハック 失敗談・コラム 感想

【映画「ジョーカー」ネタバレ感想】予告編と本編は大きく印象が異なる

2019年10月8日

普段こういう記事は書かないんだけど、公開を待ちに待った話題の映画「ジョーカー」を見てきたから珍しく映画の感想を書こうと思う。今回は俺がなぜ「ジョーカー」にピンと来なかったのかをまとめる。

トーマスです。TwitterYoutubeTikTokもやってます。【お問い合わせ自己紹介半生振り返り

この記事の目次(クリックでジャンプ)

ジョーカーのPVは最高の出来栄え

そもそもジョーカーという映画に俺が期待したのはPVの出来が最高だったからなんだ。

全体の統一感と物静かな音楽と哀愁漂うPVの完成度が高くて、久しぶりに映画館に足を運んで映画を見たいと思わされた。

というのも広告が半端ない。ツイッターでもYoutubeでも最近の広告はジョーカー一色。これは配給もやる気だ。事前評判も高すぎるぐらいに高い。とんでもない名作の可能性があるのであれば映画館で見るしかない。

ということでフリーランスのメリットを最大限活かして公開4日目の比較的空いているであろう平日に映画館に足を運んだ。

ジョーカーの序盤から漂う古臭い雰囲気

ところが映画が始まってからはかなり面食らう。オープニングのタイトルから音楽に至るまでとにかく古臭い。もちろんこれは映画の時代背景を伝える演出なんだけど、この古臭さは演出が故に全編続く。

例えその映画の時代背景に合わせるためだとしても、俺からしたら古臭い=ダサい・安っぽい演出でしかなくて、始まった瞬間から少し身構える。おかしい。PVの雰囲気と全然違う。いや待てまだ開始1分だ。大丈夫。大丈夫。

ジョーカーは全編で音楽が鳴りやまない構成

映画が開始してからはすぐにPVの中でもあった主人公が不良に看板でぶちのめされるシーンになる。そのあとも主人公は何もかもがうまくいかない展開が続くんだけど、見てる途中で音楽がやたらうるさいことに気付く。

もちろん映画館だから音量が大きいのは当然なんだけど、この映画は陰鬱な雰囲気を演出するために四六時中陰鬱なBGMを流していた。

陰鬱さを表現するためのBGMが過剰

俺だってジョーカーというキャラクターの設定ぐらいは知ってるし、主人公の未来が明るくないのはわかっている。それにしても別の意味で見てる側を不快にさせるほどオーバーにBGMで陰鬱さを表現する必要があったのかは謎。まるで静寂を恐れる大学生サークルのようにBGMは全編でほぼ鳴りやまない。

繰り返しになるけどジョーカーは主人公の失敗→主人公の失敗→主人公の失敗で主人公が闇落ちしていくストーリーなんだけど、失敗のたびにBGMの音量が大きくなる。そして次の失敗まで静かにBGMが続いて、次の失敗でまたBGMが大きくなるという繰り返し。静寂が無いと派手な音楽は引き立たないのにジョーカーには全然静寂が無い。

ホアキンフェニックスの怪演と引き換えの冗長さ

話題になっているホアキンフェニックス(ジョーカー)の演技は確かに見事。見事なんだけど、今作のジョーカーは不安定になると笑いだす精神病を患っている設定で、爆笑しているシーンが多い。この爆笑シーンは「悲しみながら笑っている」とか色々絶賛されていてそれはそれで間違いないんだけど、それにしても笑ってるシーンが長くて多過ぎ。

ホアキンの笑い方も独特で、制作側としても笑い声の不気味さを印象付けたかったんだろうけど、もう少し要所要所に配して減らすことはできなかったのか。作中のBGMもそうなんだけど笑い声も多過ぎ、長すぎの傾向で、見てる側としては次の展開へ進んでほしいのに、主人公の笑い待ちが長くて辛い。

ジョーカーになるのも納得のストーリー展開

それでも、主人公が闇落ちしていく展開はよくできている。色んな失敗、みんなからの嫌がらせ、失業と主人公の不幸が続く中、唯一の理解者である母の危篤とそれを看病する主人公という命綱を作る。そして最後に、実は母の過去の虐待が自らの精神病の原因だった事実を知ることで、精神的支えだった母をも憎んで全ての命綱が断ち切られる展開は素晴らしい。

ここまで綺麗に失うものが無い人間を作り出す展開は見事だし、これは俺でも闇落ちしてジョーカーになるなと納得させられる説得力があった。

ストーリー展開は全編で裏切りの無い一本道

ただ惜しかったのはストーリーに大きな裏切りも展開のメリハリも無かったことだった。ジョーカーはジョーカーが闇落ちする映画だから当然といえば当然なんだけど、全編を通して主人公の不幸が続くばかりで大きな裏切りが無い。ひたすら悪い方向に話が進む。見てる側としても完全に予定調和で、最初から最後まで特に裏切りが無かったのは残念。

途中黒人女性との恋愛が主人公の妄想だったという裏切りは一応あって、それによってジョーカーは相談する相手を失って勢いのまま母を殺める。とはいえ黒人女性とはそもそもの絡みが不自然で、見てる側としても「なんで?なんで?」の連続だった。結局頭が追い付く前に不自然な恋愛は妄想で片付けられてしまってずっしり来なかった。

ジョーカーのPVは最高

という感じでジョーカーはストーリーはよくできてるんだけど、結構うるさいBGMとか長い笑い声、謎のダンスとか冗長なシーンも多い。俺が期待しすぎていたのもあるけど、普通に一回見れば十分で、二回目を見たいと思える映画では無かった。

古くささもなく静寂とメリハリもあるPVの完成度があまりにも高すぎた。PVだけで終わっとけば満点だった。

映画の感想は千差万別

「あの映画を見てないなんて人生の半分損してる」みたいなことを言う残り5割の人生が薄っぺらい馬鹿がたまにいるけど実は映画の評価に正解は無い。

映画の評価は個々人の人生経験による

映画は見る人の人生経験によって大きく感想が分かれる。早くに親を亡くしていれば、親を亡くす主人公の痛みがわかるし、いじめられた過去があれば、いじめられている主人公の辛さがわかる。

逆に言うなら自分が悩まないことで苦悩する主人公に感情移入するのは難しいから面白さが理解できなくなる。映画の感想は千差万別だ。

映画は楽しんだもん勝ち

例え主人公の苦悩が理解できなかったとしても他人の人生を短時間で追体験できるのも映画の魅力。

基本的に映画は他人の評価があてにならないし楽しんだもん勝ちというジャンルだから、誰の感想にも間違いはない。

その映画を楽しめなかったとしてもそれはそれで一つの立派な感想だから自分の感想を大切にしてほしい。

おすすめ記事(おもしろいやつ)

スマホ レビュー

2022/12/15

【Pixel 7 Proレビュー】最も理想的なAndroidスマホ

いつの間にかPixelシリーズの年一回の発売が恒例になり、Tensor搭載後はブランド力も獲得し、独自機能も増え、毎年のPixel発売が話題になるようになった。 そして今年も俺の手元には最新となるPixel 7 Proがある。ということで今年も今年のPixelはどうなのかをレビューする。 【結論】Pixel 7 Proはバージョンアップ版 先に結論から言ってしまうとPixel 7 ProはPixel 6 Proのバージョンアップ版に過ぎず、ほぼ変化がない。実際に使用感に影響する進化点は下記の2点のみ。 超 ...

デスク環境 パソコン・周辺機器

2024/2/19

【デスクツアー】デスクアイテム一覧と使ってる理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここではデスク環境周辺で俺が今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。デスク環境構築の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024年2月12日) デスク環境周辺で使っている物一覧 まず俺がデスク環境周辺で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ デスク・椅子 Fle ...

ライフハック 買ってよかったもの

2023/4/20

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 15位 黒 ...

スマホ レビュー

2023/4/19

【iPhone 14 Proレビュー】変化なし。最高品質の失敗作

iPhone14Proが発売されたのが2022年の9月。現在は2023年の4月。既に7か月が経過していてもう二番煎じどころの騒ぎじゃないぐらいレビューが遅れてるんだけど、こんなにテンションが上がらないスマホはなかった。 マジで13から変わってない。レビューの必要があるのか不明。でもせっかく15万も払って購入したんだからけじめをつける為にレビューする。 【結論】iPhone13ProのままでOK 最初にも書いた通りだけどiPhone14ProはマジでiPhone13Proから何も変わってない。だから今iPh ...

ライフハック 失敗談・コラム 感想

2023/7/9

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

俺の一軍 腕時計・スマートウォッチ・小物

2024/2/16

【ポケットと鞄の中身】身に着けてる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に鞄はいらないとかポケットを活用しろとかスマホはこれ使えとか有線イヤホンは使うなとか色々なことを言いすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることがたまにあるから、ここではポケットと鞄の中身と、ついでに小物類、衣服、靴などなど俺が日常身に着けてメイン利用している物と、それを使っている理由、そしてその感想を一言でまとめていく。ポケットと鞄の中身の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024 ...

メンズ美容・健康 失敗談・コラム

2024/2/16

【口コミ】ゴリラクリニックヒゲ脱毛で30万円提示された話【高すぎ

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

DIY ライフハック

2024/2/16

【ベッド拡張DIY】シングルベッドをセミダブルにした話【ニトリ】

一人暮らしだからと言ってシングルベッドに拘る必要があるだろうか、いやない(反語)。ということに一人暮らし10年目にして気づいたからベッドを拡張することにした。 いつの間にか6畳1Kの限界に挑むのが俺の生きがいになりつつあるんだけど今回は多分その集大成にして頂点。色々取り組んできた部屋改善は多分これで終わりになる。 ということで実際にベッドをどう拡張したのか、6畳でベッドを大きくして快適になったのか、生活に支障は出ないのかを解説したい。 6畳1Kの限界に挑む 繰り返しになるけど俺は10年間6畳1Kの激狭物件 ...

ライフハック 俺の一軍

2023/4/1

【ルームツアー】家で使ってる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここでは俺の家で今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。住環境構築の参考にしてほしい。 この記事では何か環境が変わるたびに内容を随時更新して俺の1軍をまとめる続ける予定(最終更新2022年11月10日) 家で使っている物一覧 まず俺が家の中で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ リビング環境 壁美人 テレビ ChromeCast Fir ...

DIY ライフハック 感想

2023/7/9

【壁掛けテレビの理想と現実】壁美人を3か月使った感想【賃貸】

賃貸でもテレビを壁掛け出来るのに原状復帰までできてしまう壁美人を導入してから早3カ月。まだテレビは一度も落ちていない。 とはいえ720個ものホチキスで取り付けるのってどうなの?とか、テレビを壁掛けにした不便はないの?と買いたいけど二の足を踏んでいる人は多いはず。 という仮定の下で壁美人を実際に3か月使った感想を書いていく。記事の内容的に楽だからという理由ではけっしてない。 壁美人はホチキスで壁に取り付け 壁美人の紹介記事でも書いた通りだけど、壁美人は720発ものホチキスで壁に取り付けることで25キロまでの ...

-ライフハック, 失敗談・コラム, 感想

Copyright© ガジェマガ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.