ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ

【Xiaomi Pad 5】iPad 10.2とコスパを比較する

あのコスパで有名なXiaomiが日本市場向けの初のタブレットとなるXiaomi Pad 5を発売することになった。

本当に久しぶりのAndroidタブレットということでレビュー予定ではあるんだけど、Androidタブレットのライバルと言えばiPadということで、果たしてiPadと比較してどちらがコスパが良いのかをこの記事では検討したい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

Xiaomi Pad 5のライバルはiPad

Xiaomi Pad 5の立ち位置はかなり絶妙。激安Androidタブレットで有名なKindleほど安いわけでもなければiPad Proほど高いわけでもない。

かといって5万円という価格は安いわけでもなく、必然性の乏しいタブレットに出す金額としてはかなり絶妙。

確かにXiaomi Pad 5のスペックは価格の割には良いんだけど、同じ価格帯に超強力なライバルとなるiPad 10.2が存在してしまう。

しかも何ならiPad 10.2の方が安い始末。ということでiPad 10.2をスルーしてまでXiaomi Pad 5を買うかどうかが争点になる。

Xiaomi Pad 5のスペック

Xiaomi Pad 5のスペックは下記。参考にiPad 10.2と比較する。

Xiaomi Pad 5 iPad 10.2
ディスプレイ 11(120Hz) 10.2
解像度 2560×1600 2160 x 1620
CPU Snapdragon860 A13 Bionic
メモリ 6 -
ストレージ 128/256 64/256
GPS なし なし(Wi-Fi)
バッテリー 8720 -
セキュリティ 指紋
重量 511 487
サイズ 166.2 x 254.6 x 6.85 174.1x250.6x7.5
価格(税込) 43,780円 39,800円

2機種のカタログスペックを比較すると明確な差は画面のリフレッシュレートのみ。それ以外は画面解像度とかバッテリーとか処理能力とか一応微妙に違うんだけど、体感はできない。

更にストレージ容量もタブレットであれば64あれば十分。つまりマジで差が価格とリフレッシュレートしかないという状況。

ただ、リフレッシュレート120Hzの恩恵は大画面になるほど得られる。だから明確に選ぶ価値がある。ということで4,000円値段を上乗せしてもXiaomi Pad 5を買った方が良い。おしまい。

とはならない。まだまだ見えない要素が多数あるからそれも含めて検討していく。

Xiaomi Pad 5はジェスチャー対応

まずAndroidタブレットと言えば最も不安なのがその使用感なんだ。

長年iPadを発売し続けてiPad OSを極めてるアップルと違ってAndroidのタブレットは中途半端。マジでスマホをでかくしただけで使いにくいというイメージがあるんだけど、Xiaomi Pad 5はその辺りも対策済み。

公式ページでももろにiPadを意識した便利機能が紹介されていて、見た目はまんまiPad。

昔のAndroidタブレットと違って今のAndroidタブレットは「戻る」「ホーム」「アプリ一覧」がジェスチャー操作にも対応しているから、操作感はほぼほぼiPadと変わらない。気がする。

Xiaomi Pad 5は4スピーカー搭載

Xiaomi Pad 5はiPad10.2と違って4つものスピーカーを搭載していてその音質も売りにしている。

更にXiaomi Pad 5はドルビーアトモスにも対応しているからその音質にも期待できそう。

一方iPad 10.2は一応ステレオスピーカーではあるんだけど両方ともが片側にしかないから音が広がらない。

Xiaomi Pad 5のセキュリティは顔のみ

ところでXiaomi Pad 5のセキュリティは珍しく顔認証のみだったりする。

この辺りはiPad Proシリーズと同じではあるんだけど、スマホでは顔認証と指紋認証を並行して搭載し続けてきてくれたXiaomiとしては珍しい。

一応海外でも発売されているXiaomi Pad 5 Proは指紋センサーも搭載しているんだけど、日本で発売されるXiaomi Pad 5は顔のみ。

しかもカメラで認証するのみのタイプでiPad Proほど強固でもない。メインアカウントのChromeで自分のデータ全てアクセスできてしまうAndroidタブレットのセキュリティとしては少し不安というのが正直なところ。できれば指紋にも対応してもらって、指紋認証のみを使うという形で運用したかった。

Xiaomi Pad 5はAndroidアプリが弱点

ここまでXiaomi Pad 5はiPad 10.2と比較しても引けをとらないというか、微妙にiPad 10.2を上回り続ける超ハイコスパタブレットのように見えるんだけど、一点だけ大きな欠点がある。

それがAndroidアプリしか使えないということなんだ。これはタブレットとしては結構ダメージが大きい。

というのもiPadは長年プロのクリエイター達に現場で使われてきた実績があるからプロ向けのアプリも多数取り揃えているんだ。

iPadなら音楽作成だって動画編集だってイラスト作成だってできてしまうんだけど、Androidはその辺りが貧弱。

例えスペックでiPad 10.2を上回ったとしてもiPad 10.2のようなクリエイト作業はできない。と俺は思ってる。実際のところは知らない。

コンテンツ消費特化のXiaomi Pad 5

とはいえAndroidアプリが通常利用でiPadを下回るかというと全くそんなことはなく、寧ろコンテンツ消費に限ればiPadをも凌駕するアプリを取り揃えている。Androidスマホで使えるアプリは全て使えてしまう。

更に野良アプリを自由にインストールできるのがAndroidOSの強み。

AndroidならYoutube動画を気軽にダウンロードできるTubemateもあるし、Youtubeの広告をスキップできるYoutube Vancedもある。なんなら任天堂Switchのエミュレーターをインストールしてゲーム機として使用することだってできてしまう。

120Hzのディスプレイと超高音質スピーカーも相まって、Xiaomi Pad 5はコンテンツ消費という面ではiPadを凌駕する。

クリエイティブ対応のiPad 10.2

一方でiPadの強みは繰り返しになるけどコンテンツの作成にも対応できることなんだ。

野良アプリは無いからコンテンツ消費の自由度は減るけど、イラスト作成でも音楽制作でも動画編集でもできてしまう。つまり可能性を秘めているのはiPad。

60Hzディスプレイと片側スピーカーが弱点ではあるけど、これも使えば慣れるっちゃ慣れる。

ということでコンテンツ作成も視野に入れたい、子供に渡して万が一の可能性に賭けたいというのであればiPad。別でコンテンツ作成用のパソコンがある、コンテンツ消費しかしないのであればXiaomi Pad 5という選択がおすすめ。

Xiaomi Pad 5は世界のXiaomi品質

いずれにせよXiaomi Pad 5は世界のXiaomi品質だから今までのAndroidタブレットとは全く違う。間違いなく全てが高品質という安心感がある。

多分ディスプレイも音も綺麗だしボディの品質も高く操作性も良い。そして多分不満が出ない。

と思えてしまう実績がXiaomiにはある。久しぶりに安くて高品質な買いのAndroidタブレットが日本市場に登場した感がある。

俺はどちらかというと帯に短したすきに長しのタブレットには否定的ではあるんだけど、久しぶりに購入したいと思った。ということで購入したらレビューする。楽しみ。

OCNモバイルONEセール詳細ページ

 

スマホ レビュー

2021/10/9

【iPhone 13 Proレビュー】スマホ史上最高傑作。弱点4つ

毎年恒例のiPhone13シリーズが発売されたから俺も例に漏れずに購入した。別の記事でも解説した通り今回のiPhoneはProモデルが熱い。 ということでPro Maxを買いたかったんだけど出荷数が少なすぎるらしく手に入らなかったから大きさ以外の仕様が同じProを購入した。13になることでどれほど進化しているのかを確認したい。 iPhone 13 Proの特徴 今回のiPhone 13はProモデルが熱いというのは上でも書いた通りだけど、Proモデルは進化点が多い。特徴は下記。 リフレッシュレート120H ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/11/11

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/10/8

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

スマホ レビュー

2021/11/13

【Pixel 6 Proレビュー】iPhoneを殺す【弱点4つ】

グーグル謹製の鳴り物入りスマホPixelシリーズの第6弾が発売された。Pixelシリーズと言えば今まではグーグル謹製とは名ばかりのがっかりスマホというイメージが強かったんだけど、今回のPixel 6 Proは今までとは一味違う。 多数の独自機能が追加されているしスペックも全然悪くないのに値段が安い。これひょっとするとひょっとするんじゃないかという気がしている。 ということで6度目の正直となるPixel 6 Proを購入したからレビューしたい。 Pixel 6 Proの特徴 今回購入したPixel 6 Pr ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

AFFINGER6導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/10/23

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

-スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.