ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

オーディオ スマホ

【AirPods Proレビュー】3万は高い。Android可

2019年10月31日

イヤホンに3万円なんて絶対正気の沙汰じゃない。そもそも俺は音楽にほとんど興味が無いし、作業中にアマゾンミュージックの適当なプレイリストを流す程度なのに、AirPods Proを試着した時のあまりのノイズキャンセリング効果にその場で即決してしまった。iPhone持ってないのに。

今回は俺史上最も高いイヤホンの買い物となるAirPods Proを購入したレビューと、Androidスマホでの使用感を解説する。この体験には金額には代えられない価値がある。悔しい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

AirPodsProは史上最強のノイズキャンセリング

AirPodsがApple純正の完全独立型イヤホンでありその元祖だということは有名すぎるからその説明は省くとして、今回発売されたAirPods Proの魅力は史上最強クラスのノイズキャンセリング機能を搭載していることなんだ。

今までは完全独立型のノイズキャンセリングイヤホンといえばSONYのWF-1000XM3の独壇場だったんだけど、そこにAirPodsProが追従した。

まだ発売してから1日しかたっていないというのにそのノイズキャンセリングの評判が凄すぎるから、そんなに音楽に興味がない俺も珍しくアップルストアに足を運んでみることにした。

AirPods Proのノイズキャンセリングはまるで水中

で、実際試着してみるとマジでヤバイ。今までノイズキャンセリングイヤホンなんか使ったことが無いというか、そもそもイヤホンに1万円以上を払ったことも無かったんだけど、AirPods Proの体験は感動的。

耳に着けた瞬間明確に周囲の音がスッと消える。AirPodsProの装着はまるで水中に入ったかのような感覚で、疑う余地がないレベルでノイズキャンセリングの効果をはっきりと感じた。これはヤバイ。

その時のツイートがこれ。

ノイズキャンセリングはAndroidスマホでも利用可能

次に気になるのは果たしてノイズキャンセリングがAndroidスマホで使えるかということだった。俺は別にiPhoneにアレルギーがあるわけではないんだけど、俺の生活にDSDS機能が欠かせないことからiPhoneは選択肢から外していた。

iPhoneは持ってないけどAirPods Proは欲しい。事前に初代のAirPodsはAndroidスマホでも通常のBluetoothイヤホンとして使える情報は掴んでいたから、AirPodsProにも可能性はある。

重要なのは下記2点

AndroidスマホでAirPodsProが使えるか

AndroidスマホでAirPodsProのノイズキャンセリングが使えるか

この2点を店頭デモ機で検証させてもらった結果、俺のAndroidスマホのMate 20 Proで両方問題なく動作したからその場で購入した。人生初のアップルストアでの買い物だった。

AirPodsProのノイズキャンセリングの構造

AirPods Proには片方につき2つのマイクが搭載されていて、そのマイクで外音を拾うことでノイズキャンセリング機能を実現している。

AirPodsProから搭載されたノイズキャンセリングには3つのモードが用意されている。

  • ノイズキャンセリング
  • ノイズキャンセリングオフ
  • 外音取り込み

ノイズキャンセリング

AirPodsProの目玉機能。AirPodsProのマイクで拾った外音と対になる音を出すことで外音を打ち消す。マジで水中にいるみたいに急に周囲の音が聞こえなくなる。

ノイズキャンセリングオフ

単純にノイズキャンセリング機能をオフにするモード。通常のカナル型イヤホンになる。

外音取り込み

ノイズキャンセリングを応用したモードで、AirPods Proの外部マイクで拾った音を音楽と一緒にイヤホンから出すことで、まるでAirPods Proを装着していないかのように外音をクリアに聞き取ることができる。

ノイズキャンセリングはAndroidスマホでも動作

注目したいのはAidPodsProのノイズキャンセリング機能がAirPods Pro単独で動作することなんだ。

iPhone以外でもノイズキャンセリングが利用可能

iPhoneとのペアリングを待つまでもなく、AirPods Proを耳に入れた瞬間からノイズキャンセリングが動作する。

つまり、接続機器がiPhoneである必要はなく、AndroidでもパソコンでもOKだし、なにも接続していなくてもOK。色々閉鎖的で囲い込みが目立つApple製品では珍しい仕様だった。

AirPods Pro単独で外音取り込みの切替可能

しかもノイズキャンセリングと外音取り込みのモード切り替えはAirPodsPro単独で操作できる。

AirPods Proのうどん部分のくぼみが感圧センサーになっているから、

ここを1秒ほど摘まむことでノイズキャンセリングと外音取り込みを切り替えられる。

逆にiPhoneを使わない限りノイズキャンセリングをオフにはできないんだけど、どうせオフにはしないし問題ないと判断した。

シーンで使い分けられるノイズキャンセリング

繰り返しになるけどAirPodsProの目玉はノイズキャンセリング機能だ。

自分だけ別世界に行けるノイズキャンセリング

カフェとか図書館で集中したいとき、自分の世界に入りたいとき、音楽に聞き入りたいときにAirPodsProのノイズキャンセリングをオンにすると驚くほど周囲の音をかき消してくれる。

ノイズが無いから小さな音でも音楽がクリアに聞こえる感覚が斬新だし、今まで聞こえなかった細かな音まで聞こえて驚く。

これは音質音痴でクソ耳素人の俺を感動させるレベルだから、気になる人は一度アップルストアで試着してみてほしい。

自分だけのBGMを流せる外音取り込みモード

外音取り込みはノイズキャンセリングと遂になる機能なんだけど、イヤホンを付けていないかのように外音を取り込んでくれるお陰でコミュニケーションを妨げない。

まるで自分の世界にだけBGMが流れている感覚で、外の音と音楽を同時に楽しめる。

この機能も思っている以上に感動する。イヤホンを外してもつけても外音の聞こえ方が変わらないのは今までにない感覚だった。こんなに小さいのにこれだけの機能が詰まっているのが恐ろしい。

AirPods ProのAndroidでの操作方法

AirPods ProはiPhone用に作られているから、iPhoneと接続していればSiriの呼び出しとかもできるんだけど、Androidの場合はグーグルアシスタントには非対応。

操作できる項目は下記2つのみ

うどん部分を長くつまむ ⇒ ノイズキャンセリングと外音取り込みのモード切り替え

うどん部分を短くつまむ ⇒ 音楽の再生、停止

音量の調整とか曲送りはできないけど、どうせポケットかカバンにスマホが入っているし特に困らない。

基本的に完全独立型イヤホンは曲の再生停止ぐらいしか機能が無いものが多い。

AirPods Proのスペック

AirPods Proのスペックは下記。

防水性能 耐汗耐水性能(IPX4相当)
使用可能時間 1回の充電で最大4.5時間の再生時間(ケース込みで24時間以上)
ケース仕様 ワイヤレス充電ケース

AirPods Proは完全独立型イヤホンとしてはおなじみの充電ケースが付いているんだけど、このケースから取り出すことによって自動的に電源がオンになって、前回接続していたデバイスに繋がる。

AirPodPro本体に電源ボタンは無いから、電源を切りたいときはケースに収納して蓋を閉めればOK。自動的に電源が切れて充電が開始される。

AirPodsProはケースがワイヤレス充電に対応

このケースの充電端子は全人類に嫌われているLightning端子なんだけど、

AirPods Proのケースはワイヤレスでの充電にも対応してるから、今まで使っていた置くだけ充電器がそのまま使える。

Lightningケーブルを使わなくて良い仕様が嬉しい。

スマホでの逆無線充電にも対応

俺のMate 20 Proはワイヤレス逆充電にも対応しているから、AirPods ProのケースをMate 20 Proの背面に置くことでも充電が可能。死角が無い。

AirPodsProはカナブンより軽い

完全独立型イヤホンの小型化は日進月歩で進められているんだけど、AirPods Proも通常のAirPodsよりもうどん部分を短くすることで軽量化を図っている。

重量は一つにつき6グラム。平均8グラムのカナブンよりも軽い。

唇の恋人リップクリームと比較してもこんなに小さい。

ちなみにリップクリームは10グラムだった。

AirPods Proはその収納ケースも小型化が進んでいてとにかく小さい。

イヤホンを収納したケースの重量は56グラム。ジャンガリアンハムスター2匹分しかない。

ジーパンの前ポケットに入れても全く邪魔にならないサイズ感が嬉しい。これで24時間以上使えるんだからすごい。

本体が小型化したことによってイヤホン装着時のうどん感はかなり薄まった。

個人的にうどんのデザインは好きだからせっかくならもっとアピールしてほしいんだけど、小型化には代えられない。

AirPodsProに3万円の価値は無い

さてここまで絶賛しておいて突然ではあるんだけど、俺はAirPods Proに3万円の価値無いと思う。

AirPodsProに利便性の向上は無い

俺の耳が糞過ぎて音質を聞き分けられないとか俺が音質に拘りが無さ過ぎるとか色々個人的な事情はあるんだけど、単純に音楽を聴く用途だけならAirPods Proはなんと5,000円で販売されているAnkerの完全独立型イヤホンと何一つ変わらない。

たしかにノイズキャンセリングは楽しいし、外音取り込みモードも画期的。この体験による感動は金額には代えられないんだけど、逆にそれがあったところで何一つ便利になってはいない。

完全独立型イヤホンの登場がVHSからDVDへの進化なのに対して、ノイズキャンセリング機能の搭載はDVDからブルーレイへの進化に似ていて、利便性に与えるインパクトは弱い。

AirPods Proは金持ちの道楽

AirPods Proは多分それなりに音質は良いんだろうけど俺にはよくわからないし、値段が高くて紛失と盗難が怖い。AirPods Proは精々金持ちの道楽だなという印象で、3万円はイヤホンにかける金額としては高すぎる。

AirPodsを買うくらいならAirPods Proを買った方が良いけど、単純に完全独立型イヤホンが欲しいならAnkerのSundcore Life P2が最適解だと感じた。

TWSはウェアラブルの最適解

アップルウォッチではなくTWSイヤホンこそがウェアラブルデバイスとして最強である理由を解説しています。

TWSこそが最強のウェアラブルデバイスである理由【独立型イヤホン

続きを見る

AirPods Pro動画レビュー

【SOUNDPEATS Truengine SEレビュー】通話しない人の最適解

続きを見る

【Soundcore Life P2レビュー】打倒AirPods Pro

続きを見る

【SOUNDPEATS Truengine2レビュー】音質特化で安いTWイヤホン

続きを見る

【CARD20レビュー】AirPodsの半分。薄くて軽すぎるTWイヤホン

続きを見る

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【2020年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

お得情報 ライフハック

2020/4/1

【東京都の一人暮らし】渋谷区6畳一間の生活費を解説【約16万円】

Youtubeぼーっと眺めてたら月の出費内訳を公開しているOLの動画があって、なにこれすげぇおもしれーおれもやろーって思ったんだけど、急に動画にすると色んな抜け漏れが発生するから、まずは記事にすることで動画のクオリティを高める。 ということで今回は都会へのアクセスを何より重視して渋谷駅徒歩圏内の一人暮らしとしては最低ラインの生活を送っているであろう俺の月の出費をまとめる。これから都会での一人暮らしを検討している人は参考にしてほしい。そろそろ結婚したい。 一人暮らしの生活費を下げる方法 ガジェマガの過去の記 ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 体験談

2020/6/5

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 ライフハック 体験談

2020/10/27

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-オーディオ, スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.