ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

オーディオ スマホ・タブレット

【AirPods Proレビュー】3万は高い。Android可

2019年10月31日

イヤホンに3万円なんて絶対正気の沙汰じゃない。そもそも俺は音楽にほとんど興味が無いし、作業中にアマゾンミュージックの適当なプレイリストを流す程度なのに、AirPods Proを試着した時のあまりのノイズキャンセリング効果にその場で即決してしまった。iPhone持ってないのに。

今回は俺史上最も高いイヤホンの買い物となるAirPods Proを購入したレビューと、Androidスマホでの使用感を解説する。この体験には金額には代えられない価値がある。悔しい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

AirPodsProは史上最強のノイズキャンセリング

AirPodsがApple純正の完全独立型イヤホンでありその元祖だということは有名すぎるからその説明は省くとして、今回発売されたAirPods Proの魅力は史上最強クラスのノイズキャンセリング機能を搭載していることなんだ。

今までは完全独立型のノイズキャンセリングイヤホンといえばSONYのWF-1000XM3の独壇場だったんだけど、そこにAirPodsProが追従した。

まだ発売してから1日しかたっていないというのにそのノイズキャンセリングの評判が凄すぎるから、そんなに音楽に興味がない俺も珍しくアップルストアに足を運んでみることにした。

AirPods Proのノイズキャンセリングはまるで水中

で、実際試着してみるとマジでヤバイ。今までノイズキャンセリングイヤホンなんか使ったことが無いというか、そもそもイヤホンに1万円以上を払ったことも無かったんだけど、AirPods Proの体験は感動的。

耳に着けた瞬間明確に周囲の音がスッと消える。AirPodsProの装着はまるで水中に入ったかのような感覚で、疑う余地がないレベルでノイズキャンセリングの効果をはっきりと感じた。これはヤバイ。

その時のツイートがこれ。

ノイズキャンセリングはAndroidスマホでも利用可能

次に気になるのは果たしてノイズキャンセリングがAndroidスマホで使えるかということだった。俺は別にiPhoneにアレルギーがあるわけではないんだけど、俺の生活にDSDS機能が欠かせないことからiPhoneは選択肢から外していた。

iPhoneは持ってないけどAirPods Proは欲しい。事前に初代のAirPodsはAndroidスマホでも通常のBluetoothイヤホンとして使える情報は掴んでいたから、AirPodsProにも可能性はある。

重要なのは下記2点

AndroidスマホでAirPodsProが使えるか

AndroidスマホでAirPodsProのノイズキャンセリングが使えるか

この2点を店頭デモ機で検証させてもらった結果、俺のAndroidスマホのMate 20 Proで両方問題なく動作したからその場で購入した。人生初のアップルストアでの買い物だった。

AirPodsProのノイズキャンセリングの構造

AirPods Proには片方につき2つのマイクが搭載されていて、そのマイクで外音を拾うことでノイズキャンセリング機能を実現している。

AirPodsProから搭載されたノイズキャンセリングには3つのモードが用意されている。

  • ノイズキャンセリング
  • ノイズキャンセリングオフ
  • 外音取り込み

ノイズキャンセリング

AirPodsProの目玉機能。AirPodsProのマイクで拾った外音と対になる音を出すことで外音を打ち消す。マジで水中にいるみたいに急に周囲の音が聞こえなくなる。

ノイズキャンセリングオフ

単純にノイズキャンセリング機能をオフにするモード。通常のカナル型イヤホンになる。

外音取り込み

ノイズキャンセリングを応用したモードで、AirPods Proの外部マイクで拾った音を音楽と一緒にイヤホンから出すことで、まるでAirPods Proを装着していないかのように外音をクリアに聞き取ることができる。

ノイズキャンセリングはAndroidスマホでも動作

注目したいのはAidPodsProのノイズキャンセリング機能がAirPods Pro単独で動作することなんだ。

iPhone以外でもノイズキャンセリングが利用可能

iPhoneとのペアリングを待つまでもなく、AirPods Proを耳に入れた瞬間からノイズキャンセリングが動作する。

つまり、接続機器がiPhoneである必要はなく、AndroidでもパソコンでもOKだし、なにも接続していなくてもOK。色々閉鎖的で囲い込みが目立つApple製品では珍しい仕様だった。

AirPods Pro単独で外音取り込みの切替可能

しかもノイズキャンセリングと外音取り込みのモード切り替えはAirPodsPro単独で操作できる。

AirPods Proのうどん部分のくぼみが感圧センサーになっているから、

ここを1秒ほど摘まむことでノイズキャンセリングと外音取り込みを切り替えられる。

逆にiPhoneを使わない限りノイズキャンセリングをオフにはできないんだけど、どうせオフにはしないし問題ないと判断した。

シーンで使い分けられるノイズキャンセリング

繰り返しになるけどAirPodsProの目玉はノイズキャンセリング機能だ。

自分だけ別世界に行けるノイズキャンセリング

カフェとか図書館で集中したいとき、自分の世界に入りたいとき、音楽に聞き入りたいときにAirPodsProのノイズキャンセリングをオンにすると驚くほど周囲の音をかき消してくれる。

ノイズが無いから小さな音でも音楽がクリアに聞こえる感覚が斬新だし、今まで聞こえなかった細かな音まで聞こえて驚く。

これは音質音痴でクソ耳素人の俺を感動させるレベルだから、気になる人は一度アップルストアで試着してみてほしい。

自分だけのBGMを流せる外音取り込みモード

外音取り込みはノイズキャンセリングと遂になる機能なんだけど、イヤホンを付けていないかのように外音を取り込んでくれるお陰でコミュニケーションを妨げない。

まるで自分の世界にだけBGMが流れている感覚で、外の音と音楽を同時に楽しめる。

この機能も思っている以上に感動する。イヤホンを外してもつけても外音の聞こえ方が変わらないのは今までにない感覚だった。こんなに小さいのにこれだけの機能が詰まっているのが恐ろしい。

AirPods ProのAndroidでの操作方法

AirPods ProはiPhone用に作られているから、iPhoneと接続していればSiriの呼び出しとかもできるんだけど、Androidの場合はグーグルアシスタントには非対応。

操作できる項目は下記2つのみ

うどん部分を長くつまむ ⇒ ノイズキャンセリングと外音取り込みのモード切り替え

うどん部分を短くつまむ ⇒ 音楽の再生、停止

音量の調整とか曲送りはできないけど、どうせポケットかカバンにスマホが入っているし特に困らない。

基本的に完全独立型イヤホンは曲の再生停止ぐらいしか機能が無いものが多い。

AirPods Proのスペック

AirPods Proのスペックは下記。

防水性能 耐汗耐水性能(IPX4相当)
使用可能時間 1回の充電で最大4.5時間の再生時間(ケース込みで24時間以上)
ケース仕様 ワイヤレス充電ケース

AirPods Proは完全独立型イヤホンとしてはおなじみの充電ケースが付いているんだけど、このケースから取り出すことによって自動的に電源がオンになって、前回接続していたデバイスに繋がる。

AirPodPro本体に電源ボタンは無いから、電源を切りたいときはケースに収納して蓋を閉めればOK。自動的に電源が切れて充電が開始される。

AirPodsProはケースがワイヤレス充電に対応

このケースの充電端子は全人類に嫌われているLightning端子なんだけど、

AirPods Proのケースはワイヤレスでの充電にも対応してるから、今まで使っていた置くだけ充電器がそのまま使える。

Lightningケーブルを使わなくて良い仕様が嬉しい。

スマホでの逆無線充電にも対応

俺のMate 20 Proはワイヤレス逆充電にも対応しているから、AirPods ProのケースをMate 20 Proの背面に置くことでも充電が可能。死角が無い。

AirPodsProはカナブンより軽い

完全独立型イヤホンの小型化は日進月歩で進められているんだけど、AirPods Proも通常のAirPodsよりもうどん部分を短くすることで軽量化を図っている。

重量は一つにつき6グラム。平均8グラムのカナブンよりも軽い。

唇の恋人リップクリームと比較してもこんなに小さい。

ちなみにリップクリームは10グラムだった。

AirPods Proはその収納ケースも小型化が進んでいてとにかく小さい。

イヤホンを収納したケースの重量は56グラム。ジャンガリアンハムスター2匹分しかない。

ジーパンの前ポケットに入れても全く邪魔にならないサイズ感が嬉しい。これで24時間以上使えるんだからすごい。

本体が小型化したことによってイヤホン装着時のうどん感はかなり薄まった。

個人的にうどんのデザインは好きだからせっかくならもっとアピールしてほしいんだけど、小型化には代えられない。

AirPodsProに3万円の価値は無い

さてここまで絶賛しておいて突然ではあるんだけど、俺はAirPods Proに3万円の価値無いと思う。

AirPodsProに利便性の向上は無い

俺の耳が糞過ぎて音質を聞き分けられないとか俺が音質に拘りが無さ過ぎるとか色々個人的な事情はあるんだけど、単純に音楽を聴く用途だけならAirPods Proはなんと5,000円で販売されているAnkerの完全独立型イヤホンと何一つ変わらない。

たしかにノイズキャンセリングは楽しいし、外音取り込みモードも画期的。この体験による感動は金額には代えられないんだけど、逆にそれがあったところで何一つ便利になってはいない。

完全独立型イヤホンの登場がVHSからDVDへの進化なのに対して、ノイズキャンセリング機能の搭載はDVDからブルーレイへの進化に似ていて、利便性に与えるインパクトは弱い。

AirPods Proは金持ちの道楽

AirPods Proは多分それなりに音質は良いんだろうけど俺にはよくわからないし、値段が高くて紛失と盗難が怖い。AirPods Proは精々金持ちの道楽だなという印象で、3万円はイヤホンにかける金額としては高すぎる。

AirPodsを買うくらいならAirPods Proを買った方が良いけど、単純に完全独立型イヤホンが欲しいならAnkerのSundcore Life P2が最適解だと感じた。

AirPods Pro動画レビュー

【Soundcore Life P2レビュー】打倒AirPods Pro

先日AirPods Proを購入してレビュー記事を書いたんだけど、やっぱりどう考えてもイヤホンに3万円は高すぎる。 丁度タイミングよくAirPods Proの右側が壊れたこともあって修理するかクーリン ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/11/17

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/9/11

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容

2019/11/8

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット レビュー

2019/10/21

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

-オーディオ, スマホ・タブレット

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.