〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

デスク環境 ライフハック

【中古アーロンチェアの選び方】最強のオフィスチェア【機能の違い】

自分でもまさかと思ったけど奈良用に2台目のアーロンチェアを中古で買ってしまった。

俺も最初はただの所詮椅子じゃん?って思ってた。でも4年座って、もうアーロンチェアじゃないと満足できない体になってた。驚き。なんだかんだアーロンチェアは最強のオフィスチェアなんだと思う。

ただアーロンチェアは中古で買おうにも世代とかグレード、機能が多すぎて選択が難しいんだ。ということで俺がどういう基準で選んだのかを解説する。

トーマスです。TwitterYoutubeTikTokもやってます。【お問い合わせ自己紹介半生振り返り

この記事の目次(クリックでジャンプ)

【結論】クラシックフル装備ポスチャーフィットモデルを中古7万で買うべし

最初に結論から言ってしまうと俺は今からアーロンチェアを買うなら「アーロンチェアクラシック/フル装備/ポスチャーフィットBモデル」をお勧めする。

なぜならこのモデルには最強のオフィスチェアとして活用する為の全ての機能があるから。だから「アーロンチェアクラシック/フル装備/ポスチャーフィットBモデル」の中で自分が納得できる最も安い品質の中古品を選んでほしい。

それが俺の場合はメルカリで7万円の中古だったという話。なにがどう違うのかをこれから一つ一つ説明する。

アーロンチェアは最強のオフィスチェア

まずだけどアーロンチェアはオフィスチェアの王様と言われて久しいだけあって超作業性が高いんだ。そしてその高い作業性を実現できている理由は主に下記2点。

  • 腰のサポート(ポスチャーフィット)が優秀
  • 前傾チルトが可能

アーロンチェアは集中しやすい構造

アーロンチェアは一般的な椅子と違って微妙に前かがみになる前傾チルトが可能(写真右)。

更にポスチャーフィットという名の腰回りの補助が優秀だから正しい座姿勢を保ちやすいんだ。

故に長時間集中できるし体を痛めにくいというからくり。

間違ってもアーロンチェアはゆったり休めるソファーのような椅子ではないから注意。長時間集中して作業できるのがアーロンチェアの魅力。

アーロンチェアのその他の魅力

もちろんその他にも12年保証の圧倒的な耐久性とか蒸れないメッシュ素材とか洗練されたシンプルなデザインとか革製で加水分解しないひじ掛けとか色々あるんだけど、

なによりの魅力は前傾チルトとランバーサポートの2点。

この作業性に慣れると他の椅子に座れなくなる。というか実際に奈良でしばらく他の椅子で作業してみて、こんな椅子じゃ体痛くて仕事になんねーってことでアーロンチェアをもう一台購入してしまったという流れ。

アーロンチェア新品は超高い

ここまででアーロンチェア良さそうじゃん買いてーって思うかもしれないけどビビるほど高い。お値段なんと25万円。やってらんねー。

俺が4年前にアーロンチェアリマスタードを買ったときはまだ20万円だった。インフレ怖い。

流石に椅子に25万はそうそう手が出ない。でもアーロンチェアはその耐久性が売りでもある。つまり新品が買えないなら中古を買えばいいじゃない(トーマス:1986~)という話。

アーロンチェアのサイズとグレード

まずアーロンチェアには3つのサイズが存在する。

選び方のチャートは下記。ほとんどの人はBサイズに当てはまるから多分Bで良い。

Cはマジで座面が広くてソファーのような座り方になりがち。リラックスはできるけど作業には向かないからCに該当する人は買う前に一度試座してみるのがおすすめ。

アーロンチェアの4つのグレード

次にアーロンチェアのグレードは機能の数によって4つ存在する。それが下記。

アーロンチェアクラシック 1994~2018(中古が安い)

  • 7機能のフル装備モデル
  • 3機能のライトモデル

アーロンチェアリマスタード 2018~(中古も高い)

  • 7機能のフル装備モデル
  • 3機能のライトモデル

俺が渋谷で使ってるのが新しいリマスタードで、奈良で使ってるのが古いクラシック。

座り心地の違いは誤差でどちらも同じだと思っていい。リマスタードの方が若干前傾チルトの角度がきつい気がする程度。

買うなら絶対フル装備モデル

そしてせっかくアーロンチェアを買うなら絶対に機能が多いフル装備モデルを購入してほしい。というのもライトとフル装備だとアーロンチェア最大の魅力となる機能が全然違うんだ。それが下記。

ライト フル装備
座面高さ調整
リクライニング硬さ調整
リクライニング範囲調整
腰サポートの調整 ×
前傾チルト ×
アームの高さ調整 ×
アームの角度調整 ×

なによりライトには超重要な腰サポートと前傾チルトが付いてないから無し。アームの調整ができないのも地味に痛い。買うなら絶対フル装備モデルを買うべき。

買うなら絶対ポスチャーフィットモデル

最後のポイントが腰のサポート機構なんだ。アーロンチェアの腰のサポート機構には2002年まで使われていたランバーサポート(写真左)と2002年から使われているポスチャーフィット(写真右)がある。

ランバーサポートだと長時間快適に仕事をするための腰の補助が弱いからNG。絶対ポスチャーフィットを選ぶべき。しかもポスチャーフィットの方が明らかに見た目も良い。見た目大切。

アーロンチェアは中古相場も安定している

更にアーロンチェアは中古相場も比較的安定しているのも嬉しいポイント(⇒ 参考)俺が買ったアーロンチェアも中古で7万円だったんだけど、この値段は多分5年後もそう変わってない。

つまり必要無くなればほぼ同じ値段で売却もできる。と予想している。これは耐久性が売りのオフィスチェアならではの嬉しいポイント。

だから下手な3万程度の無名の椅子を買うくらいならとりあえず7万円のアーロンチェアの中古を狙えばOK。差額の4万で最上位モデルを体感できるし、失敗しても売ればいいからゴミにはならないはず。

【注意】ヘッドレストはマジで要らない

ところで良い椅子と言えばマッサージチェアのような包み込むデザインとヘッドレストは必須でしょ。って思うかもしれないけどマジでいらない。これは体験談。

というのも繰り返しになるけどアーロンチェアは作業を効率化するための椅子であって休むための椅子ではないんだ。作業中に首を預けられるシチュエーションなんかない。休みたいなら横になってほしい。

ヘッドレストは付けてもでかくて邪魔なだけ。俺は売却した。同じ過ちを繰り返さないで欲しい。

【アーロンチェア用ヘッドレストH4レビュー】いらない【社外品】

仕事道具として購入した最高級の椅子アーロンチェアを使い続けて早2年になるんだけど、Youtubeコメントでヘッドレストを取り付けると更に快適になるよと教えてもらい、試し始めて早2ヶ月。 全く快適になら ...

続きを見る

アームレストカバーはあり

逆にアームレストカバーをつけるのはあり。というのもアーロンチェアのアームレストは本革性だったり樹脂製だったりするんだけど、経年劣化による加水分解の報告は無いものの内部の油が浮いてくる報告はある。

そういう事態を防ぎつつ臭いものに蓋をするためにもアームレストカバーを使うのはあり。アームレストが傷つかないと精神衛生的にも良い。Amazonとかなら4000円くらいで良さげなのがある(⇒ 参考

アーロンチェアの正しい座り方

最後にアーロンチェアの正しい座り方だけ簡単に解説するとポイントは下記。

  • 足が地面にべったりつく高さに調整
  • 腰はできる限り後ろに引く
  • ひじ掛けはちょうど肘が来る高さに

オフィスチェアはもっと低くて良い

オフィスチェアの最適な高さは思っている以上に低いんだ。

重要なのは足がべったり地面につくこと、そして太ももの裏が椅子に触れない高さにすることだったりする。これで足への血流を確保する。

できる限り深く腰掛ける

あとできる限り深く腰掛ける。するとアーロンチェアのポスチャーフィットが腰のS字に沿ってサポートしてくれるから腰への負担を最小限に抑えられる。常に腰が背もたれに触れている座り方が理想。

作業中は背中を預けてもいいし、集中して作業したいなら預けなくてもOK。

前傾チルト(写真右)を使う場合は背中を預けないのが一般的。体に負担の無い姿勢ほどしんどい。前傾チルトは短期で集中したいときに使いたい。

どれでも良いならアーロンで良い

最初にも書いた通りアーロンチェアクラシック/フル装備/ポスチャーフィットの中古7万を狙うべしというのが俺の結論。

とはいえ実は他の高級チェアを知らないし座ったことも無い。なんせ20万を超える椅子なんて早々買うことも無い。

しかもオフィスチェアは少し座った程度だと違いがわからないんだ。結論を出すには長期間が必要。

とはいえ20万を超えてくるぐらいだから多分品質はそんなに変わらないと思う。どれもアーロンチェアを参考にしてるし研究してるはず。だからどれでも良いっちゃどれでも良いんだけど、どれも同じなら中古相場が安定しているアーロンチェアが無難だと思うという話。おわり。

おすすめ記事(おもしろいやつ)

スマホ レビュー

2024/7/10

【GalaxyS24レビュー】ほぼ100点。やっぱりカメラが弱い

Galaxyといえば世界で最も売れているスマホシリーズであり、全方位型の数少ない6.1インチコンパクトハイエンドなAndroidでもある。 その貴重なサイズ感を求めて俺はGalaxyシリーズをメインスマホとして利用するようになったんだけど、そのシリーズも遂に15作目となるGalaxy S24が発売されたからレビューする。 Galaxy S24の特徴 さてまずはGalaxy S24の特徴なんだけどこれが驚くほどGalaxy S23と変わっていない。具体的には下記で、 最高性能(Snapdragon8gen3 ...

失敗談・コラム 結婚生活

2024/1/23

【婚前契約書】結婚という不平等条約に防衛策を講じた話【泥沼離婚】

月刊ガジェマガでも書いたけど結婚する。予定。 まだしてない。あくまで予定。とはいえ結婚怖い。これは饅頭怖いとはわけが違う。マジで怖い。男の墓場。 なぜなら結婚は男に対する一方的な不平等条約だからなんだ。これが世の男性がなかなか結婚に踏み切れない理由でもある。それを少しでも改善したい。そう思って調べた結果、婚前契約書なる物を発見し締結するに至った。 だから今回は俺がなぜ婚前契約書を締結したのか、どんな内容なのかを世の結婚を迷える子羊に向けて解説する。参考にしてほしい。 結婚は圧倒的な不平等条約 上でも書いた ...

ライフハック 買ってよかったもの

2023/4/20

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 15位 黒 ...

スマホ レビュー

2023/4/19

【iPhone 14 Proレビュー】変化なし。最高品質の失敗作

iPhone14Proが発売されたのが2022年の9月。現在は2023年の4月。既に7か月が経過していてもう二番煎じどころの騒ぎじゃないぐらいレビューが遅れてるんだけど、こんなにテンションが上がらないスマホはなかった。 マジで13から変わってない。レビューの必要があるのか不明。でもせっかく15万も払って購入したんだからけじめをつける為にレビューする。 【結論】iPhone13ProのままでOK 最初にも書いた通りだけどiPhone14ProはマジでiPhone13Proから何も変わってない。だから今iPh ...

ライフハック 失敗談・コラム 感想

2023/7/9

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

俺の一軍 腕時計・スマートウォッチ・小物

2024/7/14

【ポケットと鞄の中身】身に着けてる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に鞄はいらないとかポケットを活用しろとかスマホはこれ使えとか有線イヤホンは使うなとか色々なことを言いすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることがたまにあるから、ここではポケットと鞄の中身と、ついでに小物類、衣服、靴などなど俺が日常身に着けてメイン利用している物と、それを使っている理由、そしてその感想を一言でまとめていく。ポケットと鞄の中身の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024 ...

メンズ美容・健康 失敗談・コラム

2024/2/16

【口コミ】ゴリラクリニックヒゲ脱毛で30万円提示された話【高すぎ

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

DIY ライフハック

2024/2/16

【ベッド拡張DIY】シングルベッドをセミダブルにした話【ニトリ】

一人暮らしだからと言ってシングルベッドに拘る必要があるだろうか、いやない(反語)。ということに一人暮らし10年目にして気づいたからベッドを拡張することにした。 いつの間にか6畳1Kの限界に挑むのが俺の生きがいになりつつあるんだけど今回は多分その集大成にして頂点。色々取り組んできた部屋改善は多分これで終わりになる。 ということで実際にベッドをどう拡張したのか、6畳でベッドを大きくして快適になったのか、生活に支障は出ないのかを解説したい。 6畳1Kの限界に挑む 繰り返しになるけど俺は10年間6畳1Kの激狭物件 ...

ライフハック 俺の一軍

2023/4/1

【ルームツアー】家で使ってる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここでは俺の家で今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。住環境構築の参考にしてほしい。 この記事では何か環境が変わるたびに内容を随時更新して俺の1軍をまとめる続ける予定(最終更新2022年11月10日) 家で使っている物一覧 まず俺が家の中で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ リビング環境 壁美人 テレビ ChromeCast Fir ...

DIY ライフハック 感想

2023/7/9

【壁掛けテレビの理想と現実】壁美人を3か月使った感想【賃貸】

賃貸でもテレビを壁掛け出来るのに原状復帰までできてしまう壁美人を導入してから早3カ月。まだテレビは一度も落ちていない。 とはいえ720個ものホチキスで取り付けるのってどうなの?とか、テレビを壁掛けにした不便はないの?と買いたいけど二の足を踏んでいる人は多いはず。 という仮定の下で壁美人を実際に3か月使った感想を書いていく。記事の内容的に楽だからという理由ではけっしてない。 壁美人はホチキスで壁に取り付け 壁美人の紹介記事でも書いた通りだけど、壁美人は720発ものホチキスで壁に取り付けることで25キロまでの ...

-デスク環境, ライフハック

Copyright© ガジェマガ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.