〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

スマホ

【iPhone13シリーズ】買うならProモデル。または11。

半導体不足での影響が懸念されていたiPhone13シリーズが9月15日に無事発表された。

Appleは毎回発表から発売が早いんだけど、iPhone13も例に漏れず発表から9日後の24日に発売する予定。このスピード感は相変わらず凄い。

ということで俺も急ぎどのiPhoneを検証用に購入するかを検討する。

トーマスです。TwitterYoutubeTikTokもやってます。【お問い合わせ自己紹介半生振り返り

この記事の目次(クリックでジャンプ)

iPhone13シリーズは4モデル

iPhone13シリーズの展開はiPhone12シリーズ全く同じ。mini、13の無印モデルと、Pro、Pro Maxの4モデルをラインナップする。それぞれのスペックは下記。

iPhone13mini / iPhone13 iPhon13Pro / ProMax
 ディスプレイ 5.4 / 6.1(有機EL) 6.1/6.7(120Hz有機EL)
解像度 2340x1080 mini
2532x1080 13
2532x1080 Pro
2778x1284 ProMax
CPU A15 A15
ストレージ 128/256/512 128/256/512/1T
セキュリティ
おサイフ
防水 IP68 IP68
デュアルSIM △(eSIM) △(eSIM)
重量 140(mini)173(13) 203(Pro)238(ProMax)
サイズ 73,5 x 159,2 x 8 71.5 x 146.7 x 7.65
価格 86.800円~(mini)
98,800円~(13)
122,800円~(Pro)
134,800円~(Pro Max)

基本的な違いは画面サイズのみで性能の違いはない。無印モデルとProモデルの違いは望遠カメラとかの機能的なモノになる。これもiPhone12と同じ。

iPhone12で不人気だったminiはiPhone13でも続投となるのが意外だった。mini本体のデザインは変わっていないから、使い回すことでiPhone12 miniへの投資分を回収しようとしているんだと思う。

iPhone13の全モデル共通進化点

iPhone13が買いかどうか、どのモデルを買うかを判断するにはまずiPhone12からの進化点を抑える必要があるということでさらっとまとめる。

まず全モデル共通のiPhone12からの進化点は下記。

  • A15チップ(処理能力向上)
  • ノッチが20%縮小
  • バッテリー向上
  • カメラが暗所に強くなった
  • 広角カメラのセンサーが1/1.7型化
  • 広角カメラに手振れ補正が追加
  • デュアルeSIMに対応
  • シネマティックモード(フォーカス可変)

A15チップ(処理能力向上)

毎年恒例ではあるけどiPhone13になることで搭載するCPUも改善。

これによって処理能力が更に上がったらしい。ただ、iPhoneは既にモンスター級の処理能力で使い道がないから、処理能力より省電力性能がどれくらい向上しているかに注目したい。

バッテリー向上

iPhone13はiPhone12よりもバッテリー容量が微妙に増えているらしい。とはいえ処理能力も向上しているからどこまでバッテリー持ちが改善しているかは不明。実際に検証して確認したい。

ノッチが20%縮小

今まで画面上部を独占していたノッチが20%縮小した。そこに新たな通知を表示するのかどうかは不明。画面領域が大きくはなるけど通知バーだから使用感に違いは無し。

カメラが暗所に強くなった

毎年おなじみではあるけどカメラが進化したらしい。具体的にはより暗所に強くなったんだとか。

iPhoneは11の段階から既にカメラ画質は綺麗で、それが12になったことで微妙に改善していたから、13でのさらなる改善に期待したい。この辺りは実際に購入してから撮影テストを行う予定。

広角カメラが改善、物理手振れ補正にも対応

カメラ周りでは広角カメラのセンサーサイズが1/1.7サイズに大型化。伴ってカメラ周りの配置が上下から斜めに変更された。

更に広角カメラが手振れ補正にも対応したらしい。広角カメラの動画撮影に関してはiPhone11の頃から神がかり的なソフトウェア手振れ補正を実現していたんだけど、ここに物理手振れ補正が加わることで更に安定する予定。

画質、手振れ補正で他の追随を許さない無敵の動画性能に期待。

デュアルeSIMに対応

地味にiPhone13シリーズはそのすべてがデュアルeSIMに対応した。物理SIMと合わせることで合計3つのSIMを管理できることになるけど、3番号が使えるのか、2番号までになるのかの詳細な仕様は不明。

個人的にはまだいまいち普及していないeSIMのデュアルに対応するよりも、普通に物理のデュアルSIMに対応してほしいんだけど望みはかなわなかった。eSIMはウェブ上での手続きが必要な分煩雑なのがデメリット。差し替えるだけで使える物理SIMの方が使いやすい。

あとiPhoneはデュアルSIMに対応してもデュアルアプリには対応していないから使い勝手が悪い。今後のOSのアップデートでLINEアカウントの複製に対応してくれることに期待したい。

シネマティック撮影に対応

iPhone13 Proのカメラは撮影後に被写界深度を調整できるシネマティック撮影に対応しているんだけど死ぬほどどうでもいい。

iPhone 13 Proモデル限定の進化点

次にProモデル限定の進化点をまとめる。Proモデルの進化点は下記。

  • リフレッシュレート120Hz対応
  • マクロ撮影対応(2センチ)
  • 望遠カメラの倍率が2倍から3倍に変更
  • 全カメラでナイトモードに対応

リフレッシュレート120Hzに対応

Androidのハイエンド機で当たり前になりつつあるリフレッシュレート120Hzに遂にiPhoneも対応することになった。これによって一秒間に画面が120回書き換わる滑らかな描写を実現する。

画面が滑らかになったところでなにが便利になるわけでもないんだけどその操作感は雲泥の差で全く違う。ただ、繰り返しになるけど何が便利になるわけでもないのが悩ましいところ。しかもバッテリー消費が爆増する。

マクロ撮影に対応(2センチ)

iPhone13のProモード限定で2センチまでのマクロ撮影に対応した。けど、接写はマジで使わないからどうでもいい。ないよりはマシ程度。一応マクロでの動画撮影も可能になるらしくて斬新。可能性は感じるけど多分使い道はない。

望遠カメラの倍率が2倍から3倍に変更

Proシリーズのみ望遠カメラに対応するのはiPhone11からの共通仕様なんだけど、その倍率が2倍から3倍になった。

これは良いチョイス。というのも最近は標準カメラの画質が向上しすぎて2倍望遠の画質が標準カメラの2倍切り抜きと代り映えしなくて存在意義を失いつつあったんだ。

3倍望遠であれば明確に標準カメラとも差が出るから使い分ける意義がある。しかも3倍なら盗撮も捗る。良い進化。

全カメラでナイトモードに対応

Proモデルのみ夜景をより鮮明写すナイトモードに対応しているんだけどiPhone13では望遠カメラを含む全てのカメラでナイトモードに対応した。良し悪しは不明。

iPhone13はゴミLightning端子が継続

その他呪われたLightning端子はiPhone13でも引き続き継続で糞。

既にiPadもMacBookもType-Cで統一されているのにiPhoneだけLightning端子なのは意味不明。いや、意味は分かる。金。

お陰でiPhoneのためだけに未だにLightningケーブルを捨てられない。しかもLightning端子はUSB2.0だから転送速度もクソでうんこ。iPhoneの検証動画をパソコンに転送するストレスが俺の肌荒れの原因になっている。いい加減にしてほしい。

iPhone13は指紋センサーなし

待望の指紋センサーは今回も非搭載。逆にAppleの頑なな姿勢を好きになりそう。

そもそもiPhoneSEだってiPadだって指紋センサーがついているんだし顔認証に拘る理由はないはず。それなのにiPhoneで指紋センサーを搭載しない理由がわからない。顔認証を継続するのは良いから指紋センサーを+αしてほしかった。

一応アップルウォッチをつけていれば連携してロックを解除できるようにはなるらしいんだけど、違う、そうじゃない。

120Hzというチキンレース

あと今回iPhone13 Proシリーズが遂に120Hzに対応することになったんだけど、Androidの歴史を見る限り120Hzはバッテリー消費がえぐい。ということでいよいよiPhoneもバッテリー消費のチキンレースに参戦することになった。俺は嬉しい。

一応iPhone13 Proのリフレッシュレートは10Hzから120Hzの可変で画面の動きに応じて変更することでバッテリーを節約するんだけどそれはAndroidスマホも同じ。

iPhoneだけが神がかり的な技術で謎の長時間バッテリーを実現してAndroidスマホに活を入れてくれることになるのか、それとも同じく沈むことになるのか先の展開から目が離せない。

iPhone13シリーズの価格設定は天才的

今回のiPhoneのラインナップはかなり悩ましい。去年まではProを買うやつはアホで済ませられたのに今年はそうはいかない。

というのもProモデルがそれなりに魅力的になってしまったんだ。リフレッシュレート120Hzは明確に使用感が変わるし、3倍望遠カメラも2倍と違って使い勝手がいい。無印モデルとの主な違いはこの2点ではあるんだけど、この2点が2年間続くのはマジでデカい。

iPhone13シリーズの価格

とはいえProモデルは当然価格も跳ね上がるのが悩み。それぞれの価格は下記。

  • iPhone 13 mini 86,800円
  • iPhone 13 98,800円
  • iPhone 13 Pro 122,800円
  • iPhone 13 Pro Max 134,800円

無印からProモデルで2.4万円も価格が上がる。ここが高い。悩む。

13かProかという葛藤

でも2.4万円を2年間で月割りするとたったの1,000円。これならありかなという気がしてくる。120Hzと3倍望遠のために月1,000円。これを払う価値は多分ある。

ProかPro Maxかという葛藤

よし、悔しいけどProを買おう。と思うと今度はPro Maxが射程に入ってくる。え、12,000円追加でProがMaxになるの?月換算で500円?じゃMaxの方が良くない?という感じ。

結果最初に健闘した無印モデルよりも36,000円高くなっているのに笑顔。段階を踏ませることで麻痺させられて価格差を受け入れてしまう。月換算の魔力怖い。

iPhone13かiPhone12かという葛藤

いや冷静になれ。贅沢はやめよう。そもそもiPhone12でもいいはず。そう、iPhone13の進化点は思っている以上に地味。iPhone12との体感できる違いはノッチのサイズのみ。このノッチのためにiPhone13を買うのは馬鹿らしい。丁度iPhone12が値下がりしたんだしそっちを買おう。ということで価格を比べると下記。

  • iPhone 13 98,800円(128ギガ)
  • iPhone 12 86,800円(64ギガ)

そして比較してiPhone13はストレージ容量が優れていることに気付く。7,000円足せばストレージが64ギガ増える。追加ストレージの64ギガは欲しいし、iPhone13が欲しくないわけでもない。ならiPhone13でいいかとなる。

アップルはマーケティングの天才

という感じ。アップルは消費者に言い訳を与えるのがうますぎた。悩みの過程で自然と上位モデルを選択させられてしまう。しかも無意識的に。怖い

これが世界を牛耳るGAFAの頭脳。iPhone13シリーズのラインナップにはアップルの天才的なマーケティングが集約されていた。

ということで俺はPro Maxを買う。非常に腹立たしい。

iPhone 13 Pro MaxかiPhone 11

いやPro Maxなんか高くて買えねぇよって人にはiPhone 11がおすすめ。iPhoneの無印モデルは11で完成されていて、13も11も大きく変わり映えしない。

だからiPhone 13 Pro Maxを妥協してiPhone 13を買うのはナンセンス。どうせ妥協するならiPhone 11まで妥協してしまえばいい。11ならahamoで5万円。アップルストアでも61,800円で購入できる。ここまで安いならiPhone 11を選ぶ価値はある。

もちろん13で劇的にカメラが改善していれば話は別。その辺りはレビュー記事を待ってほしい。相変わらずアップルはマーケティングの天才だった。悔しい。

【動画で解説】iPhone 13シリーズ

おすすめ記事(おもしろいやつ)

スマホ レビュー

2022/12/15

【Pixel 7 Proレビュー】最も理想的なAndroidスマホ

いつの間にかPixelシリーズの年一回の発売が恒例になり、Tensor搭載後はブランド力も獲得し、独自機能も増え、毎年のPixel発売が話題になるようになった。 そして今年も俺の手元には最新となるPixel 7 Proがある。ということで今年も今年のPixelはどうなのかをレビューする。 【結論】Pixel 7 Proはバージョンアップ版 先に結論から言ってしまうとPixel 7 ProはPixel 6 Proのバージョンアップ版に過ぎず、ほぼ変化がない。実際に使用感に影響する進化点は下記の2点のみ。 超 ...

デスク環境 パソコン・周辺機器

2024/2/19

【デスクツアー】デスクアイテム一覧と使ってる理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここではデスク環境周辺で俺が今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。デスク環境構築の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024年2月12日) デスク環境周辺で使っている物一覧 まず俺がデスク環境周辺で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ デスク・椅子 Fle ...

ライフハック 買ってよかったもの

2023/4/20

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 15位 黒 ...

スマホ レビュー

2023/4/19

【iPhone 14 Proレビュー】変化なし。最高品質の失敗作

iPhone14Proが発売されたのが2022年の9月。現在は2023年の4月。既に7か月が経過していてもう二番煎じどころの騒ぎじゃないぐらいレビューが遅れてるんだけど、こんなにテンションが上がらないスマホはなかった。 マジで13から変わってない。レビューの必要があるのか不明。でもせっかく15万も払って購入したんだからけじめをつける為にレビューする。 【結論】iPhone13ProのままでOK 最初にも書いた通りだけどiPhone14ProはマジでiPhone13Proから何も変わってない。だから今iPh ...

ライフハック 失敗談・コラム 感想

2023/7/9

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

俺の一軍 腕時計・スマートウォッチ・小物

2024/2/16

【ポケットと鞄の中身】身に着けてる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に鞄はいらないとかポケットを活用しろとかスマホはこれ使えとか有線イヤホンは使うなとか色々なことを言いすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることがたまにあるから、ここではポケットと鞄の中身と、ついでに小物類、衣服、靴などなど俺が日常身に着けてメイン利用している物と、それを使っている理由、そしてその感想を一言でまとめていく。ポケットと鞄の中身の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024 ...

メンズ美容・健康 失敗談・コラム

2024/2/16

【口コミ】ゴリラクリニックヒゲ脱毛で30万円提示された話【高すぎ

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

DIY ライフハック

2024/2/16

【ベッド拡張DIY】シングルベッドをセミダブルにした話【ニトリ】

一人暮らしだからと言ってシングルベッドに拘る必要があるだろうか、いやない(反語)。ということに一人暮らし10年目にして気づいたからベッドを拡張することにした。 いつの間にか6畳1Kの限界に挑むのが俺の生きがいになりつつあるんだけど今回は多分その集大成にして頂点。色々取り組んできた部屋改善は多分これで終わりになる。 ということで実際にベッドをどう拡張したのか、6畳でベッドを大きくして快適になったのか、生活に支障は出ないのかを解説したい。 6畳1Kの限界に挑む 繰り返しになるけど俺は10年間6畳1Kの激狭物件 ...

ライフハック 俺の一軍

2023/4/1

【ルームツアー】家で使ってる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここでは俺の家で今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。住環境構築の参考にしてほしい。 この記事では何か環境が変わるたびに内容を随時更新して俺の1軍をまとめる続ける予定(最終更新2022年11月10日) 家で使っている物一覧 まず俺が家の中で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ リビング環境 壁美人 テレビ ChromeCast Fir ...

DIY ライフハック 感想

2023/7/9

【壁掛けテレビの理想と現実】壁美人を3か月使った感想【賃貸】

賃貸でもテレビを壁掛け出来るのに原状復帰までできてしまう壁美人を導入してから早3カ月。まだテレビは一度も落ちていない。 とはいえ720個ものホチキスで取り付けるのってどうなの?とか、テレビを壁掛けにした不便はないの?と買いたいけど二の足を踏んでいる人は多いはず。 という仮定の下で壁美人を実際に3か月使った感想を書いていく。記事の内容的に楽だからという理由ではけっしてない。 壁美人はホチキスで壁に取り付け 壁美人の紹介記事でも書いた通りだけど、壁美人は720発ものホチキスで壁に取り付けることで25キロまでの ...

-スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.