ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

カメラ レビュー

【悲報】GoPro HERO 7はクソ。強みは画質と手振れ補正だけ

2019年4月19日

先月バイクを購入したついでにせっかくバイクに乗るならモトブログでも始めるかと思って機材を色々揃えているんだけど、購入したGoPro HERO 7に悩まされ続けている。

今回はGoPro HERO 7がどうして糞なのかということを力説する。

モトブログとは

モトブログはバイクのヘルメットにカメラを装着して、しゃべりながら走行中の映像を撮影する動画のこと。動画なのにブログと表現される由来はよくわからないけど、運転手目線の臨場感のある映像が撮れることから地味に人気があるジャンルだ。

ドライブレコーダーとモトブログの違い

モトブログはドライブレコーダーと違ってヘルメットにカメラを装着するから視点がライダーと一致する。ドライブレコーダーの単調な映像ではなく、ライダーが気になったものを追体験できる映像がモトブログの魅力だ。

せっかくバイクを購入したんだからやらない手が無い。バイクを購入するポイントをまとめた記事はこちら。

初心者が中古バイクを購入する時に最低限見るべきポイントは3つ

続きを見る

GoPro HERO 7はクソ

さて今回俺もモトブログを始めるために人生で初めてのアクションカメラを検討して、悩みに悩んだ結果GoPro HERO 7を購入したんだけど、俺は怒りに震えている。

GoPro HERO 7はなにもかもがとにかく高いし、至らないところが多すぎる。こんな商品がアクションカメラ業界のトップに君臨していることに対することに対する抵抗の表明として、この記事ではGoPro HERO 7に対する怒りをぶちまける。

GoPro HERO 7は本体価格5万円越え

まず何よりもここに文句を言いたい。GoPro HERO 7は信じられないほど高い。スマホでも5万円が高いと言われているのに、動画撮影以外に脳が無いこんな小さな機材に5万円は超高い。

ただ、実際に買ってみると中華製のパチモンと比べるとかなり高級感はあったから少し納得はしたんだけどそれでも5万は高い。

GoProは最上位モデル以外がクソ

GoPro HERO 7には5万円の最上位モデルのBlack以外にもSilverとWhiteの下位モデルがあるんだけど、主な違いが下記。

Black Silver White
手振れ補正 HyperSmooth 標準 標準
外部マイク利用 × ×
写真 12MP 10MP 10MP
ビデオ 4K60 4K30 4K30
スマホ連携
タイムラプス
GPS ×
防水性能 10M 10M 10M

これを見ても分かる通り、GoProを選ぶ理由となるHyperSmooth手振れ補正は最上位機のBlackでしか利用できない。しかも外部マイクでの音声入力も最上位モデルのみ。

その他スマホ連携とかタイムラプスとかは全モデルで対応してるんだけど、違う違う、そうじゃない。

GoPro HERO 7の付属ケースがクソ

GoPro HERO 7はありがたいことに専用のケースに入った状態で届くから、そのケースをそのまま活用できるんだけど、

このケース、なんと充電ケーブルを接続するための穴が開いていない。もちろん電池交換用の穴も開いていない。

ケーブルに接続して充電したければわざわざケースからGoProを取り出さないといけない。

GoProのバッテリーはもって2時間程度だから、長時間の撮影は充電しながら行いたいのにこのケースを付けているとそれができない。つまり別途ケースを購入する必要がある。

Type-C端子の蓋は取り外せるようになってるから付属のケースがそのまま使えた。付属のケースに入れるとバッテリーは取り外せないけど充電しながらの利用は可能。

5万円という価格が頑丈さを乗り越える

でもそもそもGoPro HERO 7は雑に扱うことを前提に作られてるんだからケースの収納とか気にするべきじゃないという気持ちはわかるけど、5万円という本体価格が頑丈さを打ち消す。傷をつけたくない。価値を下げたくない。5万円高い。

GoPro HERO 7には外部マイク端子が無い

一番衝撃的だったのがこれ。なんとアクションカメラ界の王者に君臨するGoProには外部マイクの入力端子が無い。5,000円で手に入る中華製のアクションカメラですらついているというのに(倒置法)

もちろん俺が調べてなかったのが悪い。

モトブログはヘルメットの外側にカメラを付ける関係上GoProの内部マイクだと風切り音しか拾えない。モトブログを始めるには外部マイクをヘルメットの内部に忍ばせる必要がある。

外部マイクアダプターがクッソ高い

ただ、GoProは外部マイクには一応対応していて、外部マイクアダプターを購入することで外部マイクを接続できるようになる。

なんだよかった安心と思いきや、外部マイクアダプターが純正以外存在しない上に、幹並品切れ状態で、転売屋が倍の価格で販売している始末。

5万円+1.4万円+α

しかも外部マイクアダプターは純正で7,000円もする。GoProは5万円もするのに更に7,000円も払わないとGoProにマイクを接続することもできない。でも転売屋はそれを14,000円で販売している。ブチギレ。

もちろんマイクだって別途購入しないといけない。お前どんだけ金かかるんだよ!!!!!!

GoPro HERO 7の付属アクセサリーがクソ

モトブログを始めようと思うとGoProをヘルメットに取り付けないといけないんだけど、GoPro購入時についてくるパーツはたったのこれだけ。

一応ヘルメット等の湾曲している部分に貼り付けられるアクセサリーは標準でついてるんだけど、これだけで一体どうしろと。

というわけでGoPro+外部マイクアダプター+マイク+取付用アクセサリーまで購入しないといけない。

モトブログを始めるための初期投資は約7万円まで跳ね上がる。

GoPro HERO 7の手振れ補正は最強

そうまでしてどうしてGoPro HERO 7を選ぶ。お前はアホなのか。という話なんだけど、GoPro HERO 7の手振れ補正は紛れもなく最強。

マジでジンバル内蔵してるんじゃないかと疑うレベルで滑らか。今後Youtubeの動画レビューもする予定だけど、残念ながら現存する他のアクションカメラは手振れ補正においてはGoPro HERO 7の足元にも及ばない。

GoPro HERO 7の画質も最強

しかもGoProの画質も最強なんだ。全く同じサイズの中華アクションカメラは多数存在するけど、フルHDで撮影した時の繊細さが全く違う。

更にソニー製のアクションカメラとか日本未発売のY!のアクションカメラとかもそこそこ良い値段がするんだけど、手振れ補正だけでなく画質でもGoProが一番綺麗。

GoProは画質と手振れ補正以外がクソ

つまりGoProは最強の画質と最強の手振れ補正というたった2つの武器で他社を圧倒することによって無茶苦茶な値段設定を実現している。

だって動画のクオリティに拘りたいならGoPro以外に選択肢がない。だから例えGoProの値段設定が10万円だろうと売れる。どうかしてるぜ!!!!

GoProは5万円じゃない

最強の画質と音質を手に入れたいのであれば現状GoPro HERO 7のBlack以外に選択肢がない。

今後GoProの購入を検討している人は色々込みで7万円近くの出費が必要になるということを認識したうえで挑んでほしい。俺は怒りに震えている。

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/6/17

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/8/1

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ReadMore

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-カメラ, レビュー

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.