ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

カメラ 自転車・バイク

【GoPro HERO 8メディアモジュラーレビュー】やっと完成

2020年1月28日

待ちに待ったGoPro HERO 8専用のメディアモジュラーがやっと届いた。これによってやっとGoPro HERO 8が完成形になった。

GoProなんてほとんどの人は持ってないしそもそも興味も無いのもわかってるけど、今回はGoPro HERO 8を完成させるオプションパーツであるメディアモジュラーについてレビューする。

GoProの購入を検討している人、モトブログを始めようとしている人は参考にしてほしい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

【動画レビュー】GoPro HERO 8メディアモジュラー

動画でもレビューしています。多分文章よりわかりやすいです。

使って初めて分かったGoProの魅力

そもそも論にはなるんだけど、GoProの必要性ってなに?って話からする。

スマホですらビデオ撮影が出来てしまうこのご時世でGoProが一体何のために存在しているのかわからない人が大多数だと思う。

かくいう俺もGoProを購入するまではその魅力をよくわかっていなかったんだけど、実際に使ってみて初めてGoProが唯一無二のカメラだということに気付けた。

GoProの3つの魅力

GoProの魅力は大きく下記の3点

  • 圧倒的画角
  • 手振れ補正
  • 超小型

GoPro最大の魅力はその圧倒的な画角と手振れ補正を超小型サイズに収めたことなんだ。

実際スマホと比較してもGoProはこんなに小さい。

厚みもスマホ3台分を下回る程度だから、最悪ポケットに入れてラフに持ち運ぶこともできる。

GoProはスマホと比べても遥かにコンパクトだから、ヘルメットとか肩に取り付けても邪魔にならない。カメラを持たない”ながら”撮影に最適なんだ。

しかもGoProはこんなにコンパクトなのに超広角カメラと強力な手振れ補正がついていて、スマホよりもヌルヌルで鮮明な動画を撮影できてしまう。

スマホの動画撮影の弱点

スマホでもビデオ撮影は出来るんだけど、GoProほどの画角では撮影できないし、GoProほどの手振れ補正も無い。

GoProは画角が超広いから適当に撮っても見切れにくいし、強力に手振れが補正されていて映像が滑らかだから見やすい。

気軽に超適当に撮影してもそれなりの映像が撮れてしまうのがGoProの魅力だ。

サンプル映像として、全てGoPro HERO 7で撮影した日本半周のダイジェスト動画を見てほしい。

【注意】中華アクションカメラは安物買いの銭失い

GoProと似た製品としてアマゾンに多数の中華アクションカメラがあるんだけど買ってはいけない。

俺もGoProを買うまではAmazonの中華アクションカメラでも問題ないと思ってたけど、実際にGoProと比較すると画質も音質も雲泥の差で、安物買いの銭失いにしかならない。

GoProも7の中古なら3万円を切るくらいで買えるようになってるから、絶対にGoProを選択してほしい。

昔購入した中華アクションカメラは今はバイクの後方ドライブレコーダーとして活用している。メインカメラとしては到底使えない。

中華アクションカメラをバイクの後方ドライブレコーダーにする方法【公道トラブル抑止】

続きを見る

GoProは外部マイク取り付けが手間

GoProはこと動画撮影においては威力を発揮してくれる製品なんだけど、ビデオカメラの癖に標準で外部マイクを取り付けられないのが欠点だった。

これに対応すべくGoProで外部マイクを取り付けるためのアダプターを別売りしていて、俺もHERO 7まではその外部マイクアダプターを専用のケースに収納して使っていた。

HERO 8でフルモデルチェンジ

今回HERO 8になってGoPro本体のサイズが大きくなったことで、HERO 7まで使っていた専用ケースと外部マイクアダプターが使えなくなっていた。

HERO 8はメディアモジュラーで外部マイクに対応

ということでHERO 8に外部マイクを取り付けるための専用パーツとして、ようやくメディアモジュラーが発売された。

メディアモジュラーをGoPro HERO 8に取り付けることで晴れて外部マイクを使えるようになる。

このメディアモジュラーが発売から1か月遅れでようやくうちにも届いたから簡単にレビューする。正直最初から付けとけよと思う。

GoProが5万もするのにメディアモジュラーは9,500円もする。GoProは色々金かかりすぎ。

GoProにマッチするメディアモジュラーのデザイン

今までのGoProは外部マイクを取り付けるためにアダプターを購入した上で、それを収納するケースを別途購入する必要があったんだけど、

【モトブログのカメラはGoPro一択】始め方とおすすめ必要機材

続きを見る

GoPro HERO 8のメディアモジュラーはケースと外部マイクアダプターが一体型になった作りで超合理的で、デザインも一体感があって良い。

メディアモジュラーの取り付けは簡単

取り付けはGoPro HERO 8本体をケース奥までスライドさせるだけ。Type-C端子で自動的に接続される。

外部マイクでクリアな録音に対応

メディアモジュラーの右上にはマイクが取り付けられていて、GoPro本体の内蔵マイクよりクリアな音質での録音が可能。

このマイクは背面までつらなっていて前方だけでなく後方の音にも対応する。

メディアモジュラーマイクの音質はYoutubeで確認してほしい。

メディアモジュラーはイヤホンジャック対応

メディアモジュラーの背面にはHDMI、Type-C、イヤホンジャックが付いていて、各種外部機器への接続に対応する。

Go Pro HERO 7より27グラムも軽い

GoPro HERO 8は本体にマウントパーツが取り付けられているんだけど、メディアモジュラーはGo Pro HERO 8本体のマウントに干渉しない作りだから、そのまま利用可能。

このお陰でメディアモジュラーを取り付けても重量は164グラムと軽い。

ちなみにGo Pro HERO 7は外部マイクを使える状態にすると191グラムにもなる。

HERO 8になって27グラム軽くなったのは地味に嬉しい。

GoPro HERO 8 メディアモジュラーの使い方

GoPro HERO 8のメディアモジュラーの使い方は超簡単。

外部マイクが繋がっていれば自動的に外部マイクで録音するし、

外部マイクが繋がっていなければ右上のマイクで録音する。

切り替えは完全に自動。一応手動での切り替えも可能。

メディアモジュラーのモトブログでの注意点

さて俺が今回Go Pro HERO 7を持ちながらGoPro HERO 8とメディアモジュラーを購入したのは日本一周の後半戦を少しでも綺麗な画質で記録したかったからなんだ。

画質の向上はかなり微妙

ただ、Youtube動画で比較してたんだけどGo Pro HERO 7とHERO 8の画質の差はかなり微妙。

ほんの少しだけHERO 8の方が綺麗だけど、買い替える価値があるかは不明。手振れも全然変わらない。

ヘルメットの取り付けにも変更が必要

さらに、HERO 7からHERO 8に置き換えるにあたって、ヘルメットの取り付けにも変更が必要になる。

今まではマウントアクセサリーを右側から取り付けていたんだけど、

GoPro HERO 8のメディアモジュラーは右背面にイヤホンジャック端子がある関係から

思いっきりマウントパーツと干渉する。

つまりヘルメットへの取り付けを左側からに変更しないといけない。

更に、メディアモジュラーがコンパクトになることからHERO 7とは高さも角度も違う。

これも改めて微調整が必要。

HERO 7とHERO 8の違いまとめ

改めてGoPro HERO 8とメディアモジュラーの良いところをまとめると下記。

  • 画質若干向上
  • コンパクトなサイズ感
  • デザインが良くなった

HERO 7とHERO 8の差はかなり微妙ではあるんだけど、金額の差も大きくはないから、好きな方を買えばいいと思う。

画質の違いは下記動画で確認してほしい。

動画発信を始める人にGoProはおすすめ

なんだかんだ俺はGoPro HERO 7を購入したことで日本半周も記録したし、Youtubeの撮影も基本的にGoProを使っているから、GoProを購入して良かったとは思っている。

ただ、Youtubeを始める予定の無い人がGoProを購入して日常利用で役に立つかは微妙。

ということで、GoProは今後モトブログとかYoutubeとかの動画発信を頑張りたいと思うタイミングで購入すればいいと思う。

あと既にHERO 7を持っている人は敢えて買い替える必要はないと思う。そんなに違いが無い。

【モトブログのカメラはGoPro一択】始め方とおすすめ必要機材

続きを見る

【動画レビュー】GoPro HERO 8メディアモジュラー

バイク日本一周まとめ

2019年4月にガジェマガで独立して、それを機にバイクで日本半周してきたのでその様子を記事とYoutubeにまとめています。

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【2020年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

お得情報 ライフハック

2020/4/1

【東京都の一人暮らし】渋谷区6畳一間の生活費を解説【約16万円】

Youtubeぼーっと眺めてたら月の出費内訳を公開しているOLの動画があって、なにこれすげぇおもしれーおれもやろーって思ったんだけど、急に動画にすると色んな抜け漏れが発生するから、まずは記事にすることで動画のクオリティを高める。 ということで今回は都会へのアクセスを何より重視して渋谷駅徒歩圏内の一人暮らしとしては最低ラインの生活を送っているであろう俺の月の出費をまとめる。これから都会での一人暮らしを検討している人は参考にしてほしい。そろそろ結婚したい。 一人暮らしの生活費を下げる方法 ガジェマガの過去の記 ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 体験談

2020/6/5

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/5/17

【iPhoneSEレビュー】ライトユーザーへの最適解。俺はいらない。

全く使う気はないんだけどあのAppleが最強のA13チップ搭載iPhoneを5万で出すなら買わない理由が無い。ということで完全に金のためだけにiPhoneSEの128ギガモデルを購入したから忖度一切なしでレビューしていく。 もちろんYoutube動画にもする。Appleは金になるから好き。 新型iPhoneSEの特長 まず最初に新型iPhoneSEの特長は下記。 待望の4.7インチ小型iPhone 148グラム超軽量 指紋センサー搭載 A13チップ搭載 正直カメラと性能を良くしただけのiPhone8だから ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

-カメラ, 自転車・バイク

Copyright© ガジェマガ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.