ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

カメラ

【初心者向け】Lightroomで写真編集する方法【設定解説】

ガジェマガさんはいつも写真がきれいですね、というコメントは相変わらず一件もないんだけど、文字しかないブログでライバルに勝つためには写真の画質が絶対的に重要というのが俺の持論で、ガジェマガでは全ての写真を掲載前にLightroomで加工して見やすくしてる。

実際に写真撮影の際に気を付けていることは以前別の記事で解説したんだけど、

【商品写真の上手な撮り方】プロっぽく撮影するコツと使用機材を解説

続きを見る

今回は実際に撮影した写真をLightroomでどんな風に加工しているのかを解説する。写真編集で悩んでいる人の参考にしてほしい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

現在の撮影環境

写真の加工方法を解説する前にまず俺の現在の写真撮影環境を簡単に解説する。使っている機材、アプリは下記。

α7Riii

SONYα7Rii

カメラはソニーのフルサイズミラーレス一眼のα7Riiiを使用している。αシリーズは既に新型のα7RⅣが発売されているんだけど、俺にはかなりのオーバースペックだと思うからスルーしてる。

α7Riiiは全く不満が無いほぼ完ぺきなカメラで今のところ買い替え予定はなし。

ただ、価格が中古でも18万ほどとかなり高いから最初の購入がしんどい。仕事で使わない限りは絶対必要ないレベルのプロ用カメラだけど一度買えば一生使えるしいらなくなっても高い金額で売却できるからおすすめ。

α7Riiiが欲しい。α7Riiとの違いを比較検討【ミラーレス一眼】

続きを見る

タムロン(TAMRON) 28-75mm F/2.8 Di III

タムロンの万能レンズ。F2.8通しだから75mmでも背景ボケさせることができて、ポートレートから物撮りにまで対応できる。神レンズとしても有名。

俺に関しては最短焦点距離が少しでも短くなればと思って標準レンズから乗り換えたんだけど、70mmだと最短焦点距離は標準レンズとほぼ変わらなかったから購入してよかったと思ったことは一度もない。

α7シリーズを購入するならとりあえず標準レンズから始めればいいと思う。安いし。

Kenko接写リング

フルサイズ一眼は画質は素晴らしいんだけど最短焦点距離が遠くて寄りの写真が撮れない。そんな時にカメラとレンズの間に噛ませて使う接写リング。

これを使えばこれくらいアップの写真が撮れる。

ただ、接写リングをつけている状態だと今度は遠くにピントが合わないから付けたり外したりを繰り返さないといけないのが手間。とはいえマクロレンズより安いから許す。

FlelxiSpot電動昇降デスク

FlexiSpotから提供してもらった電動昇降デスク。色が白いからそのまま撮影時の背景として使っている。

デスクとしても安定感が半端ないし高さを自由に変えられるしで最高に気に入ってておすすめ。

【FlexiSpot】電動昇降デスクを1か月使った感想と体の変化【立って作業】

続きを見る

撮影用ライト

撮影ライトにはAmazonで売ってたNeewerの撮影ライトと山田照明のアームライトを使ってる。拘りは全くない。

ただ、直接撮影対象にライトを当ててしまうと思いっきり影が出るから撮影時はライトを上に向けて天井に当てることで光を分散させるように心がけてる。

Lightroom6

Adobeの写真編集用アプリ。今は買い切りのLightroom6は既に販売終了していて、月額課金のLightroomCCのみが入手できる状況。

とはいえ写真編集はPhotoshopとLightroomが最強だから写真に拘りたいなら泣く泣く契約してほしい。Adobeのフォトプランなら月額980円ほどだからそれほど高くはない。

α7Riiiの写真撮影設定

ここからは具体的に俺がLightroom6を使ってどんな感じで写真を加工しているのかの項目と、加工前、加工後の写真の違いを紹介する。写真編集にはこれが正解というのは存在しないからあくまでも参考程度に見てほしい。

SONYα7Rii

まず俺がいつも撮影しているα7Riiiの設定は下記。

  • RAW撮影
  • Aモード
  • F8.0以上
  • ISO1600以下
  • 露出+1.7
  • 焦点距離70mmから75mm

細かな設定は環境に応じて変えてはいるけど、ベースはこんな感じ。

基本的にはレンズの解像感が最高になるF値8~11を常用しつつ、ISOは必要なら3200もしくは6400までは上げて撮影してる。ただ、さすがに6400だとノイズが多いから滅多に使わない。

多くの写真で使える基礎的な編集

まずは多くの写真で使える基礎的な設定から解説する。編集するのはコーヒーメーカーレビュー記事のために撮影した下記の写真。

加工前はこんな感じで暗すぎて印象が悪い。

これを加工したものが下記。

全体的に明るく好印象な写真に仕上がった。写真はとりあえず明るさを上げればいい感じになる。なによりも明るさが大切。

この写真を加工するためのLightroomの設定項目は下記の4つ。

露光量+1.15で全体の明るさを上げて、黒をしっかり黒く表現するためにコントラストを+40に設定。

次にシャープを最大値の150にしてカリッと感を強くしてからノイズ軽減の輝度を41にしてザラザラ感を無くした。

あとは表面に細かいホコリがついているのが気にはなるんだけど、大したレビュー記事じゃないからスルー。

多くの写真はとりあえず全体を明るくしてから黒をしっかり黒くすればそれっぽくなる。写真編集は拘りだしたら永遠に終わらないからなるべく少ない労力で済ますのがポイント。

ホワイトバランスが狂った写真の編集

次にUMIDIGIのレビュー記事のために撮影したUMIDIGIロゴの写真を編集する。

この写真は本体の青色に引っ張られてしまってホワイトバランスが無茶苦茶になってしまった。あと全体的に暗すぎる。

この写真を加工するとこんな感じ。

鮮やかすぎる青色と明るい背景でさわやかなイメージに仕上がった。

Lightroomでの修正設定は下記。

まず全体の色が暖色寄りすぎたから色温度を4050にすることで元の青色に戻す。

次に露光量+1.38で全体の明るさを上げまくって、メリハリを出すためにコントラスト+100に鬼振りする。それでも明るさが足らないからハイライトも+100にして明るい部分だけ更に明るさを引き上げる。

彩度も+5を入れて更に青を鮮やかにする。あとはシャープ+150とノイズ軽減37はいつも通り。

最後にスポット修正で細かい埃をすべて取り除いて終了。

これで明るくカリッとした清潔で好印象な写真に仕上がる。

明暗差が大きい写真の編集

最後はUMIDIGIレビューのディスプレイを撮影した下記の写真。

悪くはないんだけどディスプレイが明るすぎて周辺が暗く映ってしまっているからこの明暗差を何とかしたい。

この写真を加工したものが下記。

画面の明るさをほぼそのままに周辺だけ明るくすることでより好印象な写真に仕上がったんじゃないかと思う。

この写真のLightroom設定項目は下記。

まず色温度を4300にして少し青色に寄せる。次に露光量を2.46にして全体の明るさを上げつつ、コントラストは-100で明暗差をできる限り小さくする。

ハイライトは-100で最も明るい部分の明るさを落として、白レベル+55で次点の明るい部分の明るさを上げる。

シャドウ-100で最も暗いエリアの明るさを下げつつ、黒レベル-40で次点の暗いエリアの明るさを下げたという感じ。

その後に色鮮やかさを足すために自然な彩度で+40にして、あとはいつも通りシャープ150ノイズ軽減43で終了。

色々こねくり回したけど、要はできる限り明暗差を無くしつつ自然な明るさを模索したという感じ。

Lightroom写真編集に正解はない

今回は俺がいつもやってるLightroomでの写真編集の設定例を紹介したけど、自分でもこれが正解なのかは半信半疑で謎。

そもそもハイライトと白レベル、シャドウと黒レベルの使い分けがあってるのかもよくわかってない。

とはいえパラメータを変更すると写真は変化するから、実際に変化する写真を見ながら微調整して自分なりの正解を模索し続ければOK。

写真は実際の写りと違っても良い

結局写真は見た人に綺麗だと思ってもらえれば勝ちだから実際の写りと全然違うとかは考えなくて良い。修正が悪ならインスタは滅ぶ。

ということで今写真編集で困っている人、Lightroomを導入しようとしている人の参考になればうれしい。俺は今後も更に好印象に見える加工方法がないか模索し続ける。

スマホ レビュー

2022/11/5

【Pixel 7 Proレビュー】最も理想的なAndroidスマホ

いつの間にかPixelシリーズの年一回の発売が恒例になり、Tensor搭載後はブランド力も獲得し、独自機能も増え、毎年のPixel発売が話題になるようになった。 そして今年も俺の手元には最新となるPixel 7 Proがある。ということで今年も今年のPixelはどうなのかをレビューする。 【結論】Pixel 7 Proはバージョンアップ版 先に結論から言ってしまうとPixel 7 ProはPixel 6 Proのバージョンアップ版に過ぎず、ほぼ変化がない。実際に使用感に影響する進化点は下記の2点のみ。 超 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2022/11/27

【2022年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 15位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/10/8

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2022/11/9

【デメリット】タワマンを実際に内見して断念した理由【庶民の憧れ】

タワマンに住みたい。という記事を以前出して、その後もタワマンを内見したり色々と検討したりしていたんだけど一旦断念することにした。 ということで断念するまでに悩んだ葛藤を記事にする。現在タワマンを検討している人は参考になれば嬉しい。 タワマンは庶民の憧れ 「いやいやタワマンなんて住んだところで」って意見はすげぇ来るんだけど、なんだかんだタワマンの記事はアクセスが超多くて注目度が高い。 タワマンを検討した記事は下記。 というのもタワマンは結局庶民の憧れなんだ。でも家賃が高すぎて住めない。だから住まない理由を探 ...

メンズ美容・健康 体験談

2022/11/4

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

DIY ライフハック

2022/10/4

【ベッド拡張DIY】シングルベッドを横に30cm広げる【ダブル】

一人暮らしだからと言ってシングルベッドに拘る必要があるだろうか、いやない(反語)。ということに一人暮らし10年目にして気づいたからベッドを拡張することにした。 いつの間にか6畳1Kの限界に挑むのが俺の生きがいになりつつあるんだけど今回は多分その集大成にして頂点。色々取り組んできた部屋改善は多分これで終わりになる。 ということで実際にベッドをどう拡張したのか、6畳でベッドを大きくして快適になったのか、生活に支障は出ないのかを解説したい。 6畳1Kの限界に挑む 繰り返しになるけど俺は10年間6畳1Kの激狭物件 ...

ライフハック 俺の一軍

2022/11/12

【ルームツアー】家で使ってる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここでは俺の家で今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。住環境構築の参考にしてほしい。 この記事では何か環境が変わるたびに内容を随時更新して俺の1軍をまとめる続ける予定(最終更新2022年11月10日) 家で使っている物一覧 まず俺が家の中で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ リビング環境 壁美人 テレビ ChromeCast Fir ...

デスク環境 パソコン・周辺機器 俺の一軍

2022/11/17

【デスクツアー】デスクアイテム一覧と使ってる理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここではデスク環境周辺で俺が今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。デスク環境構築の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2022年10月13日) デスク環境周辺で使っている物一覧 まず俺がデスク環境周辺で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ デスク・椅子 Fl ...

スマホ レビュー

2021/12/14

【iPhone 13 Proレビュー】スマホ史上最高傑作。弱点4つ

毎年恒例のiPhone13シリーズが発売されたから俺も例に漏れずに購入した。別の記事でも解説した通り今回のiPhoneはProモデルが熱い。 ということでPro Maxを買いたかったんだけど出荷数が少なすぎるらしく手に入らなかったから大きさ以外の仕様が同じProを購入した。13になることでどれほど進化しているのかを確認したい。 iPhone 13 Proの特徴 今回のiPhone 13はProモデルが熱いというのは上でも書いた通りだけど、Proモデルは進化点が多い。特徴は下記。 リフレッシュレート120H ...

体験談 自転車・バイク

2022/10/30

【体験談】バイク王の買取でボコボコにされた話【評判・口コミ】

19歳の時にホーネット250を購入して27歳までで6万キロ乗ったんだけど、俺が東京に来たことですっかり乗らなくなってしまった。 28歳で一度帰省した時にエンジンをかけたことはあったんだけど、それ以降はめっきりで、既に放置して4年が経過していた。 このホーネットは思い出だらけではあるんだけど恐らくもう乗ることは無い。ということでバイク王を呼んで売却することにしたんだけど、その買い取り査定士の癖が強すぎたから交渉体験をまとめたい。 これからバイク王でバイクを売る人の参考にしてほしい。 ホーネット250の状態は ...

DIY ライフハック

2021/10/1

【壁掛けテレビの理想と現実】壁美人を3か月使った感想【賃貸】

賃貸でもテレビを壁掛け出来るのに原状復帰までできてしまう壁美人を導入してから早3カ月。まだテレビは一度も落ちていない。 とはいえ720個ものホチキスで取り付けるのってどうなの?とか、テレビを壁掛けにした不便はないの?と買いたいけど二の足を踏んでいる人は多いはず。 という仮定の下で壁美人を実際に3か月使った感想を書いていく。記事の内容的に楽だからという理由ではけっしてない。 壁美人はホチキスで壁に取り付け 壁美人の紹介記事でも書いた通りだけど、壁美人は720発ものホチキスで壁に取り付けることで25キロまでの ...

-カメラ

Copyright© ガジェマガ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.