ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【3月はお休み】

カメラ

α7Riiiが欲しい。α7Riiとの違いを比較検討【ミラーレス一眼】

α7Riiを持っているけどα7Riiiが欲しい。こういうときは頭の中を整理するために記事化するのが良い。ということでα7Riiとα7Riiiの違いをまとめつつ比較検討する。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

SONY α7Rシリーズとは

α7RシリーズはSONYが展開するフルサイズミラーレス一眼レフカメラの一つ。

フルサイズセンサーを搭載しているカメラの中でもα7Rシリーズの画質と動画性能は業界最高レベルで、プロの撮影現場でも頻繁に使われているシリーズだ。α7Rシリーズを購入してしまうともう写真に言い訳できなくなる。

α7シリーズ一覧

SONYが展開するα7シリーズには下記3つのグレードで合計9つのカメラがある。

  • α7 α7ii α7iii オールマイティーモデル
  • α7S α7Sii 解像度を落として夜景に特化したモデル
  • α7R α7Rii α7Riii α7Riiii 高解像度に対応した上位モデル

α7シリーズはその性能も頭打ちしてきていて、夜景に強いα7Sシリーズは2まで、オールマイティモデルのα7は3まで、唯一高解像度に特化したα7Rシリーズだけが4まで発売されている。

今の俺は高解像度特化モデルのα7Riiをα7Riiiに買い替えるかを猛烈に迷っている。

α7Riiの資産価値が落ち始めている

SONYα7Rii

ガジェマガでは何度も力説しているんだけど、ガジェットは資産であってナマモノでもあるんだ。

一年前に中古15万で購入した俺のα7Riiの価値は順調に落ちていて、現在の中古相場は12万円ほど。

ガジェットは頻繁に乗り換えるのが理想的

ガジェットは基本的に長く大切に使っても相対的に性能と価値が落ちるだけでメリットが無い。

それに早めに売って、売ったお金を原資に上位モデルに乗り換えることでガジェットの資産価値を維持しつつ業界最高水準の性能にあやかれる。長く大切に使って、使い終わったら押し入れに締まうのが一番勿体ない使い方なんだ。

そのメリットを具体例をだしながら解説している記事が下記。

最新ガジェットを安く買うコツと買い替えるメリット【スマホの例】

続きを見る

俺のα7Riiは性能的には全く不満は無いんだけど、不満が無いのは新機種を知らないからでもある。

新機種には新機種なりのメリットがあるはず。それを詳細に検討する。

α7Riiとα7Riiiの画質は同じ

買い替えを迷う最大の理由は乗り換えても画質が向上しないからなんだ。

カメラの画質に関してはスマホでもおなじみのDxoMARKが詳細な分析をしてくれているんだけど、微妙にα7Riiiが上回っている程度でほぼ誤差。撮影できる写真に変化はない。

実際の比較グラフが下記。

α7Riiとα7Riiiノイズ量比較

α7Riiとα7Riiiのダイナミックレンジ比較

α7Riiとα7Riiiの色表現比較

微妙に差はあるけど、どれも誤差の範囲。買い替えても画質は向上しないから、画質以外の面で購入する意味があるのかを検討する必要がある。

α7Riiiがα7Riiより優れているところ

乗り換えても画質が向上しないのであれば乗り換えて便利になるポイントで検討する。

α7Riiiは瞳AFに対応

これはめちゃめちゃ話題になっているんだけど、α7Riiiは瞳AFの精度が半端ない。

人物写真も動物写真も瞳にピントを合わせるのが正解なんだけど、顔は凹凸が多くてマニュアルだと瞳にピントを合わせるのが意外と難しい。

α7Riiiは瞳AFの精度が超高いから、人物や動物を撮影するときの失敗写真が劇的に減る。

α7Riiiは動体追従性能がα7R2比で2倍に向上

ミラーレスカメラの弱点とされている動体追従性能は近年かなり改善されていて、既にα7Riiでも不満が無いくらいのレベルになっているんだけど、α7Riiiはα7Rii比で2倍に強化した。

これによって飛んでる鳥とかの難しい被写体も比較的簡単に撮影できるようになっている。俺は撮らないけど。

暗いシーンでのAF性能を強化

α7Riiiはミラーレスカメラのもう一つの弱点と言われている暗所でのAF性能を向上させている。実際α7Riiを使っていても暗所でピントがなかなか合わないことが度々ある。この性能の向上は嬉しい。

α7Riiiは手振れ補正が4段から5.5段に強化

4段から5.5段の説明は難しいから省くけどα7Riiiは手振れ補正が更に強化されていることで、比較的遅いシャッター速度でも手振れせずに撮影できるようになっている。

α7Riiiは連射速度が5コマ/秒から10コマ/秒に強化

α7Riiiは一秒間に10コマも写真が撮れる。これは実際に家電量販店で試してきたんだけど驚異的で明日にでも鳥を撮りたくなるレベル。とはいえ俺は連射機能は全然使わない。

α7Riiiはバッテリー持ちが2.2倍に強化

ミラーレスカメラは背面ディスプレイが常時オンになるから、そのほとんどがバッテリー持ちの問題を抱えているんだけど、α7Riiiはこれを大幅に強化した。従来の2.2倍もバッテリーが持つのはありがたすぎる。

α7RiiiはデュアルSDスロットに対応

α7RiiiはデュアルSDスロットに対応しているから、SDカードを二枚入れておけば片方が一杯になってももう一つのSDカードに保存してくれる。特にα7Rシリーズは動画撮影に強いカメラとしても有名で、動画はデータ容量が大きいからSDカードを追加できるのはありがたい。

α7Riiiは背面液晶が強化+タッチに対応

α7Riiはα7Riiと比較して背面液晶の輝度が2倍に強化されて、しかもタッチ操作にも対応した。

α7RiiiはType-C端子とMicroUSBに両対応

α7Riiiはα7Riiと違ってMicroUSBだけでなくType-C端子も搭載した。最近は多くの端子がType-Cに切り替わっていて、逆にMicroUSB端子が使いにくくなっているからありがたい。しかも切り替わったんじゃなくて両方に対応している点もポイントが高い。

俺にとって嬉しいα7Riiiの進化点

改めて羅列してみると、α7Riiiは後継機なだけあって色々と進化してた。中でも俺にとって役に立つ進化は下記の5点

  • 暗いシーンでのAF性能を強化
  • α7Riiiは手振れ補正が4段から5.5段に強化
  • α7Riiiはバッテリー持ちが2.2倍に強化
  • α7RiiiはデュアルSDスロットに対応
  • α7Riiiは背面液晶が強化+タッチに対応
  • α7RiiiはType-C端子とMicroUSBに両対応

俺は物撮りがメインなんだけど、α7RiiのAF性能は結構苦戦していたからこれが改善されるならありがたい。さらに、手振れ補正が強化されたことでシャッター速度を落とせるから、より低いISO感度での撮影が可能になる。バッテリー持ちの強化も動画撮影時に助かる。

がそれ以外はあれば嬉しい程度だけど、無いよりはあった方が良い。

α7Riiiの中古相場は21万円前後

この最強フルサイズミラーレス一眼はα7Riiiが発売されたことで中古価格21万円まで値が落ちている。

超高解像度モデルα7Riiiiはまだまだ様子見

α7Riiiは従来の4000万画素を6000万画素まで強化したカメラで、あまりにも写真一枚のデータ量が大きいし値段も高いからまだまだ様子見。

α7Riiiを購入しても写真は変わらない

フルサイズ一眼最強クラスの性能を持つα7Riiiが中古21万円は安すぎる。α7Riiを12万円で売却すれば9万円ほどの持ち出しで入手できる。これは安すぎるぐらい安い。

α7Riiiは年末商戦を狙う

とはいえ現実的に考えると俺にとっての変化はそれほど大きくもないということで、比較してもなんとも言えない結果になった。多分いずれ買い替えるけど、急ぐほどでもないから年末商戦を狙うことにする。

限られた予算の中で買い替えるのであればカメラよりもレンズを買い替えた方が良い気もする。その辺りはまた今後記事にしたい。

【商品写真の上手な撮り方】プロっぽく撮影するコツと使用機材を解説

続きを見る

最新ガジェットを安く買うコツと買い替えるメリット【スマホの例】

続きを見る

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/2/17

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 17位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ライフハック 体験談

2020/12/13

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ReadMore

ライフハック

2021/2/19

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-カメラ

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.