ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン

カメラ

【Kenko接写リング】今のレンズを格安でマクロ撮影に対応させる

更新日:

マクロ撮影がしたい。これはカメラを手にした人ならだれでも一度は考えることだと思う。

ガジェマガでもスマホの撮影をする機会が多くて、マクロ撮影のためにマクロレンズを買うかどうか迷ったんだけど、フルサイズカメラともなるとレンズ一本の値段が高くて手が出ない。

そんな悩みを接写リングの購入で解決できたから紹介したい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



マクロレンズ

マクロレンズはその名の通りマクロ撮影ができるレンズなんだけど、マクロでしかもズームできるレンズともなると死ぬほど高いんだ。

だから単焦点マクロを候補に入れたんだけど、そうすると今度は焦点距離で悩む。

候補は50mm、55mm、58mm、70mmだったんだけど55mmから55mmはアップで取ることを考えるとまだ像の歪みが大きくて不自然になる。

ガジェマガの撮影では今のところソニーα7の標準レンズを使っていて、一番多い焦点距離は像のゆがみが少ない70mmだった。

今一番多用している焦点距離が70mmなら、単焦点マクロも当然70mmを買うべきだ。

マクロレンズは汎用性が低い

ただ、マクロレンズは汎用性が低いのが懸念点だった。

70mmの単焦点マクロを購入して物撮りが捗るようになったとして、そのレンズを他の用途で使えるかというとかなり厳しい。

70mmはポートレート撮影の中でもアップの写真を撮る際に使われる焦点距離で、普段利用には向かない。

そもそも俺ポートレート撮影する予定ないじゃん。物撮りはしたいけど、物には段階ってものがある。

まだ物撮り専用のレンズに10万円も出すような段階じゃない。

接写リングで簡易マクロ

そこで見つけたのが接写リングだ。

Kenko接写リング

このよくわからないリング2つセットで1万円なんだけど、10万円のマクロレンズをどうするか悩んでいた俺の感覚は既にマヒしていて、なにこれ安いと即決だった。カメラ怖い。

このリングはレンズとカメラの間に噛ませることで最短焦点距離を調整できる優れものだ。使い方によって寄れる範囲が変わるから、2つ一緒に使っても、1つで使ってもいい。

Kenko接写リング

接写リングは本当にただのリングで、間にガラスを挟んでいないから画質の劣化もない。

この接写リングを俺のα7Riiに取り付ける。ついていない状態がこれに対して、

2つ付けるとこうなる。長い。

レンズが伸びて重いけどこれで最短焦点距離が近づく。

Sponcerd


撮影テスト

具体的には今までこれくらいまでしか寄れなかったのが、

ここまで寄れるようになる。これはうれしい。

スマホの撮影

スマホの撮影といえば繊細なカメラ部分が勝負になるんだけど、ここまで迫力のある写真が撮れるようになる。肉眼で見るより迫力のあるカメラレンズ部分の描写がたまらない。

花の撮影

マクロレンズといえば花だから外に出て花を撮影してみる。

Kenko接写リング作例1

Kenko接写リング作例2

Kenko接写リング作例3

Kenko接写リング作例4

Kenko接写リング作例5

花を撮るならもう少し寄れた方が良いかなという気はするけど、今までより迫力のある写真が撮れるのがうれしい。

接写しかできない

接写リングを付けると近くのものにしかピントが合わなくなる。

通常のマクロレンズであればどれだけ離れててもピントが合うんだけど、接写リングはあくまで簡易マクロで、離れるとピントが合わなくなるからマクロ撮影したいときにしか役に立たない。

頻繁に付け替えるのは手間だけど、使いにくいマクロレンズを高い値段で買うよりも、安い接写リングで今のレンズをそのまま活用できるようになるのが嬉しい。

まとめ ライフハック

2019/4/25

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/4/25

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/6/11

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【口コミ・評判】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2019/5/18

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-カメラ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.