ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

自転車・バイク

【GAKOPPER】宗谷岬ツーリングにおすすめの学校を改築したゲストハウス

2019年8月28日

約二ヵ月をかけて日本をバイクで半周することで北海道に足を踏み入れたんだけど、初めての北海道は想像していた以上に過酷だった。中でも最も過酷だったのが日本の最北端である宗谷岬だ。とにかく周辺300キロにホテルがない。試される大地の中の試される大地だ。

今回は恐らく北海道を訪れる全てのバイク乗りの悩みの種である宗谷岬を攻略するのに最適な格安高品質ゲストハウスGAKOPPERを紹介したい。ゲストハウスなんて泊まったことねぇって人とかキャンプメインの人にも泊まってほしい超優良格安ホテルだ。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

GAKOPPERを動画で紹介

文章で見るのめんどくさいという人は動画でも紹介しているから確認してほしい。根っからのバイク乗りであるゲストハウスオーナーの無害な人柄も伝わるはず。

ちなみに序盤は宗谷岬の過酷さに打ちのめされている。

日本最北端宗谷岬が過酷すぎる理由

この記事に辿り着いている人の多くが宗谷岬の位置はわかっているとは思うけど、宗谷岬は北海道本土の最北端に位置する岬のことを指す。具体的に地図で示すとココなんだけど、宗谷岬のやばさは赤丸で囲った周辺約300キロに何もないことなんだ。北海道マジで密度薄すぎ。

そこまでしていく意味あるのって話だけど、実は宗谷岬は周辺の島を含めて日本が実効支配している領土の最北端だから、実質的な日本の最北端になる。最も北に位置する北海道を目指すなら外せない目的地だ。

更に追い打ちをかけるのが宗谷岬周辺の宿泊施設の少なさだ。つまり宗谷岬を目指すライダーの選択肢は下記の3つ。

  • 7月でも夜は10℃前後になる極寒の地でキャンプする
  • 宗谷岬周辺の価格が高いホテルに宿泊する
  • 往復600キロを走って宗谷岬の行程を一日で終わらせる

どれも難易度が高い。そんな宗谷岬攻略の救世主になるのが今回紹介する格安ホテルのGAKOPPERだ。

ゲストハウスGAKOPPERがおすすめな理由

GAKOPPERの位置はここ

GAKOPPERの最大の魅力はあのアクセスが悪すぎる宗谷岬まで200キロを切ることなんだ。

一日で往復600キロはキチガイじみているけど往復400キロならギリギリ現実的だ。

GAKOPPERは閉校した中学校を改装したゲストハウス

GAKOPPERの魅力は過酷な宗谷岬まで200キロというだけじゃない。GAKOPPERはオーナーが中学校校舎をガチめに改装した超おしゃれかつ清潔で快適なゲストハウスなんだ。

GAKOPPER内でも元中学校感が随所に見られて懐かしさを感じられる。

キッチンは家庭科室を改装したものらしく超広い。

もちろん冷蔵庫やレンジ、オーブン、ガスコンロなど必要なものは一通りそろっている。

キッチンの隣には教室を改装した共用スペースがある。

全体的に埃っぽさもなく超快適に過ごせる。

Sponcerd


夜のGAKOPPERはおしゃれすぎ

GAKOPPERはオーナーが仲間とイチから中学校を改装したゲストハウスというだけで十分わくわくできるんだけど、夜は夜で全然違う雰囲気になるのも面白い。

迎えてくれる玄関がこんなにおしゃれ。到着時はほんとにここであってる?と不安にさせられる。

夜の廊下はこんな和モダンな雰囲気に。

往年の中学生達が必死に磨いた床はライトで反射してピッカピカだ。

夜はオーナーがバーをオープン

GAKOPPERは広い建物の一室がバーになっていて、宿泊客や西興部村の在住の人がお客さんとして訪れる。

全て手作りだというバーの雰囲気もおしゃれで

このテーブルも一本の樹をカットしたDIYらしい。

DIYが本格低過ぎてヤバイ。

バーは価格も良心的

どうせバーはお高いんでしょ?と思いがちなんだけど、元貧乏バイク旅人だったオーナーの旅人に対する配慮からかびっくりするくらい安い。

しかも日によっては鹿肉とか熊肉もメニューとして提供してもらえるらしい。

安心してください。水回りも清潔です。

ゲストハウス宿泊でなにより心配なのが水回りの清潔感なんだけど、GAKOPPERはその辺りもいい意味で期待を裏切ってくれる。

洗面台は二つ。いずれも綺麗。奥にある洗濯機と乾燥機も自由に使える(有料)

トイレは男女別で一つずつ。感動のウォシュレット付きだ。

お風呂は一つ。広い。

遊び心溢れるGAKOPPERの内装

GAKOPPERはオーナーが仲間と全てDIYしたということで、随所にオーナーの遊び心が取り入れられている。

トイレのトイレットペーパーホルダーが本物のシカの角になっていたり

バーのテーブルが校舎で実際に使われていた時計だったりする。

更にオーナーはコッパ―さんという西興部村のゆるキャラも担当していて、村のイベントがあるたびにこの格好で踊ってたりする。バイタリティがヤバイ。

踊ってる動画は下記の動画の一番最初を参照してほしい。

GAKOPPERは書き切れないくらいのオーナーの拘りが詰まった空間だから、これに関しては実際に足を運んで楽しんでほしい。ちなみに紹介マージンは一切もらっていない。

Sponcerd


また、西興部村は鹿と熊の数が多すぎて駆除の対象になっているらしく、猟銃の免許を持つオーナーは獣が出没するたびに駆り出されるらしく、GAKOPPERの内部にはオーナーの腕の良さがわかる使用済みの的とか

狩猟の成果物となる熊皮とか

鹿の頭が展示されていた。これは全部本物らしい。

ちなみに宿泊中もGAKOPPERの窓から野生の鹿が見えた。かわいい。

GAKOPPERのベッドスペースは雑魚寝

唯一気になるのがGAKOPPERのベッドスペースが雑魚寝になっていることなんだ。

ベッドスペースは畳の部屋と

二段ベッド式の部屋の二部屋が用意されている。

現状ではプライベートの確保が難しく、近々カーテンでの仕切りを取り付けるという話だった。

ちなみに荷物の収納は中学生が使っていたロッカーだった。懐かしい。

買い出しは近所のコンビニまで車で5分

西興部村は人口1,000人の小さな村だから周辺施設はなにかと不便する。スーパーは無いから買い出しはコンビニになるんだけど、最寄りのセイコーマートまでは車で約5分と近くはない。

一応オーナーが気を使ってコンビニで購入した食料をGAKOPPER内で無人販売してくれている。カップラーメンとかコーラ程度ならGAKOPPER内でも調達可能だ。

GAKOPPERの予約方法

GAKOPPERはそれ自体がアクセスが悪い環境にあるんだけど、宗谷岬へのアクセスが地獄すぎるおかげで気にならない。地獄の宗谷岬へ行くついでにユニークなゲストハウスGAKOPPERで異空間を味ってほしい。ちなみに紹介マージンはもらっていない。

GAKOPPERへ行く際は事前に最寄りのコンビニで食料を買っていくのがおすすめだ。

GGAKOPPERは今時としては珍しく電話での予約しか受け付けていない。下記の電話番号でオーナーに繋がるはず。電話口で宿泊希望日と人数を伝えてほしい。

GAKOPPER公式サイト Facebookページ
1泊料金 3,000円(当時)
予約先電話番号 09064467689(直通)
WiFi あり

GAKOPPERを動画で紹介

動画でも紹介しているから確認してほしい。

仕事辞めてZZR1400で日本一半周ダイジェスト

仕事を辞めてZZR1400で日本を半周したダイジェストです。工程は全てYoutubeで配信しているのでよければチャンネル登録をお願いします。

まとめ ライフハック

2019/11/17

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ガジェット ライフハック

2019/11/21

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容

2019/11/8

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

レビュー 中国スマホ

2019/11/21

【Mi Note 10レビュー】2019年最強カメラまであと一歩

俺は二つ折りの時代から携帯電話のカメラには拘り続けてきたし、カメラと携帯電話は統合すべきだと考えてきた。 だから今も俺が購入するスマホはカメラに拘ったものばかりだし、未だに一年前に発売されたMate 20 Proを使い続けているのもカメラ画質が良いからなんだ。 残念ながら究極のカメラ画質を実現しているであろうMate 30 Proがグーグルによって潰されたことで、2019年は日本のカメラスマホの大きな進化が止まってしまった感があるんだけど、そこに希望の光が差した。 今回は2019年11月8日にXiaomi ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

-自転車・バイク

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.