ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

パソコン・周辺機器

【2020年版】おすすめクリエイティブハイエンドノートパソコン4選

2019年5月5日

ノートパソコンで動画編集も画像編集もしたい。もういっそのことデスクトップパソコンを購入した方が効率的なのは早いのはわかってはいるけど、できれば外出先でも使いたい。でもゲーミングノートPCはデザイン的に嫌。そんなわがままに応えられるクリエイティブ用途向けの持ち運び可能な超高性能ノートパソコンをまとめる。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

クリエイティブハイエンドノートの条件

今回紹介するクリエイティブにも対応できるハイエンドノートパソコンに求める条件は下記。

Core i7以上の高い処理能力

画像編集や動画編集を効率良く進めるためにははCPUの処理能力は高ければ高いほど良い。最低をCore i7として、それ以上のCPUを搭載したノートパソコンに限定した。

i7は第8世代になってからも進化を繰り返していて、特にハイエンドノートパソコン用のi7 8750Hで性能が劇的に向上している。

(画像引用:BTOパソコンミニ館

GTX1050以上のGPU

GPUにはMX150などの処理能力が低いものではなく、GTX1050以上のゲームもプレイ可能なGPUを搭載しているノートパソコンに限定した。

動画編集の際の書き出し時間はCPUの性能によるところが大きいけど、編集作業の快適さを左右するのはGPUで、GPU性能が高ければより快適な編集作業が可能になる。(※GPUに対応しているソフトによる)

(画像引用:BTOパソコンミニ館

メモリ16ギガ以上

メモリは8ギガあればWindowsを快適に使えるけど、多くのクリエイティブな用途で使われるアプリはメモリの消費量が大きくて8ギガだと全然足りない。今回は最低でも16ギガ以上のメモリを搭載しているノートパソコンに限定した。

3K以上の高解像度

ディスプレイの解像度は高ければ高いほど作業性は高い。最近は動画編集も画像編集も取り扱うデータの解像度が上がり続けているから、コンテンツをより正確に表示しながら作業するためにも高い解像度が役立つ。また、ブログ執筆などでも解像度が高ければ画面分割での作業性を高めることができる。

現実的に持ち運べる重量

クリエイティブハイエンドノートパソコンは効率的な排熱を維持するためにそのほとんどが15.6インチ以上と大きい。とはいえ持ち運ぶためにノートパソコンを選択しているんだから軽くないと意味が無い。今回は現実的に持ち運べる範囲の2キロ前後のノートパソコンに限定した。

ゲーミングノートではない

ハイエンドノートパソコンと言えばゲーミングノートパソコンが一番に浮かぶけど、デザインが毒々しすぎる。人によっては出先での利用をためらうデザインのゲーミングノートは省いた。

ZenBook Pro 15

ZenBook Pro ZenBook Pro
液晶サイズ 15.6 インチ 15.6 インチ
解像度 3840x2160 3840x2160
CPU Core i9 8950HK Core i7 8750H
GPU GeForce GTX 1050Ti GeForce GTX 1050
メモリ 16 16
ストレージ(GB) SSD1TB SSD:512GB
駆動時間 約5時間 約5時間
重量(kg) 2.01 2.01
USB-A(フルサイズ) 2 2
USB-C 2 2

レビュー

ASUSがビジネスユースとして販売するZenBookシリーズの最上位モデル。ZenBook Pro 15の上位モデルはハイエンドデスクトップパソコンに匹敵するCore i9 8950HKを搭載していて、今回紹介するクリエイティブハイエンドノートの中で最も処理能力が高い。下位モデルもi7 8750Hとi7の中では最上位クラスのCPUを搭載した。

CPUの性能が高い割りにGPUが1050Tiまたは1050と、平均的なものを採用しているから、ボトルネックになるとしたらこのGPUだろう。

ZenBookシリーズではおなじみではあるけど、アルミボディの質感は高く、harman/kardonと共同開発のスピーカー音質も良い。

最大の特徴はディスプレイ化されたタッチパッドで、電卓やショートカット、サブディスプレイとしても活用可能。そのサイズ感から用途は限定されるけど、汎用性は高い。

また、コスパにも優れていて、下位モデルであれば実売価格は23万円ほどと、今回紹介する中で最も安い。スペックが高すぎるあまりバッテリー駆動時間がトレードオフになっているけど、このサイズはコンセントを確保しながらの作業が想定されるから多くの人にとっては問題にはならない。

SurfaceBook2

液晶サイズ 15インチ 15インチ 15インチ
解像度 3240x2160 3240x2160 3240x2160
CPU Core i7 8650U Core i7 8650U Core i7 8650U
GPU GeForce GTX 1060 GeForce GTX 1060 GeForce GTX 1060
メモリ 16 16 16
ストレージ(GB) SSD:1T SSD:512 SSD:256
駆動時間 17時間 17時間 17時間
重量(kg) 1.905 1.905 1.905
USB-A(フルサイズ) 2 2 2
USB-C 1 1 1

レビュー

マイクロソフトが販売するSurfaceシリーズの最上位クラスのモバイルマシン。価格以外は最強のクリエイティブハイエンドノート。

一応2 in 1の形ではあるけど、キーボード側もしっかり重いから2 in 1特有のバランスが取りにくいということもなく、通常のノートパソコンと変わらない感覚で使える。

今回紹介するクリエイティブハイエンドノートの中で最も性能の高いGPUを搭載していて、画像と動画の編集作業を快適に進められる。熱源となるGPUは大容量バッテリーと一緒にキーボード側に搭載していて、GPUの排熱が他のパーツに影響を与えない安心感のある作り。

SurfaceBook2の3:2ディスプレイはクリエイティブに最適な画面比率で、撮影した写真とか動画を画面いっぱいに無駄なく表示できる。SurfaceBook2は15インチディスプレイではあるけど、3:2ディスプレイのおかげもあって、写真を表示は一般的な16:9比率ノートパソコンの17インチ級に匹敵するサイズになる。また、バッテリー持続時間も公称値17時間と圧倒的。

ぱっと見プラスチックっぽいボディはマグネシウム合金製で、特徴的な配色もあってみれば見るほど質感が高い。この質感の高さは実際に目にして感動してほしい。Surfaceペンなどのクリエイティブ用のオプションパーツが販売されているけど、何もかもが高い。値段以外は最高のノートパソコン。

HP Spectre x360 15

液晶サイズ 15.6 インチ
解像度 3840x2160
CPU Core i7-8750H
GPU  GTX 1050Ti Max-Q
メモリ 16GB
ストレージ(GB) SSD512GB
駆動時間 13時間45分
重量(kg) 2.17 kg
USB-A(フルサイズ) 1
USB-C 2

hpが販売するSpectreシリーズの最上位モデル。黒と金で構成されたボディはアルミの削り出しで質感が高く、側面のエメラルドカットが超美しい。ラグジュアリー感満載なのは外観だけではなく、スペックももちろん高い。

ノートパソコンのi7で最上位ランクの処理能力を誇る8750Hを搭載して、GPUもGTX 1050Ti Max-Qを搭載した。GTX 1050Ti Max-QはGTX 1050の上位モデル1050Tiの省電力モデルで、高い画像処理能力と省電力を両立している。このおかげでHP Spectre x360 15の駆動時間は13時間45分と長い。

15.6インチとしては珍しいコンバーチブルタイプで、ディスプレイを360°回転してタブレットとしても利用可能。ただ、2.17キロと、今回紹介する中では最も重量が重いからタブレット型の実用性は薄い。

SurfaceBook2と違ってスタイラスペンが標準でついてくる良心的な仕様だから、タブレットタイプにしてイラストを描く用途にも向いている。

比較的価格が安く、CPUとGPUのバランスが良くボディの質感も高いクリエイティブハイエンドノート。重量に納得できるのであれば買い。

Dell XPS 15 プラチナ

液晶サイズ 15.6 インチ 15.6 インチ 15.6 インチ
解像度 3840x2160 3840x2160 3840x2160
CPU Core i7 8750H Core i7 8750H Core i7 8750H
GPU AMD Radeon RX Vega M GL Graphics GeForce GTX 1050Ti AMD Radeon RX Vega M GL Graphics
メモリ(GB) 16 16 16
ストレージ(GB) SSD:512GB SSD:512GB SSD:512GB
駆動時間 9 9 9
重量(kg) 1.996 1.996 1.996
USB-A(フルサイズ) 2 2 2
USB-C 1 1 1

レビュー

Dellが販売するXPSの最上位モデル。XPSといえば狭額縁ノートパソコンの元祖。その意志は15.6インチモデルでも受け継がれていて、15.6インチとして最小のサイズ、重量を誇る。

CPUにノートパソコン用ハイエンドのi7 8750Hを搭載し、GPUはAMD製とGeForce製を選択できる。最上位構成のAMD Radeon RX Vega M GL GraphicsはGTX 1050Tiよりも20%ほど高いパフォーマンスを誇る。

ボディはアルミ削り出しとカーボンの組み合わせ。カーボンの質感がプラスチックと似ていて好みが別れるところだけど個人的には苦手。

どれも性能の割りに価格が安くスタイリッシュ。バッテリーの駆動時間も9時間と長い。

この上にDell XPS 15スプレマシーという最上位モデルがある。そちらは32ギガメモリとi9を搭載して33万円の最強ノート。

おすすめクリエイティブハイエンドまとめ

クリエイティブなハイエンドノートは思っている以上に選択肢が少ない。

そもそもゲームをしたければゲーミングノートがあるし、ゲーミングノートでもデスクトップでもないクリエイティブハイエンドノートの需要は一部のデザイナーとかYoutuberのみと少ない。

更に、多くのクリエイターがMacBookに流れるからWindows機は不人気。そんな中でもWindowsでゲーミングでもないハイエンドノートが欲しいという俺みたいな変わり者のために俺が数日間調べた情報をまとめた。同じような変わり者の参考になれば嬉しい。

俺が出先で動画編集できるハイエンドノートを購入しようとしている理由をまとめた記事は下記。

【HP Spectre x360 15】出先で動画編集するための有力候補

続きを見る

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/8/9

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/8/1

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

AFFINGER6導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

-パソコン・周辺機器

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.