ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

パソコン・周辺機器

【2019年版】おすすめクリエイティブハイエンドノートパソコン4選

2019年5月5日

ノートパソコンで動画編集も画像編集もしたい。もういっそのことデスクトップパソコンを購入した方が効率的なのは早いのはわかってはいるけど、できれば外出先でも使いたい。でもゲーミングノートPCはデザイン的に嫌。そんなわがままに応えられるクリエイティブ用途向けの持ち運び可能な超高性能ノートパソコンをまとめる。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

クリエイティブハイエンドノートの条件

今回紹介するクリエイティブにも対応できるハイエンドノートパソコンに求める条件は下記。

Core i7以上の高い処理能力

画像編集や動画編集を効率良く進めるためにははCPUの処理能力は高ければ高いほど良い。最低をCore i7として、それ以上のCPUを搭載したノートパソコンに限定した。

i7は第8世代になってからも進化を繰り返していて、特にハイエンドノートパソコン用のi7 8750Hで性能が劇的に向上している。

(画像引用:BTOパソコンミニ館

GTX1050以上のGPU

GPUにはMX150などの処理能力が低いものではなく、GTX1050以上のゲームもプレイ可能なGPUを搭載しているノートパソコンに限定した。

動画編集の際の書き出し時間はCPUの性能によるところが大きいけど、編集作業の快適さを左右するのはGPUで、GPU性能が高ければより快適な編集作業が可能になる。(※GPUに対応しているソフトによる)

(画像引用:BTOパソコンミニ館

メモリ16ギガ以上

メモリは8ギガあればWindowsを快適に使えるけど、多くのクリエイティブな用途で使われるアプリはメモリの消費量が大きくて8ギガだと全然足りない。今回は最低でも16ギガ以上のメモリを搭載しているノートパソコンに限定した。

3K以上の高解像度

ディスプレイの解像度は高ければ高いほど作業性は高い。最近は動画編集も画像編集も取り扱うデータの解像度が上がり続けているから、コンテンツをより正確に表示しながら作業するためにも高い解像度が役立つ。また、ブログ執筆などでも解像度が高ければ画面分割での作業性を高めることができる。

現実的に持ち運べる重量

クリエイティブハイエンドノートパソコンは効率的な排熱を維持するためにそのほとんどが15.6インチ以上と大きい。とはいえ持ち運ぶためにノートパソコンを選択しているんだから軽くないと意味が無い。今回は現実的に持ち運べる範囲の2キロ前後のノートパソコンに限定した。

ゲーミングノートではない

ハイエンドノートパソコンと言えばゲーミングノートパソコンが一番に浮かぶけど、デザインが毒々しすぎる。人によっては出先での利用をためらうデザインのゲーミングノートは省いた。

Sponcerd


ZenBook Pro 15

ZenBook Pro ZenBook Pro
液晶サイズ 15.6 インチ 15.6 インチ
解像度 3840x2160 3840x2160
CPU Core i9 8950HK Core i7 8750H
GPU GeForce GTX 1050Ti GeForce GTX 1050
メモリ 16 16
ストレージ(GB) SSD1TB SSD:512GB
駆動時間 約5時間 約5時間
重量(kg) 2.01 2.01
USB-A(フルサイズ) 2 2
USB-C 2 2

レビュー

ASUSがビジネスユースとして販売するZenBookシリーズの最上位モデル。ZenBook Pro 15の上位モデルはハイエンドデスクトップパソコンに匹敵するCore i9 8950HKを搭載していて、今回紹介するクリエイティブハイエンドノートの中で最も処理能力が高い。下位モデルもi7 8750Hとi7の中では最上位クラスのCPUを搭載した。

CPUの性能が高い割りにGPUが1050Tiまたは1050と、平均的なものを採用しているから、ボトルネックになるとしたらこのGPUだろう。

ZenBookシリーズではおなじみではあるけど、アルミボディの質感は高く、harman/kardonと共同開発のスピーカー音質も良い。

最大の特徴はディスプレイ化されたタッチパッドで、電卓やショートカット、サブディスプレイとしても活用可能。そのサイズ感から用途は限定されるけど、汎用性は高い。

また、コスパにも優れていて、下位モデルであれば実売価格は23万円ほどと、今回紹介する中で最も安い。スペックが高すぎるあまりバッテリー駆動時間がトレードオフになっているけど、このサイズはコンセントを確保しながらの作業が想定されるから多くの人にとっては問題にはならない。

SurfaceBook2

液晶サイズ 15インチ 15インチ 15インチ
解像度 3240x2160 3240x2160 3240x2160
CPU Core i7 8650U Core i7 8650U Core i7 8650U
GPU GeForce GTX 1060 GeForce GTX 1060 GeForce GTX 1060
メモリ 16 16 16
ストレージ(GB) SSD:1T SSD:512 SSD:256
駆動時間 17時間 17時間 17時間
重量(kg) 1.905 1.905 1.905
USB-A(フルサイズ) 2 2 2
USB-C 1 1 1

レビュー

マイクロソフトが販売するSurfaceシリーズの最上位クラスのモバイルマシン。価格以外は最強のクリエイティブハイエンドノート。

一応2 in 1の形ではあるけど、キーボード側もしっかり重いから2 in 1特有のバランスが取りにくいということもなく、通常のノートパソコンと変わらない感覚で使える。

今回紹介するクリエイティブハイエンドノートの中で最も性能の高いGPUを搭載していて、画像と動画の編集作業を快適に進められる。熱源となるGPUは大容量バッテリーと一緒にキーボード側に搭載していて、GPUの排熱が他のパーツに影響を与えない安心感のある作り。

SurfaceBook2の3:2ディスプレイはクリエイティブに最適な画面比率で、撮影した写真とか動画を画面いっぱいに無駄なく表示できる。SurfaceBook2は15インチディスプレイではあるけど、3:2ディスプレイのおかげもあって、写真を表示は一般的な16:9比率ノートパソコンの17インチ級に匹敵するサイズになる。また、バッテリー持続時間も公称値17時間と圧倒的。

ぱっと見プラスチックっぽいボディはマグネシウム合金製で、特徴的な配色もあってみれば見るほど質感が高い。この質感の高さは実際に目にして感動してほしい。Surfaceペンなどのクリエイティブ用のオプションパーツが販売されているけど、何もかもが高い。値段以外は最高のノートパソコン。

HP Spectre x360 15

液晶サイズ 15.6 インチ
解像度 3840x2160
CPU Core i7-8750H
GPU  GTX 1050Ti Max-Q
メモリ 16GB
ストレージ(GB) SSD512GB
駆動時間 13時間45分
重量(kg) 2.17 kg
USB-A(フルサイズ) 1
USB-C 2

hpが販売するSpectreシリーズの最上位モデル。黒と金で構成されたボディはアルミの削り出しで質感が高く、側面のエメラルドカットが超美しい。ラグジュアリー感満載なのは外観だけではなく、スペックももちろん高い。

ノートパソコンのi7で最上位ランクの処理能力を誇る8750Hを搭載して、GPUもGTX 1050Ti Max-Qを搭載した。GTX 1050Ti Max-QはGTX 1050の上位モデル1050Tiの省電力モデルで、高い画像処理能力と省電力を両立している。このおかげでHP Spectre x360 15の駆動時間は13時間45分と長い。

15.6インチとしては珍しいコンバーチブルタイプで、ディスプレイを360°回転してタブレットとしても利用可能。ただ、2.17キロと、今回紹介する中では最も重量が重いからタブレット型の実用性は薄い。

SurfaceBook2と違ってスタイラスペンが標準でついてくる良心的な仕様だから、タブレットタイプにしてイラストを描く用途にも向いている。

比較的価格が安く、CPUとGPUのバランスが良くボディの質感も高いクリエイティブハイエンドノート。重量に納得できるのであれば買い。

Sponcerd


Dell XPS 15 プラチナ

液晶サイズ 15.6 インチ 15.6 インチ 15.6 インチ
解像度 3840x2160 3840x2160 3840x2160
CPU Core i7 8750H Core i7 8750H Core i7 8750H
GPU AMD Radeon RX Vega M GL Graphics GeForce GTX 1050Ti AMD Radeon RX Vega M GL Graphics
メモリ(GB) 16 16 16
ストレージ(GB) SSD:512GB SSD:512GB SSD:512GB
駆動時間 9 9 9
重量(kg) 1.996 1.996 1.996
USB-A(フルサイズ) 2 2 2
USB-C 1 1 1

レビュー

Dellが販売するXPSの最上位モデル。XPSといえば狭額縁ノートパソコンの元祖。その意志は15.6インチモデルでも受け継がれていて、15.6インチとして最小のサイズ、重量を誇る。

CPUにノートパソコン用ハイエンドのi7 8750Hを搭載し、GPUはAMD製とGeForce製を選択できる。最上位構成のAMD Radeon RX Vega M GL GraphicsはGTX 1050Tiよりも20%ほど高いパフォーマンスを誇る。

ボディはアルミ削り出しとカーボンの組み合わせ。カーボンの質感がプラスチックと似ていて好みが別れるところだけど個人的には苦手。

どれも性能の割りに価格が安くスタイリッシュ。バッテリーの駆動時間も9時間と長い。

この上にDell XPS 15スプレマシーという最上位モデルがある。そちらは32ギガメモリとi9を搭載して33万円の最強ノート。

おすすめクリエイティブハイエンドまとめ

クリエイティブなハイエンドノートは思っている以上に選択肢が少ない。

そもそもゲームをしたければゲーミングノートがあるし、ゲーミングノートでもデスクトップでもないクリエイティブハイエンドノートの需要は一部のデザイナーとかYoutuberのみと少ない。

更に、多くのクリエイターがMacBookに流れるからWindows機は不人気。そんな中でもWindowsでゲーミングでもないハイエンドノートが欲しいという俺みたいな変わり者のために俺が数日間調べた情報をまとめた。同じような変わり者の参考になれば嬉しい。

俺が出先で動画編集できるハイエンドノートを購入しようとしている理由をまとめた記事は下記。

【HP Spectre x360 15】出先で動画編集するための有力候補

今動画編集用にパソコンを買い替えるか最高に迷っている。というかほぼ結論は出たんだけど、こういう時は考えたことを文章にまとめることで整理して再確認できるから、今回は俺が新しい俺が新しいパソコンを必要とし ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/11/12

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/9/11

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容

2019/11/8

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット レビュー

2019/10/21

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

-パソコン・周辺機器

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.