ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン

ライフハック 自転車・バイク

初心者が中古バイクを購入する時に最低限見るべきポイントは3つ

更新日:

去年の9月頃に来年は大型バイクを購入しようと思い立ってから、月日は無情に流れて今年の3月になった。ということで4月から大型バイクデビューするべくお目当ての大型バイクを探しまくっている。

今回はたくさんのバイク屋に訪れたり、たくさんのバイク屋に問い合わせる中で感じた、中古バイク選びのポイントをまとめたい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



バイクは見た目で選ぶ

中古バイクの弾の良し悪しを判断するにあたって、まずどのバイクを買いたいのか決めておこう。中古バイク市場は選択肢が豊富だから、とりあえず大型バイクだと一向に話が進まない。まずはバイクを決める。

俺の場合は大学時代に一目ぼれしたZZR-1400がそれだった。

新型のZX-14Rは6つ目のライトが分離していなくて見た目の邪悪さが減っているから、デザイン的にも旧型の方が好き。

まずバイクを決めてから中古を探すのであれば話が早い。

大型バイクは趣味の乗り物だから見た目で選ぶ

最高時速が200キロを超えるような大型バイクを選ぶポイントは完全に見た目で良い。公道で走る限りその力を出し切ることはないから性能で選んでも無駄。

俺が購入しようとしているツアラー(長距離向け)よりも、MotoGPレーサーのようなSS(スーパースポーツ)バイクの方が倒しやすい(曲がりやすい)けど、公道でレースを始めるほど俺の命は安くないからどうでもいい。

大型バイクは車で言うところのランボルギーニとかフェラーリのようなオーバースペックなマシンで、完全に趣味の乗り物だから見た目で選ぶ。選択に間違いはないから安心してほしい。

安いバイクに傷はある

さて今回購入しようとしているZZR-1400の中古相場は60万円から160万円と超幅広い。年式が古いほど、走行距離が多いほど、傷が多いほど安くなる。

安く購入しようと思うのであれば車体の傷は避けられないんだけど、バイクの車体の傷は気にするべき傷と気にしなくていい傷がある。

Sponcerd


車体についている傷で状態を見極める

立ちごけは気にしなくていい

バイクはタイヤが2つしかついてないから自立しない。多分中型以上のバイクに乗っていてバイクを倒したことがない人っていないと思う。

特に大型バイクともなると車重は200キロにもなる。ある程度まで傾いてしまうともう自分の力ではどうにもならず、倒れるしかない。これを立ちゴケという。

立ちごけすると外装に下から上に流れる浅い傷が付く。

この傷が気にならないというとウソになるけど、綺麗な車体のバイクを購入したところで自分が一度でもバイクを倒してしまうと終わり。その瞬間にこれと同じ立ちゴケ傷がつく。

長く乗れば乗るほど立ちゴケのリスクは高まる。立ちゴケ傷を気にして綺麗な高い車体を購入しても自分が立ちゴケしたら意味がない。それなら最初から立ちゴケ傷のある安い車体を購入しておけばいい話。

走行中の転倒による傷に注意

逆に、走行中の転倒による傷は気にした方が良い。立ちゴケ傷が車体へのダメージがないのに対して、走行中の転倒はフレームが曲がったりと、車体にダメージが残る。走行中に転倒した場合は外装に横に流れるような傷が付く。立ちごけ傷が縦につくのに対して、走行中の転倒は横につくから注意したい。

1走行距離は少なければ少ないほどいい

ここからは実際に中古バイクを購入するポイントについて。まずは走行距離を見る。一概には言えないけど、高学歴ほど犯罪率が低いのと同じで、バイクも走行距離が少ないほどエンジントラブルは少ない。

もちろん高学歴だって犯罪を犯す可能性はあるし、あくまで傾向、目安の話だから確実なことは言えないけど、走行距離は少なければ少ないほど後々のトラブルの可能性は少ない。

目安はこんな感じ。

  • 1万キロ以下 ほぼ新車
  • 2万キロ以下 まだまだこれから
  • 4万キロ以下 オイルにじみはそろそろ来るかも
  • 4万キロ以上 メンテナンス次第

2.カスタムパーツを確認する

中古バイクはどこかしらカスタムされている可能性が高い。

分かりやすいのがマフラーだけど、その他にも純正よりハンドルが高い。シールドがスモークに変わっている、バックステップが違うなどなど。

純正パーツに戻せるかも確認する

ETCが付いてるとかUSB充電器が付いてるのは歓迎したいけど、特に俺の場合はうるさいマフラーが苦手だからマフラーは純正に拘りたい。既にカスタムされているパーツは、純正に戻せるのかも確認しておきたい。

3.タイヤの減りと製造年月日を確認する

これだけはお金かけておいた方が良い物の記事でも書いたけど、2輪車にとってタイヤは最も重要なパーツだ。タイヤの状態が悪いと普通に死ぬ。

ガジェマガ式これだけはお金かけておいた方が良い物とお金かけなくても良い物

最近はコスパという言葉がブームになりつつあるし、ガジェマガでもコスパというワードを多用しまくっているんだけど、なんでもかんでも安けりゃいいってもんじゃない。やっぱり安い物は品質もそれなりだし、高い物は ...

続きを見る

でも大型バイクのタイヤは高い。安いモノでも前後合わせて5万円。今のタイヤそのままで納車される中古バイクでは、現状のタイヤの状態が重要だ。

タイヤの溝の残りと製造年月日の確認

具体的には、タイヤの溝の残りと、タイヤの製造年月日は確認しておきたい。5年も前に作られたタイヤだとグリップが失われていて転倒する可能性が高い。

ハイグリップタイヤか否か

また、そのタイヤがハイグリップタイヤなのか、長距離向けなのかを確認しておきたい。サーキットにでも行かない限りハイグリップタイヤは減りが速いだけで非効率だ。

Sponcerd


その他細かいポイント

とりあえずは上で紹介した3つのポイントを見ればいい。その他の細かいチェックポイントは下記。

  • 純正のキーがあるか
  • 各種消耗品の状態(フロントフォークパッキン、チェーン、スプロケ)
  • タンク内の錆の確認

営業マンのトークは概ね信用できる

世の中には営業マンを敵視する人が多いけど、営業マンも人間だから買う側の気持ちに沿うし、売ってから文句を言われるのは怖い。つまり、営業マンがこれは状態が良いというならそれは本当に状態が良いと思っていい。

車体を褒める発言は信用できる

電話で問い合わせたときに、「良いのが入った」「綺麗な車体」「状態が良い」「これは安い」という言葉があればそれは概ね信用できる。これはレッドバロンとかバイク王とかSOXとかの、看板が大きい店ほど言葉の責任も大きくなるから信用できる。

逆に車体を褒める言葉が無いのであれば、それは車体を把握していないか、提示価格に対して妥当だと思っているということでお得感はない。

バイクをわざわざ見に行く意味は少ない

ほとんどのバイク屋は見に来てくださいっていうけど、実際見に行っても労力に対して得られるものは少ない。営業マンのトークを聞いて、傷の写真を送ってもらって、それで納得するのであれば購入すればいい。

見に行っても「うわーかっこいいーこのバイクほしー」ってなって冷静な判断力を失うだけ。結局帰って冷静になって考え直すから、購入直前まで傾いているバイクに限り見に行くのがおすすめ。営業マンが信用できそうなら見に行かずに購入するのも全然あり。

カワサキZZR1400購入レビュー

人生初の大型バイクを購入したからバイク初心者が分かりやすいようにレビューした。バイクに興味がある人は確認してほしい。

【ZZR1400購入レビュー】夢の大型バイク【実用性皆無】

独立して労働時間をコントロールできるようになったこともあって、おそらく今しかないと思ったから大型バイクを購入した。といっても突発的に購入したわけではなくて、去年の9月の段階から4月に独立して大型バイク ...

続きを見る

大型バイク一発試験合格のコツ

ガジェマガの中の人は大型バイク一発試験に合格して大型自動二輪免許を取得しています。一発試験合格のポイントは下記でまとめているから確認してほしい。

大型自動二輪免許一発試験に2回落ちた理由と合格のポイント

大型バイクは男のロマンというのはもう古いかもしれないけど、俺は大型自動二輪免許を持ってる。とはいえ今まで教習所以外で大型バイクに乗ったことはないんだけど、いつか大型バイクに乗るという夢の途中経過として ...

続きを見る

仕事辞めてZZR1400で日本一周中(チャンネル登録お願いします)

現在仕事を辞めてZZR1400で日本一周をしています。工程は全てYoutubeで配信しているのでよければチャンネル登録をお願いします。

まとめ ライフハック

2019/4/25

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/4/25

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/6/11

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【口コミ・評判】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2019/5/18

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-ライフハック, 自転車・バイク

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.