〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

パソコン・周辺機器 レビュー

【SlimBladeProレビュー】人には勧められない変態マウス

2023年12月16日

体が痛い。というのはガジェマガでも既に何度も書いているんだけどこれは中年病。中年以降の体の痛みは永遠の宿敵(とも)のようなもので、どこも体が痛くない中年なんてこの世にいない。

だから問題ない。ともにもいかず、体の痛みは明らかに生産性の低下に繋がるんだ。無いに越したことはないし、軽いに越したことはない。

そして痛みの原因は体の歪みで、歪みの原因は普段の姿勢。だから痛みの改善には姿勢の改善しかない。ここまでは間違いない。だからなんとかしたい。

そこで俺思いついた。マウスを左手で使えばいいんじゃね?と。ということで「SlimBlade Pro」という超キモいマウスを購入したからレビューする。

トーマスです。TwitterYoutubeTikTokもやってます。【お問い合わせ自己紹介半生振り返り

この記事の目次(クリックでジャンプ)

人はきっと利き手を使いすぎている

最近40前後の人と会話する機会が何度かあっての気付きなんだけど多分人間の体の歪みは蓄積し続ける。

というのも20前後の頃の俺も姿勢は悪かったんだ。でもどこも痛くなかった。それが年を重ねるにつれて体の痛む部位が増え続けている。

これは日々の悪い姿勢で徐々に体が歪むことによって各筋肉と間接が限界を迎え始める年齢が30前後で、以降悪化の一途を辿って限界を迎える部位が増えた結果なんだと思う。

だから40前後は若干体と顔が曲がってる人が多いし、70前後では腰とか背中が曲がってる人が多い。そしてそれを防ぐには日々姿勢を矯正して歪みを戻す努力をするしかないんだと思う。

日本一周で右腕を酷使しすぎた

ところが俺はというとあまりにも右手を酷使しすぎている。思えば肩の痛みが明確に悪化し始めたのは日本一周前半戦の途中からで、鬼の動画編集62本ノックと連日のバイクの運転によってひたすらに右手右腕右肩を酷使しすぎたことが原因。これは間違いない。

じゃあ今の俺はどうかというとマウスは右手、スマホは右手、バイクも右手ということでやっぱり右手ばかりを酷使している。

でも仕事だからしょうがないぢゃん。そう言い訳し続けた結果がこのザマ。永遠に肩が痛い。本当に改善したいなら何かを根本的に変えるしかない。そうだ。マウスを左手に切り替えよう。

ここまでが左手用マウス購入の流れ。

ProFitErgoVirticalは最高のマウス

ところでお前最近変なマウス買ってなかった?と覚えてくれている人もいるかもしれない。確かに買った。

日本一周にも持って行ってたし無茶苦茶気に入ってるし、なんなら生産終了で手に入らなくなる前に予備用の白をもう一個買ってたりする。

それぐらいLOVE。Pro Fit Ergo Virticalは人生最高のマウスでもうこれ以外のマウスは考えられない。

【Pro Fit Ergo Verticalレビュー】便利なクジラ型マウス

体が痛い。おかしい。こんなはずじゃなかった。36になってから体の痛みが悪化してる。やっぱり人間は36年生きるように設計されてないんだと思う。 でもそんなことを言っていても何も解決しないから仮説の原因を ...

続きを見る

Kensingtonはなぜこんな最高のマウスを生産終了したのかを教えてほしい。そして反省して再販してほしいし、なんなら左手用も発売してほしい。

ただ、上でも書いているように俺が出会った人生最高のマウスPro Fit Ergo Virticalは右手専用なんだ。

こんなに使いやすいのに、左手では使うことができない。

これってトリビアなりませんか?という声に応えるかのようなマウスが今回購入した「SlimBlade Pro」だったという話。

Pro Fit Ergo Virticalを諦めるのはマジで断腸の重い。でも痛み無くして成長は無い、と聞いている。

SlimBlade Proは利き手を選ばない独自構造

SlimBlade Proの最大の特徴はなんてったってその形で、ぱっと見ではこれがなんなのかすらわからない。

上からは勇者の縦、横から見るとはぐれメタルのような意味不明な形をしているんだ。もはやマウスの原型を留めていない。

この形状のお陰でSlimBlade Proは利き手を選ばず操作ができるというからくり。右手でも左手でもOK。

SlimBlade Proは55mmの超巨大ボールを採用

更にSlimBlade Proはボールの大きさも独特。マウス操作をするためのボールの大きさは55mmと一般のトラックボールの34mmと比較しても圧倒的にでかい。

このボールの大きさによってマウス操作がしやすい!とか繊細な操作ができる!とは特に思わない。この辺りはシンプルに慣れだと思う。

但しボールが大きい方が初心者には多分楽。ということでトラックボールマウスのデビューには良いのかもしれない。わけもない。誰もわざわざこんなマウスは選ばない。

だから良し悪しは不明。ただボールがでかいだけ。

SlimBlade Proは4ボタンの8操作が可能

もちろん左手操作に対応したマウスは探せばいくらでもあるし、なんなら普通のマウスだって左側に置けば左手マウスになる。

但しSlimBlade Proは「左手でも操作可能な」「多ボタン操作に対応した」「トラックボールマウス」という意味ではほぼ唯一無二。

もちろんこんな変な形のマウスに需要があるわけもなく、マウスとしても16,000円と超絶高いんだけど、背に腹。仕事道具。体は資本。という多すぎる言い訳の前では意味を為さなかった。

SlimBlade Proの操作方法は超独特

SlimBlade Proは形状だけでなくその操作方法も独特。具体的には下記。

  • 3本指でボールを操作
  • 4本指で4つのボタン操作
  • 2本指で4つの同時押し操作
  • ボールを回してスクロールを操作

3本指でボールを操作

このSlimBlade Proを使いこなすには全ての指が必要になる。まず一番重要なトラックボールは人差し指、中指、薬指3本の腹で操作する。

やってみるとわかるけどこの3本を動きは横移動が得意な代わりに縦移動は若干苦手。まだ2週間だから慣れでどこまで改善できるかに期待してる。

4本指で4つのボタン操作

次に4つある平面ボタンはの操作には親指、人差し指、薬指、小指を使う。

2本指で4つの同時押し操作

これら4つの平面ボタンは隣あったボタンの同時押しによって別の操作も可能。

ボタン4つと同時押しの組み合わせ4つの合計8操作に対応する。

ボールを回してスクロールを操作

更にスクロールは超独特で、このボールを横に回す構造。

写真ではわかりやすいように中指と親指を使ってるけど、普段はマウス操作をする人差し指、中指、薬指の3本のまま自然にスクロールもしている。

独自アプリ「Kensington Works」で自由に設定可能

これら8つのボタン操作とかスクロールの速度、ポインタの速度は「Kensington Works」という独自アプリで自由に設定が可能。

以前使っていたProFitErgoVirticalの9ボタンには一歩及ばないけど、8ボタン操作ができれば十分効率的なパソコン操作はできる。

これが俺が左手マウスとしてSlimBlade Proを選んだ理由だった。

SlimBlade Proは3デバイスへの接続が可能

このSlimBlade Proは最近のマウスでは一般的ではあるけど下記3方法でのデバイス接続が可能。

  • USBレシーバー接続
  • 有線接続
  • Bluetooth接続

切り替えもスイッチ一つだから非常に楽。

左手ショートカットは右手に変更済み

ところでマウスを左に置くと普段左手で使う「コピー」「ペースト」「切り取り」「全選択」「戻す」「保存」とかのショートカットをどうするかが課題になるけど、俺は既にマイクロソフト公式アプリ「PowerToys」の「Keyboard Manager」で再割り当て済み。

今必死にブラインドタッチでショートカットを実行できるように訓練しているところ。人生は勉強や!

SlimBlade Proの3つの欠点

そんな完ぺきに見える、というか全然完ぺきに見えないただの変態マウスであるSlimBlade Proはそれなりに欠点も抱えていたりする。それが下記。

  • クリックが軽すぎる
  • 同時押し操作がシビアすぎる
  • 操作をマウス内に記憶できない

クリックが軽すぎる

SlimeBlade Proの平面4つボタンはクリック感が軽すぎ。ほんの少し触れただけでクリックとして反応するから誤反応が連発する。

もちろんクリック感なんてものは長期間使えば慣れるんだろうけど他のマウスと比較して軽すぎ。

SlimBlade Proに慣れてしまうと他のマウスをクリックできなくなりそうで怖い。

同時押し操作がシビアすぎる

俺がSlimBlade Proを選んだ理由は同時押し操作も含めて8つの操作を登録できるからと上でも書いたんだけど、これが思ってる以上にタイミングがシビア。

下二つボタンの同時押しは自然にできる。

横二つの同時押しも真ん中を押すことでなんとか対応できるようになった。

但し上二つはマジで無理。俺は諦めた。

結果操作できる項目が8から7に減った。うんこ。

というかタイミングがマジでシビアすぎのむずすぎ。Kensingtonの社員がテストしてるのか謎だし、上二つボタンの同時押しを使いこなしている人がいるのかも謎。

あとなんなら右下ボタンと左上ボタン、左下ボタンと右上ボタンの組み合わせも作ってよかった。それなら最大10までの操作に対応できた。

SlimBlade Proは色々と詰めが甘いというかいまいち製品への愛が足りない。

操作をマウス内に記憶できない

ほとんどのマウスがそうではあるけど、せっかく設定したカスタマイズ設定をマウス内に保管することができない。

Slim Blade Proに関しても3つのデバイスで使うなら3つのデバイスそれぞれでボタンカスタマイズの設定が必要。

つまりセキュリティが強固で独自アプリのインストールが禁止されている職場のパソコンとかだとゴミと化す。

この辺りもせっかくの多ボタンマウスを活かしきれていなくて惜しい。やっぱり愛が足りない。

誰にもお勧めしない訳あり用マウス

総じてKensington SlimBlade Proは良くも悪くもなく、価格を考えると微妙で特に誰にもお勧めできない謎マウスというのが俺の結論。

左利きの人、右手が忙しすぎる人、左手を活用して脳を活性化したい人は挑戦してみてもいいかもしれない。

とはいえそれでもSlimBlade Proを選ぶ動機としては弱い。SlimBlade Proを買うべき人の条件は上でも書いた通り、

  • 左手でも操作可能な
  • 多ボタン操作に対応した
  • トラックボールマウス

を使いたいという限られたニーズを抱える人に限られる。

俺みたいな訳ありで背に腹な人が最悪の手段として選ぶならありかもしれない程度のマウスで、普通の人は普通のマウスを普通に使えばいいと思う。

何度も書くけど俺は体が痛い。

【Pro Fit Ergo Verticalレビュー】便利なクジラ型マウス

体が痛い。おかしい。こんなはずじゃなかった。36になってから体の痛みが悪化してる。やっぱり人間は36年生きるように設計されてないんだと思う。 でもそんなことを言っていても何も解決しないから仮説の原因を ...

続きを見る

2023年下半期に買ってよかったもの買ってよくなかったもの

さてネタが無い。奈良にいるせいでカメラも使えない。つまり写真撮影も動画撮影も無理。 にっちもさっちもいかないからやり残していた2023年下半期版の買ってよかった物良くなかった物記事を上げる。早く事務所 ...

続きを見る

プロテインが若さ維持に繋がる理由【日本人はたんぱく質が足りない】

やばい。人類はマジでタンパク質が足りてない。どれくらい足りてないかと言うと全然足りてない。 これは筋トレしてるとかしてないとかそんな話じゃない。緩やかに死んでいってるレベル。そら30代で髪質と肌質が悪 ...

続きを見る

おすすめ記事(おもしろいやつ)

スマホ レビュー

2022/12/15

【Pixel 7 Proレビュー】最も理想的なAndroidスマホ

いつの間にかPixelシリーズの年一回の発売が恒例になり、Tensor搭載後はブランド力も獲得し、独自機能も増え、毎年のPixel発売が話題になるようになった。 そして今年も俺の手元には最新となるPixel 7 Proがある。ということで今年も今年のPixelはどうなのかをレビューする。 【結論】Pixel 7 Proはバージョンアップ版 先に結論から言ってしまうとPixel 7 ProはPixel 6 Proのバージョンアップ版に過ぎず、ほぼ変化がない。実際に使用感に影響する進化点は下記の2点のみ。 超 ...

デスク環境 パソコン・周辺機器

2024/2/19

【デスクツアー】デスクアイテム一覧と使ってる理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここではデスク環境周辺で俺が今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。デスク環境構築の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024年2月12日) デスク環境周辺で使っている物一覧 まず俺がデスク環境周辺で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ デスク・椅子 Fle ...

ライフハック 買ってよかったもの

2023/4/20

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 15位 黒 ...

スマホ レビュー

2023/4/19

【iPhone 14 Proレビュー】変化なし。最高品質の失敗作

iPhone14Proが発売されたのが2022年の9月。現在は2023年の4月。既に7か月が経過していてもう二番煎じどころの騒ぎじゃないぐらいレビューが遅れてるんだけど、こんなにテンションが上がらないスマホはなかった。 マジで13から変わってない。レビューの必要があるのか不明。でもせっかく15万も払って購入したんだからけじめをつける為にレビューする。 【結論】iPhone13ProのままでOK 最初にも書いた通りだけどiPhone14ProはマジでiPhone13Proから何も変わってない。だから今iPh ...

ライフハック 失敗談・コラム 感想

2023/7/9

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

俺の一軍 腕時計・スマートウォッチ・小物

2024/2/16

【ポケットと鞄の中身】身に着けてる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に鞄はいらないとかポケットを活用しろとかスマホはこれ使えとか有線イヤホンは使うなとか色々なことを言いすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることがたまにあるから、ここではポケットと鞄の中身と、ついでに小物類、衣服、靴などなど俺が日常身に着けてメイン利用している物と、それを使っている理由、そしてその感想を一言でまとめていく。ポケットと鞄の中身の参考にしてほしい。 この記事では「俺の一軍シリーズ」として環境が変わるたびに内容を随時更新する続ける予定(最終更新2024 ...

メンズ美容・健康 失敗談・コラム

2024/2/16

【口コミ】ゴリラクリニックヒゲ脱毛で30万円提示された話【高すぎ

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

DIY ライフハック

2024/2/16

【ベッド拡張DIY】シングルベッドをセミダブルにした話【ニトリ】

一人暮らしだからと言ってシングルベッドに拘る必要があるだろうか、いやない(反語)。ということに一人暮らし10年目にして気づいたからベッドを拡張することにした。 いつの間にか6畳1Kの限界に挑むのが俺の生きがいになりつつあるんだけど今回は多分その集大成にして頂点。色々取り組んできた部屋改善は多分これで終わりになる。 ということで実際にベッドをどう拡張したのか、6畳でベッドを大きくして快適になったのか、生活に支障は出ないのかを解説したい。 6畳1Kの限界に挑む 繰り返しになるけど俺は10年間6畳1Kの激狭物件 ...

ライフハック 俺の一軍

2023/4/1

【ルームツアー】家で使ってる物一覧と選んだ理由、感想【俺の一軍】

ガジェマガでは過去に色々な商品をレビューしすぎていて、 「で、結局今のお前は何を使ってるの?」 って聞かれることが多いから、ここでは俺の家で今現在使っている物と、それを使っている理由、感想を一言でまとめる。住環境構築の参考にしてほしい。 この記事では何か環境が変わるたびに内容を随時更新して俺の1軍をまとめる続ける予定(最終更新2022年11月10日) 家で使っている物一覧 まず俺が家の中で使っている物を一覧にすると下記。 クリックで感想にジャンプ リビング環境 壁美人 テレビ ChromeCast Fir ...

DIY ライフハック 感想

2023/7/9

【壁掛けテレビの理想と現実】壁美人を3か月使った感想【賃貸】

賃貸でもテレビを壁掛け出来るのに原状復帰までできてしまう壁美人を導入してから早3カ月。まだテレビは一度も落ちていない。 とはいえ720個ものホチキスで取り付けるのってどうなの?とか、テレビを壁掛けにした不便はないの?と買いたいけど二の足を踏んでいる人は多いはず。 という仮定の下で壁美人を実際に3か月使った感想を書いていく。記事の内容的に楽だからという理由ではけっしてない。 壁美人はホチキスで壁に取り付け 壁美人の紹介記事でも書いた通りだけど、壁美人は720発ものホチキスで壁に取り付けることで25キロまでの ...

-パソコン・周辺機器, レビュー

Copyright© ガジェマガ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.