ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

スマホ・タブレット 中国スマホ

【UMIDIGI One実機レビュー】16,000円でDSDS対応の”普通”のスマホ

更新日:

GEARBESTから16,000円で購入できる業界最安スマホのUMIDIGI Oneを提供してもらったから実機レビューをする。

もちろん16,000円だからしょぼくて当たり前というか、この値段で購入できるまともなスマホを俺は知らない。

今回はどれくらい良いのかというよりは、たった16,000円で購入できるスマホがどこまで戦えるのかという視点でレビューしていきたい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



新機種UMIDIGI F1激安セール中

UMIDIGIシリーズの最新機種であるUMIDIGI F1が現在中国通販サイトGEARBESTで1週間限定の毎日19時から先着5名が1万円で買えてしまうキャンペーンを行っている。

最新機種UMIDIGI F1の詳細はこちら。

【UMIDIGI F1】価格2万円のほぼハイエンドスマホ【1万円セール中】

コスパが高いことで有名な中国スマホの中でも群を抜いて価格が安いことで話題になっているのが新興企業UMIDIGIが販売する ...

続きを見る

GEARBESTは世界中からアクセスがある通販サイトだから19時の1万円セールは激戦になるけど、1万円なら余裕でおつりがくるスペックだから、運試しで挑戦してみてほしい

UMIDIGI F1セール会場 クーポンコード「GBUMIF11」

GEARBESTでの購入方法はこちらの記事を参照。

【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

中国版AMAZONであるGEAR BESTが海外サイトなだけあって購入方法がわかりにくいから解説したい。 拠点が中国にあ ...

続きを見る

UMIDIGI One

そもそも聞いたこともないだろうメーカーのUMIDIGIは中国で2012年に創業した新興企業だ。もちろんまだ日本には参入していないから購入はGEARBEST等の海外通販サイトを使って輸入することになる。

実機レビュー前の解説記事にも同じことを書いているんだけど、UMIDIGI Oneには上位モデルとなるUMIDIGI One Proが存在する。詳細なスペックは後述するけど、あえてProを購入するほどの違いはない。

今回の記事は下位モデルのUMIDIGI Oneのレビューだ。

UMIDIGI One内容物

日本語フル対応

気になるUMIDIGI Oneの日本語対応だけど、UMIDIGI Oneはグーグルが提供する純正OSであるAndroid Oneを搭載していて、常に最新のアップデートが提供されるし日本語にも対応しているから安心してほしい。

16,000円スマホ

UMIDIGI Oneの魅力は間違いなく16,000円という価格だ。

スマホなんか使えればいいんだよと、スマホを目的ではなく手段として捉える人に最高にマッチする。

ちなみに日本市場の現行モデルの新品最安価格は、

  • ZenFone 4 Max 19,774円
  • nova lite 2 23,712円

なので、UMIDIGI Oneのコスパの高さが光る。

トワイライトカラーの外観

UMIDIGI OneのボディはP20 Proを皮切りに流行りだしたトワイライトカラーを採用している。虹色を思わせる金属ボディはとても美しい。

UMIDIGI One本体

フィルム・カバー付き

Huaweiもそうなんだけど、最近の中華スマホはカバーもフィルムもついた状態で箱に入っている超新設設計なのがうれしい。

Huaweiのカバーはプラスチック製で傷が不安だけど、UMIDIGI Oneのケースはゴム製だからそのまま使っても傷に強く安心だ。

UMIDIGI Oneケース付き

画面のフィルムには更にそのフィルムを守るためのフィルムが貼られている。気が効いてる。

メタルボディ

16,000円だからと言ってボディが安っぽいということもなく、しっかりとメタルボディだ。というか最近プラスチック製のスマホ無くなったな。

UMIDIGI One本体

UMIDIGI Oneの側面はアップルウォッチステンレスモデルと同じようなミラー加工が施されていてピッカピカだ。指紋も付きやすいからケースを使いたい。

底面にはスピーカーと最近無くなりつつあるイヤホンジャックがついている。充電はType-Cだ。

UMIDIGI One本体

右側面には音量ボタンと指紋センサーを兼ねた電源ボタンがついている。ここはエクスペリアっぽい。

UMIDIGI One本体

上面にはマイク?らしきもののみ。

UMIDIGI One本体

左側面はSIMカードスロットのみだ。外観はすっきりしていて無駄がない。

極めて普通のディスプレイ

気になるディスプレイの品質なんだけど極めて普通で不満のないIPS液晶だった。角度を変えても色が変わることが無いし、発色も良い。

UMIDIGI Oneディスプレイ

メイン端末のP20(←)と今回のUMIDIGI One(→)を比較するとUMIGDIGI Oneのほうが少し白っぽいけど違和感は感じない。画面解像度はP20の2240 x 1080と比べて1520 x 720と少し劣るので若干の粗さは感じるけど慣れるレベルだった。

UMIDIGI One vs P20

なによりも16,000円という値段でこれだけ違和感無くまともに使える液晶ディスプレイを搭載していることに驚いた。

次のページからは詳細なスペックに迫る。

スペック

ここからは詳細なスペックを見ていく。

UMIDIGI One UMIDIGI One Pro
ディスプレイ 5.86 5.86
解像度 1520 x 720 1520 x 720
CPU Helio P23(MT6763) Helio P23(MT6763)
メモリ 4 4
ストレージ 32 64
バッテリー 3550 3250
防水 × ×
指紋認証
重量 180 180
サイズ 71.4x148.4x8.3 71.4x148.4x8.3

懸念点

上でも書いたようにUMIDIGI Oneはディスプレイの解像度が最近のスマホと比べると若干低い。

またHelio P23(MT6763)という聞きなれないCPUの性能が懸念点だ。

良い所

とはいえ4ギガメモリと32ギガストレージは不満のない十分な容量だし、5.86インチの大画面をノッチのベゼルレスにすることでiPhone 8とほぼ同じサイズに抑えているのは素晴らしい。

当たり前になりつつある今の基準は本当にレベルが高い。

重量はバッテリー

ずっしり重い180グラムの重量は3550mAhもの大容量バッテリーが原因だ。CPUがしょぼいくせにバッテリー容量が多いお陰で安心の2日持ちを実現している。

重量とバッテリー持ちのどちらを重要視するかは人によるけど、俺はバッテリーを選んだ開発を称賛したい。

ベンチマーク

UMIDIGI OneのAntutuベンチマーク結果は64756だった。

過去に計測した数値だと

  • P20 205,806(Kirin970)
  • Mate9 148,204(Kirin960)
  • Redmi Note 6 Pro 116,545(Snapdragon636)
  • Lenovo S5 77,424(Snapdragon625)
  • UMIDIGI One 64,756 (Helio P23)
  • GalaxyNote3 65,352(Snapdragon800)
  • Moto G4 Plus 57,671(Snapdragon617)
  • P20 lite 53,072(Kirin670)

だったので、Helio P23(MT6763)はSnapdragon800と同程度の性能だということになる。

Snapdragon617やKirin670より性能が高いのは意外だった。とはいえこの辺りのCPUはドングリの背比べなのであまり順位付けに意味はない。

単純にミドルハイエンドスマホと同程度のスペックだと思ってほしい。荒野行動はガッタガタでまともなプレイは無理そうだった。

日本でのDSDSに対応

UMIDIGI Oneは普通に日本でのDSDSに対応していた。SIMスロットにはナノSIMが2つ使えるようになっていて

ソフトバンクとドコモを入れたところ普通に両方使えてしまった。既に16,000円でDSDSスマホが買える時代だった。

充実の詳細設定

UMIDIGI Oneは超格安スマホの癖にセンサー類など、細かい機能も充実している。

輝度センサー

輝度センサーが周囲の明るさに応じてディスプレイ輝度を調整してくれるおかげでバッテリーにも目にも優しい。今や当たり前の機能だけど、安いスマホだと搭載されていないことがあるからうれしい。

ブルーライトカットモード

スクショだと変化がないんだけど、読書モードをオンにすると画面が目に刺激の少ないオレンジ色になる。

Bluetoothテザリング

UMIDIGI OneはBluetoothテザリングにも対応している。Bluetoothテザリングはスピードが遅い代わりに省電力で複数端末とネットワークを共有できる便利機能だ。

というか本来はついてて当たり前の機能なんだから日本のキャリアは敢えてBluetoothテザリング機能を潰すのをやめろ。

顔認証

俺は使わないんだけど最近流行りの顔認証機能にも対応している。指紋の方が楽だからいらないけどね。

側面指紋センサー

エクスペリアと同じで指紋センサーが側面にある。右手でスマホを持った時に親指が自然に触れる位置にあって使いやすい。失敗も全くなく感度も抜群だった。

次のページでカメラの実力に迫る。

デュアルレンズカメラの実力

気になるデュアルレンズカメラの実力なんだけど、結論から言うといまいちだった。というかそもそもレンズがすでにしょぼい。

スマホ歴代3位の画質を誇るP20のレンズがこの大きさなのに対して、

UMIDIGI Oneはパッと見がもうショボい。

デュアルカメラ?

しかもデュアルレンズを搭載していながらデュアルレンズの使い道が全く分からなかった。というか多分機能してない。

望遠用のレンズなのかと思ったけどズームがどこにもない。片方のカメラを指で塞いでも画質には全く影響がなかった。

AFが遅い

最近のスマホカメラのレベルが高過ぎるというのもあるんだけど、UMIDIGI Oneのカメラのズームは約0.5秒かかる。いったん画面がボヤけて徐々にピントが合う前時代的なカメラだった。

Sponcerd


カメラ作例

作例はスマホ歴代3位の画質を誇るP20と比較する。

晴天

UMIDIGI One

P20

UMIDIGI One

P20

UMIDIGI Oneは一枚目は空の白飛びが目立つけど、2枚目は綺麗に映った。逆光には弱い。

曇り

曇り空の写真は明度が高めだったけど、十分に使える範囲だった。

UMIDIGI One

P20

明暗が激しい場面では明るく撮影する。味付けが強すぎるP20と比較して写実的で十分な画質だった。

UMIDIGI One

P20

接写

接写の画質は素晴らしかった。色合いも目で見た印象に近い。

UMIDIGI One

P20

夜景

夜景には弱い。必要以上に明るく写そうとすることでノイズだらけのぼやけた写真になる。

UMIDIGI One

P20

UMIDIGI One

P20

夜景以外なら十分使える

UMIDIGI Oneのカメラは明るい環境ならギリギリに使えるレベルだった。スマホカメラ特有の夜景の弱さも平均的で、今のハイエンド機と比べるとつらいけど、ミドルハイエンドとしてみても普通以下だろう。

音質

UMIDIGI Oneはデュアルスピーカーだという情報が錯綜してたけど普通にシングルスピーカーだった。音質は悪くはない。普通。

対応バンド

ドコモ 〇

LTE、3Gともにほぼほぼ対応していて問題なく使える。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドには完璧に対応している。ソフトバンクスマホと同じように使える。

au, UQmobile 〇

auの電波もほぼ網羅しているので問題なく使える。

UMIDIGI Oneにライバルはいない

カメラが微妙とか音質が普通とかディスプレイが荒いとか色々文句言ったけど16,000円という破格の前ではすべて無力化できる。2万円以下のまともに使えるスマホが存在しないなか、とにかく安くてまともに使えるスマホが欲しいならUMIDIGI One以外に選択肢はない。

その意味でUMIDIGI Oneは十分に最低限のレベルを超えているしDSDS機能まで使える。たった16,000円で3万円のP20 liteに迫るスペックのスマホが使える。そもそもP20 liteの3万円が安すぎるぐらいだから、この例えもしっくりこないな。

ちなみにUMIDIGI Oneに付属の充電器は中国仕様だから日本では使えない。付属のType-Cケーブルはそのまま使えるから、充電器は別のスマホのモノを使おう。

まとめ

デュアルカメラがハリボテなことには驚いたけど、ハイスペックに拘らないのであれば及第点で、16,000円という値段を抜きにしても、メイン機として普通に使えるアリなスマホだった。

買ってはいけない人

スマホに求めるものは人によって全く違うんだけど、下に当てはまる人はUMIDIGI Oneを買ってはいけない。

  • スマホでよく写真を撮る
  • スマホゲームしたい
  • スペックとかブランドでマウント取りたい

UMIDIGI Oneはスマホに付加価値を求める人には向いていない。

オススメしたい人

  • ストレスなく使えればいい
  • 安くDSDS使いたい
  • 安さ命

あくまで目的達成のための手段としてスマホを使う人には最高におすすめできる。電話、ブラウジング、ツイッター、LINE、グーグルマップなど、ほどほどに高性能なCPUと豊富なメモリ、ストレージ、バッテリーで長時間快適に利用できるスマホだ。

新機種UMIDIGI F1激安セール中

UMIDIGIシリーズの最新機種であるUMIDIGI F1が現在中国通販サイトGEARBESTで1週間限定の毎日19時から先着5名が1万円で買えてしまうキャンペーンを行っている。

最新機種UMIDIGI F1の詳細はこちら。

【UMIDIGI F1】価格2万円のほぼハイエンドスマホ【1万円セール中】

コスパが高いことで有名な中国スマホの中でも群を抜いて価格が安いことで話題になっているのが新興企業UMIDIGIが販売する ...

続きを見る

GEARBESTは世界中からアクセスがある通販サイトだから19時の1万円セールは激戦になるけど、1万円なら余裕でおつりがくるスペックだから、運試しで挑戦してみてほしい

UMIDIGI F1セール会場 クーポンコード「GBUMIF11」

GEARBESTでの購入方法はこちらの記事を参照。

【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

中国版AMAZONであるGEAR BESTが海外サイトなだけあって購入方法がわかりにくいから解説したい。 拠点が中国にあ ...

続きを見る

UMIDIGI Oneのライバル機も

UMIDIGI Oneと価格帯が同じライバル機のLenovo S5も実機レビューしてます。

レビュー
【Lenovo S5実機レビュー】高級感すら感じる2万円以下スマホ

ガジェマガでは2万円以下で購入できるコスパの高いミドルハイエンドスマホとしてUMIDIGI OneとLenovo S5を ...

続きを見る

中国スマホおすすめランキング

日本未発売の中国スマホをコスパが高い順にまとめました。

ランキング
【2019年版】中国スマホおすすめランキングベスト10!値段が超格安!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくいのでお ...

続きを見る

購入方法
【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

中国版AMAZONであるGEAR BESTが海外サイトなだけあって購入方法がわかりにくいから解説したい。 拠点が中国にあ ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/2/27

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの15選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス

2019/2/10

【月刊ガジェマガ19年1月号】2018年振り返り

あけましておめでとうございます。1月に入ったので12月のガジェマガの活動を記録する。 先月の報告はこちら。 12月に買ったもの ドルチェグストタワーカプセルホルダー 毎日使っているドルチェグストのカプセルの保管が煩雑だったから見せる収納としてドルチェグストタワーカプセルホルダーを購入。普通に毎日使ってて便利。 Soundcore Liberty Air完全ワイヤレスイヤホン 発売日に勢いで買ってしまった完全ワイヤレスイヤホン。ikanziを持っていたけど、Ankerが作っているイヤホンの品質を確かめたくな ...

ReadMore

ガジェット ライフハック

2019/2/10

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/2/10

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2年程はパソコンを新品で購入することがなくて、型落ち中古パソコンを定期的に買い替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, 中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.