スマホ・タブレット 中国スマホ

【Mi Max 3】6.9インチスマホ限界サイズの大画面ファブレット

更新日:

スマホとタブレットを一つにしたいというのはガジェット好きの一つの夢で、今までも多くのメーカーが大画面の視認性と持ち運びやすさを両立するスマホ作りに挑んできた。

古くはXperiaZUltraや、最近だとZenFone 3 Ultraがそれで、タブレットとしても使えるスマホにはミニマリストのように効率的な生き方を追求するコアなファンが付いている。

そんな大画面スマホであるファブレット分野の最新作がXiaomiから登場した。その名もMi Max 3だ。

本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。




Mi Max 3

Mi Max 3はとにかく大きさに拘ったXiaomiのMi Maxシリーズ3作目で、さらなる大画面化、高性能化が図られている。画面サイズなんと6.9インチだ。

Xiaomi Mi Max 3

6.9インチディスプレイを有するMi Max 3はもう大きすぎて公式の宣材写真にも入りきらない。

7インチからはタブレット

実はスマホには7インチからはシステム的にタブレットとして扱われるという明確な棲み分けがある。

6.9インチはスマホとして存在できる最大の大きさで、Mi Mix 3はギリギリスマホのサイズに果敢に挑んだ格好だ。

Xiaomi Mi Max 3

超大画面ファブレット

Xperia Z Ultraが6.44インチで、ZenFone 3 Ultraが6.8インチだから、6.9インチは驚異的だ。

どれくらいすごいかというと、iPhone X本体がMi Mix 3のディスプレイにすっぽり収まってしまうほど大きい。

Xiaomi Mi Max 3 vs IphoneX

18:9ディスプレイ

Mi Mix 3は最近流行りの18:9比のディスプレイと狭額縁によって、ぎりぎり女性でも片手で持てるサイズに収まった。

Xiaomi Mi Max 3

とは言え片手で持てるだけで親指は全然画面上部まで届かないから、スマホの操作には両手は必須だ。

Xiaomi Mi Max 3

スペック

ディスプレイ 6.9
解像度 2160x1080
CPU Snapdragon 636
メモリ 4/6
ストレージ 64/128
バッテリー 5500
防水 ×
指紋認証
重量 221
サイズ  87.4x176.2x8

日本語対応

XiaomiのMi Mix 3のOSはAndroidベースのMIUI 9なので正式に日本語に対応している。LINEやFacebookのツインアプリ機能にも対応しているのがうれしい。

Sponcerd


Snapdragon 636

Mi Mix 3はSnapdragon636を搭載するミドルハイエンドスマホだ。

Snapdragonのミドルハイエンドモデルには下位モデルとなる630番台以下と上位モデルとなる630番台以上があるんだけど、Mi Mix 3は上位モデルに該当する。

省電力とハイスペックを両立するCPUで、ある程度の3Dゲームにも対応できる。

メモリ最低4/6ギガ

メモリは4/6ギガから選べる。個人的には4ギガを推奨していて、より快適に使いたい人は6ギガでもいいかもしれないけど、違いを体感できるかは微妙だ。

17時間連続使用可能

特筆すべきは5500mAhの驚異のバッテリー容量で、動画を連続17時間再生できる。

多くのスマホが9時間から12時間の間に収まるのに対して、Mi Mix 3のバッテリー持ちはぶっちぎりだ。

本体サイズが大きくなったことによってできたスペースを余剰バッテリーとして有効に活用した。

スペック類似機種

CPUとメモリだけに着目したスペック類似機種としては、ZenFone 5が有名だ。こちらは日本で購入すると5万円もするスマホなんだけど、Mi Mix 3はスマホとタブレットを一つにまとめることができて、しかも3万円台で購入できる。

AIデュアルカメラ

Mi Mix 3は当たり前にAIアシストに対応した背面デュアルカメラを搭載している。AIアシストは撮影シーンごとに最適な明るさや色合いに調整してくれる機能で、飛躍的に写真の印象が良くなる機能だ。

背面カメラは12M+5Mの広角と望遠レンズで、被写体の距離に応じて使い分けることができる。

その他

DSDS対応

もう中国スマホと言えば当たり前になりつつあるんだけどMi Max 3ももちろんDSDSに対応している。

2番号での運用ができるし、ツインアプリ機能でLINEとフェイスブックアプリを複製できるからスマホとタブレットをまとめつつ、プライベートとビジネスを分けたい人にぴったりのスマホだ。

イヤホンジャックあります

防水が無い分イヤホンジャックはある。ヘッドホン資産だって活かせる。

対応バンド

ドコモ 〇

山間部や郊外は少し弱いものの都市部では快適に利用可能。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドにはほぼ完璧に対応している。ソフトバンクスマホと同じように使える。

au, UQmobile △

3Gの周波数には対応しているけど、auの通信規格は特殊なので何とも言えない。

購入はこちら

タブレットが欲しいけど、スマホとタブレット2つ買いたくないという人に最適な大画面ファブレットだ。ポケットにも入るから男らしく手ぶらで持ち運ぶこともできる。

Xiaomi Mi Max 3

Amazonや楽天でも海外版を購入できるけど、GEARBESTでの直輸入だと更に安い。購入方法は下の記事を見てほしい。

購入方法
【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

中国版AMAZONであるGEAR BESTが海外サイトなだけあって購入方法がわかりにくいから解説したい。 拠点が中国にあることと、製品不良があった場合の返品の手間を考えると、GEARBESTを使うこと ...

続きを見る

中国スマホはコスパ高すぎ

日本未発売の中国スマホをわかりやすくまとめました。魅力的なスマホばかりなので是非チェックしてください。

まとめ ライフハック

2018/11/13

【2018年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良か ...

ReadMore

スマホ・タブレット 中国スマホ

2018/11/5

【Poco F1】水冷搭載!最高性能で最安のゲーミングスマホ誕生

Androidスマホを牽引する最高ランクのCPUといえばSnapdragon845であることは周知の事実だと思うけど、とんでもないスマホが最安値を更新したから興奮を伝えたい。 そもそもSnapdragon845搭載スマホと言えばGalaxyS9やXperiaXZ3など、最低でも8万円以上払わないと手に入らない、というのは昔の話で、中国OPPOと中国Xiaomiが熾烈な価格競争を繰り広げたことで、Xiaomi Mi Mix 2Sが46,000円で購入できるところまで来た。 しかし今回はそれを上回る。立役者は ...

ReadMore

まとめ ライフハック

2018/11/5

【2018年】掃除の時短と効率化ができる買ってよかったもの14選

一人暮らしは時間効率との戦いだ。8時間睡眠をとって、9時間働いて、2時間通勤するだけで19時間だ。信じられないかもしれないけど1日は24時間だから、残りは5時間しかない。この5時間をいかに解放するかが一人暮らしの課題だ。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 一人暮らしに家事を分担できる相手はいない。ご飯を作ってくれる人もいなければ看病してくれる人もいない。いや人によってはいるかもしれないけど、大半の世の一人暮らしは恵まれない人間関係の中でたくましく生き抜くこと ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2018/11/18

【保存版】MVNO11社の格安シムの違いとデメリット、取り扱いスマホを比較

格安SIMとり扱う会社(MVNO)が増えすぎてもはや意味不明だ。既に格安SIMの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質尾ほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社11社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 MVNOの格安SIMを検討している人やそれと一緒に買えるお得なスマホを探している人はこの記事一つですべてわかるように作った。 本日もガジェマガ(@Gadgetka ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, 中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.