ライフハック

ドラム式洗濯機の乾燥エラー(U04)が意外なほど簡単に治せた

更新日:

乾燥エラーが出るとドラム式洗濯機の乾燥機能が途中で止まってしまう。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。

ガジェマガでは何度か書いてるけど、筆者はドラム式洗濯機の愛用者でもあり、使っている人の時間を増やしてくれる最強の家電製品だと信じて疑わない。

ドラム式があまりにも素晴らしすぎてその良さを熱く語った記事もあるので、ドラム式の購入を検討している人は是非読んでほしい。(→ドラム式洗濯機を買うべき13の理由。年60時間も時短できる究極の家電

 

NA-VH310L

筆者が愛用している洗濯機は4年前のパナソニックのモデルである「NA-VH310L」だ。

なんといってもヒートポンプ式乾燥機能が嬉しいドラム式洗濯機で、洗濯から乾燥までの全工程で50円ほどしかかからないコスパが素晴らしい。この乾燥コストのお陰で、NA-VH310Lを購入してからもう4年目に入るけど、一度たりとも洗濯物を干していない。

元は取れた

[sumahoadsense3]

洗濯物を干さずに浮いた時間を時給にして計算すると、3年で購入した13万円の元が取れる計算なので、3年半使っているコイツはもう投資の回収は完了していて、今では筆者に時短という利益を生み出し続けてくれている家電製品だ。

 

乾燥エラー

そんなドラム式洗濯機の命綱が乾燥機能だ。この機能の為に高い値段を払ってドラム式洗濯機を買っているのに、3年半も使うと乾燥エラーが出るようになる。

始めは風邪の流れが弱いナイトモードで乾燥エラーが出たから、夜も風邪の流れが強い通常モードを使うようにしてたんだけど、最近とうとう通常洗濯モードでも乾燥エラーが頻発するようになった。

乾燥エラーが出ると濡れた洗濯物を放置して乾燥をやめるので、洗濯物が臭くなる。とは言えそのまま再度乾燥モードでスタートすると乾燥はしてくれていたので、だましだまし使ってたんだけど、そろそろ限界を感じていた。

ドラム式のいいところ

夜スタートして朝にはふっかふか!がドラム式のメリットなのに朝乾いていないのは由々しき事態だ。穿いていくパンツがない。これはなんとかしないといけないと思ってウェブ上で検索しながら処置を施すと意外に簡単に治ったから、治し方をここに書いておきたい。

 

乾燥エラーの原因

ドラム式洗濯機の乾燥機能は中で空気を循環させることで実現しているんだけど、この風の流れが止まってしまうと乾燥エラーになる。

その原因は溜まりに溜まったホコリだ。乾燥することでホコリを飛ばしてくれるドラム式にはホコリフィルターがついているのが一般的だけど、フィルターで取り切れなかったホコリが空気の流れるパイプに詰まる。

パイプの掃除は自分でできない

これが原因かなと思ったんだけど、どうも違うようだった。まずパイプの中のホコリを取り除くなら絶対に素人の俺にはできないし、業者を呼ぶしかない。そうなると別料金を請求されるだろうし、業者を待つのもめんどくさいし、なるべく大ごとにはしたくない。

ということでほかの原因を調べていると見つかった。

原因は乾燥フィルター奥

[sumahoadsense2]

原因は乾燥フィルター奥というフィルターの目詰まりだった。これをきれいにしてからというものの乾燥エラーが嘘のように無くなったから、今日は乾燥フィルター奥の掃除方法を解説する。

まず乾燥機能を使うたびにお手入れする乾燥フィルターを取り出す。

乾燥フィルターはここだ

一回の乾燥が終わるたびにフィルターにこれくらいびっちりホコリが付く

外に干すとこのホコリが服に付いたままだと思うと恐ろしい。

このホコリはまず手でつまんで捨てる

残った細かいホコリは濡れたティッシュで拭くことで取り除く

こんな感じでティッシュに細かいホコリが付く

今回はこの乾燥フィルターではなく、乾燥フィルターを取り出したところにある「乾燥フィルター奥」を掃除する。

まずいつも通り濡れたティッシュで拭う。

ここからいつもと違う工程に入る。プラスドライバーで乾燥フィルターを止めているネジを外す。

外したらフィルターを上にスライドさせるようにして取り外す。

取り出したフィルター奥がこちら。既に一回掃除したから綺麗だけど、ここに3年分の細かいホコリがこびりついて目詰まりすることで乾燥エラーを引き起こしていた。

洗剤を付けたスポンジで洗いつつ歯ブラシで細かくこする。

綺麗になった。水気を取って取り付けて完了。

これでナイトモードで乾燥してもエラーが出なくなった。

 

パイプの中にもホコリはある

多分パイプの中にも細かいホコリはたくさんあるんだろうけど、パイプは風が通れば良くて、そこよりも乾燥フィルター奥の目詰まりの方が影響が大きいようだった。

いずれパイプ内のホコリを掃除しないといけないときが来るのかもしれないけど、快調に乾燥してくれるようになったので今のところはこれで大丈夫。またドラム式洗濯機を購入するのは辛いので、あと7年は頑張ってほしい。

ドラム式の洗濯槽も意外なほど簡単に綺麗にできるから参考にしてほしい。

オキシクリーンでドラム式洗濯機の洗濯槽を洗浄してみた

話題の最強漂白剤であるオキシクリーンを使ってドラム式洗濯機の洗濯槽を洗浄したのでその経過を報告したい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。   ...

まとめ ライフハック

2018/11/13

【2018年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良か ...

ReadMore

スマホ・タブレット 中国スマホ

2018/11/5

【Poco F1】水冷搭載!最高性能で最安のゲーミングスマホ誕生

Androidスマホを牽引する最高ランクのCPUといえばSnapdragon845であることは周知の事実だと思うけど、とんでもないスマホが最安値を更新したから興奮を伝えたい。 そもそもSnapdragon845搭載スマホと言えばGalaxyS9やXperiaXZ3など、最低でも8万円以上払わないと手に入らない、というのは昔の話で、中国OPPOと中国Xiaomiが熾烈な価格競争を繰り広げたことで、Xiaomi Mi Mix 2Sが46,000円で購入できるところまで来た。 しかし今回はそれを上回る。立役者は ...

ReadMore

お得情報 スマホ・タブレット

2018/11/14

【ZenFone5Zが5万円】GEARBESTでスマホを安く買う

GEAR BESTって知ってるだろうか。簡単に言うと中国のAMAZONなんだけど、日本への進出も着々と進めていて、最近では日本倉庫まで作ってしまった通販会社だ。AMAZONも楽天もあるなかで更に通販会社の選択を増やす必要があるのだろうかという疑問を抱く気持ちはよく分かるんだろうけど、GEAR BESTには独自の魅力がある。今日はGEAR BESTが同魅力的なのか、具体的に製品を列挙しながら解説したい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 GEAR BESTの魅 ...

ReadMore

まとめ ライフハック

2018/11/5

【2018年】掃除の時短と効率化ができる買ってよかったもの14選

一人暮らしは時間効率との戦いだ。8時間睡眠をとって、9時間働いて、2時間通勤するだけで19時間だ。信じられないかもしれないけど1日は24時間だから、残りは5時間しかない。この5時間をいかに解放するかが一人暮らしの課題だ。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 一人暮らしに家事を分担できる相手はいない。ご飯を作ってくれる人もいなければ看病してくれる人もいない。いや人によってはいるかもしれないけど、大半の世の一人暮らしは恵まれない人間関係の中でたくましく生き抜くこと ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2018/11/16

【保存版】MVNO11社の格安シムの違いとデメリット、取り扱いスマホを比較

格安SIMとり扱う会社(MVNO)が増えすぎてもはや意味不明だ。既に格安SIMの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質尾ほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社11社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 MVNOの格安SIMを検討している人やそれと一緒に買えるお得なスマホを探している人はこの記事一つですべてわかるように作った。 本日もガジェマガ(@Gadgetka ...

ReadMore

-ライフハック

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.