ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

ライフハック

「AKRACING RAVENレビュー」シンプル黒のゲーミングチェア

更新日:

AKRACINGのオフィスチェアのRAVENを購入した。なぜなら椅子に座っていると肩と首が本当に痛かったから。

整骨院とかテモミンとかリラクとかのマッサージ屋さんにも行った。でもだめだった。マッサージはいわば絆創膏でしかない。根本的な原因を解決しない限り再発する。

だから思い切って一番高いグレードのゲーミングチェアを購入すると体が楽になったから感想をまとめる。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



肩と腰が痛くなる原因は椅子

俺が今まで使っていた椅子はイームズサイドシェルチェアのリプロダクト(パクリ)品だ。イームズサイドシェルチェアはデザイン性を重視していて、長時間座るために作られていない。

食事とか、打ち合わせの1時間ならいいけど、パソコン作業で5時間も座るとおしりが痛い。しかも背中を支えてくれる範囲が狭い。これが俺の肩の痛みにつながっていると推測した。

AKRACING WOLF

長時間座るための椅子といえばゲーミングチェアだ。だからAKRACINGとDXRACERの椅子をチェックしたんだけど、全体的にデザインが派手すぎる。

白、茶、黒で一応統一してる俺の部屋に置けない。しかも全体的にこういう感じで、シンプルなデザインの椅子がない。

AKRACING Overture

上位モデルのOVERTUREには黒の単色があったんだけど、それでもロゴの白が気になる。

でもあんまり高いのを買うわけにもいかないし、デザインは我慢して購入するかと思ったところで、そもそもAKRACINGの椅子が寸法的に俺のパソコンデスクに収まらないことに気づいた。

ゲーミングチェアは肘掛け高69センチ

肘掛けの位置が高すぎる。メーカーのサイズ図を見た感じ、肘掛けの高さは低く見積もっても69センチだった。

俺のデスクは肘掛けの高さが63センチ以下じゃないと収まらない。

杉板でおしゃれパソコン(PC)デスクを自作【2万以下激安DIY】

今のパソコン机が狭すぎて不便を感じるようになってきたから、パソコンデスクをDIYすることにした。 今回のDIYは杉板と鉄脚を使うんだけど、それぞれの材料費を合わせても15,000円ほどと安い。しかも本 ...

つまり今まで見てきたゲーミングチェアはだめだ。肘掛けが邪魔で使えない。

RAVENは黒単色のゲーミングチェア

ゲーミングチェアをあきらめかけたときに、AKRACINGの最上位グレードのオフィスチェアモデルに低座面タイプがあることに気づいた。グレードが最上位になるということは更に値段も高くなる。

でも肩と首は毎日痛いし悪化してる。それなら予定より1万円上乗せしてでも早めに入手したほうが良い。しかもオフィスチェアモデルはロゴも含めて真っ黒でシンプルな作りだ。

ゲーミングチェア最上位モデル

なんだ結局全ての問題は金が解決してくれるのか。そんな世の中の真理に震えながらAKRACINGのオフィスチェアRAVENの購入に踏み切った。肩の痛みを治す最後の望みを託して(倒置法)

Sponcerd


AKRACING RAVENレビュー

組み立ては30分

さすがにゲーミングチェアだけあって箱は余裕で俺が入れるほどデカかった。

中身はこんな感じ。イスは30分ほどで組み立てられる。

組み立てた。でっかい。

今まで使ってたイームズサイドシェルチェアと比べると存在感がすごい。家族が一人増えたような狭さを感じる。

イスの作りは半端ないというか、今まで俺が高くても1万円程度のイスしか購入してこなかったというのもあるんだけど、RAVENはどこをとっても質感が高い。

AKRACING RAVENの肉感

PUレザー(合皮)は分厚いし、体を支えてくれるウレタンは端までみっちり詰まっている。

お尻を自由に動かせるほど広い座面は、ウレタンの適度な反発があって、長時間座っても全然痛くならない。それどころかすんごい適度な柔らかさで優しくお尻を包み込んでくれる。

そりゃ一日中ゲームしてるプロゲーマーがこの椅子を選択するわけだ。

俺にとっての激アツポイントは肩を包み込むコブラ型の広い背もたれだ。嘘みたいに肩の痛みが消えた。これは本当にすごい。

肩をサポートする部分もしっかりと肉厚だ。お尻周りも肩周りも優しく包み込んでくれてリラックスさせてくれる。本来椅子が果たすべき役割を極限まで突き詰めたデザインで、納得の快適さだった。

そして遠目に見たときの質感の高さに惚れ惚れする。俺は高いぞと主張する鈍い光沢が美しい。見る度に贅沢な買い物を実感させてくれる。

PUレザーは本物の革じゃないから水に強いし手入れが楽なのも嬉しい。

AKRACING RAVENの存在感がすごい

RAVENは快適さを重視しているため、サイズはゲーミングチェアの中でも大きい方だと思う。デスクへの収納時にイームズサイドシェルチェアだとこれくらい収まりだったのに対して

AKRACING RAVENの存在感はやばい(語彙力)

椅子の中でも小さい方であるイームズサイドシェルチェアと比較するのは酷だけど、導入する場合はしっかりとスペースを確保する必要がある。

AKRACINGならキャスターで移動も楽々

RAVENの重量は20キロを超えるんだけど、キャスターのタイヤは適度な柔らかさで、しっかり転がるので、重い割に自由に動かせるし、立ち上がって、座ってがやりやすい。やっぱり椅子にはキャスターいるわ。

AKRACINGなら肘掛けの調整も自由自在

RAVENはそこそこ高いだけあって、普通の椅子には無い機能を搭載しているし、もちろん普通の椅子でできる機能も搭載している。肘掛けは人によって拘りがあるパーツだと思うけど、その調整も自由自在だ。

前後

左右

上下

とても細かい。俺は普段肘掛けはあんまり使わないんだけど、いざというときに調整できると嬉しいよね。

Sponcerd


AKRACINGなら180°まで倒して椅子で休める!!

AKRACING製の椅子を購入するのであればこの機能は外せない。背もたれを180°まで倒せるから、椅子にいたままで寝転がって休憩できる。

いままでは椅子に座って作業して、疲れたらソファーとかベッドに移動して休憩してたんだけど、AKRACINGの椅子ならその場で休憩できる。作業の中断時間を最小限に抑えることが出来るようになった。というかそもそも疲れにくい椅子になったから、休憩の回数が減ったんだけど、休憩するときも椅子に座ったままだから、もう本当に椅子から離れられない!

180センチ70キロの俺が寝転がるとこんな感じになる。

こんなに倒したら後ろに倒れちゃうんじゃないの?って思うけどマジで余裕。半端ない安定感。

試しに両足も椅子の上に乗せてみたら少し怖かった。寝転がるときは最悪でも片足を地面に置いた状態で使いたい。

AKRACING RAVENのサイズ感

AKRACING RAVENの購入にあたって、価格もそうだけど、なによりいまのデスクにフィットするのかというサイズ感が気になってる人は多いと思うので、俺が気になっていた部分のサイズを載せておきたい。

まずデスクへの収納に重要な肘掛けまでの高さだけど、一番低くしている状態で62センチだった。

他の椅子が69センチを超えていることを思うと低いんだけど、RAVENを導入する場合はデスクの下に63センチ以上のスペースがあるかを確認したい。

デスクにきっちり収納した状態でも、デスクより後ろに20センチのスペースが必要だ。俺みたいにドアのすぐ隣に設置する場合はこの大きさが重要なので、覚悟しておきたい。俺の家のドアは少し開けにくくなってしまった。

座面までの高さは一番低い状態で48センチだった。これはすごくちょうどいい高さだと思う。

これに対して、イームズサイドシェルチェアも45センチなのでほぼ一緒だ。

肘掛けから肘掛けまでの長さは69センチで

肩周りのクッション幅は54センチだ。

RAVENは比較的大きな椅子なので、買い替えを検討している人は、いまの椅子を置き換えてそのまま使えるのかしっかりと確認しておきたい。

長時間の作業をする人に

一日にどれくらいの時間椅子に座っているだろうか。体の痛みは感じているだろうか。俺は休みの日は丸一日パソコンの前に座っていることも珍しくなくて、体の節々が痛むようになってきていた。

リラクや整骨院に通ったこともあったけど、結局翌日にまた同じ痛みが戻ってくる。それは痛みの原因があるからで、その原因を解決しないことにはいたちごっこだ。

Sponcerd


試したい人はAKRACINGの展示も

AKRACINGの存在を知ってから、この痛みを解決できる可能性があるなら、一度座ってみたいと思って、展示されている場所を調べた。幸いAKRACINGが展示されている店舗が一覧化(展示店舗一覧)されていたので、早速ヨドバシカメラ新宿西口本店に出向いて座ってみたんだけど、座った瞬間から「あ、体が楽だ」と実感させてくれたし、逆にいままでどこがどう負担になっていたのかがわかった。

RAVENは将来への投資

これはもう金の問題じゃない。生きるか死ぬかだ。買うしか無い。そう思って今回の購入に踏み切った。

実際に使ってみて肩の痛みがなくなったから、あとは首の痛みを解決する方法がないかを付属のクッションで模索していきたい。これで体の痛みが和らぐのであればリラクや整骨院に通う費用が浮くし、作業性が上がれば収入も増える。

椅子に座る時間が長くなった

RAVENを購入してから、椅子に座る時間が明らかに長くなった。

いままでは休憩するためにソファーとかベッドに移動してたんだけど、いまは休憩するためにRAVENに座っているような感覚で、体への負担の少なさを実感している。

それに以前よりも座れる時間の限界が伸びた。眠くても椅子の上で少し寝っ転がって休憩して、コーヒーを淹れてからのもうひと頑張りが出来るようになった。

AKRACING RAVENは正解

AKRACINGのRAVENは楽に長時間座るための限りなく正解に近いイスだ。一時的な休憩や気分転換までもイスに座りながらできてしまう事によって作業の中断が減る。

RAVENがもたらす業務継続性は高い椅子という言葉だけでは表現しきれない価値をう生みだしてくれる。将来への投資として、今頑張っている人、これから頑張る人におすすめしたい最強オフィスチェアだ。

おすすめの買ってよかったもの

この製品は買ってよかったものまとめ記事で紹介している製品の一つで、ほかにも生活を変えた買ってよかった製品を多数紹介してるから確認してほしい。

生活を変えた
【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないもの ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/4/17

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス ライフハック

2019/4/2

【月刊ガジェマガ4月号】独立して「ガジェマガの人」になりました

4月1日というと入学とか新社会人とかで慌ただしいんだけど、今年はそこに新元号の発表とかも加わるから世間が騒がしい。個人的にはこの機会に元号は廃止してもいいんじゃないかと思ってるけど、俺が考えることじゃないから恒例の月次報告に移りたい。 3月に反響のあった記事 まずは3月に反響があった記事のご紹介から。 iPhoneからAndroidに乗り換えて困ること【移行のデメリット】 通信と端末の完全分離が閣議決定したことで今年の夏は恐らくiPhoneからAndroidに乗り換える人が続出すると予想して書いた記事が伸 ...

ReadMore

パソコン・周辺機器 ライフハック

2019/4/4

ブラインドタッチで分間400打を超える方法【タイピング速度向上】

スマホの普及によってタイピングできない人が増え続けている。それは別にいいとは思うんだけど、会社に入社して初めて自分用のパソコンを支給されて、タイピングができなくて仕事が遅いという焦りを抱える新卒が多い。 今回はスマホの普及によってタイピングから取り残された人向けに、最速で分間400打を超える方法をレクチャーする。 社会人に求められるタイピング速度 そもそも論として、社会人に求められるタイピング速度はどのくらいなのか。 とりあえずそのレベルをクリアしているのであれば日常業務をこなすのに不便しないから、まずは ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/2/10

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2年程はパソコンを新品で購入することがなくて、型落ち中古パソコンを定期的に買い替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-ライフハック

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.