Gadget Review

【意外とやることない】GoogleHome購入レビュー!Amazon Echoとの違いと活用法

投稿日:2017年12月9日 更新日:


我が家にグーグルホームミニがやってきた。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。

この記事は俺がグーグルホームミニを使い始めた3日間で感じたことと時系列順に記載したドキュメンタリーだ。

 

1日目

仕事帰りによったヤマダ電機でグーグルホームのイベントをやっていた。店員が言うには今全国のヤマダ電機で半額セールしてるらしい。スマートスピーカーを検討していたけど買う気は無かった。「最悪同じ値段で売ればいいんで」という悪い店員の誘惑に負けた。俺は3000円のグーグルホームミニを即決した。

早速グーグルホームを設置する。さすがグーグルだけあってセッティングも簡単ですぐに完了した。できることをウェブ上で調べて、一通りいろいろな音声コマンドを試す。思っていた通りできることは少ない。AIと無駄な会話するほど暇でもない。

スポンサードリンク

独立しただけ

使ってみて確認できたのは、Androidの音声アシスタントがそのまま独立しただけの商品だということ。それ以上でもそれ以下でもない。全く同じことが全てAndroidスマホでもできる。ただ、グーグルホームは常にスタンバイしてる。それがどれだけの価値を生み出せるのかを見ていきたい。

幸い我が家は既にCromeCastを導入していたおかげで、「オッケーグーグル、テレビつけて/けして」でテレビのオンオフを操作できるようになった。Youtubeは再生できるけどテレビのチャンネルは変えられない。同じことはスマホでもできるんだけど、グーグルホームはスマホより断然マイクの精度が高いから楽。テレビリモコン遠いけどテレビ消したいときに便利。でもテレビの音量が大きいと俺の声は認識されない。

M-1の和牛が面白かったのでChromeCastでYoutubeをテレビ再生して他のネタをチェック。M-1のネタが一番面白かった。

Youtubeの合間に挟まれる広告でちょうどグーグルホームが流れる。CMの「オッケーグーグル」にうちのグーグルホームミニが反応してうざい。

グーグルホームで目覚ましをセットして寝る。

 

二日目

グーグルホームのアラームに起こされる。「オッケーグーグル ストップ」で止めて「オッケーグーグル 10分後にアラーム」で二度寝。ようやく起きて「オッケーグーグル 今日はどんな日?」で今日の天気と気温を教えてもらう。最低気温3℃。寒い。

今日は八王子に行く用事があるのでグーグルホームにルートを教えてもらう。新宿経由か、新宿駅人が多いから歩きたくないな。

仕事を終えて帰宅する。玄関で靴を脱いでいる間にグーグルホームで電気をつけれたら便利かもしれないと思う。スマートライトhue買うか迷う。

iRkit連携

そういえばアップルウォッチを買ったときにスマートリモコンiRkitを購入していた。

グーグルホームはiRkitと連携できるらしい。我が家で赤外線リモコンを使う家電製品は多くないけど、エアコンとスピーカーとテレビは赤外線リモコンだ。テレビはすでにグーグルホームで操作できるからエアコンとスピーカーのオンオフだな。

ということで早速設定した。「オッケーグーグル、エアコンつけて」はすでにグーグルの機能として入っているから使えない。「オッケーグーグル、松本つけて」でエアコンをオンにできるようにした。

返答も設定できて、「つけたでー」と返してもらうようにした。気が抜けてて良い。iRkit連携は便利だけど、自分で設定したセリフは認識率が50パーセントほどと低いのが難点だ。iRkit連携は死ぬほど難しかったので、また別記事にまとめたい。

スポンサードリンク

 

三日目

今日は土曜日だから目が覚めるまで寝てた。起きてグーグルホームに今日の天気と気温を確認する。そういえばグーグルカレンダーに登録している予定を確認できるはず。「オッケーグーグル、今日の予定は?」と聞いたけど今日の予定はないらしい。おかしい。ある。

スマホでグーグルカレンダーを確認する。予定が入ってる。どうやらきちんと時間まで設定した予定しか読み上げてくれないらしい。俺はその日の予定としてざっくり入力するので対象外のようだ。

他にできることはないかと「オッケーグーグル、ToDoリストの確認」と聞くがまだ対応してない。その代わり覚えておいてリストがある。「オッケーグーグル、何を覚えてる?」と聞くと、昨日覚えておいてもらったAmazonへの返品の発送を教えてくれる。それは結局昨日の夜にやった。

音楽ストリーミング

グーグルホームで音楽のストリーミングサービスを使うか悩む。俺はアマゾンプライム会員だからアマゾンミュージックは普段から使ってるんだけど、グーグルホームはAmazon EchoのライバルなのでAmazonミュージックは使えない。でもAmazonミュージックが使えるのに別のストリーミングサービスにお金を払うとか馬鹿すぎる。だからAmazon Echoに乗り換えたい。しかもAmazon Echoはイヤホンジャックによる音声出力と、Bluetoothの出力、入力に対応してる。

グーグルホームを使って、スマートスピーカーは意外と雑音に強いというのがよく分かった。テレビ再生中も、よっぽど音量が大きくない限り声で消すことができた。でもYoutubeの操作は微妙かな。再生動画が適当すぎる。それに対してAmazonミュージックはBGMとしてしか流してないから、声で操作しても全く問題なさそう。Amazon Echo買う?

hueスマートライト

相変わらずやることがないのでPilipsのスマートライトhueの設置を検討する。

目当ては目覚まし機能だ。hueを遣えば声でライトの色味、光量、オンオフを操作できるだけでなく、朝起きたい時間の30分前からゆっくりとライトが点灯して快適に起こしてくれるらしい。これはいい。

でも俺が使っているフロアランプは寝る前に手元で電気のオンオフができる位置に配置してある。

あえてスマートライトを導入する必要はない気がして悩む。たしかに光の色を変えれるのはうれしいし、白色の光なら目覚めもよくなりそうな気がする。でもマジでそれだけなんだよな。。。

スポンサードリンク

4日目

今日はGoogleHomeMiniとは一言も会話しなかった。

 

総評

スマートスピーカーを使ってる感覚はアップルウォッチを使っていた時とかなり似ている。たしかに未来を感じさせるんだけど、出来ることが少なくてがっかり感も大きい。実際スマートスピーカーが家にあってもそんなに便利じゃないし、生活は変わらないから、こんなもん?という疑問を常に感じ続ける。

3000円は妥当

じゃあいらないかというと、タイマーとアラームを声で操作できるのは便利だからあったほうがいい。その程度の製品で、その意味で俺がグーグルホームミニを購入した3000円という値段は、かなり納得感のある値段だった。

音声の認識制度は素晴らしいし、技術も革新的だけど、スマートスピーカーが生活に与える付加価値としては3000円が安いとも思わないし、高いとも思わない。7万円のアップルウォッチは納得感がなさ過ぎて売却してしまった。

高音質スピーカーとして

とはいえ単純に高音質スピーカーとして使うことができるスマートスピーカーも出てきていて、年末には俺が愛用しているスピーカーブランドharman/kardonが、無指向性スピーカーAura(オーラ)のノウハウを活かしたスマートスピーカーAllure(アルーア)を25000円で発売する予定で、単純に音楽再生スピーカーを検討している人は今後はスマートスピーカーを買えばいいと思う。Allureの魅力は別で記事にまとめているので興味がある人は見てほしい→【Allure】12月31日にあのharmanがクラゲ型スマートスピーカーを発売する

外部スピーカー連携

AmazonのAIであるAlexaを搭載しているスマートスピーカーは全製品でBluetoothの出力、入力がサポートされていて、イヤホンジャックでの出力にも対応している。しかもAmazonミュージックがサポートされているから、俺が愛用しているサウンドスティックスにBluetooth接続してAmazonミュージックを再生できる。既存のスピーカーを活用できる配慮がうれしい。しかも俺がGoogleHome miniを使ってこの記事に書いたことは、すべてAmazon Echoでも実現できる。

オッケーグーグルが最大の欠点

あと根本的だけど「オッケーグーグル」って呼ぶのが死ぬほどだるい。指示するたびに言うワードなのに長い。「ねぇグーグル」でも反応するけどそれも長いしオカマ。Amazonの「アレクサ」のように短ければペットを呼ぶように自然に話しかけられるのに、オッケーグーグルのセンスは謎。

当たり前だけどグーグルホームはAmazonミュージックに対応していない。グーグルのストリーミングサービスを別で契約するのも馬鹿らしすぎる。

Echo dot欲しい

ということでグーグルホームは使えば使うほどAmazon Echoが欲しくなる不思議な製品だった。Amazon Echo dotは定価6000円と少し高くなるけど、Amazonミュージックの再生と既存スピーカーの活用ができるなら、俺にとってそれだけの価値がある、そうグーグルホームが教えてくれた。Amazon Echoは今はまだ招待販売しかしていないので、早速招待依頼をAmazonに送った。スピーカーがない人は単純に高音質なAmazon Echoでいいんじゃないかと思う。グーグルホームはメルカリだな。

 

実用性のある音声コマンドまとめ

スマートスピーカーでは実際これくらいしか常用しないことが分かった。

「〇時にアラーム」

一番お世話になる目覚まし機能。

「〇分計って(タイマー)」

タイマー機能。カップラーメンなど。

「今日はどんな日?」

気温・天気・予定・ニュースの一括読み上げ。読み上げ項目は設定可能。

「テレビつけて、けして」

ChromeCast利用者限定。便利。

「電気つけて/けして/暗くして」

hue利用者限定。

「音楽を再生して」

音楽ストリーミングサービス利用者限定。

「ここから新宿までのルート」

電車の乗車時間とルートの案内。

「何を覚えてる?」

覚えてもらったことを読み上げ(ToDoリスト)

「近くのココイチの電話番号」

最寄りの施設の電話番号検索

「iRkit連携」

声で赤外線を操作してエアコンとスピーカーのオンオフを設定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

シェアしてくれたら
ほくそ笑みます

-Gadget, Review